復活!ミシマガジン

第29回

編集部が『ちゃぶ台10』をあつあつに語る(1)

2023.10.11更新

 こんにちは、ミシマガ編集部です。
 本日は『ちゃぶ台10 特集:母語ボゴボゴ、土っ!』の特集記事を再掲します。

 ちゃぶ台の号数が2ケタに到達した節目の本号。編集長ミシマが、『ちゃぶ台』のつくり方を語ります。『ちゃぶ台』は「外食ではなく家庭料理」、だからこそ火傷するほどの生命力を持つ・・・。そして、いまこの時代に雑誌をつくることのおもしろさとは? 現在、『ちゃぶ台12』も制作中です。ぜひ本インタビューをお読みいただいたうえで、発刊を楽しみにしていただけると嬉しいです!


本日発売!編集部が『ちゃぶ台10』をあつあつに語る(1)

chabudai6.jpg

 本日、『ちゃぶ台10』が書店先行発売を迎えました。2015年に創刊、2020年にリニューアル創刊した「生活者のための総合雑誌」。2022年12月5日の朝。届きたての『ちゃぶ台10』を手にした編集長の三島が突如、語り出し――。話すなかで浮かび上がってきたこの雑誌への思いを、お届けします。

(話し手:三島邦弘、聞き手:編集チーム野崎・角)

20221209-1.jpg

ちゃぶ台10が完成しました!

いや〜みなさん、『ちゃぶ台10』できましたね。どうですか? めちゃくちゃいい仕上がりですね。これまで、創刊号からずっと『ちゃぶ台』のことを「生き物だ」と言ってきましたけど、今回の10号は、もっとも生命力の高い生き物が生まれたなと思っています。

『ちゃぶ台』は、つくり方自体が、料理のあつあつ状態をそのままお皿にのせているという感じです。あくまでも、日常で食べる「家の料理」。ですから、「お弁当」や「外食」でいただくお料理とはちょっと違うのです。

ミシマ社では、そこからさらに「整った料理」というのは、単行本というかたちでつくっていて、松村圭一郎さんの『くらしのアナキズム』や藤原辰史さんの『縁食論』、中村明珍さんの『ダンス・イン・ザ・ファーム』などになっています。

だから『ちゃぶ台』は、できて湯気ほやほやでそのまま口に入れたら火傷するぜ、というレベル感で挑戦しています。あつあつ。

生活者のための総合雑誌

そしてなんといっても「生活者のための総合雑誌」です。『ちゃぶ台10』は、この意味がもっとも出ている号でもあるんじゃないでしょうか。

ちゃぶ台を創刊した2015年のとき、今は総合雑誌が成り立たないと言われていて、二十数年前に僕が出版社に入った頃からすでに、総合雑誌が休刊や廃刊になるということが起きていました。

つまり、時代だとか、教養・知性とか、そういう括りでやれるものを総合的に一誌で論じるなんて不可能だ、成り立たなくなっている、ということが言われ、事実、部数的にも成り立たなくなっていました。

じゃあなぜ今「総合雑誌」なの?

これまでの総合雑誌は、いわゆる知識人といわれる、すでにいろいろなことをわかっている人たちが、上から、まだそこに気づいていない、わかっていない人たちに「与える」というかたちだったんだろうと思います。

出版社で働きはじめた頃からいち新人編集者として、そういう総合雑誌に距離を感じていました。が、一方で僕にとっての、あるいは自分の母親や父親や毎日生きることに必死な人たちにとって必要な読み物は、やっぱり専門書ではなくて、ありとあらゆる角度から扱ってくれている雑誌があってもいいんじゃないかと感じていた。ということを今この瞬間、話しながら思い出しました。

そういうことが、「生活者のための総合雑誌」という言葉に行き着いたんだと思っています。

わからないけど、知っておく必要がありそう

これまで毎回いろんな特集をやってきて、今回であれば「母語ボゴボゴ、土っ!」という特集にしましたが、編集者たちは、母語や土のことをわかっていて、これをみなさんこの時代にわかってくださいね、と読者に与える態度では企画・編集をしていません。

むしろ、わからないんだけれどもなんかこれを知っておく必要があるという直感のもと、走り続けた。少なくとも半年間という期間、そこに向けておもに編集メンバー4人と営業メンバーが、求め、探り続けたかたちが今回の『ちゃぶ台10』になっています。

そして、編集者たちがわからないものに、著者の方々も「この人たちの依頼はなんだろう」と思いながらも全力でみなさん応えてくださった。著者の方たちも、編集者に対して、じゃあ教えてあげようという視点ではなくて、一緒に、たしかにそれ気になる、というところで同じ目線から言葉を求め、そして書き記してくれた集積が今回の号になっているんじゃないかと思います。

