大地との遭遇

第25回

小貫大輔さんを訪ねて

2024.05.01更新

 大地を訪ねてくださった三砂ちづるさんが帰り際につぶやいた「シュタイナー活動といえば、小貫大輔さん」という言葉に僕は反応した。この頃、僕は大地での保護者勉強会で「シュタイナー教育」についてみんなで学んでいて、夢中になっていた。ドイツに教授職として赴任する友人のともさんと話していて「僕もドイツに行きたい!」と思わず口から出たのは、ドイツがシュタイナー教育発祥の地であり、今も活動の震源地であるからというのも大きかった。

 「小貫大輔さん」は、ブラジルで三砂先生が「出産のヒューマニゼーション」プロジェクトに取り組んでいた時の同僚だった。現在は、東海大学で教えながら、「性教育」「外国人学校」、そして「シュタイナー教育」をテーマに多彩な活動を展開している。

 三砂先生から「小貫大輔さん」の名前を聞いて、しばらくしてから「俺、小貫さんに会ったことあったじゃん!」と思い出した。それは僕が、e-Educationプロジェクトの代表として五大陸ドラゴン桜に取り組んでいた2014年。ブラジルのファベーラで映像教育のプロジェクトを立ち上げられないかと、相談に訪ねたのが、小貫さんだった。当時はシュタイナーに興味がなかった僕は、小貫さんのことをブラジルのファベーラでの活動や性教育の専門家だと思っていた。だから、三砂先生から「シュタイナー運動といえば小貫大輔さん」と言われても、すぐに記憶がつながらなかったのだ。

 小貫さんは、27歳の時にブラジルのサンパウロを訪れ、ウテ・クレーマーさんと出会う。ウテさんは「モンチアズール」というコミュニティ組織を主宰し、ファベーラで活動していた(出会いのいきさつは、小貫さんの著書『耳をすまして聞いてごらん ブラジル貧民街でシュタイナーの教育学を学んだ日々』(ほんの木)に詳しい)。

「モンチアズール」はシュタイナーの思想(人智学)を根底に、学校、保育園、学童保育、障害者のデイケア、診療所、助産師所、職業訓練所、小さい農場など多岐な活動を展開していた。ウテさんは、ドイツ出身のシュタイナー学校の先生だ。サンパウロ市内で教えていたが、職を辞して、1979年に仲間たちとモンチアズールを立ち上げた。小貫さんによれば、「ブラジルのコミュニティ活動の草分け的存在」だという。

 小貫さんは、ウテさんとの出会いをきっかけに、5年間モンチアズールで、エイズをテーマに活動。その後も人生を通して、モンチアズールと携わってきた。小貫さんに続くように、たくさんの日本人が、モンチアズールで働き、関わりを持ち続けている。

 早速小貫さんに連絡し、久しぶりに会いに行きたいことを伝えた。すると、「授業に遊びにおいで!」と返事が来た。2023年、4月28日。僕は、長野から東京へ行き、東海大学を訪ねた(ここからは、敬愛の念をこめて大輔さんと書こう)。僕は大輔さんに約10年ぶりに再会し、彼の授業に参加した。その後、研究室へ。大輔さんの研究室は、ブラジル人学校でのボランティアや、性教育、LGBTQなど様々な活動に携わる学生のみなさんで賑わっていた。僕は、息子たちが生まれ、長野に引っ越したこと、大地をきっかけにシュタイナー教育に興味を持ったこと、シュタイナーを探求するためにドイツに引っ越したいと思っていることを、伝えた。

 大輔さんからは、彼のブラジルでの「お産のヒューマニゼーション」プロジェクトの話から、日本、世界のシュタイナー学校の今のことまで、話は多岐に渡った。

「ドイツで、多文化共生を掲げて成功しているシュタイナー学校がカールスルーエにある」

「世界に広まったシュタイナーのムーブメントで、一番エネルギッシュな国はブラジルかもしれない。オイリュトミーも、サンバの影響を受けて独自の進化を遂げている」

 など、僕は大輔さんの話を聞きながらワクワクと想像力が世界中に広がっていくのを感じた。「シュタイナー教育の新しい種はブラジルで大きく育っているのか!モンチアズール熱いぞ!!!」と僕は興奮した。

 その後、大輔さんのご自宅に伺ってご家族と一緒にブラジル料理に舌鼓を打った。大輔さんとの会話の中で、何度もモンチアズールを主宰するウテさんの話になった。大輔さんによればウテさんは「シュタイナー教育が『他者』に開かれた教育運動となることを、実践を通じて世界のシュタイナー学校に呼びかけてきた人」だという。

 強烈にウテさんに会いたくなってきた。僕は2014年に大輔さんにブラジルでのプロジェクト立ち上げの相談に行ったあとに、大輔さんの紹介を得てサンパウロを訪問していた。リンダウバさんという「モンチアズールのお母さん」というような方のおうちに滞在させてもらいながら、現地の予備校や塾などのことを聞き込み調査していた。僕は、モンチアズールの活動の中心地に滞在していたことがあったのだ。いかんせん、当時はモンチアズールに自分の興味関心がなかった。だから、活動を主宰するウテさんを訪ねたり、モンチアズールの活動現場を見学に行かなかった。僕は、e-Educationのブラジル立ち上げに夢中だった。あー、なんてもったいないことをしたんだ、自分よ。ばかもの!

