「ない」ようで「ある」

第29回

何かを削ぎ落としてみる方向の思いつき実践に

2022.02.16更新

7号食

 2週間前頃から7号食というものに取り組みました。7号食の正確な定義は、僕はまだ把握しきれていません。調べてみると、マクロビオティックの考えに基づく食事法のようですが、マクロビオティックが何かというのもかなりふんわりとしか把握できていないのが現状なので、それらの定義は割愛というか、それぞれに深めていただきたいと思います。ひとまず僕が分かっていることとして、7号食とは、10日間玄米だけを食べ続ける食事法だということです。数年前から、友人の中でちらほら取り組む人たちがいたのでずっと興味は持っていましたが、実践をしてみるまでには至りませんでした。気になっているけど実践に至らないことって、多かれ少なかれ誰しもあるような気がしますが、7号食は僕にとってずっとそういうものでした。

 10日間、玄米だけしか食べてはいけない、というのは、玄米は食べていいということです。しかも、調べたところ、玄米と塩とごまはいくらでも食べていいと書いてあります。つまり、ごま塩玄米ごはんだけを制限なく、10日間食べ続けるということです。これを聞いてどう思いますか? 僕は、はっきり言って、余裕やな、と思いました。何しろ、玄米は好物です。普段は、なんとなく炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラル......などのバランスを考えたり考えなかったりしているので、つべこべ言わずにごま塩玄米ごはんという好物をいくらでもお食べなさい、という決まりは、むしろ楽園にいらっしゃい、と同じような雰囲気で僕には響いていました。

 でも、僕が調べたいくつかの記事の中には、7号食とは8号食まである食事療法のうちの2番目に厳しい段階であると書いてありました。一番厳しい8号食とは、食べない、というものだそうです。食べないって、もはや食事療法なのか......。これを読んで、何も食べない8号食の次に厳しいということは、自分の想像よりもずっときつい10日間になるのではないかという不安が少し生まれました。

実践

 少し生まれた不安を胸に、初日を迎えました。始まったらもちろん酒は飲めません。酒どころか、カフェインが含有されているものやジュース類も禁じられているので、飲み物もかなり限られます。僕はこの飲み物の制限を甘くみていました。初日の前日は、しばらく酒を飲めないからと思い、しばしのお別れの会を酒と一緒に催しました。つまり、結構多く酒を飲んだということです。そうして迎えた初日、午前中は前日の飲酒の影響もあり空腹にはなりませんでしたが、徐々にお腹が空いてきました。この時は、この瞬間を待っていたぜ、という気持ちで、職場に持ってきていたごま塩玄米ごはんのおにぎりにかぶりつきました。う、うまい! これならば絶対に10日間続けられる、と確信しました。満足するまでおにぎりを食べると、これまでの習慣通りに食後のコーヒーやお茶を飲みたくなりました。でも、コーヒーにもお茶にもカフェインが含まれています。紅茶やウーロン茶はもちろん、ほうじ茶でさえ少量ですがカフェインが入っているので、いわゆるお茶類は全滅。結局水を飲みましたが、習慣としていたことが急にできなくなるというのは、これほどまでに違和感があるのか、と感じました。しばらく経つとまたお腹が空いてきます。さて、何を食べようかな、ではなく、玄米ごはんしか食べてはいけません。食べれば確かにおいしい。満足感もある。でも、続けているうちになんとなく飽きていくのではないか、という不安も初日にしてすでに生まれてきていました。

 8号食の次に厳しいらしいという事前情報からの不安と、好物とはいえずっと同じものを食べ続けることができるのだろうかという不安が重なって、なんだか鈍い感じの気分が漂ってきます。不安は人間にとって大きなストレス。ストレスは発散しなければ、いろいろな悪循環につながるので、こまめに発散する方が身のためです。そういう時、僕は、甘さが少なくてカカオが多めの小さなチョコを口に放り込む習慣がありました。まさにそれをしたい瞬間。でも許されません。僕が食べることを許されているのは、玄米ごはんだけなのです。コーヒーもお茶もチョコも遮られ、早くも「あぁ、また玄米かよ」と、ありがたみを忘れそうになりながらなんとか仕事を終えて帰宅すると、今度はおつかれの一杯を飲みたくなります。別に、日々多く酒を飲んでいたわけではないのですが、1日のいろいろなことが終わると、少しだけ飲んで、心身を緩めたい気持ちになることは多いのです。でももちろんだめ。あぁぁ!

