復活!ミシマガジン

第19回

微風台南・店主が教える 単純、豪快、台湾屋台飯!

2021.04.10更新

 こんにちは、ミシマガ編集部です。

 4月にから新生活がはじまり、自炊をはじめた、という方もいるかと思います。
 本日の「復活!ミシマガジン」では、そんな自炊初心者にもおすすめ! シンプルかつ手軽、だけれどいつもと一味違う「台湾屋台飯」の作り方をお届けします。

 教えてくださったのは、ミシマ社京都オフィスのご近所、微風台南の店主・平岡さんです。

 このレシピを参考に、ぜひご自宅で台湾の風を感じてください。
 微風台南では、テイクアウトの販売もしていらっしゃるので、お近くの方はお店の味も体験してみてください!


※本記事は、「旧みんなのミシマガジン」にて、2017年6月6日〜6月7日に掲載されたものです。

 ひとり暮らしも3年目になるミシマ社最若手(当時)メンバー・タブチ。自炊をしようとレシピ本を買うも、材料の分量を量るのが面倒くさかったり、レシピ通りに作ってもなぜか美味しくなかったりと、すぐ挫折。
 もっと雑に作れて、美味しい料理はないのか!

 そんなことを思っていたところで、ふと、ミシマ社京都オフィスでお弁当を頼んでいる、ご近所の台湾料理屋さん「微風台南」の料理を思い出しました。大胆かつ豪快な盛り付け、味も抜群。そして何より、「自分でもできるのでは」と錯覚してしまうほどのシンプルさ。
 聞けば、店主の平岡さんも、台湾の屋台の豪快さやシンプルさに惹かれてお店を始めたそう。今回の特集では、そんな平岡さんに教えていただいた、料理の得意ではない人でも挫折しないようなレシピを紹介します! 料理嫌いの方、大雑把な料理が好きな方、必見です!

0606-01.jpg

tabuchi.jpg今回は、僕のような料理が得意ではないひとり暮らし男子でもできるような、台湾料理を教えてください!

tensyu.jpgわかりました。では一番簡単なやつからいきますか。でもその前に、調味料の話をさせてくださいね。台湾料理は3つの調味料さえあれば、それっぽいものができるんです。まず、一番よく使うのは、醤油膏(しょうゆこう)。甘い醤油です。家庭にあるもので作ろうとすると、醤油2:砂糖1:片栗粉0.3をよく混ぜて、火にかけたら完成。

tabuchi.jpgけっこう難しいんですね。

tensyu.jpg気を落とさないでください。少しフォローすると、ここが今回のレシピで一番難しいところかもしれません。調味料さえあれば、料理は簡単ですので。次に使うのは、醤油とオイスターソースを1対1で割ったもの。これがベースのソースになりますので覚えておいてください。

tabuchi.jpgはい! こちらのほうが簡単ですね! 最後はなんでしょうか?

tensyu.jpg3つ目は、「料理をグレードアップしたい」というときに使うので、なくても料理はできますが、一応紹介しますね。沙茶醤(サーチャージャン)といって、魚介系をベースに、ニンニク、ゴマ、香辛料、植物油を加えて煮込んだものです。こちらは市販で売っているお店もあるので、探してみてください。

0606-3.jpg

tensyu.jpg以上の3つがあれば、なんとかなりますよ。それでは、さっそく料理に行きましょうか。まずは一番簡単なレシピを紹介しますね。

0606-4.jpg

tensyu.jpg豪快料理と言ったら、やっぱりラード飯です。調味料さえ揃っていれば、1分もかからずにできちゃいます。あと、どうでもいい話なんですが、みなさんが思っている「チャーハンの味」って実はラードの味なんですよ。

tabuchi.jpgへえ! そうなんですね。かっぱえびせんの残りカスのようなものって面白いです(笑)。そして美味しそう・・・!

tensyu.jpgポテチでもなんでもいいんですけど、ちょこっとこういうのがあると美味しいんですね。でもさすがにこればっかり食べてたら身体に悪いので、野菜炒めもやりましょうか。ひとり暮らしで栄養バランスも偏りがちでしょうし。

0606-5.jpg

中華料理や台湾料理の野菜炒めは、みなさんが思っているよりかなり多く油を使っています。

tabuchi.jpgそうなんですね。言われてみれば、そんな気がしてきました。

tensyu.jpgはい。先ほど体にいいといいつつ、実はそんなにヘルシーではないです・・・。でも美味しくなります。また太字で書きましたが、べちゃべちゃな野菜炒めにしないために、あえて水を入れるのがポイントです。

tabuchi.jpgおお! 水を入れたら余計べちゃべちゃになってしまう気がしますが・・・。

tensyu.jpg逆なんですね。油だけだと野菜がしなっちゃうので、そこにもう一回水を吸わせて、新鮮な状態に戻す感じです。シャキシャキになります。
この2つのレシピ、さすがに簡単すぎましたかね。次はお店でも出している料理を、家庭でもできる範囲で再現してみましょう。

tabuchi.jpg楽しみです!

