電子書籍しません宣言、撤回します!

電子書籍第16弾、話題の『くらしのアナキズム』が早速電子化!

2021.10.10更新

こんにちは。電子書籍担当の営業モリこと岡田森です。
今月の電子書籍リリースは、話題の9月刊を含むこの3冊です!

※明日10/11(月)から配信がスタートします。

松村圭一郎(著)『くらしのアナキズム』

0922-1.jpg

松村圭一郎(著)『くらしのアナキズム』

国家は何のためにあるのか?

ほんとうに必要なのか?

発売からすぐ大好評、たちまち3刷の話題作。
アナキズム=無政府主義という捉え方を覆す、画期的論考!

10/7に行われた『縁食論』の藤原辰史さんとの刊行記念対談も白熱したものとなりました。

この対談の中で、「自分たちでやっていくための手段を、国家や市場に譲り渡してきた」というお話を聞いた時に、電子書籍担当の私は紙の本と電子書籍のことを考えていました。
電子書籍は発売元が利益を出せなったり、なんらかの自主規制をしたら、配信も再生も維持できなくなります。一方で、「紙の本を本棚から取り出して読む」という行為は個人で完結するので、比較的アナーキーな営みなのかもしれません。
もちろんこれは程度の問題で、私たちはすでに国家や市場の中にいるので、その恩恵の一つである便利な電子書籍はしっかり利用すればよいのですけれど。

松村先生と藤原先生の対談はアーカイブ配信中ですので、ぜひご覧くださいませ!

1010_arc.png

内藤正典、中田考(著)『イスラムが効く!』

1010_isuramu.jpeg

内藤正典、中田考(著)『イスラムが効く!』

もう、国(国家)に頼らない。

仕事、セクハラ、介護、家族の問題から心の病、世界平和まで...
「イスラムの知恵」が問題だらけの日本を救う!

イスラム地域研究者の内藤正典先生と、イスラム法学者でムスリムの中田考先生が語り合う、イスラムの効用。

アフガニスタンでのタリバンの動向が気になる今、読み返したい一冊を電子化!
『くらしのアナキズム』と一緒に読むと、私たちの思う「国家」というのがいかに狭いものか思い知ります。

また、内藤先生の配信イベントも連続開催中です。
中田考先生とタリバンとアフガン政府を同志社大学に招き、一緒に鍋をつついた伝説の会議の話もたっぷり!

1010_tariban.jpeg 1010_motto.jpeg

『シェフを「つづける」ということ』

1009_syehu.png井川直子(著)『シェフを「つづける」ということ』

10年で奇跡 30年で伝説

イタリアで修業した15人、その後の「10年」を追う。
2000 年代、シェフになることを夢見てイタリアに渡った若者たちが、不景気とそれぞれの人生の現実に直面し苦闘する10 年を追う、渾身のノンフィクション。
低迷する経済、激変する環境のなかで...。
「継続する」ことの困難と喜び。
働き「つづける」すべての人に贈る一冊!

新刊『シェフたちのコロナ禍』(文芸春秋)が話題の井川直子さんのロングセラー!
新刊には本作に登場するシェフも登場するので、「続けるということ」の「その先」としてあわせてお読みいただけます。
飲食店が苦境に立たされているいま読みたい一冊です。


これからも、電子書籍、ライブ配信、アーカイブ動画、そしてもちろん紙の本。
さまざまな形で「おもしろい!」をお届けします。
お好みの方法で楽しんでいただければ幸いです。


ミシマ社が電子書籍を始めた経緯はこちら

ミシマ社の電子書籍一覧はこちら

ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『くらしのアナキズム』(松村圭一郎 著)「はじめに」を公開!

    『くらしのアナキズム』(松村圭一郎 著)「はじめに」を公開!

    ミシマガ編集部

    今月、文化人類学者の松村圭一郎さんによる、著書『くらしのアナキズム』を刊行します。ミシマ社からは、『うしろめたさの人類学』以来、4年ぶりとなる松村さんの新刊です。本日は、9月24日(金)のリアル書店先行発売に先立ち、『くらしのアナキズム』より「はじめに」を公開いたします。刊行記念イベントも予定しておりますので、ぜひご注目ください。

  • 特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(前編)特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(前編)

    特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(前編)

    ミシマガ編集部

     7月22日、平川克美さんが店主をされている隣町珈琲のブックレビュー対談に、『三流のすすめ』著者の安田登さんがゲストとして登壇されました。リアルイベントにお客としてうかがったミシマ社のホシノとイケハタが、そのあまりの面白さに、これはもっとたくさんの方に届けたい! と切望し、その一部を公開させていただくこととなりました。 中国の古典から現代の政治まで、止まることなく転がり続けた、“落ち着きがない”お二人の対話、2日間にわたってお届けします。

  • 本のこぼれ話

    作者・デザイナー・編集者による、もっと知りたい人への深掘り絵本トーク

    ミシマガ編集部

    網代幸介さんによる絵本『てがみがきたな きしししし』の刊行から2カ月が経ちました。昨日(9/4)より、広島のREADEN DEATにて原画展を開催中です。本日のミシマガジンでは、この作品をより深く知ってもらうべく、『てがみがきたな きしししし』が生まれるまでのきっかけや、ブックデザインの制作秘話についてお伝えいたします。

この記事のバックナンバー

10月10日
電子書籍第16弾、話題の『くらしのアナキズム』が早速電子化! ミシマガ編集部
09月10日
電子書籍第15弾、8月刊辛口サイショーDX&仲野教授ほか3点リリース! ミシマガ編集部
08月10日
電子書籍第14弾、安田登先生新刊『三流のすすめ』ほか ミシマガ編集部
07月12日
電子書籍第13弾、『辛口サイショーの人生案内』ほかコーヒーと一冊3点リリース! ミシマガ編集部
06月10日
電子書籍第12弾、『菌の声を聴け』『選んだ理由。』の2点をリリース! ミシマガ編集部
05月10日
電子書籍第11弾、『時代劇聖地巡礼』『つくるをひらく』『街場の文体論』の3点をリリース! ミシマガ編集部
04月14日
電子書籍第10弾、後藤正文さん既刊&ミシマ社最新刊を一挙リリース! ミシマガ編集部
03月09日
電子書籍第9弾、『ないようである、かもしれない』『ホホホ座の反省文』 ミシマガ編集部
02月12日
電子書籍第8弾、『日帰り旅行は電車に乗って 関西編』を刊行! ミシマガ編集部
12月22日
電子書籍第7弾、『上を向いてアルコール』『縁食論』を刊行! ミシマガ編集部
11月10日
電子書籍第6弾、安田登先生『あわいの力』など4タイトル刊行! ミシマガ編集部
10月09日
電子書籍第5弾、話題の『日本習合論』他4タイトル刊行! ミシマガ編集部
09月10日
電子書籍第4弾、映画原作『ボクは坊さん。』など5タイトル刊行! ミシマガ編集部
08月11日
電子書籍第3弾、将棋ノンフィクション『等身の棋士』など5タイトル刊行! ミシマガ編集部
ページトップへ