「ない」ようで「ある」

第30回

「いまここ」にじっくりと向き合わざるをえない状況と響きあうような

2022.03.28更新

陽性

 先日、新型コロナウイルス陽性となりました。喉の違和感を感じた日があり、あれあれ? と思った翌日には発熱。体温を測定してみると、思っていたよりも高くて、検査をしたら陽性の結果でした。新型コロナの話題って、いろいろな側面で気をつかうものだと思います。一方で、陽性になることは悪いことではなく、ひとつの現象だと僕は感じています。自分が新型コロナ陽性になったことで感じた色々なことを書き記してみようと思います。

 僕が今住んでいるのは東京都です。2022年1月から、発表される東京の感染者数はどんどん増えていました。僕の通勤手段は電車。主な職場のひとつが救命救急病棟。振り返ってみると、陽性になる可能性は常にあったと思いますが、なぜかしばらくの間はならないだろうという確信がありました。でも2月の中旬くらいから、理由は全くわかりませんが、もしかしたら陽性になるかも、という、予感とまで言えないほど小さい感覚が時折湧くようになりました。そのたびに、これはまさに「ないようであるかもしれない」感覚であり、できれば「ない」でとどまってほしいものだ、と考えていました。その時に頭をかすめたのは、無意識の存在です。

 精神分析の用語で、無意識とは、抑圧されていて普段は意識化されにくいこころの部分のことです。つまり、本人も自覚していないこころの部分と言えます。この無意識についての定義は、科学の実験で証明されたことを根拠としているわけではありません。でも、実は、意識できる意思決定の以前に、「準備電位」と呼ばれる無意識的な電気信号が立ち上がっているということが、脳科学実験でも確認されています。つまり、何かをする、などの意思を決定したと意識する前から、その決定の電位は生じているということになるのかもしれません。
 新型コロナ陽性は、意思決定によるものでは恐らくないので、この知見とは関係がなさそうですが、自分に意識化されているものだけが自分に起きていることではない、ということで考えると、からだはすでに陽性になる何かしらを察知しているけど、まだ明確に意識化はされていないだけという可能性もあるのではないか、という考えも浮かんだりしました。これの妥当性は、僕には確かめようがありませんが、その数日後に喉の違和感、発熱を呈して、陽性になりました。この経験を経て、「こうなるのではないか」という、予感に満たない小さな感覚は、改めて、ないがしろにできるものではないなと思いました。

陽性後

 発熱してからは、僕の場合は漢方と鍼を中心に治療を試みました。自分の状態に合わせて考えたもので、誰にでも当てはまるものでは全然ないので詳しい内容は書けませんが、熱を抑えるのではなく、熱をなるべく外に放出するようなイメージで取り組みました。鍼については、自分を練習台にして、日々取り組んでいるので、師匠にメールで相談して、「うぅぅ」とか言ながら打ちました。でも、うまく打てると、発熱が激しい時はほんの一瞬ではあるものの、スッと熱が取れる感覚があるのは印象的でした。
 色々な試行錯誤をして治療をするうちに、徐々に体調は楽になっていきましたが、この回復には、1月末からやってみた7号食が関係していたような気がしています。自分のやっていたことは正しかった! と言いたいわけでは全然ないし、思ってもいません。そもそも、7号食を終えてからほどなくして新型コロナ陽性になっているので、むしろ免疫力が落ちたなど、体調にとってマイナス方向の見方もできる可能性があります。でも、陽性になった後に治っていく過程では、7号食は功を奏したと感じているのです。これには、治療とはなんぞや、という話が関係します。