tensyu.jpgでは、いつもよくお弁当で頼んでくれている「焼肉飯」からいきましょう。これもすごく簡単。タレをつけて焼くだけです。
肉は、焼けたかどうかを確認するために何度もひっくり返してはいけません。じっと待って、時が来たら1回だけひっくり返すのがポイントです。

0607-1.jpg

tabuchi.jpgふむふむ、焼肉の極意ですね。そして、こんなに簡単にできるとは・・・。

tensyu.jpgさすがにお店ではもう少し手を加えていますが、このレシピでも十分美味しいです。最後は、カレーに挑戦してみましょう!

tabuchi.jpgおお! お店のカレー大好きです。気になります。

tensyu.jpgまず発想の転換が必要で、カレーを「ルー」と考えるのはやめましょう。じっくりコトコト作るんじゃなくて、その場でジャッと作る。極論、油に味をつけたものと考えてもらって大丈夫です。

tabuchi.jpgそんなこと言っていいんですか(笑)。さっそくやってみましょう!

0607-2.jpg

tensyu.jpg野菜はなんでもいいです。すぐ火が通るものだったら、キャベツとか、白菜とか。人参とかジャガイモも千切りにしたらすぐ火が通りますね。お店でも、注文を受けてからルーを作っているのですが、5分くらいでできます。

tabuchi.jpgわお! カレーってそんなに短時間で作れるものなんですね。というか、どのレシピも最初の「ラード飯」とそんなに変わらないくらい簡単に作れるのがすごいです。

そうですね。実はラード自体も簡単に作れるんですよ。しかもラードを作る工程で、肉、スープも同時にできるから、一気に3つの素材が自然とできちゃう。

0607-3.jpg

ラードって自分で作れるものなんですね。教えていただいたレシピ、作ってみます! ありがとうございました!

最後に店主・平岡さんへのインタビューをお届けします!

「微風台南」を始めた理由

―― こちらのお店はどういう経緯で始められたのですか?

平岡 台湾に興味をもったのは、10年くらい前に書道用品の会社に勤めて、それでよく出張で行っていたのがきっかけですね。

―― もともとはサラリーマンだったのですね! 

平岡 はい。それで出張中に、屋台で料理作っているところをじーっと見てると、彼ら、すぐ料理の作り方を教えてくれるんですよ。そこでかなり覚えたので、もうお店できるなあって。それで、このお店の前にアジア料理屋を始めて、でもそのうちアジア料理屋さんがたくさんできたんで、台湾料理屋をすることになりました。

―― フットワークが軽いです・・・!

平岡 そうかもしれないですね。あと、たまにネットで「台湾人夫妻がやっているお店」みたいな紹介をされるんですが、僕も家内も日本人です(笑)。


新鮮ではなくなってからが勝負。

―― 失礼ながら、僕も初めてお会いしたときは台湾の方だと思っていました・・・。

平岡 そうですか(笑)。僕は実は祇園の鍋料理屋の家に生まれたんです。でも小さい頃から日本料理の「綺麗に整えられた盛り付け」とか、「新鮮さ」とか「素材の味」とかにはあまり興味がなかった。台湾料理の豪快さに憧れたのは、その反動もあったかもしれません。

―― なるほど。

平岡 とれとれの野菜とか、新鮮な魚を切って出す、こんなの美味しいに決まってるじゃないですか。でも本来、料理って「使うの忘れてて冷蔵庫で死にかけていた食材」とかをいかに美味しいものにできるか、これが大切だと思うんです。そもそもそういうところから始まったものだと思いますし。どんな素材だったとしても調味料とかを駆使してなんでも美味しく食べる。

―― 本当にそうですね。ちなみに普段は何を食べていらっしゃるんですか?

平岡 となりのファミリーマートで買って食べてます(笑)。あとたまに「なか卯」に行くと、家内は喜びますね。でも考えてみたらチェーン店ってすごいんですよ。そこらへんの兄ちゃんが作っても美味しいってのはすごいことですよね。それだけ、研究され尽くしていて、ある種、「食の粋」が凝縮されている気がします。

―― たしかに! 僕も「なか卯」はよく行きます。

平岡 昔、何かの雑誌で「店長の行きつけの店をつないでいくリレー連載」のような企画があって、マクドナルドって言ったら、そこで連載が終わっちゃったこともありました。

料理と文学

―― そんなことも・・・。そういえばこちらのお店、本がすごいですよね。

平岡 本が好きなんです。住んでいる家の本棚には収まらなくなって、この店においている本もある。この店の建物は、大正時代に建てられているので、選書もなんとなくその時代に合わせています。

―― おお、すごい!

平岡 草野心平の詩が好きですね。富士山や蛙を書いた作品が有名ですが、詩だけでは食べていけなくて、実はバーもやっていたんです。名前は「火の車」という(笑)。

―― 名前(笑)。

平岡 彼の作品の中で、料理のことが書いてある詩があって、それが好きですね。あとは檀一雄も好きです。彼も小説家でありながら、料理人でもある。『檀流クッキング』が有名ですね。実はあれから着想を得て作ったメニューもあるんです。そのレシピもまたの機会に教えますね。

微風台南
住所:〒602-0877 京都府京都市上京区桝屋町359
電話番号:075-211-9817
月曜定休
※営業時間等はお店のFacebookをご確認ください。


おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『三流のすすめ』発刊!!

