電子書籍しません宣言、撤回します!

電子書籍第35弾、『一泊なのにこの荷物!』『人生、行きがかりじょう』の2点リリース!

2023.05.10更新

 こんにちは。編集チームのスミです。
 今月は、本上まなみさん・澤田康彦さんの新刊『一泊なのにこの荷物!』と、バッキー井上さんの『人生、行きがかりじょう』の電子書籍をリリースします。
 本日のミシマガでは、私スミがこの2冊の魅力をご紹介いたします!

【詳細はこちら】
本上まなみ・澤田康彦『一泊なのにこの荷物!』
バッキー井上『人生、行きがかりじょう』

一泊なのにこの荷物!

ippakushoei.jpg

「これ、いるの?」とお互い思えど、言い出せず...。

 俳優と編集者、性格も趣味もまるで違う、とある夫婦の順ぐりエッセイ。

 "食べたもので身体は作られるといっても、同じものを食べていても同じ人間にはならないってことを再確認しました"――本上

 "同居人の私としては、パートナーの現在の思考、嗜好、志向が改めて分かってよかった。へえ、そう思とるのか"――澤田

 俳優の本上さんと編集者の澤田さん夫婦が、毎回、「あさごはん」「毒虫」「お酒」「ひとり暮らし」「部活」といったお題にそって、妻→夫の順にそれぞれエッセイを綴っています。

 京都で暮らしお二人の、意外にもシュッとしていない「わやくちゃ」(by 本上さん)な生活の模様や、そのなかで思い出される幼少期・学生時代のこと、結婚前のこと、コロナ禍での家族や友人とのつながり、そして、好きな本・映画・音楽・遊び・食べ物のこと・・・などなどが詰まっています。

 同じ家で過ごしていても、旅行にでかけても、見える景色や考えていることはぜんぜん同じではない。夫婦が順ぐりに文を綴ることで、その面白さと奥深さが伝わってきます。

 いつもまるで違った視点からものを考え、文章を書いている二人の距離感が、不思議でくせになるんです。家族って不思議・・・。私は、笑ったり、ときにヒヤッとしたりしながら、自分自身の生活にも何度も思いを馳せました。

 とにかくテーマが多様。そして、どこからでもお読みいただけるので、タブレットなどで持ち運んでいただき、散歩中、仕事の合間、寝る直前など、暮らしの時間のなかで味わっていただけたらうれしいです。

人生、行きがかりじょう

ikigakarishoei.jpg

【行きがかりじょう】
 自分が選択をして、現れるものと向き合い、すべてポジティブに反応すること。
 シアワセになるための基本的な心構えであり、ゴキゲンへの道しるべであり、優れた戦法でもある。

バッキ―井上=
 画家、踊り子、"ひとり電通"を経て、
 現在、漬物屋、居酒屋の店主、酒場ライター。
(自称、スパイ・忍び・手練れ)

 日本初の酒場ライター、バッキー井上、語り下ろしによる初の自伝的エッセイ。
「事実は小説よりも奇なり」という言葉がピッタリな「抱腹絶倒の半生」から滲み出る独特の感性と語り。
 人は、こういうふうに生きていくこともできる!

 万華鏡のような経歴をもつバッキー井上さんが、「行きがかりじょう」で歩んできた人生をはじめて語った一冊です。
 とにかくみなさまに、バッキーさんを知って、その語りに触れていただきたいです。

 青臭いことを申しますが、私はいま20代後半で、年齢を重ねれば重ねるほど、人生や、社会や、目の前にいる相手の、「思いどおりにならなさ」を知るようになりました。生きていくってこんな感じか! と、びっくりしています。
 そんなとき、もう頭がグツグツするほど考えたり焦ったり怒ったりもしてきたのですが、それをいったんやめてみて、思いどおりにならなさに身をさらしてみると、案外、人生のほうが自分を遠くに運んでくれるのではないか、とも思いはじめました。
 そう思うようになれたのは、まちがいなく、バッキーさんの言葉に触れることができたからです。
 たとえば本書は、こんな言葉ではじまります。

「なんでも」
「ええから」
 実際、そうとしか答えようのないことって、多いんちゃうかなぁ。
「なんで?」と、それこそなんで(なぜ)そんなに言うんでしょう? 老いも若きも。

 40年近く街・人・酒を綴ってきたバッキーさんが繰り出す言葉は、痺れるフレーズで満ちています。
 一読するだけではピンとこなくとも、心のなかに溜めておき、人生のあんなときやこんなときにとり出してみるとどんどん味が出てきて、「あー、こういうことなのかもしれない。まだわからないけど」と思えます。

 しんどいとき、うれしいとき、なさけなくてもがんばっているとき。ぜひ、くりかえしお読みいただきたいです。
 いわゆる「どうやるか」のハウツー本ではありませんが、きっと、きっと、世界にいい夜風が通ります。


 本日は『一泊なのにこの荷物!』と『人生、行きがかりじょう』をご紹介しました。

 これからも、電子書籍、ライブ配信、アーカイブ動画、そしてもちろん紙の本。さまざまな形で「おもしろい!」をお届けしてまいります! 来月も、どうぞお楽しみに。


ミシマ社が電子書籍を始めた経緯はこちら

ミシマ社の電子書籍一覧はこちら

ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 仲野徹×若林理砂 

    仲野徹×若林理砂 "ほどほどの健康"でご機嫌に暮らそう

    ミシマガ編集部

    5月刊『謎の症状――心身の不思議を東洋医学からみると?』著者の若林理砂先生と、3月刊『仲野教授の この座右の銘が効きまっせ!』著者の仲野徹先生。それぞれ医学のプロフェッショナルでありながら、アプローチをまったく異にするお二人による爆笑の対談を、復活記事としてお届けします!