 2日目、3日目は休日で、午後から夜まではオープンダイアローグのトレーニングを受ける予定が入っていました。トレーニングの間は集中しているし、玄米はいくらでも食べて良いので空腹でもないから辛い気持ちも強くはありませんでした。辛いのは休憩時間です。集中して数時間対話のことをトレーニングしてやっと休憩というタイミング。ここは普段ならば、絶妙にコーヒーかチョコが合う時間に違いありません。でもその時は、コーヒーかチョコを摂取する代わりに、玄米ごはんをひとつまみ口に入れて噛み噛み、噛み噛み。7号食では、30〜50回は噛むことを推奨されていますが、実際玄米はかために炊けることが多いので、気づくとそれくらい噛んでいます。辛かったのは、これはコーヒーやチョコの代わりなんだよな、と思いながら玄米や水を摂ることでした。摂りたいと思うものを摂れない、なぜなら規則だから、という縛られ方は、体験してみるととても苦しい気持ちになるものでした。でも、そういう気持ちで摂られる玄米や水だって辛いよなぁと、今書いてて思います。

徐々にセカンド自分が登場

 4日目以降くらいになると、食事をしたり、仕事を終えたりと、何かをした気分になった時、コーヒーやチョコや酒で、句読点を打つように一息入れたい意識が自分にはあることにようやく気づき始めました。もちろん、嗜好品としてそれらを飲食することが、自分にとって単純に嬉しいことだというのもあります。でも、それ以上に、1日の生活の中でメリハリをつけたり、場面展開をするのに不可欠な行為だと思い込んでいたような気がしてきたのです。実はなくても大丈夫なのに、習慣によって、一息とかシメとかが必須な気になっているだけなのではないか。もちろん一息入れたり、シメたりしても良いし楽しいけど、しなくてもここちよく時は流れていく可能性があるのではないか。そんな新しい価値観に出会い始めているのを体感しました。

 そもそも考えてみれば、今回7号食をやってみようと実践を決めたのは自分です。7号食では、カフェイン類や酒は禁止されているので、規律にしばられている気持ちになって落ち込んでいました。でも、実践を決めたのが自分ということは、実はその禁止の指令を出しているのは自分とも言えます。自分で指令を出して、その指令にまた自分で抵抗して苦しんでいる。なんだ、この自作自演のような現象は! 多分ちょっと違うと思うのですが、釈迦の手のひらでぐるぐると飛び回る孫悟空のような連想がわきました。この、自作自演で苦しんでいるようなイメージを持てたことで、なんとなく自分のことをばかばかしくて愛おしい存在のように俯瞰できるようになりました。自分のことを少し上の位置で眺めるセカンド自分からは、自分のことが、思いっきり走って、転んで、泣いているこどものように微笑ましく見えるようになったのです。7号食に取り組んでいる自分をかわいいなぁ、愛おしいなぁと思うなんて全く予想していないことでした。この変化は他の人にもあるものなのだろうか。

嗅覚に変化

 こうなってくると、あぁ玄米に飽きそうだ、という思いが浮かんだ時も「そうだよね、不安だよね。でも今は玄米。あと数日! はいどうぞ、おいしいよ」といった、なんだか滑稽な自己対話をするようになり、孤立感のある取り組みの雰囲気が緩むからか、だんだん7号食が苦ではないものになっていきました。その頃からでしょうか。なんだか嗅覚が鋭敏になっていくのを感じるようになりました。7号食5日目の時に訪問診療先で、強烈にハンバーグの匂いがするなぁと思いながら話を聞いていると、「今朝はなんかむしゃくしゃしていて、朝からレトルトのハンバーグを食べたんですよ」という話が出たことがありました。診療後に移動する車の中で一緒に診療の場にいた人にハンバーグの匂いが強烈だったという話をしたら、全然気づかなかったと言われて、嗅覚が鋭くなっていることに気づいたのです。もともと僕は、特に嗅覚が強いわけではありません。むしろ、20代まで鼻血を出すことがあまりに多くて、同じ勤務先の耳鼻科の先生に相談したらその場で粘膜を焼く処置をされたというか、してもらったことがあるので、他の人よりも嗅覚は鈍感な自覚がありました。そんな自分に、嗅覚が人より強くなる変化が訪れるなんて驚くべきことでした。7号食に取り組むと、玄米が売っていないコンビニには行く必要がなくなります。5日ぶりにコンビニに入ってみると、その匂いのサイケデリックさに倒れそうになりました。こんなに強い匂いがいくつも乱立しているような感覚になるのは初めてでした。試しに、いくつかのコンビニに入ってみると、店ごとに乱立する匂いの種類が違います。ショーケースに並んでいる食品の匂いが強かったり、コーヒーの匂いが強かったり、飲食するもの以外の匂いが強かったり、本当に様々でした。

