ミシマ社の本屋さん通信

第1回

産地直送!手売りブックス

2018.05.19更新

 こんにちは。京都オフィスのワタナベです。ミシマ社の本屋さんの店長をしています。

 え? ミシマ社の本屋さんってなに? という方に向けてご説明しますと、ここは、出版社であるミシマ社が運営している本屋さんです。京都オフィスの1階を売場に、毎週金曜と月イチ土曜にオープンしています。営業時間は、13時から19時まで。売っている本は、ミシマ社刊行の書籍だけでなく、他社本もあります。メンバーが「この出版社の本は売りたい!」と思ったところに直接交渉して仕入れているので、ここにある本はすべて、心を込めておススメするものばかりです。ちなみに売場は畳の部屋で、「和む」と評判。ぜひゆっくりしていってください。メンバーが交替で店番をしながら、皆さまのご来店をお待ちしています。

 というわけで、「作る(編集)」、「届ける(営業)」だけでなく、「手渡しで売る」ことも小規模ながらこの手で行なうミシマ社。そんな私たちが、この5月に刊行した新シリーズが、「手売りブックス」です。そこに込めた想いは、代表ミシマによる「ミシマ社の話」をお読みいただくとして、ここでは、ミシマ社の本屋さんでは、「手売りブックス」をどうやって売っているかについて、ご紹介いたします。

0519-1.jpg

 仕掛け屋チームのハセガワに協力してもらい、「産地直送」をテーマにディスプレイしてみました。

0519-2.jpg

 「どうやって読者のもとへ届けるか?」を考えて、「手売りシール」を作っていきます。

0519-3.jpg

 「手売りシール」の説明がこれ。1冊1冊、お店独自にカスタマイズできるという面白さ。

0519-4.jpg

 中身がおなじ本でも、「手売りシール」の内容や貼る場所が変わると、違った見え方がします。

0519-5.jpg

 ことばだけでなく、絵を描いたり切り絵を貼ったり、スタンプを押したり・・・。「手売りシール」で、手売りの可能性は限りなく広がります。

 以上、「手売りブックス」の手売り事例のご紹介でした。

 いままでにない試みなので、作った私たちもまだまだ試行錯誤中。ぜひ売場で実物を見ていただき、もしよかったら、「手売りシール」のアイデア、教えてください。お客さんと一緒に書いても面白いかも!

 ミシマ社の本屋さんの営業日については、ホームページか、Twitterをご覧くださいませ。メンバー一同、皆さまのご来店、お待ちしています。

編集部からのお知らせ

ミシマ社の本屋さん 5月の営業日

19日(土)、20日(日)、25日(金)
※今月の土曜営業日は19日(土)です。20日(日)も営業します。

OPEN:13:00 CLOSE:19:00

ミシマ社の本屋さん

益田ミリ『今日の人生』かもがわ おさんぽ展は、5月20日(日)までです!

ミシマガジンでの連載をまとめた人気コミックエッセイ『今日の人生』の発刊1周年を記念して、発行元であるミシマ社(ミシマ社の本屋さん)と、ご近所の誠光社、UNITE、モリカゲシャツの計4店のお店で、展覧会を同時開催しています。各会場ごとに、本、漫画、言葉、写真とテーマを分け、それぞれの形で作品の世界観を表現します。春の京都をお散歩しながら巡る、楽しい展覧会です。まもなく会期終了です。お見逃しなく!

・開催時期:2018年4月20日(金)~5月20日(日)
・場所:ミシマ社の本屋さん、誠光社、UNITE、モリカゲシャツ(開店時間、お休みは各会場により異なります)

詳しくはこちら

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 尾崎世界観×寄藤文平 いま、表現者であるということ(1)

    尾崎世界観×寄藤文平 いま、表現者であるということ(1)

    ミシマガ編集部

    2018/9/26(水)に発売されたクリープハイプの新アルバム『泣きたくなるほど嬉しい日々に』。そのデザインを手がけた寄藤文平さんと尾崎世界観さんは、4月にミシマガで対談しています。ミシマ社とも縁の深いお二人の対談、この機にぜひお読みください。(実は、今回の新アルバムの特装版の詩集と、タワーレコード特典の豆本の編集をミシマ社がお手伝いしています!)

  • 西村佳哲×ナカムラケンタ 最近〝仕事〟どう?(1)

    西村佳哲×ナカムラケンタ 最近〝仕事〟どう?(1)

    ミシマガ編集部

    みなさん、最近、仕事どうですか? ナカムラケンタさんの『生きるように働く』と、『いま、地方で生きるということ』の著者でもある、西村佳哲さんの『一緒に冒険をする』(弘文堂)の2冊の刊行を記念して、2018年9月18日、代官山 蔦屋書店にてトークイベントが行われました。「最近〝仕事〟どう?」をテーマに、それぞれの角度から「仕事」について考え続けてこられたお二人が、自著の話、人が働くことの根っこについて、そして「働き方改革」までを語り合いました。そんなお話の一部を、前・後編2日間連続でお届けします。どうぞ!

  • 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1)

    町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1)

    ミシマガ編集部

    2018年6月22日、編集者であり長年街場を見つめてきた江弘毅さんがはじめて「ブンガク」を描いた、『K氏の大阪弁ブンガク論』が刊行になりました。司馬遼太郎や山崎豊子といった国民的作家から、黒川博行、和田竜など現代作家まで縦横無尽に書きまくっている本作で、2章を割いて江さんが絶賛しているのが、作家・町田康さん。本書の刊行を記念して(そして江さんが熱望して!)、紀伊國屋書店梅田本店にておこなわれた、お二人の対談の様子をお届けします。

  • 前田エマ×北野新太 将棋に恋をした。(1)

    前田エマ×北野新太 将棋に恋をした。(1)

    ミシマガ編集部

    2017年12月に発刊された『等身の棋士』。静かに燃える棋士たちの世界が著者の北野新太さんによる熱い文章で綴られています。この一冊に、ミシマ社に来て間もない新人ノザキは衝撃を受けたのでした。そして、この本が刊行された当初から、いつかはこのお二人の対談を、と願い続けて半年。念願の企画が今回ついに実現しました。

この記事のバックナンバー

10月18日
第4回 さよなら下堤町 ミシマガ編集部
09月15日
第3回 私とミシマ社の本屋さん ミシマガ編集部
08月12日
第2回 オフィス移転のこと。そして、本屋さんのその後について。 ミシマガ編集部
05月19日
第1回 産地直送!手売りブックス ミシマガ編集部
ページトップへ