雨宿りの木

第19回

ケアの実践・歩行訓練に誘うとき

2023.01.30更新

 こんにちは。
 この連載では、ユマニチュードというケアの技法についてお伝えしてきました。ユマニチュードはどんな経緯で誕生したのか(4回)ケアの哲学って何だろう(5回)人とはどんな存在なのか(6回)、自分の大切な人に何かを伝えたい時に私たちが本能的にとっている行動にはどんなことがあるのか、とても脆弱な状況にある人に「あなたのことを大切に思っている」ことを相手が理解できるように伝えるためにはどうすればいいのか(7回)、などについて考え、これらの考察を基に生まれたユマニチュードの「4つの柱」と「ケアの5つのステップ」についてご紹介してきました。

 ユマニチュードの4つの柱は、今この瞬間に「あなたのことを大切に思っている」ことを伝えるための手段で、見る(8回)話す(9回)触れる(10回)立つ(11回) の4つを同時に組み合わせて行う「マルチモーダル・コミュニケーション」(12回)がその特徴です。ケアをするときには相手のもとを訪れるときから、ケアが終わって辞去するまでの一連の時間を5つのステップに分け、物語を紡ぐようにケアを行う(13回)ことをケアの5つのステップ、と呼びます。

 さらに、ケアをするときには、私たちの記憶はどのように脳に留められていて、必要に応じて取り出され、利用されているのか、という「記憶のしくみ」(14回)を理解することが大切で、記憶のしくみを理解することによって相手の不安を取り除き(15回)、穏やかなケアを行うことができることなどについてお話ししてきました。

 このような知識を身につければ、何でもうまくいくようになるか、というと、残念ながらそうではありません。もちろん知識は必要で、ケアをするときに役に立つのですが、それをどんな状況で、どのように使うのかを理解して、適切なタイミングに、適切な技術を、適切なやりかたで行えるようになるためには現場での実践経験がとても重要です。また、同じ状況であっても、ケアがうまくいくときとうまくいかないときがあります。それがなぜなのかを考えることが、ケアがうまくなるためにはとても大切なのです。

 たとえば、フィギュアスケートをやってみたいと思ったとき、スケート入門の本を読んで、すばらしい選手の試合の映像を見ただけでは実際にジャンプができるようにはなりません。まずは氷の上に立つこと。それから、まっすぐ前に進み、バックもできるようになること。 次にスピードを上げて滑れるようになり、氷の上で思い切って踏み切れるようになって初めて、ジャンプができます。

 ケアも同じです。スケートが上手くなるためにはまず氷の上に立つことから始めなければならないのと同じように、ケアがうまくなるためには、まず現場でやってみる経験が何よりも大切です。今回からは、これまで私たちが経験してきたことや、こんな経験をしたよ、と教えていただいた例をご紹介してみたいと思います。とくに「うまくいかなかったこと」はとても貴重です。実際、ユマニチュードはマレスコッティ先生とジネスト先生が経験した数々の失敗の中から生み出されたもので、ジネスト先生は常々「私たちは失敗したことからしか学ぶことはできないんですよ」とおっしゃっています。この連載を読んでくださっている方で、実際に介護をしていらっしゃる方は、ぜひ試してみてください。

 ある男性が、自宅で歩行に関するリハビリテーションを受けることになりました。少し脚の筋力が落ちてきたので、転ぶことがないように筋力をつけることがその目的でした。担当の理学療法士がご本人のところにやってきて、「さあ、リハビリです。歩きましょう」と誘いました。すると、ご本人は「え?何のために? 僕は別に必要ないですよ」とお答えになりました。理学療法士は「まあそうおっしゃらずに、歩きましょう」ともう一度優しく誘いました。ご本人は「いや、いいです」と誘いに乗ってくれません。