『ちゃぶ台10』は、まさに総合雑誌、いまの分類で言ったら、人文、文芸、ノンフィクション、評論、などのジャンルを横断的にまたがって書かれています。その具体は次回、編集メンバーがします。ご期待ください!(つづく)

『ちゃぶ台10』
特集:母語ボゴボゴ、土っ! 目次

益田ミリ「英語と私」(エッセイ)
ウスビ・サコ「サコ先生、『母語』ってなんですか?」(インタビュー)

津村記久子「オブラートは永遠に」(エッセイ)
伊藤亜紗「会議の研究――話に花が咲く」(論考)
三好愛「近寄りたいのに」(絵と言葉)
斉藤倫「クリップの王さま」(児童文学)
いしいしんじ「こんにちは」(小説)
齋藤陽道「恩言語を宿らせる」(フォトエッセイ)
土井善晴「料理する動物」(随筆)
榎本俊二「ギャグマンガ家山陰移住ストーリーPART9」(漫画)
藤原辰史「民草論――山崎佳代子の言葉に触れて」(論考)
作・益田ミリ/絵・平澤一平「秋田犬 AKITAINU」(漫画)
書店、再び共有地(レポート)
SANJO PUBLISHING〈新潟・三条〉
本屋ルヌガンガ〈香川・高松〉
中村明珍「ボゴ・ダンス――日本語の話者としての」(エッセイ)
宮田正樹「土と私のあいだ」(インタビュー)
滝口悠生「泥棒と祭壇」(小説)
内田健太郎「はじまりの言葉」(エッセイ)
寄藤文平「未来の描き方 その4」(絵と言葉)
三島邦弘(ブックレビュー)
編集後記

chabudai10_tsushin.jpg

chabudai10_sackosensei.jpg

chabudai10_miyatasan.jpg

編集部からのお知らせ

『ちゃぶ台』最新号、12月に刊行します!

「捨てない」商売・生活は、できる? この問いを出発点として、次号の雑誌『ちゃぶ台12』(2023年12月刊)は、特集に「捨てない、できるだけ」を掲げます!
 ごみ処理最前線の町への訪問記や、本づくりの今を探るインタビュー・レポートなど、大充実の内容となる予定です。どうぞお楽しみに!

IMG_7815 - コピー.jpg

これまでのちゃぶ台

『ちゃぶ台12』 特集:捨てない、できるだけ
<内容紹介>※一部
●藤原辰史さんインタビュー「9 回裏の“捨てる” 考 (仮)」
●土井善晴さんと「ごみゼロ」の町・徳島県上勝町を訪問!
●ミシマ社の新レーベル「捨てないミシマ社」の挑戦
●益田ミリさん、津村記久子さん、伊藤亜紗さん、斉藤倫さん、齋藤陽道さん、寄藤文平さん、平澤一平さん、バッキー井上さん、中村明珍さん、内田健太郎さん・・・など、大好評連載もお楽しみに。

『スピン/spin 第5号』に三島が寄稿しています

spin5_300.jpg

 2023年9月発売の雑誌『スピン/spin 第5号』(河出書房新社)に、三島がエッセイ「出版界の光と闇」を寄稿しています。ミシマ社を創業して満17年、今になって三島が気づいた、「大前提」が覆るような真実とは・・・? 本連載とあわせて、お楽しみいただけましたらうれしいです。

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 仲野徹×若林理砂 

    仲野徹×若林理砂 "ほどほどの健康"でご機嫌に暮らそう

    ミシマガ編集部

    5月刊『謎の症状――心身の不思議を東洋医学からみると?』著者の若林理砂先生と、3月刊『仲野教授の この座右の銘が効きまっせ!』著者の仲野徹先生。それぞれ医学のプロフェッショナルでありながら、アプローチをまったく異にするお二人による爆笑の対談を、復活記事としてお届けします!

  • 戦争のさなかに踊ること─ヘミングウェイ『蝶々と戦車』

    戦争のさなかに踊ること─ヘミングウェイ『蝶々と戦車』

    下西風澄

     海の向こうで戦争が起きている。  インターネットはドローンの爆撃を手のひらに映し、避難する難民たちを羊の群れのように俯瞰する。

  • この世がでっかい競馬場すぎる

    この世がでっかい競馬場すぎる

    佐藤ゆき乃

     この世がでっかい競馬場すぎる。もう本当に早くここから出たい。  脳のキャパシティが小さい、寝つきが悪い、友だちも少ない、貧乏、口下手、花粉症、知覚過敏、さらには性格が暗いなどの理由で、自分の場合はけっこう頻繁に…

  • 新しい「普通」を一個増やす

    新しい「普通」を一個増やす

    朴東燮

    みなさま、はじめまして。朴東燮(バクドンソップ)と申します。 僕は韓国の釜山(ブサン)生まれ育ちで、いまも釜山の日光(イルグァン)という街に住んでいる、 生粋の釜山人です。

