雨宿りの木

第4回

ユマニチュード誕生の原体験

2021.08.29更新

 フランスで実践されている高齢者のケアの現場を見学させていただけないか、とのお願いをご快諾くださったロゼット・マレスコッティ先生とイヴ・ジネスト先生は、お二人が考案したケア技法「ユマニチュード」を教えている病院や介護施設に私を連れて行ってくださいました。

 もともとお二人は体育学を専攻し、ケアや医療とは無縁でした。競技者としても秀でていらして、水泳やレスリングなどで強化選手に選ばれたこともおありでしたが、「試合に出れば勝つのだけれど、あまり面白くない」と感じていたことから、「人生を楽しむための体育学とは何だろうか」をずっと考えていた、と話してくださいました。

 あるとき、職場の掲示板に「病院で働く看護師に腰痛予防対策を教える教員を募集する」というフランスの文部省からのお知らせが貼り出されました。患者さんの体を動かす際に腰を痛める看護師さんは昔から現在までとても多く、その対策は重要な課題であり続けています。お二人は「面白そうだ」と思い、その仕事を引き受けることにしました。
 とても健康なお二人はそれまで入院したこともなく、看護が難しい患者さんとは一体どんな方々なのかもわかりませんでした。ともかく現場に赴いてみると、看護師さんの働きぶりに感銘を受けた、とその時の様子を話してくださいました。そこで行われていたのは、患者さんに対して献身的な「何でもやって差し上げる」ケアでした。ベッドに寝ている巨漢の患者さんに「じっとしていてくださいね」と声をかけて体を拭いたり、着替えをしたりするその技術はまさに専門家の技で、それにびっくりしていたところ、「では、この患者さんを椅子に移動させる方法を教えてください」と看護師さんから頼まれたのだそうです。
 脳梗塞で半身麻痺のこの巨漢の患者さんの移動は、その病院の職員にとってとても大変な作業で、数日前には移動を試みた看護師さんが腰を痛めて休職することになってしまっていました。まさに「病院で働く看護師に腰痛を起こさずに患者さんを移動させる方法を教える教員」の出番です。
 しかし、これまで病院で働いたことのなかったお二人にとって、これは大きな試練でした。どうしようか、と考えて、まず「すみません。ベッドからこちらの椅子に移動していただけませんか? 私がしっかり横で支えますから」と頼んでみることにしたそうです。すると、それまでのケアの間、目を閉じて何も話さずじっとしていた患者さんが、目をあけて「ここからあっちへ?」と声をかけてくれました。「そうです。あちらの椅子に。私につかまってくださったら、しっかり支えますから」と答えたところ、その患者さんは体を起こし、ベッドから足をおろして麻痺のない方の足で立ち、腕をジネスト先生の体に回しました。それから二人はゆっくりと椅子の方へ進み、無事に椅子に座ることができました。
 「ああよかった」とジネスト先生がほっとして振り返ったとき、看護師さんたちが驚愕してこちらを見ていたことに、驚愕したそうです。
 「この患者さんの移動を、こんなにスムーズに行ったことは初めてです。」「一体どうやったのですか?」と看護師さんは次々に口にしました。
 「では、普段はどのように移動しているのですか?」と尋ねたところ、いつもは看護師さんが四人がかりで彼を起こして、ベッドから椅子まで抱えて移動している、と言うのです。「私がやったようにご本人に頼んでみる、ということは今までなかったのでしょうか?」ともう一度尋ねてみると、「いいえ、一度も。この方は半身麻痺ですから」という答えが返ってきました。
 そういえば、さっき体を拭く時に「じっとしていてくださいね」と言っていたな、とジネスト先生は思い出しました。自分たちは体育を教える時には「動きましょう!」と言うのが普通であるのに対し、病院では患者さんに「じっとしていてください」と言っている。
 この患者さんは半身麻痺ですが、別の言い方をすれば「半身は健康」です。「何でもやって差し上げる」ケアは「その人は何もできない人」であると判断してしまっているからではないか。その人のできることに注目し、できるところは自分でやってもらって、難しいところだけを援助するというやり方は、もしかすると病院の中ではあまり行われていないのではないか。そうでなければ、自分が行ったことがこんなに驚きを持って迎えられることはないのではないか。
 ジネスト先生とこの患者さん、看護師さんとの出会いは、その後40年以上にわたって実践されている「ジネスト・マレスコッティのケア技法『ユマニチュード』」の原体験です。誰かにケアを行う時に、何でも全部代わりにやってあげることが「良いケア」と思われがちです。私も診察をする時に、親切のつもりで相手のボタンを外して聴診をしたり、横になっている患者さんの手をご自分で動かすようにお願いしないまま、私が持ち上げて診察したりしたことがこれまで何度もありました。
 ご本人ができることを、「よかれと思って」ケアをする人が代わりにやってしまうことは、本人の能力を徐々に奪っていく「相手を害する行為」であることを、ケアをする側が理解しておくのはとても大切なことです。ジネスト先生が話してくださったこのお話は、私にとっても忘れ得ぬ思い出となりました。