治療とはなんぞや

 一般的なイメージで、治療というと、医師の技や知識で病気をなくすというものだと思います。でも、医術の力だけで病気をなくすことはできるのでしょうか。これは疑問であり、盲点です。また、病気をなくすことが着地点ということで考えると、僕が尊敬する人たちや僕がこころがけているような、その人の困りごとを一緒に探して、それがなるべく緩むように試行錯誤するという姿勢は、病気をなくせているわけではないので、治療、と言い切れないような気もしてきます。そもそも治るとは、どういうことなのでしょうか。
 例えば、症状として不安が強い人に抗不安薬を処方したり、眠れない人に睡眠の環境を調整する助言をして睡眠薬の使用について考えたりすることがあります。これは薬による対症療法です。一方、不安や不眠など、症状と捉えられるものを枝と考えて、その根本にある生活や人間関係の困りごとを一緒に考え、それが少しでも緩むようにすることは、その人の悩みの本質的な部分を捉えようとする試みであると言えます。これらには、小さくない内容の違いがありますが、医療者がかかわって行われるという意味で、医術と捉えられるとも思います。医術のみで病気を治すことは可能でしょうか。恐らく無理です。なぜなら、いくら医術側があの手この手を使って治そうとしても、本人のこころやからだが治る方向を向かなければ、治る、は達成されないからです。医術はどこまでいっても本人を支えるだけ。治るには本人の力が、きっとどうしても必要です。

 抗不安薬や睡眠薬を処方していたら、だんだん薬が不要になっていくということがあります。これは一見、医師が処方によって治した印象になるかもしれません。でも実際に生じている現象は、医師が対症療法をしてみたら少し辛さが和らぎ、その人の自然治癒力がのびのびと働きやすくなって、薬なしで過ごせるようになったということだと思います。薬には不安を一時的に滑らかにしたり、興奮を抑えて睡眠に至らせる作用はありますが、薬なしで生活できるようにする作用はないのです。医術は、一時的に辛さを和らげることはできますが、やはり最終的には、その人自身の治っていく力が必要です。これは、手術をするような、圧倒的な医術の力が働く時でも同じです。手術をして、病変を取ることはできますが、その後、病変周囲や手術による傷口の細胞が修復される方向に向かないと、生体として活動する状態に戻っていくことができません。また、一見治療っぽくない、生活や人間関係における困りごとを少しずつ探して、それが緩むような試行錯誤をするというのも、医術をする側の独りよがりになってしまうと、いくら丁寧な気持ちを持っていても、治っていきません。どのような場合においても、その人本人が治る方向に向く力が不可欠です。その力は自然治癒力と呼ばれます。医術ができることは、治す、ではなく、辛さを緩め、その人が自分を治す自然治癒力のお手伝いをすることと言えるかもしれません。

 僕が新型コロナ陽性になった時の治療で考えてみます。先ほども書きましたが、不調を実感してから僕は、がむしゃらに漢方や鍼を用いて治療行為を行いました。その効果もきっとあって、なんとか熱を放出した感じになり、測定される体温は平熱と呼べる数値になって、喉の痛みや咳も和らいでいきました。この時、きっと同時に、僕の自然治癒力も働いていたはずです。どう働いていたか、科学的なことは詳しくわかりませんが、医術によるアプローチを受けて、治る方向にからだが向いたのだと思います。医術とともに、僕の自然治癒力も頑張ったのでしょう。こう書くと、医術も自然治癒力も、本当にありがとう、本当にお疲れさまでした! と言いたい気持ちになります。でも、ややこしいのは、自然治癒力は自分の中のものだし、医術を行なったのも僕の場合は僕なのです。共闘したと捉えられることは間違いないのですが、少しだけメタ的に眺めてみると、全部自分によるものに見えてきます。なんだか自作自演しているようで恥ずかしいです。

流れがある? ない?

 7号食をしたことがなぜ功を奏したと感じるかというと、まずは自宅療養期間に関することです。症状が出てから約10日間、外には出られません。いつもは電車通勤で人の波に揉まれ、勤務先で多くの人と話す自分が、全く人と会わずに自宅療養するというのはあまりに特殊な期間です。でも、詳しくは前回の「ないある」を参照してほしいのですが、7号食をしていた期間、玄米しか食べないとなると人と会う機会が減るというか、かかわりの濃さが減ります。一緒にできる食事が限定されるというのは、コミュニケーションの濃度がかなり下がるのです。だから、7号食をしていた時は、結果として人とのかかわりがそれまでよりも減った、ソフト特殊期間だったと言えます。その時期を経ていたことによって、新型コロナ陽性に伴う自宅療養期間へのストレスが減ったはずです。ストレスが増えれば、それだけで自然治癒力は低くなりそうなので、特殊期間の練習のようなことを期せずして行なったという捉え方もできるかなと思っています。
 さらに、玄米だけを食べる生活をしてみたことで、玄米と、回復食で食べた味噌汁だけで、割と自分はいけちゃうなという感覚を持つことができました。買い物に行けないし、食欲も旺盛ではない。デリバリーを頼むにしても、最初の方はそんな気力もありませんでした。そんな時に、7号食の10日間プラス回復食4日間で、せっせと炊き続けた玄米と、後半にありがたみを噛み締めながらいただいた味噌汁を用意することは、シャワーを浴びるくらいの感覚で、ほとんど物事を考えずにできることになっていました。加えて、ごくシンプルな食事に慣れ、酒量もそれまでよりは抑えられていたことで、新型コロナ陽性になる直前のからだへの負担は少なくなっていたように思います。