  • 戦争のさなかに踊ること─ヘミングウェイ『蝶々と戦車』

    戦争のさなかに踊ること─ヘミングウェイ『蝶々と戦車』

    下西風澄

     海の向こうで戦争が起きている。  インターネットはドローンの爆撃を手のひらに映し、避難する難民たちを羊の群れのように俯瞰する。

  • この世がでっかい競馬場すぎる

    この世がでっかい競馬場すぎる

    佐藤ゆき乃

     この世がでっかい競馬場すぎる。もう本当に早くここから出たい。  脳のキャパシティが小さい、寝つきが悪い、友だちも少ない、貧乏、口下手、花粉症、知覚過敏、さらには性格が暗いなどの理由で、自分の場合はけっこう頻繁に…

  • 新しい「普通」を一個増やす

    新しい「普通」を一個増やす

    朴東燮

    みなさま、はじめまして。朴東燮(バクドンソップ)と申します。 僕は韓国の釜山(ブサン)生まれ育ちで、いまも釜山の日光(イルグァン)という街に住んでいる、 生粋の釜山人です。

この記事のバックナンバー

08月16日
【第38弾】電子書籍リリース記念、木村俊介さんの著作をご紹介します! ミシマガ編集部
07月10日
電子書籍第37弾、『桃を煮るひと』&『ここだけのごあいさつ』をリリース! ミシマガ編集部
06月12日
電子書籍第36弾、5月新刊『ピッツァ職人』&勢古浩爾さんの書籍をリリース! ミシマガ編集部
05月10日
電子書籍第35弾、『一泊なのにこの荷物!』『人生、行きがかりじょう』の2点リリース! ミシマガ編集部
04月10日
電子書籍第34弾、『時代劇聖地巡礼 関西ディープ編』『言葉はこうして生き残った』の2点リリース! ミシマガ編集部
03月14日
電子書籍第33弾、『おそるおそる育休』『飲み食い世界一の大阪』の2点リリース! ミシマガ編集部
02月11日
電子書籍第32弾、『小さき者たちの』『逆行』の2点リリース! ミシマガ編集部
01月09日
電子書籍第31弾、山口ミルコさんの著作をリリース! ミシマガ編集部
12月11日
電子書籍第30弾、江弘毅さんの著作をリリース! ミシマガ編集部
11月12日
電子書籍第29弾、好評新刊『ええかげん論』&既刊2点リリース! ミシマガ編集部
10月09日
電子書籍第28弾、話題の新刊3点を一挙リリース! ミシマガ編集部
09月10日
電子書籍第27弾、ご飯が食べたくなる2点リリース! ミシマガ編集部
08月10日
電子書籍第26弾、『もえる!いきもののりくつ』&『佐藤ジュンコのひとり飯な日々』の2点リリース! ミシマガ編集部
07月16日
電子書籍第25弾、『中学生から知りたいウクライナのこと』ほか2点リリース! ミシマガ編集部
06月13日
電子書籍第24弾、手売りブックス3点が電子化! ミシマガ編集部
05月10日
電子書籍第23弾、いしいしんじさん本&手売りブックスが電子化! ミシマガ編集部
04月11日
電子書籍第22弾、『教えて!タリバンのこと』&『<貧乏>のススメ』がリリース! ミシマガ編集部
03月10日
電子書籍第21弾、平川克美先生の新刊『共有地をつくる』&既刊『消費をやめる』 ミシマガ編集部
02月14日
電子書籍第20弾、話題新刊『気のはなし』&ロングセラー『女、今日も仕事する』 ミシマガ編集部
01月10日
電子書籍第19弾、身体が元気になる3冊リリース! ミシマガ編集部
12月14日
電子書籍第18弾、『みゃーこ湯のトタンくん』電子版同時リリース! ミシマガ編集部
11月10日
電子書籍第17弾、10月刊『思いがけず利他』『その農地、私が買います』ほか電子化! ミシマガ編集部
10月10日
電子書籍第16弾、話題の『くらしのアナキズム』が早速電子化! ミシマガ編集部
09月10日
電子書籍第15弾、8月刊辛口サイショーDX&仲野教授ほか3点リリース! ミシマガ編集部
08月10日
電子書籍第14弾、安田登先生新刊『三流のすすめ』ほか ミシマガ編集部
07月12日
電子書籍第13弾、『辛口サイショーの人生案内』ほかコーヒーと一冊3点リリース! ミシマガ編集部
06月10日
電子書籍第12弾、『菌の声を聴け』『選んだ理由。』の2点をリリース! ミシマガ編集部
05月10日
電子書籍第11弾、『時代劇聖地巡礼』『つくるをひらく』『街場の文体論』の3点をリリース! ミシマガ編集部
04月14日
電子書籍第10弾、後藤正文さん既刊&ミシマ社最新刊を一挙リリース! ミシマガ編集部
03月09日
電子書籍第9弾、『ないようである、かもしれない』『ホホホ座の反省文』 ミシマガ編集部
02月12日
電子書籍第8弾、『日帰り旅行は電車に乗って 関西編』を刊行! ミシマガ編集部
12月22日
電子書籍第7弾、『上を向いてアルコール』『縁食論』を刊行! ミシマガ編集部
11月10日
電子書籍第6弾、安田登先生『あわいの力』など4タイトル刊行! ミシマガ編集部
10月09日
電子書籍第5弾、話題の『日本習合論』他4タイトル刊行! ミシマガ編集部
09月10日
電子書籍第4弾、映画原作『ボクは坊さん。』など5タイトル刊行! ミシマガ編集部
08月11日
電子書籍第3弾、将棋ノンフィクション『等身の棋士』など5タイトル刊行! ミシマガ編集部
ページトップへ