雨宿りの木

第32回

働く人の体を守るために生まれた技術

2024.02.28更新

 こんにちは。ユマニチュードについてどなたかに説明するときに、いつも何から話せば良いのか迷います。この連載で紹介してきましたように、「あなたのことを大切に思っていることを、相手が理解できるように伝える技術です」とお伝えしたり、「見る・話す・触れる・立つ の4つの柱を同時に組み合わせて行うケアの技法です」と説明したり、「ケアをひとつの物語として行うように、5つのステップに分けて実践するケアの方法です」と申し上げたりしています。そのような紹介フレーズのひとつに「フランスの体育学の専門家が、病院や施設で働く人々の体を守るために招聘されたことから誕生したケアの技術です」という表現があります。これではなんとなく歴史的経緯を説明するだけになってしまうような気もしますが、そうではなく、これこそがそもそもユマニチュードの原点だな、と改めて感じることがありましたので、今日はそのことについてご紹介したいと思います。

 昨年の末に、私たちは大変ありがたい提案をいただきました。闘病の末に亡くなった方とそのご家族が、ご本人のご遺志に基づき「大変お世話になったケアの専門職の方々が仕事に活かせる技術を学ぶ機会に使ってほしい」と日本財団に遺贈してくださり、ユマニチュードのケア技術を学ぶ技術研修が実現しました。

 この貴重な機会をどのように活用するか考え、ユマニチュードケアを施設全体に導入することを目指し、そのひとつの到達点としてユマニチュード施設認証制度に取り組んでいらっしゃる全国の30の病院・施設に声をかけ、それぞれの施設から2名ずつご参加いただく集合型のユマニチュード技術研修を東京医療センターで実施しました。ちょうど来日中のユマニチュードの考案者イヴ・ジネスト先生が直接指導を行う2日間の集中技術研修です。 

 ジネスト先生と相談しながら2日間のプログラムを作りました。ユマニチュードは、大切にしている価値観とそれを実現する技術の二つによって構成されています。大切にしている価値観とは、自由であること、自律があること、市民権を有すること、可能であれば自立すること、助けが必要な時には安心して任せられること(つまり、幸せな依存が実現すること)、優しくあること、愛情を受け取り、与えること・・・などです。そして、その価値観を実現するために、さまざまな技術が生まれてきました。これまでご紹介してきた「4つの柱」や「5つのステップ」は『相手との良好な関係を結ぶ技術』のなかの重要な要素ですし、そのひとが持っている能力を客観的に評価するユマニチュード独自の方法『評価保清』は質の高いケアを実施するためには不可欠です。そしてそこには『ケアにおいて必ず守るべき原則』があります。

 今回の研修は『相手との良好な関係を結ぶ技術』、『評価保清』、『ケアにおいて必ず守るべき原則』について集中的に学ぶ機会となりました。なぜこのような技術や原則が誕生したのかについてのジネスト先生の講義はとても体系立ったものでした。

 「何よりもまず、わたしたちは自分の体を守ることから始めなければ、相手との良好な関係を結ぶことは不可欠です」とジネスト先生は話し始めました。「なぜなら、相手を大切にするときに、自分も大切にしていなければ、その状況を継続することが不可能になるからです」「献身的な活動が単に一方的に『自分の身を捨てて与え続ける』ものになってしまっては、いつかその行動は破綻します」「『ケアを受ける人』と同様に『ケアをする人』も尊重される状況をつくることが、相手との良好な関係を結ぶためには絶対に必要です」

 このようなメッセージから始まった2日間の研修は、まず「なぜ私たちは腰痛を起こすのか」という話から始まりました。発生学の教科書で昔見たことのある、ひとの受精卵から脊椎が発生するときの写真を皮切りに、私たちの背骨がどのような構造になっているのか、背骨の間にある椎間板の解剖学的な成り立ちとその役割などを、私たちの実際の体の動きと関連づけて展開された講義は、背骨のもつ4つの運動機能を学び直す、とても良いものでした。さらに私たちが物を持つときにはどのような動きが合理的であるか、どのような動きが体の解剖構造に害を与えてしまうか、害を与える動きをどのように回避するか、など講義はどんどん具体的になっていきました。さらに、法制度として、フランスでは女性が一人で運搬できる重さは25kgまでに制限されていること(男性の場合は55kgだそうです。だいぶ差がありますね)の紹介があり、だからこそ、人の体を移動させるためには正しい評価と技術がなければいけないのだ、とジネスト先生は教えてくださいました。

「病院や施設で働くひとびとが腰痛を起こすのは、無理な体の使い方をしてしまうからです。それがおこる原因は次の3つです」「まず、『技術がない』、つぎに『適切な道具がない』、そして『職場のシステムが悪い』。腰痛が起こる理由はこの3つに集約されます」「今回はこの3つのうちのひとつ『技術がない』ことから脱却するために、技術の基本原則について勉強します」「そして、みなさんは職場に戻ったら『適切な道具がない』、『職場のシステムが悪い』ことが解消するように、ご自分で取り組んでください」

 今回の研修では、働く人の体を守るために必要な技術について2日間にわたってジネスト先生から直接指導を受けました。全国から参加したケアの専門職は技術だけでなく、なぜ技術が必要なのかについて考え、職場で何を変えていく必要があるかについての計画を胸にそれぞれの職場にお戻りになりました。今後、どのような変化が誕生するのか、とても楽しみです。ユマニチュードとは働く人の体を守る技術でもあるのです。