    『三流のすすめ』発刊!!

    ミシマガ編集部

    6月26日(月)公式発刊日を迎えた『三流のすすめ』。本日は、安田登先生のことをよーくご存じの、NHK Eテレ「100分de名著」プロデューサー秋満吉彦さんによる、『三流のすすめ』と安田先生の解説紐解き、本書「はじめに」の公開、アロハシャツの安田先生による動画書籍紹介の3本立てでお送りします!

  • こどもとおとなのサマーキャンプ2021

    「こどもとおとなのサマーキャンプ 2021」各講座の詳細&単独チケットのご案内

    MSLive! 運営チーム

    この夏、ミシマ社では「こどもとおとなのサマーキャンプ2021」を開催します! 今年のテーマは、「この夏、もれよう!」。昨年と状況は変わらず、これをしてはいけない、という息苦しさに囲まれるなか、それらをすべて取っ払って、自分の枠からもれ、はみだし、のびのびと思いっきり楽しむ。そうして、自分の可能性が大きく伸びる! そんな願いを込めました。

  • 「今日の人生」連載100回直前! 記念 益田ミリさんインタビュー「今日の人生」連載100回直前! 記念 益田ミリさんインタビュー

    「今日の人生」連載100回直前! 記念 益田ミリさんインタビュー

    ミシマガ編集部

    「今日の人生」が連載100回を迎えました! それを記念して、今回、著者の益田ミリさんへ特別インタビューをお願いしました! 連載100回を目前に控え、益田さんはどんなことを思っているのでしょう? 益田さんにとって「今日の人生」とは?? ・・・などなど、とても面白いお話をうかがいました。ぜひ、ぜひご高覧くださいませ。

この記事のバックナンバー

04月10日
第19回 微風台南・店主が教える 単純、豪快、台湾屋台飯! ミシマガ編集部
08月11日
第18回 君はバッキー井上を知っているか(2) ミシマガ編集部
08月10日
第18回 君はバッキー井上を知っているか (1) ミシマガ編集部
02月23日
第17回 言葉はこうして生き残る 河野通和『言葉はこうして生き残った』発刊記念インタビュー ミシマガ編集部
02月21日
第16回 周防大島に「宮田さん」を訪ねる。 ミシマガ編集部
02月18日
第15回 ボクは悩める坊さん。~ミッセイ和尚、2冊目を書きあげることができるのか?(後編) ミシマガ編集部
02月17日
第15回 ボクは悩める坊さん。~ミッセイ和尚、2冊目を書きあげることができるのか?(前編) ミシマガ編集部
01月13日
第14回 暖ドリ! 寒さを乗りきる 暖のとりかた (後編) ミシマガ編集部
01月12日
第14回 暖ドリ! 寒さを乗りきる 暖のとりかた (前編) ミシマガ編集部
12月27日
第13回 本屋さんと私 滝口悠生さん編(後編) ミシマガ編集部
12月26日
第13回 本屋さんと私 滝口悠生さん編(前編) ミシマガ編集部
12月08日
第12回 本屋さんと私 青山ゆみこさん編(後編) ミシマガ編集部
12月07日
第12回 本屋さんと私 青山ゆみこさん編(前編) ミシマガ編集部
09月25日
第11回 森の案内人・三浦豊さんと行く! 京都御所ツアー(2) ミシマガ編集部
09月24日
第11回 森の案内人・三浦豊さんと行く! 京都御所ツアー(1) ミシマガ編集部
08月26日
第10回 大島依提亜さんに聞きました!『今日の人生』の秘密など ミシマガ編集部
07月27日
第9回 本屋さんと私 山下賢二さん編 ミシマガ編集部
05月06日
第8回 Born to Walk!〜「心の時代」の次を探して(2) ミシマガ編集部
05月05日
第8回 Born to Walk!〜「心の時代」の次を探して(1) ミシマガ編集部
03月03日
第7回 細川貂々さんとツレさんに聞く! 電車と子育て ミシマガ編集部
02月05日
第6回 〈戦争できる国〉にしないためのちゃぶ台会議 戦後70年、元海軍兵の言葉を聴く ミシマガ編集部
12月19日
第5回 『上方落語史観』(140B)発売記念トーク 髙島幸次×笑福亭たま×久坂部羊(2) ミシマガ編集部
12月18日
第5回 『上方落語史観』(140B)発売記念トーク 髙島幸次×笑福亭たま(1) ミシマガ編集部
11月18日
第4回 「未来の今日の人生」 ミシマガ編集部
11月13日
第3回 増田喜昭×後藤美月 自分の人生に落とし前をつける絵本 ミシマガ編集部
09月24日
第2回 僕たちの世代 光嶋裕介×後藤正文×三島邦弘(2) ミシマガ編集部
09月23日
第2回 僕たちの世代 光嶋裕介×後藤正文×三島邦弘(1) ミシマガ編集部
07月30日
第1回 古代文字で写経 安田登 ミシマガ編集部
ページトップへ