雨宿りの木

第16回

記憶の仕組みをつかって、相手の不安を取り除く

2022.08.29更新

 こんにちは。

 前回まで2回にわたって、わたしたち人間がどのように情報を取り入れ、それを記憶しているのかという記憶の仕組みについてご紹介しました。

 下の図にお示しするように、わたしたちは外からの情報を感覚器(目や耳、皮膚など)で受け取って、その中から必要な情報を「フィルター」で選び取って大脳で記憶しています。記憶のシステムは2つあって、ほんのわずかの時間だけその内容を覚えておく「短期記憶」と、短期記憶の中から選ばれて長く記憶にとどめておく「長期記憶」があります。「短期記憶」が覚えておける時間は数十秒、覚えておける物事の数は単語では5個ぐらいで、本当にわずかです。その短期記憶の中から選ばれたものが「長期記憶」にとどまります。そして、それを必要とするときに、わたしたちは引き出しの中から文房具を取り出すようにその記憶を取り出して利用します。

スクリーンショット 2022-08-29 11.43.03.png 認知症では、この記憶のしくみのさまざまな場所がうまく働かなくなります。たとえば、誰かが自分に話しかけていることに気が付かないのは、「フィルター」がうまく働いていないからですし、「今何時?」と尋ねて相手に答えてもらったことを1分後にもう一度尋ねてしまうのは、「短期記憶」がうまく働いていないからです。また、お孫さんの顔や名前がわからなくなるのは、「長期記憶」がうまく働かなくなっているからです。

 記憶はわたしたちが生活する上で、とても大切な機能です。記憶がある、ということは別の言い方をすると「わたしは知っている」ということです。「パソコンの使い方を知っている」ので、わたしはこの原稿を書いていますし、「電車の乗り方を知っている」ので、仕事に行くことができます。わたしが自信をもってこれらをできるのはわたしに記憶があるからです。

 しかし、自分が知らないことについては、わたしはとても不安になります。たとえば、誰かがわたしをイスラマバードの街角に連れて行って、そのままいなくなったとしたら、わたしは自分が街のどこにいるかわからないし、看板の字も読めません。周りにいる人に尋ねようと思っても言葉が通じません。わたしは不安でいっぱいになって、どうしたらいいのか途方に暮れてしまいます。

 誰もが自分の知っていることには自信をもって取り組め、知らないことは不安になります。これは認知症をおもちの人にとっても同じです。さらに、この不安な気持ちが、興奮したり、家族が困ってしまうような行動をとるなどの「認知症の行動心理症状」と呼ばれる、さまざまな症状がおこるきっかけになってしまうのです。

 大きな声をあげたり、乱暴な行動をとったり、落ち着かない様子でぐるぐると歩き回ったりする、といったような認知症の行動心理症状は、わたしたちにとっては「どうして急にこんなことをするんだろう」と意味がわからず当惑してしまいますが、実はご本人が感じている不安が原因となっていることが多いのです。ご本人の行動が混乱しているように見えるときには、混乱するほど不安な気持ちになっているのだな、と考え、その不安を取り除く工夫をしてみてください。

 不安を取り除く原則は、ご本人に「あ、大丈夫だ」と感じてもらうことです。その例をいくつかご紹介します。

① 短期記憶がうまく働かないので、「1度にたくさんのことを言わない」
 たとえば、これから一緒に買い物にでかける予定のときに、「さ、お母さん、お買い物にいくから髪を整えて、洋服を着替えて、バッグにお財布を入れて、靴を履いてね」とお伝えすると、ここには①買い物に行く、②髪を整える、③服を着替える、④バッグにお財布を入れる、⑤靴を履く、と5つの行動を一度に伝えてしまっています。冒頭に、短期記憶は数十秒しかもたないことをご紹介しましたが、「靴を履いてね」と言ったときには、もうお母さんは最初の「買い物に行く」ことを忘れてしまっています。

 何か行動をうながしたいときには、一つずつお伝えすることが大切です。
「お母さん、お買い物に行きましょう」→お母さんの返事を待つ→「髪を整えましょうか」→洗面所に一緒に行く→「洋服を着替えましょう」→たんすに行く→「バッグにお財布を入れましょうね」→財布を入れる→「靴を履いてね」→靴を履いてお支度完了。

