雨宿りの木

第18回

どんな記憶が残りやすいのか

2022.11.28更新

 こんにちは。記憶の仕組みについての話が続いていますが、今日は私たちはどんな記憶をよりよく覚えているか、その記憶をどのように使うとよいか、についてご紹介しようと思います。

インパクトの強い記憶ほど、よく残っている

 記憶のしくみでお伝えしましたように、私たちが長く保っている記憶は大きく分類すると意味記憶・エピソード記憶・手続き記憶・感情記憶の4つに分けられますが、これらは独立しているのではなく、それぞれが密接につながっています。たとえば、私たちが学校で試験勉強のために何かを覚えるときに、単に事実を覚える(意味記憶に留める)だけでなく、それを先生が教えてくれたときに話してくれた面白い出来事(エピソード記憶)と繋げて思い出したり、その事実を何度もノートに書いて覚えたり(手続き記憶の利用)、教わった時に褒められてとても嬉しかったり、逆にすごく叱られて辛かったりしたことと一緒に覚えていたり(感情記憶の利用)するのは、そのひとつの例です。

 介護を受けている方ご本人にとっての良い記憶を共有して、共に良い時間を過ごしたいな、と考えるときには、この組み合わせの記憶をいくつか用意しておくと良いかもしれません。

 たとえば、お父さんが「あの時は楽しかったんだよな」とおっしゃったり、もしくは折に触れて話題になさる出来事がある場合には、それをノートに書き留めておいて、介護をする時にちょっと困ったことが起きた際に、そのことを話題にしてみると、ご本人の興味がそちらに向いて、穏やかに進めることができることもよくあります。

 ここで大事なのは「人生におけるインパクトが大きかったからといって、辛かった出来事について話すのは避ける」ことです。たとえば、親や配偶者が亡くなったことのインパクトはとても大きいものですが、ご本人がうれしくなる話題ではありません。ご本人が楽しかった思い出のリストを、ぜひご用意ください。

古い記憶ほど、よく残っている

 私たちの生活の中の新しい出来事は、常に記憶の倉庫に運び込まれますが、私たちは全てをずっとそこにとどめておくことはできません。必要に応じて選ばれた内容が脳に記憶され、そのほかのものは忘れられていきます。とくに、みなさまもご経験がおありかもしれませんが、新しく学んだことはなかなか定着しません。逆に言えば、昔学んだことや経験はずっと覚えていることが多いのです。

 認知症をお持ちの方の場合は、とりわけ新しいことを覚えておくことが難しくなります。

 ついつい、「昨日の晩ご飯は何だった?」と記憶を確かめようと、ご家族はお尋ねになることが多くなるかもしれませんが、ご本人にとって重要でない内容を覚えておく必要がないことも事実です。たとえば、昨日の晩ご飯の献立は覚えていなくても、ご本人が小学校の時の運動会で家族と一緒に食べたお弁当箱やおかずのことはお話ししてくださるかもしれません。とても楽しかった思い出は古くても記憶の倉庫にしっかりと残っていることの例のひとつです。

 覚えていないことについて周囲から責められると、誰もが辛く感じ、不安になります。介護で一番大切なことは、ご本人が安心して過ごせる環境をつくっておくことです。ご本人の記憶の倉庫に残っていることについて話すのは、ご本人の安心につながります。ご本人が自信をもって話せることを話題にすることも、介護の大切な技術です。

楽しい記憶は、何度話しても大丈夫

 ご本人が自信をもって話してくれる楽しい記憶を選ぼうと言われても、すぐに話題が尽きてしまう、とご心配になる方もいらっしゃるかもしれません。でも、大丈夫です。自分の好きな話をすることは、どなたにとっても楽しいことです。しかも、認知の機能が落ちてくると、「さっき話した」ということもご本人は覚えていないので、「常に新鮮」です。

 もちろん、聴く側にとっては「さっき聞いた」ことになりますが、ここで大切なのは「私たちがご本人から新しい情報を得る」ことが目的ではありません。介護を受けている人とよい時間を過ごすこと、私たちが届けたい介護を相手にうまく受け取ってもらうことが話を聴く目的です。そのための手段としての聴く技術を意識してみてください。このときには、以前ご紹介した「4つの柱」を使ってみると、よりうまくいくと思います。