 こういう視点で考えると、もはや7号食約10日間、その1カ月くらい後に新型コロナ陽性で約10日間という、10日前後しばりの流れがあったのではないかと思えてしまいます。ただ、食事がシンプルになり、酒量が減っていたのに、なぜ陽性になったのか・・・。そこはまた違う事情がありそうです。やっぱり酒は必要なのか! とか。えぇ〜!

 まぁ、実際にからだで生じていることはわからないことだらけなので、全て勝手な考察の範疇です。勝手で、ほとんどなんの役にも立たなさそうな考察をぐるぐるできるって豊かだなぁと感じています。発熱していた時はそんなことできなかったので、余計にそんな思いが強いかもしれません。
 それから、先ほど、流れがどうのこうのと言いましたが、3月末、やっぱり流れじゃないの、これ? と思いたくなるような取り組みが実現するかもしれません。でも、これを書いているのは3月中旬なのでまだ未来のこと。なんとも言えません。なんだか、7号食にしても、新型コロナ陽性に伴ういろいろなことにしても、「いまここ」にじっくりと向き合わざるをえない状況と響きあうような時期に自分はいる気がします。1日1日を、しっかりと踏みしめていきたい気持ちでいっぱいです。

220328.JPG

星野 概念

星野 概念
(ほしの・がいねん)

1978年生まれ。精神科医 など。病院に勤務する傍ら、執筆や音楽活動も行う。雑誌やWebでの連載のほか、寄稿も多数。音楽活動はさまざま。主著に、いとうせいこう氏との共著 『ラブという薬』『自由というサプリ』(リトルモア)。また、本連載をまとめた『ないようである、かもしれない 発酵ラブな精神科医の妄言』が2021年2月にミシマ社より刊行。

ホームページはこちら

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 伊藤亜紗さんと村瀨孝生さんの往復書簡が一冊の本に! 『ぼけと利他』まもなく書店発売!!

    伊藤亜紗さんと村瀨孝生さんの往復書簡が一冊の本に! 『ぼけと利他』まもなく書店発売!!

    ミシマガ編集部

    こんにちは! ミシマガ編集部です。今週木曜日の9月15日、いよいよ『ぼけと利他』が発刊します! 『ぼけと利他』刊行のきっかけとなったのは、2020年7月18日に開催されたMSLive!「ぼけと利他~時空を超えるお年寄りたちに学ぶ」でした。出演は「宅老所よりあい」代表の村瀨孝生さんと、美学者の伊藤亜紗さん。

  • 『偶然の散歩』まえがきを公開します

    『偶然の散歩』まえがきを公開します

    ミシマガ編集部

    いよいよ9月15日(木)に、森田真生著『偶然の散歩』が書店先行発売となります。(公式発刊日は9月22日(木)です。)本書は、森田さんが2017年から2022年にわたって、日経新聞の「プロムナード」などに寄稿したエッセイ全40篇を収録しています。

  • 京都・横浜で「ミシマ社の本屋さん」を出店します!

    京都・横浜で「ミシマ社の本屋さん」を出店します!

    ミシマガ編集部

     こんにちは! ミシマガ編集部です。本日は、来週末、そして来月に私たちが出店する「本屋さん」についてご案内します!  ミシマ社京都オフィスにて併設していた小さな本屋「ミシマ社の本屋さん」が2022年7月をもって終了することになりました。 

  • 『ちゃぶ台』次号は10号! こんどの特集は「ボゴボゴ」!?

