雨宿りの木

第33回

慶應義塾大学病院が取り組むユマニチュード

2024.04.28更新

 こんにちは。ユマニチュードは、誰かが誰かにケアを行う状況であれば、どこででも、どなたに対しても使えます。よく、「ユマニチュードは介護施設や在宅など、ゆっくり療養する場で使うものでしょう?」と尋ねられます。もちろん長期療養の場でお役立ていただいていることはその通りである一方で、それだけにとどまらないのも事実です。

 以前お伝えしましたように、福岡市の救急隊の方々がユマニチュードを救急搬送に導入してくださっているのは、緊急事態であってもユマニチュードが役にたつ、と救急の現場で考えてくださっているからにほかなりません。

 高度な医療を提供する大学病院もまた、ユマニチュードが活用できる場のひとつです。慶應義塾大学病院と京都大学附属病院は、数年前から病院全体でユマニチュードの導入に取り組んでくださっています。いずれの大学病院も、まずはユマニチュード考案者のイヴ・ジネスト先生が病院を訪れて、講演を行ったり、病棟で困っている患者さんのケアを一緒に行ったりすることから始まりました。

 ジネスト先生のケアを目の当たりにすると、誰もが「こんなケアができるようになれたらいいな」と思う一方で、そうなるためにどうすればよいか、と迷っていらっしゃる方も多いと思います。ユマニチュードに関する書籍はいくつか出版されていますし、YouTubeでご覧になれる映像教材テレビ番組などもあります。これらの教材で学んでくださっている方がたくさんいらっしゃいます。実際のところ、ジネスト先生が街を歩いているときに、「ユマニチュードの本を読んでみたら、とても役に立ってうれしかったです」と声をかけてくださる方々とお目にかかることはよくあります。

 それと同時に、「こんなことで困っているのですが、どうしたら良いでしょうか」と相談を受けることもたくさんあります。困っている状況を詳しく教えてくださったとしても、実際にその場にいないとわからないこともたくさんあります。また、解決策を提案しても、言葉だけではうまく伝わらないな、と感じることもあります。ケアは人が人に対して行うものなので、そこには常にコミュニケーションが存在し、体の動きが伴います。言葉だけでその解決方法を伝えることはなかなか難しいです。

 例えて考えると、水泳の入門書を読んだだけで、いきなり50メートル泳げるようにはならない、というようなことかな、と思います。泳げるようになるためには、まずプールの中に入らなければ始まりません。そこで「こうやって腕を回して水をかき、腕を1回す間に足を2回打つ、そしてこのタイミングで息を吸うんですよ」というように、コーチが泳ぎ方を教えてくれ、さらに泳いでいる姿を見て改善点を指摘してくれることでだんだん息継ぎも上手くできるようになり、無理なく長い時間泳げるようになります。

 ケアも全く同じです。本を読むだけではケアの実践には十分ではなく、まずはやってみること。そして上手くいかないときにはその理由を考えることが第一歩です。ジネスト先生は「ユマニチュードは数限りない失敗の積み重ねから誕生した」とよくおっしゃいます。さらに「わたしたちは失敗からしか学ぶことはできない」ともおっしゃいます。ケアがうまくいかないとき、私たちはなぜ上手くいかないのかを考えなければならず、そのときに一緒に考えてくれるのがケアのコーチであるユマニチュードのインストラクターです。

 もちろんインストラクターがいなくても、自分で考えて解決策を見出すことはできます。実際にユマニチュードの本を読んで、すばらしいケアができるようになった方もいらっしゃいます。その一方で、どうしても上手くいかず、困り果ててしまう方々もいます。そんなときに一緒にケアを考え、自分の足りないところを的確に教えてくれるインストラクターは、良いケアの技術を身につけるための強い味方です。

 慶應義塾大学病院京都大学附属病院は、それぞれインストラクターと一緒にユマニチュードを学ぶ機会を定期的に設けています。私も毎年お伺いすることをいつも楽しみにしています。今年の3月に慶應義塾大学病院でユマニチュードに関するシンポジウムが開催され、私も参加しました。そこでは、病棟単位でユマニチュードに取り組んでいる看護師さんたちが、ご自分の経験をたくさん語ってくださいました。上手くいったことだけでなく、上手くいかなかったことも話してくださり、さらにその上手くいかなかった原因を見つけ出して解決に繋げたお話も伺うことができました。「ユマニチュードは数限りない失敗の積み重ねから誕生した」というジネスト先生の言葉を改めて思い出す、素晴らしいシンポジウムでした。

 とても素晴らしかったので、このお話をもっと多くの方々に聞いていただけたら、と考えました。看護部のみなさまに相談し、オンラインでアンコール発表をしていただけることになりました。5月25日土曜日の午後1時から90分、日本ユマニチュード学会のオンラインサロンでシンポジウムを開催いたします。タイトルは「慶應義塾大学病院が取り組むユマニチュード:その人らしさを取り戻す」です。どなたでもご参加いただけます。ご興味のある方は、日本ユマニチュード学会ウエブサイト (https://jhuma.org/20240525/)からお申し込みください。当日のURLをお送りいたします。

 超急性期病院であっても、「優しさを伝えるケア技術」はこんな風につかえますよ、という例をお届けします。慶應義塾大学病院の看護師さんの経験を共有できる機会です。ぜひ、お越しください。

本田美和子

本田美和子
(ほんだ・みわこ)