 こんなとき、私たちはご本人のことを「頑固な人だなあ」と思ってしまいます。リハビリが必要なんだから、歩かなきゃいけないのに、どうして協力してくれないのか...とがっかりします。でも、考えてみてください。今この原稿をスマホやPCで読んでくださっているあなたのところに、誰かがやってきて「試験の時間です。試験を受けてください」と声をかけたとしたらどうでしょう。「え?何?試験?どうして?」と不思議に思い、「いえ、私は試験なんか受けません」と答えるのはごくごく自然な応答です。何より、今自分が試験を受けなければならない理由がありません。

 リハビリテーションのお誘いも同じです。私たちが歩く理由は、自分が行きたいところに行くための移動手段です。誰かが決めたリハビリのプログラムを消化するためではないのです。

 この男性は、理学療法士に「私はリハビリは結構です。少し外に散歩に行ってきます」とおっしゃいました。それを聞いた理学療法士は「あ、いいですね。ぜひ私もご一緒させてください」と申し出ました。男性は「あなたも散歩がしたいの?」と良い感触です。そこで理学療法士は「はい。ぜひ。どのくらい歩けるか、評価させてください」とお願いしました。

 すると、ご本人は「わたしの散歩はあなたに見せるためのものではありません。散歩には一人で行きます」と答えて、一人で杖をついてでかけて行きました。

 一人で出かけるくらいに歩けるので、緊急のリハビリテーションの必要性はなかったとは言えますが、リハビリテーションを役立たせることができなかったことは残念です。

 これは実際に私が経験した出来事なのですが、ここで、ケア(この場合はリハビリ)がうまくいかなかった理由を考えてみたいと思います。

 「あ、いいですね。ぜひ私もご一緒させてください」という理学療法士の言葉は素晴らしかったです。でも、「それはあなたの歩行機能を評価するためです」ということを、ご本人に告げる必要はなかったと思います。「あなたと一緒に散歩を楽しむ」ことを相手に伝えて、「それはあなたの歩行機能を評価するためです」という気持ちは心の中に留めておけば、このリハビリは成功していたと思われました。

 ケアを行うときに大切なことは「今ここで共に良い時間を過ごしている」と自分が感じ、相手にもそう思ってもらうことです。仕事をしに行く(今回の場合は歩行訓練)ことが目的ではなく、良い時間を過ごすための手段として利用することで、結果としてケアをうまく行うことができます。

 ぜひ、お試しになってみてください。

本田美和子

本田美和子
(ほんだ・みわこ)

国立病院機構東京医療センター総合内科医長/医療経営情報・高齢者ケア研究室長。1993年筑波大学医学専門学群卒業。内科医。国立東京第二病院にて初期研修後、亀田総合病院等を経て米国トマス・ジェファソン大学内科、コーネル大学老年医学科でトレーニングを受ける。その後、国立国際医療研究センター エイズ治療・研究開発センターを経て2011年より現職、高齢者・認知症患者のケアに関する研究に従事。2011年より『ユマニチュード』の研究・日本への浸透を担い、2019年7月一般社団法人日本ユマニチュード学会を設立、代表理事に就任。

※一般社団法人日本ユマニチュード学会は、フランス生まれのケア技法『ユマニチュード』の普及・浸透・学術研究と会員間の相互交流を通じ、誰もが自律できる社会の実現を目指して様々な活動を行っています。会員としてご一緒に活動いただける方、会の趣旨に賛同してのご寄附など、随時募集しております。詳しくは、ウェブサイトをご覧ください。

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 仲野徹×若林理砂 

    仲野徹×若林理砂 "ほどほどの健康"でご機嫌に暮らそう

    ミシマガ編集部

    5月刊『謎の症状――心身の不思議を東洋医学からみると?』著者の若林理砂先生と、3月刊『仲野教授の この座右の銘が効きまっせ!』著者の仲野徹先生。それぞれ医学のプロフェッショナルでありながら、アプローチをまったく異にするお二人による爆笑の対談を、復活記事としてお届けします!