鋭敏な感覚

 嗅覚の鋭敏さを自覚しながら街を歩くと、今までになかった感覚になります。人と話しながら歩いていても、強い匂いを放つ店があったりすると、刺激が強すぎて話があまり頭に入ってこない瞬間も経験しました。この体験はこの体験で、自分には新鮮だったので楽しめましたが、生まれつき感覚が敏感な人は、もしかしたらずっとこのような状態なのかもしれません。視覚、聴覚、嗅覚、触覚、味覚、それぞれで、多数の人と比べて敏感であるということは、敏感ではない自分からするとうらやましい気持ちがあります。でも、きっとそれ以上に鬱陶しかったり、混乱の要因になったりしてつらい側面が大きいことが想像できました。多数の人より敏感であるから、「過敏」という、過剰に敏感であるという言葉が生まれるわけですが、やはり多数の人と感覚が違うのは苦しさにつながることが多いはずです。少しでもその感覚を体感できたことは、これからの自分にとって、想像力が養われるとても貴重で大切な経験でした。

 なんとなく始めてみた7号食ですが、摂るものを限りなくシンプルにすることで、それまで自分の中に眠っていたというか、身の回りのものが多すぎるから埋れてしまっていた気づきを見つけることができたような気がします。調べると、ダイエットにも良いと書かれていますが、僕はそれには懐疑的でした。なぜなら、玄米を食べる量に制限はないと書いてあったからです。実際に3日目くらいまでは相当な量を食べていたと思います。でもそれは、他のものを摂れないフラストレーションの発散のために量が増えていた部分もあるようで、徐々に量は多すぎないくらいに落ち着いていって、少しダイエット効果もあったかもしれません。また、始める前は、終わった瞬間に多く酒を飲むだろうと予測していましたが、明日で回復食まで全て終わるという今現在、確かに飲みたいと思うものの、予測していたほどの飲酒への渇望はありません。

 今年はもしかしたら色々とシンプルにしてみるということを試す年なのかもしれません。なんとなく始めたということは、明確な目的や意味を見出さずに見切り発車をしたということですが、それだけに「ないようであるかもしれない」自分の中の変化や流れが関係している気がします。今後、同じような形で、何かを削ぎ落としてみる方向の思いつき実践に至る可能性は少なくないでしょう。毎回まとまりのないこの連載も、もしかしたらいずれは短歌とか、もっと文字数が減って俳句くらいまで変化したりして。いや、そんな高尚なものにはならないか。どうなるんでしょうね。みんなで見守ろう。

220216-1.jpeg

星野 概念

星野 概念
(ほしの・がいねん)

1978年生まれ。精神科医 など。病院に勤務する傍ら、執筆や音楽活動も行う。雑誌やWebでの連載のほか、寄稿も多数。音楽活動はさまざま。主著に、いとうせいこう氏との共著 『ラブという薬』『自由というサプリ』(リトルモア)。また、本連載をまとめた『ないようである、かもしれない 発酵ラブな精神科医の妄言』が2021年2月にミシマ社より刊行。

ホームページはこちら

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『中学生から知りたいウクライナのこと』まえがきを公開します

    『中学生から知りたいウクライナのこと』まえがきを公開します

    ミシマガ編集部

    本日のミシマガでは、藤原さんによる本書の「まえがき」を公開します。なぜ、ウクライナを「中学生から知る」ことが大切なのか。戦争が起こったときに、歴史学を通じて考えられることは何か。私たちはいかに義務教育で習ってきた狭い歴史観(世界の見方)を崩し、もっと複雑で豊かな、生きた人びとの経験について想像することができるのか。いま起こっていることに自分なりに向き合いつづけたいと思っておられるすべての方に、ぜひお読みいただきたいと願っています。

  • 特別鼎談「共有地としての一冊!取引所」(前編)