本田美和子

本田美和子
(ほんだ・みわこ)

国立病院機構東京医療センター総合内科医長/医療経営情報・高齢者ケア研究室長。1993年筑波大学医学専門学群卒業。内科医。国立東京第二病院にて初期研修後、亀田総合病院等を経て米国トマス・ジェファソン大学内科、コーネル大学老年医学科でトレーニングを受ける。その後、国立国際医療研究センター エイズ治療・研究開発センターを経て2011年より現職、高齢者・認知症患者のケアに関する研究に従事。2011年より『ユマニチュード』の研究・日本への浸透を担い、2019年7月一般社団法人日本ユマニチュード学会を設立、代表理事に就任。

※一般社団法人日本ユマニチュード学会は、フランス生まれのケア技法『ユマニチュード』の普及・浸透・学術研究と会員間の相互交流を通じ、誰もが自律できる社会の実現を目指して様々な活動を行っています。会員としてご一緒に活動いただける方、会の趣旨に賛同してのご寄附など、随時募集しております。詳しくは、ウェブサイトをご覧ください。

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(前編)特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(前編)

    特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(前編)

    ミシマガ編集部

     7月22日、平川克美さんが店主をされている隣町珈琲のブックレビュー対談に、『三流のすすめ』著者の安田登さんがゲストとして登壇されました。リアルイベントにお客としてうかがったミシマ社のホシノとイケハタが、そのあまりの面白さに、これはもっとたくさんの方に届けたい! と切望し、その一部を公開させていただくこととなりました。 中国の古典から現代の政治まで、止まることなく転がり続けた、“落ち着きがない”お二人の対話、2日間にわたってお届けします。

  • 『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (前編)『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (前編)

    『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (前編)

    ミシマガ編集部

     先日ついに『辛口サイショーの人生案内DX』が発刊しました! 多種多様なお悩みに対する最相さんの回答は、「どうやったらこんな答えを編み出せるのか?」と思ってしまうものばかり。「誰かの悩みに触れつづけると、どんな感覚になるのだろう?」という問いも湧きました。とにかく、舞台裏が気になってしかたがありません。 そこで、新人スミが最相さんご本人にインタビューさせていただきました! 「人生案内」の職人技を垣間見れば、本に収録された回答も一層おもしろく読めること間違いなし。貴重なお話の数々を、2日間にわたってお届けします!

  • あの仲野徹先生による「初」のエッセイ集を刊行します

    あの仲野徹先生による「初」のエッセイ集を刊行します

    ミシマガ編集部

    大阪大学医学部教授の仲野徹先生による、初のエッセイ集『仲野教授の 笑う門には病なし!』を刊行いたします。明日8月21日よりリアル書店先行発売ということで、担当編集による制作裏話を掲載します。

  • 安田登×いとうせいこう 一流めざすの、やめません? ~「三流」頂上対談!(前編)安田登×いとうせいこう 一流めざすの、やめません? ~「三流」頂上対談!(前編)

    安田登×いとうせいこう 一流めざすの、やめません? ~「三流」頂上対談!(前編)

    ミシマガ編集部

    『三流のすすめ』の発刊を記念して、著者の安田登先生×いとうせいこうさんの対談イベントをMSLive!にて開催しました。本書でいう三流とは、多流=いろいろなことができる人のこと。さまざまな分野で活躍し、まさにトップオブ三流=多流であるお二人の対話は、どこかに飛んでいったかと思えば、いつの間にか話の核心に着地していたり、かと思えばまたすぐにどこかへ飛んでいったり、まさに三流的、怒涛の展開でした。目が離せなかった対談の模様の一部を、2回にわたってお届けします!

ページトップへ