  • 戦争のさなかに踊ること─ヘミングウェイ『蝶々と戦車』

    戦争のさなかに踊ること─ヘミングウェイ『蝶々と戦車』

    下西風澄

     海の向こうで戦争が起きている。  インターネットはドローンの爆撃を手のひらに映し、避難する難民たちを羊の群れのように俯瞰する。

  • この世がでっかい競馬場すぎる

    この世がでっかい競馬場すぎる

    佐藤ゆき乃

     この世がでっかい競馬場すぎる。もう本当に早くここから出たい。  脳のキャパシティが小さい、寝つきが悪い、友だちも少ない、貧乏、口下手、花粉症、知覚過敏、さらには性格が暗いなどの理由で、自分の場合はけっこう頻繁に…

  • 新しい「普通」を一個増やす

    新しい「普通」を一個増やす

    朴東燮

    みなさま、はじめまして。朴東燮(バクドンソップ)と申します。 僕は韓国の釜山(ブサン)生まれ育ちで、いまも釜山の日光(イルグァン)という街に住んでいる、 生粋の釜山人です。

この記事のバックナンバー

05月29日
第34回 ケアがうまくいかないとき 本田美和子
04月28日
第33回 慶應義塾大学病院が取り組むユマニチュード 本田美和子
02月28日
第32回 働く人の体を守るために生まれた技術 本田美和子
01月26日
第31回 コミュニケーションを定量する 本田美和子
12月26日
第30回 救急隊が実践するユマニチュード 本田美和子
11月29日
第29回 ユマニチュードの5原則と生活労働憲章 本田美和子
10月30日
第28回 ノックはなぜ必要か 本田美和子
09月28日
第27回 ユマニチュードの理念が実現する場を作るために ~ユマニチュード認証制度と富山県立大学の取り組み~ 本田美和子
08月29日
第26回 福岡市とユマニチュード 本田美和子
07月26日
第25回 ケアの実践・暑いとき 本田美和子
06月28日
第24回 ケアの実践・入浴 本田美和子
05月27日
第23回 ケアの実践・返事がなく意思の疎通がとれないと感じる相手とのコミュニケーション 2 本田美和子
04月27日
第22回 ケアの実践・返事がなく意思の疎通がとれないと感じる相手とのコミュニケーション 1 本田美和子
03月28日
第21回 ケアの実践・ご本人に安心を届ける技術 本田美和子
02月27日
第20回 ケアの実践・食事 本田美和子
01月30日
第19回 ケアの実践・歩行訓練に誘うとき 本田美和子
11月28日
第18回 どんな記憶が残りやすいのか 本田美和子
09月29日
第17回 ご本人にとっての「今」はどこか 本田美和子
08月29日
第16回 記憶の仕組みをつかって、相手の不安を取り除く 本田美和子
07月25日
第15回 記憶の仕組みを理解する(2) 本田美和子
06月29日
第14回 記憶の仕組みを理解する 本田美和子
05月30日
第13回 物語をつむぐケア 本田美和子
04月28日
第12回 マルチモーダル・コミュニケーション 本田美和子
03月29日
第11回 立つことがもたらすもの 本田美和子
02月28日
第10回 相手と良い関係を結ぶための触れ方 本田美和子
01月30日
第9回 相手と良い関係を結ぶための話し方 本田美和子
12月27日
第8回 相手と良い関係を結ぶための見方 本田美和子
11月29日
第7回 「あなたのことを大切に思っています」と伝えるための手段 本田美和子
10月29日
第6回 「人」らしさとは何か 本田美和子
09月29日
第5回 「ケアをする人」の定義 本田美和子
08月29日
第4回 ユマニチュード誕生の原体験 本田美和子
07月29日
第3回 ユマニチュードを学びにフランスへ 本田美和子
06月24日
第2回 医療を相手に受け取ってもらうための新しい一手 本田美和子
05月25日
第1回 自分を守る 本田美和子
ページトップへ