本田美和子

本田美和子
(ほんだ・みわこ)

国立病院機構東京医療センター総合内科医長/医療経営情報・高齢者ケア研究室長。1993年筑波大学医学専門学群卒業。内科医。国立東京第二病院にて初期研修後、亀田総合病院等を経て米国トマス・ジェファソン大学内科、コーネル大学老年医学科でトレーニングを受ける。その後、国立国際医療研究センター エイズ治療・研究開発センターを経て2011年より現職、高齢者・認知症患者のケアに関する研究に従事。2011年より『ユマニチュード』の研究・日本への浸透を担い、2019年7月一般社団法人日本ユマニチュード学会を設立、代表理事に就任。

※一般社団法人日本ユマニチュード学会は、フランス生まれのケア技法『ユマニチュード』の普及・浸透・学術研究と会員間の相互交流を通じ、誰もが自律できる社会の実現を目指して様々な活動を行っています。会員としてご一緒に活動いただける方、会の趣旨に賛同してのご寄附など、随時募集しております。詳しくは、ウェブサイトをご覧ください。

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 仲野徹×若林理砂 

    仲野徹×若林理砂 "ほどほどの健康"でご機嫌に暮らそう

    ミシマガ編集部

    5月刊『謎の症状――心身の不思議を東洋医学からみると?』著者の若林理砂先生と、3月刊『仲野教授の この座右の銘が効きまっせ!』著者の仲野徹先生。それぞれ医学のプロフェッショナルでありながら、アプローチをまったく異にするお二人による爆笑の対談を、復活記事としてお届けします!

  • 戦争のさなかに踊ること─ヘミングウェイ『蝶々と戦車』

    戦争のさなかに踊ること─ヘミングウェイ『蝶々と戦車』

    下西風澄

     海の向こうで戦争が起きている。  インターネットはドローンの爆撃を手のひらに映し、避難する難民たちを羊の群れのように俯瞰する。

  • この世がでっかい競馬場すぎる

    この世がでっかい競馬場すぎる

    佐藤ゆき乃

     この世がでっかい競馬場すぎる。もう本当に早くここから出たい。  脳のキャパシティが小さい、寝つきが悪い、友だちも少ない、貧乏、口下手、花粉症、知覚過敏、さらには性格が暗いなどの理由で、自分の場合はけっこう頻繁に…

  • 新しい「普通」を一個増やす

    新しい「普通」を一個増やす

    朴東燮

    みなさま、はじめまして。朴東燮(バクドンソップ)と申します。 僕は韓国の釜山(ブサン)生まれ育ちで、いまも釜山の日光(イルグァン)という街に住んでいる、 生粋の釜山人です。

この記事のバックナンバー

05月29日
第34回 ケアがうまくいかないとき 本田美和子
04月28日
第33回 慶應義塾大学病院が取り組むユマニチュード 本田美和子
02月28日
第32回 働く人の体を守るために生まれた技術 本田美和子
01月26日
第31回 コミュニケーションを定量する 本田美和子
12月26日
第30回 救急隊が実践するユマニチュード 本田美和子
11月29日
第29回 ユマニチュードの5原則と生活労働憲章 本田美和子
10月30日
第28回 ノックはなぜ必要か 本田美和子
09月28日
第27回 ユマニチュードの理念が実現する場を作るために ~ユマニチュード認証制度と富山県立大学の取り組み~ 本田美和子
08月29日
第26回 福岡市とユマニチュード 本田美和子
07月26日
第25回 ケアの実践・暑いとき 本田美和子
06月28日
第24回 ケアの実践・入浴 本田美和子
05月27日
第23回 ケアの実践・返事がなく意思の疎通がとれないと感じる相手とのコミュニケーション 2 本田美和子
04月27日
第22回 ケアの実践・返事がなく意思の疎通がとれないと感じる相手とのコミュニケーション 1 本田美和子
03月28日
第21回 ケアの実践・ご本人に安心を届ける技術 本田美和子
02月27日
第20回 ケアの実践・食事 本田美和子
01月30日
第19回 ケアの実践・歩行訓練に誘うとき 本田美和子
11月28日
第18回 どんな記憶が残りやすいのか 本田美和子
09月29日
第17回 ご本人にとっての「今」はどこか 本田美和子
08月29日
第16回 記憶の仕組みをつかって、相手の不安を取り除く 本田美和子
07月25日
第15回 記憶の仕組みを理解する(2) 本田美和子
06月29日
第14回 記憶の仕組みを理解する 本田美和子
05月30日
第13回 物語をつむぐケア 本田美和子
04月28日
第12回 マルチモーダル・コミュニケーション 本田美和子
03月29日
第11回 立つことがもたらすもの 本田美和子
02月28日
第10回 相手と良い関係を結ぶための触れ方 本田美和子
01月30日
第9回 相手と良い関係を結ぶための話し方 本田美和子
12月27日
第8回 相手と良い関係を結ぶための見方 本田美和子
11月29日
第7回 「あなたのことを大切に思っています」と伝えるための手段 本田美和子
10月29日
第6回 「人」らしさとは何か 本田美和子
09月29日
第5回 「ケアをする人」の定義 本田美和子
08月29日
第4回 ユマニチュード誕生の原体験 本田美和子
07月29日
第3回 ユマニチュードを学びにフランスへ 本田美和子
06月24日
第2回 医療を相手に受け取ってもらうための新しい一手 本田美和子
05月25日
第1回 自分を守る 本田美和子
ページトップへ