 話は盛り上がり、気が付くと長野に帰る最終電車の時間が迫っていた。大輔さんは、駅まで車で送ってくれた。僕が車から降りるときに大輔さんは言った。

「僕の親友が、スイスのドルナッハにいて、シュタイナーの活動をずっとやってるよ。まさっていうんだ」

 まささん・・・。小貫さんの親友ということは、きっと魅力的な人に違いない。一体どんな方なんだろう。近々、ぜひまささんに会いに行こう。

税所篤快

税所篤快
(さいしょ・あつよし)

19歳のとき、失恋と一冊の本をきっかけにバングラデシュへ。同国初の映像授業プログラムe-Educationを立ち上げ、最貧の村ハムチャーから国内最高峰ダッカ大学への合格者を10年以上輩出する。その後、中東のパレスチナ難民キャンプやガザ、アフリカのルワンダやソマリランドなどでプロジェクトを展開。2016年、人生に迷い、リクルート入社。売上ゼロのまま木更津で消息をたち、エチオピアで発見される「税所アフリカ脱走事件」など数々の逸話を残す。2021年、地域おこし協力隊ゼロカーボン推進員として、長野県小布施町へ。著書に、『前へ!前へ!前へ!』『最高の授業を世界の果てまで届けよう』『突破力と無力』の青春三部作。『若者が社会を動かすために』『未来の学校のつくりかた』『僕、育休いただきたいっす!』の社会人三部作などがある。

写真:五味貴志

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 仲野徹×若林理砂 

    仲野徹×若林理砂 "ほどほどの健康"でご機嫌に暮らそう

    ミシマガ編集部

    5月刊『謎の症状――心身の不思議を東洋医学からみると?』著者の若林理砂先生と、3月刊『仲野教授の この座右の銘が効きまっせ!』著者の仲野徹先生。それぞれ医学のプロフェッショナルでありながら、アプローチをまったく異にするお二人による爆笑の対談を、復活記事としてお届けします!

  • 戦争のさなかに踊ること─ヘミングウェイ『蝶々と戦車』

    戦争のさなかに踊ること─ヘミングウェイ『蝶々と戦車』

    下西風澄

     海の向こうで戦争が起きている。  インターネットはドローンの爆撃を手のひらに映し、避難する難民たちを羊の群れのように俯瞰する。

  • この世がでっかい競馬場すぎる

    この世がでっかい競馬場すぎる

    佐藤ゆき乃

     この世がでっかい競馬場すぎる。もう本当に早くここから出たい。  脳のキャパシティが小さい、寝つきが悪い、友だちも少ない、貧乏、口下手、花粉症、知覚過敏、さらには性格が暗いなどの理由で、自分の場合はけっこう頻繁に…

  • 新しい「普通」を一個増やす

    新しい「普通」を一個増やす

    朴東燮

    みなさま、はじめまして。朴東燮(バクドンソップ)と申します。 僕は韓国の釜山(ブサン)生まれ育ちで、いまも釜山の日光(イルグァン)という街に住んでいる、 生粋の釜山人です。

この記事のバックナンバー

05月01日
第25回 小貫大輔さんを訪ねて 税所篤快
04月01日
第24回 三砂ちづるさん、大地へ! 税所篤快
03月01日
第23回 夏の大地 トーチングの炎 税所篤快
02月05日
第22回 忍者大縦走!四阿山・根子岳を駆ける 税所篤快
01月04日
第21回 大地の親たちの横顔 税所篤快
12月01日
第20回 卒園生たちのいま 税所篤快
11月20日
第19回 磯野真穂さんと「徒歩旅行」を考える 税所篤快
11月01日
第18回 あおちゃんの大地創業までの物語(社会人編・後編) 税所篤快
10月16日
第17回 あおちゃんの大地創業までの物語(社会人編・前編) 税所篤快
10月04日
第16回 あおちゃんの大地創業までの物語(青春編) 税所篤快
09月15日
第15回 春休み、ナウマン象と野尻湖人を探せ 税所篤快
09月01日
第14回 はじめてのお話発表会! 税所篤快
08月15日
第13回 夏の大地 保育士見習いDay 税所篤快
08月01日
第12回 大地の保護者面談「ストップ!ドイツ留学」 税所篤快
07月12日
第11回 冬の大地名物 クロスカントリーのたび 税所篤快
07月01日
第10回 保育士見習いDay 4 血がしたたる修羅場に彼は舞い降りた 税所篤快
06月15日
第9回 冬の大地 はじめての保育ボランティア 税所篤快
06月01日
第8回 お父さんのお話勉強会 税所篤快
05月15日
第7回 マイナス2度、雪上の調理実習 税所篤快
05月01日
第6回 夜明けの親子雪遊び 税所篤快
04月13日
第5回 スキーをしながら海を思う 税所篤快
04月01日
第4回 僕、山小屋もらったっす! 税所篤快
03月15日
第3回 子ども園大地の、秋と冬 税所篤快
03月01日
第2回 長男たかちゃん、大地に入園する 税所篤快
02月15日
第1回 小布施に引越して、ある山の上にある保育園に出会った 税所篤快
ページトップへ