この記事のバックナンバー

05月22日
第31回 仲野徹×若林理砂 "ほどほどの健康"でご機嫌に暮らそう ミシマガ編集部
10月13日
第30回 『味つけはせんでええんです』発刊記念
中島岳志先生による「土井善晴論」
ミシマガ編集部
10月11日
第29回 編集部が『ちゃぶ台10』をあつあつに語る(1) ミシマガ編集部
07月16日
第28回 『ぽんこさんの暮らしのはてな?』発刊からちょうど1年! ミシマガ編集部
07月09日
第27回 中田兼介×本上まなみ 「教えてもえもえ博士!もっと いきもののりくつ」 ミシマガ編集部
07月08日
第26回 祝『思いがけず利他』増刷! ミシマガ編集部
06月25日
第25回 特集:小田嶋隆さんの本を読みたい週末 ミシマガ編集部
06月18日
第24回 今日はパパの日!『パパパネル』によせて、tupera tuperaさんからのメッセージ! ミシマガ編集部
06月06日
第23回 2014年 今年の一冊! 百々ナイト ミシマガ編集部
05月25日
第22回 第22回「本屋さん発!」ウィー東城店発! ミシマガ編集部
05月14日
第21回 ナガオカケンメイ×井川直子「つづいているもの」が持つ、"なんか正しい感じ"の正体(2) ミシマガ編集部
05月13日
第21回 ナガオカケンメイ×井川直子「つづいているもの」が持つ、"なんか正しい感じ"の正体(1) ミシマガ編集部
05月09日
第20回 中島岳志×タルマーリー(渡邉格・麻里子)対談 「思いがけず発酵」(1) ミシマガ編集部
04月10日
第19回 微風台南・店主が教える 単純、豪快、台湾屋台飯! ミシマガ編集部
08月11日
第18回 君はバッキー井上を知っているか(2) ミシマガ編集部
08月10日
第18回 君はバッキー井上を知っているか (1) ミシマガ編集部
02月23日
第17回 言葉はこうして生き残る 河野通和『言葉はこうして生き残った』発刊記念インタビュー ミシマガ編集部
02月21日
第16回 周防大島に「宮田さん」を訪ねる。 ミシマガ編集部
02月18日
第15回 ボクは悩める坊さん。~ミッセイ和尚、2冊目を書きあげることができるのか?(後編) ミシマガ編集部
02月17日
第15回 ボクは悩める坊さん。~ミッセイ和尚、2冊目を書きあげることができるのか?(前編) ミシマガ編集部
01月13日
第14回 暖ドリ! 寒さを乗りきる 暖のとりかた (後編) ミシマガ編集部
01月12日
第14回 暖ドリ! 寒さを乗りきる 暖のとりかた (前編) ミシマガ編集部
12月27日
第13回 本屋さんと私 滝口悠生さん編(後編) ミシマガ編集部
12月26日
第13回 本屋さんと私 滝口悠生さん編(前編) ミシマガ編集部
12月08日
第12回 本屋さんと私 青山ゆみこさん編(後編) ミシマガ編集部
12月07日
第12回 本屋さんと私 青山ゆみこさん編(前編) ミシマガ編集部
09月25日
第11回 森の案内人・三浦豊さんと行く! 京都御所ツアー(2) ミシマガ編集部
09月24日
第11回 森の案内人・三浦豊さんと行く! 京都御所ツアー(1) ミシマガ編集部
08月26日
第10回 大島依提亜さんに聞きました!『今日の人生』の秘密など ミシマガ編集部
07月27日
第9回 本屋さんと私 山下賢二さん編 ミシマガ編集部
05月06日
第8回 Born to Walk!〜「心の時代」の次を探して(2) ミシマガ編集部
05月05日
第8回 Born to Walk!〜「心の時代」の次を探して(1) ミシマガ編集部
03月03日
第7回 細川貂々さんとツレさんに聞く! 電車と子育て ミシマガ編集部
02月05日
第6回 〈戦争できる国〉にしないためのちゃぶ台会議 戦後70年、元海軍兵の言葉を聴く ミシマガ編集部
12月19日
第5回 『上方落語史観』(140B)発売記念トーク 髙島幸次×笑福亭たま×久坂部羊(2) ミシマガ編集部
12月18日
第5回 『上方落語史観』(140B)発売記念トーク 髙島幸次×笑福亭たま(1) ミシマガ編集部
11月18日
第4回 「未来の今日の人生」 ミシマガ編集部
11月13日
第3回 増田喜昭×後藤美月 自分の人生に落とし前をつける絵本 ミシマガ編集部
09月24日
第2回 僕たちの世代 光嶋裕介×後藤正文×三島邦弘(2) ミシマガ編集部
09月23日
第2回 僕たちの世代 光嶋裕介×後藤正文×三島邦弘(1) ミシマガ編集部
07月30日
第1回 古代文字で写経 安田登 ミシマガ編集部
ページトップへ