    特別鼎談「共有地としての一冊!取引所」(前編)

    竹本吉輝・近藤淳也・三島邦弘

    本日と明日は、読者・書店・出版社を風通し良くつないでいくための、いわば出版界の「共有地」づくりに取り組む3人による鼎談をお届けします。

  • まずは自己紹介であります。

    まずは自己紹介であります。

    仲野 徹

    みなさん、こんにちは。仲野徹です。と言ってもご存じない方がほとんどでしょう。4月までは、大阪大学医学部の仲野です、と言うてたんですが、定年になったんで、肩書きがなくなりました。公式の職業(?)は「隠居」なんですけど、そんなこというても、どんな人かわかりませんわな。

  • 『教えて!タリバンのこと』刊行特集 教えてください! イスラム圏、ウクライナ、これからの世界の見かた(前編)

    『教えて!タリバンのこと』刊行特集 教えてください! イスラム圏、ウクライナ、これからの世界の見かた(前編)

    ミシマガ編集部

    『教えて!タリバンのこと』発刊を記念して、内藤先生の特別インタビューを掲載します。本書は、「世界を別の角度から見ること」や「土台の異なる他者との対話」の大切さを訴える一冊です。  アフガニスタンの米軍撤退と、ロシアのウクライナ侵攻はつながっている? ロシアにも米国にも侵攻された経験をもつ人びとは、今起きている戦争と国際社会をどう見ている? 今まさに、ひとりでも多くの方に読んでいただきたい言葉をお届けします。

この記事のバックナンバー

03月28日
第30回 「いまここ」にじっくりと向き合わざるをえない状況と響きあうような 星野 概念
02月16日
第29回 何かを削ぎ落としてみる方向の思いつき実践に 星野 概念
01月29日
第28回 なんとなくの気分が変わると、物語の色合いは少しだけ 星野 概念
08月17日
第27回 偶然と呼ぶべきなのか、何かの導きと捉えるべきなのか、 星野 概念
06月14日
第26回 その時はもしかしたら、苦しい仕事を乗り越える23の方法、といった 星野 概念
05月08日
第25回 ただ、人間はプログラムされてその通りに行動できるようなものではないので、 星野 概念
12月08日
第24回 現代人が知らぬ間に失いつつある感性を取り戻そうとすることなのでは 星野 概念
11月04日
第23回 遅めのスピード感を意識するということが 星野 概念
10月04日
第22回 「ない」ようで「ある」内在する目 星野 概念
09月04日
第21回 「勘」の生成 星野 概念
08月04日
第20回 どうしても生じてしまう圧は、 星野 概念
07月04日
第19回 「普通」というのは正しさとか正解とかを意味するわけではないということ 星野 概念
05月30日
第18回 自宅多めの生活から社会多めの生活に戻るのは、思いのほか 星野 概念
04月24日
第17回 簡単に泣かせず、むしろ笑わせるMさん 星野 概念
04月03日
第16回 地味で地道な努力を省略しないことが 星野 概念
02月28日
第15回 加圧もプラセボも信仰も、そして発酵も、 星野 概念
01月21日
第14回 コートのポケットからiPhoneを・・・。あれ? 星野 概念
12月25日
第13回 人間はみんな違って面倒くさい!・・・からこそ最高にドラマティック 星野 概念
11月27日
第12回 キラキラしている人の胸の内には、 星野 概念
10月26日
第11回 人との和、輪、ワニ、を感じた月 星野 概念
09月28日
第10回 共通するのは、「曖昧さに耐える」ということ 星野 概念
08月28日
第9回 一人だけ半裸のふくよかな小学生が 星野 概念
07月30日
第8回 信頼というのは、信じて頼ると書くわけで、 星野 概念
06月28日
第7回 「精神と時の部屋の逆の部屋」みたいな、 星野 概念
05月25日
第6回 境界線を揺らしたり、曖昧にさせるような小さな出来事 星野 概念
04月19日
第5回 なんだか、突然日記みたいなスタイル 星野 概念
03月27日
第4回 「そもそも」を追うことが鍵のような気 星野 概念
02月17日
第3回 ノロとアニキは全く別の生物ですが、 星野 概念
01月25日
第2回 小さな神様に見えて仕方ありません。 星野 概念
12月22日
第1回 日常も発酵も深海も、 星野 概念
ページトップへ