記憶についてのアイテムを持っておく

 冒頭でもご紹介しましたが、「介護を受けている方ご本人にとっての良い記憶を共有する」ための工夫として、「ご本人が好きなものリスト」を作ってみんなで(ご家族だけでなく、訪問看護や介護の方々や近所の方々とも)共有しておくことも提案したいと思います。

 文字のリストだけでなく、ご本人の話題によく出る出来事の写真や本など、話題の手掛かりになるものでしたら、何でも大丈夫です。よろしければお試しになってみてください。

本田美和子

本田美和子
(ほんだ・みわこ)

国立病院機構東京医療センター総合内科医長/医療経営情報・高齢者ケア研究室長。1993年筑波大学医学専門学群卒業。内科医。国立東京第二病院にて初期研修後、亀田総合病院等を経て米国トマス・ジェファソン大学内科、コーネル大学老年医学科でトレーニングを受ける。その後、国立国際医療研究センター エイズ治療・研究開発センターを経て2011年より現職、高齢者・認知症患者のケアに関する研究に従事。2011年より『ユマニチュード』の研究・日本への浸透を担い、2019年7月一般社団法人日本ユマニチュード学会を設立、代表理事に就任。

※一般社団法人日本ユマニチュード学会は、フランス生まれのケア技法『ユマニチュード』の普及・浸透・学術研究と会員間の相互交流を通じ、誰もが自律できる社会の実現を目指して様々な活動を行っています。会員としてご一緒に活動いただける方、会の趣旨に賛同してのご寄附など、随時募集しております。詳しくは、ウェブサイトをご覧ください。

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

この記事のバックナンバー

04月28日
第33回 慶應義塾大学病院が取り組むユマニチュード 本田美和子
02月28日
第32回 働く人の体を守るために生まれた技術 本田美和子
01月26日
第31回 コミュニケーションを定量する 本田美和子
12月26日
第30回 救急隊が実践するユマニチュード 本田美和子
11月29日
第29回 ユマニチュードの5原則と生活労働憲章 本田美和子
10月30日
第28回 ノックはなぜ必要か 本田美和子
09月28日
第27回 ユマニチュードの理念が実現する場を作るために ~ユマニチュード認証制度と富山県立大学の取り組み~ 本田美和子
08月29日
第26回 福岡市とユマニチュード 本田美和子
07月26日
第25回 ケアの実践・暑いとき 本田美和子
06月28日
第24回 ケアの実践・入浴 本田美和子
05月27日
第23回 ケアの実践・返事がなく意思の疎通がとれないと感じる相手とのコミュニケーション 2 本田美和子
04月27日
第22回 ケアの実践・返事がなく意思の疎通がとれないと感じる相手とのコミュニケーション 1 本田美和子
03月28日
第21回 ケアの実践・ご本人に安心を届ける技術 本田美和子
02月27日
第20回 ケアの実践・食事 本田美和子
01月30日
第19回 ケアの実践・歩行訓練に誘うとき 本田美和子
11月28日
第18回 どんな記憶が残りやすいのか 本田美和子
09月29日
第17回 ご本人にとっての「今」はどこか 本田美和子
08月29日
第16回 記憶の仕組みをつかって、相手の不安を取り除く 本田美和子
07月25日
第15回 記憶の仕組みを理解する(2) 本田美和子
06月29日
第14回 記憶の仕組みを理解する 本田美和子
05月30日
第13回 物語をつむぐケア 本田美和子
04月28日
第12回 マルチモーダル・コミュニケーション 本田美和子
03月29日
第11回 立つことがもたらすもの 本田美和子
02月28日
第10回 相手と良い関係を結ぶための触れ方 本田美和子
01月30日
第9回 相手と良い関係を結ぶための話し方 本田美和子
12月27日
第8回 相手と良い関係を結ぶための見方 本田美和子
11月29日
第7回 「あなたのことを大切に思っています」と伝えるための手段 本田美和子
10月29日
第6回 「人」らしさとは何か 本田美和子
09月29日
第5回 「ケアをする人」の定義 本田美和子
08月29日
第4回 ユマニチュード誕生の原体験 本田美和子
07月29日
第3回 ユマニチュードを学びにフランスへ 本田美和子
06月24日
第2回 医療を相手に受け取ってもらうための新しい一手 本田美和子
05月25日
第1回 自分を守る 本田美和子
ページトップへ