② 「ご本人がよく知っていて、安心できる話題を選ぶ」
 記憶の仕組みでお伝えしたように、長期記憶には「意味記憶」「エピソード記憶」「手続記憶」「感情記憶」の4つがあります。学校で習ったことは「意味記憶」にとどめられていますが、これは認知症が進むとどんどん忘れていってしまいます。しかし、「エピソード記憶」「手続き記憶」「感情記憶」は意味記憶が失われてもまだ残っています。さらに、記憶は新しいものから順番に忘れられていくという特徴を利用して、ご本人が覚えている、つまりよく知っていて安心できる話題を選ぶと、ご本人の安心につながります。昔のできごと(エピソード記憶)は昨日の晩御飯の献立よりももっとしっかりと記憶にとどめられています。また長期記憶の4つの要素はそれぞれが密接なつながりをつくっていて、とくに楽しかった、うれしかった、というような「感情に関する記憶」は「エピソード記憶」と関連づけられているので、「お父さん、お父さんが小学校の時に、工作で賞をとったときの作品って何だったっけ?」などのように、お父さんがよく話してくれていた「うれしかった出来事」を話題にすることで、ご本人に安心してもらい、落ち着きを取り戻してもらうこともできるかもしれません。

 ご本人の得意なこと(これは手続記憶と関連します)、好きなこと、大切な思い出など、安心につながる手持ちのカードを持っておくことは、介護をするときの大切な技術です。どうぞお試しになってみてください。

本田美和子

本田美和子
(ほんだ・みわこ)

国立病院機構東京医療センター総合内科医長/医療経営情報・高齢者ケア研究室長。1993年筑波大学医学専門学群卒業。内科医。国立東京第二病院にて初期研修後、亀田総合病院等を経て米国トマス・ジェファソン大学内科、コーネル大学老年医学科でトレーニングを受ける。その後、国立国際医療研究センター エイズ治療・研究開発センターを経て2011年より現職、高齢者・認知症患者のケアに関する研究に従事。2011年より『ユマニチュード』の研究・日本への浸透を担い、2019年7月一般社団法人日本ユマニチュード学会を設立、代表理事に就任。

※一般社団法人日本ユマニチュード学会は、フランス生まれのケア技法『ユマニチュード』の普及・浸透・学術研究と会員間の相互交流を通じ、誰もが自律できる社会の実現を目指して様々な活動を行っています。会員としてご一緒に活動いただける方、会の趣旨に賛同してのご寄附など、随時募集しております。詳しくは、ウェブサイトをご覧ください。

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 伊藤亜紗さんと村瀨孝生さんの往復書簡が一冊の本に! 『ぼけと利他』まもなく書店発売!!

    伊藤亜紗さんと村瀨孝生さんの往復書簡が一冊の本に! 『ぼけと利他』まもなく書店発売!!

    ミシマガ編集部

    こんにちは! ミシマガ編集部です。今週木曜日の9月15日、いよいよ『ぼけと利他』が発刊します! 『ぼけと利他』刊行のきっかけとなったのは、2020年7月18日に開催されたMSLive!「ぼけと利他~時空を超えるお年寄りたちに学ぶ」でした。出演は「宅老所よりあい」代表の村瀨孝生さんと、美学者の伊藤亜紗さん。

  • 『偶然の散歩』まえがきを公開します

    『偶然の散歩』まえがきを公開します

    ミシマガ編集部

    いよいよ9月15日(木)に、森田真生著『偶然の散歩』が書店先行発売となります。(公式発刊日は9月22日(木)です。)本書は、森田さんが2017年から2022年にわたって、日経新聞の「プロムナード」などに寄稿したエッセイ全40篇を収録しています。

  • 『ちゃぶ台』次号は10号! こんどの特集は「ボゴボゴ」!?

    『ちゃぶ台』次号は10号! こんどの特集は「ボゴボゴ」!?

    ミシマガ編集部

    こんにちは、ミシマガ編集部です。現在、『ちゃぶ台9』の特集「書店、再び共有地」に、読者の方々よりたくさんのご感想のおはがきをいただくなど、大きな反響をいただいています。取材記事で登場する「共有地」の本屋さんに、「記事を読んで行ってみました」というお声もいただいていて、すごく嬉しいです。

  • メンバーが選ぶ、小田嶋隆さんの本と言葉

    メンバーが選ぶ、小田嶋隆さんの本と言葉

    ミシマガ編集部

    小田嶋さんはこれまでにもミシマ社から3冊の本を発表され、また、数々のイベントにも登壇くださいました。本日のミシマガでは過去の著作に加えて、いますぐ読める豪華な対談記事をご紹介します!20代の若手メンバーが痺れた小田嶋さんの言葉とは・・・?

ページトップへ