    『ちゃぶ台』次号は10号! こんどの特集は「ボゴボゴ」!?

    ミシマガ編集部

    こんにちは、ミシマガ編集部です。現在、『ちゃぶ台9』の特集「書店、再び共有地」に、読者の方々よりたくさんのご感想のおはがきをいただくなど、大きな反響をいただいています。取材記事で登場する「共有地」の本屋さんに、「記事を読んで行ってみました」というお声もいただいていて、すごく嬉しいです。

  • メンバーが選ぶ、小田嶋隆さんの本と言葉

    メンバーが選ぶ、小田嶋隆さんの本と言葉

    ミシマガ編集部

    小田嶋さんはこれまでにもミシマ社から3冊の本を発表され、また、数々のイベントにも登壇くださいました。本日のミシマガでは過去の著作に加えて、いますぐ読める豪華な対談記事をご紹介します!20代の若手メンバーが痺れた小田嶋さんの言葉とは・・・?

この記事のバックナンバー

06月05日
第32回 やっぱり、ないようであるかもしれない、に自分は導かれて(後編) 星野 概念
05月14日
第31回 やっぱり、ないようであるかもしれない、に自分は導かれて(前編) 星野 概念
03月28日
第30回 「いまここ」にじっくりと向き合わざるをえない状況と響きあうような 星野 概念
02月16日
第29回 何かを削ぎ落としてみる方向の思いつき実践に 星野 概念
01月29日
第28回 なんとなくの気分が変わると、物語の色合いは少しだけ 星野 概念
08月17日
第27回 偶然と呼ぶべきなのか、何かの導きと捉えるべきなのか、 星野 概念
06月14日
第26回 その時はもしかしたら、苦しい仕事を乗り越える23の方法、といった 星野 概念
05月08日
第25回 ただ、人間はプログラムされてその通りに行動できるようなものではないので、 星野 概念
12月08日
第24回 現代人が知らぬ間に失いつつある感性を取り戻そうとすることなのでは 星野 概念
11月04日
第23回 遅めのスピード感を意識するということが 星野 概念
10月04日
第22回 「ない」ようで「ある」内在する目 星野 概念
09月04日
第21回 「勘」の生成 星野 概念
08月04日
第20回 どうしても生じてしまう圧は、 星野 概念
07月04日
第19回 「普通」というのは正しさとか正解とかを意味するわけではないということ 星野 概念
05月30日
第18回 自宅多めの生活から社会多めの生活に戻るのは、思いのほか 星野 概念
04月24日
第17回 簡単に泣かせず、むしろ笑わせるMさん 星野 概念
04月03日
第16回 地味で地道な努力を省略しないことが 星野 概念
02月28日
第15回 加圧もプラセボも信仰も、そして発酵も、 星野 概念
01月21日
第14回 コートのポケットからiPhoneを・・・。あれ? 星野 概念
12月25日
第13回 人間はみんな違って面倒くさい!・・・からこそ最高にドラマティック 星野 概念
11月27日
第12回 キラキラしている人の胸の内には、 星野 概念
10月26日
第11回 人との和、輪、ワニ、を感じた月 星野 概念
09月28日
第10回 共通するのは、「曖昧さに耐える」ということ 星野 概念
08月28日
第9回 一人だけ半裸のふくよかな小学生が 星野 概念
07月30日
第8回 信頼というのは、信じて頼ると書くわけで、 星野 概念
06月28日
第7回 「精神と時の部屋の逆の部屋」みたいな、 星野 概念
05月25日
第6回 境界線を揺らしたり、曖昧にさせるような小さな出来事 星野 概念
04月19日
第5回 なんだか、突然日記みたいなスタイル 星野 概念
03月27日
第4回 「そもそも」を追うことが鍵のような気 星野 概念
02月17日
第3回 ノロとアニキは全く別の生物ですが、 星野 概念
01月25日
第2回 小さな神様に見えて仕方ありません。 星野 概念
12月22日
第1回 日常も発酵も深海も、 星野 概念
ページトップへ