国立病院機構東京医療センター総合内科医長/医療経営情報・高齢者ケア研究室長。1993年筑波大学医学専門学群卒業。内科医。国立東京第二病院にて初期研修後、亀田総合病院等を経て米国トマス・ジェファソン大学内科、コーネル大学老年医学科でトレーニングを受ける。その後、国立国際医療研究センター エイズ治療・研究開発センターを経て2011年より現職、高齢者・認知症患者のケアに関する研究に従事。2011年より『ユマニチュード』の研究・日本への浸透を担い、2019年7月一般社団法人日本ユマニチュード学会を設立、代表理事に就任。

※一般社団法人日本ユマニチュード学会は、フランス生まれのケア技法『ユマニチュード』の普及・浸透・学術研究と会員間の相互交流を通じ、誰もが自律できる社会の実現を目指して様々な活動を行っています。会員としてご一緒に活動いただける方、会の趣旨に賛同してのご寄附など、随時募集しております。詳しくは、ウェブサイトをご覧ください。

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 仲野徹×若林理砂 

    仲野徹×若林理砂 "ほどほどの健康"でご機嫌に暮らそう

    ミシマガ編集部

    5月刊『謎の症状――心身の不思議を東洋医学からみると?』著者の若林理砂先生と、3月刊『仲野教授の この座右の銘が効きまっせ!』著者の仲野徹先生。それぞれ医学のプロフェッショナルでありながら、アプローチをまったく異にするお二人による爆笑の対談を、復活記事としてお届けします!

  • 戦争のさなかに踊ること─ヘミングウェイ『蝶々と戦車』

    戦争のさなかに踊ること─ヘミングウェイ『蝶々と戦車』

    下西風澄

     海の向こうで戦争が起きている。  インターネットはドローンの爆撃を手のひらに映し、避難する難民たちを羊の群れのように俯瞰する。

  • この世がでっかい競馬場すぎる

    この世がでっかい競馬場すぎる

    佐藤ゆき乃

     この世がでっかい競馬場すぎる。もう本当に早くここから出たい。  脳のキャパシティが小さい、寝つきが悪い、友だちも少ない、貧乏、口下手、花粉症、知覚過敏、さらには性格が暗いなどの理由で、自分の場合はけっこう頻繁に…

  • 新しい「普通」を一個増やす

    新しい「普通」を一個増やす

    朴東燮

    みなさま、はじめまして。朴東燮(バクドンソップ)と申します。 僕は韓国の釜山(ブサン)生まれ育ちで、いまも釜山の日光(イルグァン)という街に住んでいる、 生粋の釜山人です。

この記事のバックナンバー

04月28日
第33回 慶應義塾大学病院が取り組むユマニチュード 本田美和子
02月28日
第32回 働く人の体を守るために生まれた技術 本田美和子
01月26日
第31回 コミュニケーションを定量する 本田美和子
12月26日
第30回 救急隊が実践するユマニチュード 本田美和子
11月29日
第29回 ユマニチュードの5原則と生活労働憲章 本田美和子
10月30日
第28回 ノックはなぜ必要か 本田美和子
09月28日
第27回 ユマニチュードの理念が実現する場を作るために ~ユマニチュード認証制度と富山県立大学の取り組み~ 本田美和子
08月29日
第26回 福岡市とユマニチュード 本田美和子
07月26日
第25回 ケアの実践・暑いとき 本田美和子
06月28日
第24回 ケアの実践・入浴 本田美和子
05月27日
第23回 ケアの実践・返事がなく意思の疎通がとれないと感じる相手とのコミュニケーション 2 本田美和子
04月27日
第22回 ケアの実践・返事がなく意思の疎通がとれないと感じる相手とのコミュニケーション 1 本田美和子
03月28日
第21回 ケアの実践・ご本人に安心を届ける技術 本田美和子
02月27日
第20回 ケアの実践・食事 本田美和子
01月30日
第19回 ケアの実践・歩行訓練に誘うとき 本田美和子
11月28日
第18回 どんな記憶が残りやすいのか 本田美和子
09月29日
第17回 ご本人にとっての「今」はどこか 本田美和子
08月29日
第16回 記憶の仕組みをつかって、相手の不安を取り除く 本田美和子
07月25日
第15回 記憶の仕組みを理解する(2) 本田美和子
06月29日
第14回 記憶の仕組みを理解する 本田美和子
05月30日
第13回 物語をつむぐケア 本田美和子
04月28日
第12回 マルチモーダル・コミュニケーション 本田美和子
03月29日
第11回 立つことがもたらすもの 本田美和子
02月28日
第10回 相手と良い関係を結ぶための触れ方 本田美和子
01月30日
第9回 相手と良い関係を結ぶための話し方 本田美和子
12月27日
第8回 相手と良い関係を結ぶための見方 本田美和子
11月29日
第7回 「あなたのことを大切に思っています」と伝えるための手段 本田美和子
10月29日
第6回 「人」らしさとは何か 本田美和子
09月29日
第5回 「ケアをする人」の定義 本田美和子
08月29日
第4回 ユマニチュード誕生の原体験 本田美和子
07月29日
第3回 ユマニチュードを学びにフランスへ 本田美和子
06月24日
第2回 医療を相手に受け取ってもらうための新しい一手 本田美和子
05月25日
第1回 自分を守る 本田美和子
ページトップへ