トーキョーでキョートみつけたトーキョーでキョートみつけた

第5回

ニッキ

2018.08.03更新

0808.png

 モデル業をしているおんなのこ、ジャスミンとアカネに誘われて(おんなのこといっても33歳と29歳)、朝10時からはじまるアパレルブランドのセールに出かけた。

 まあ、セールというのは往々にして人混みなのだが、人混みには普段よりつかないようにしているからことさら圧迫感を受けた。気に入ったものを颯と買い(しかし衣類ではなく、天然素材をうたうバスソルトと石鹸。アメリカ製品ゆえパッケージカラーはぎらぎらしている)ひとり会場を出る。

 ところはどこかというと千駄ヶ谷、神宮前エリア。開店前のちいさな洋服屋や飲食店を横目に、気楽なカフェがないかと裏道をぷらぷら。まだまだ服を吟味中であろう二人は「勝手にどこか行かないで」というかんじではないので、さっぱりとしたつきあい。と、なんだか昔なじみの気が置けない仲のような書き方をしているが、いっしょに出かけたのは今回がはじめてだ。でもなんでだろう、こちらの希望を素直に伝えて行動できていた。

 ジャスミンは猪突猛進で強引なところがある。アカネは受身が柔軟。アカネはジャスミンの、時にジャイアンな要求をもおもしろがって応えている。わたしはそんな二人の間を、わたしのペースで泳がせてもらっていたのでしょうね。

 だが、そう人と人との間を、この日に限らずとも、日ごと泳いでいく中で顧みることがある。おのが口にしていることばの有り様と行く末は大丈夫だろうかと。自由と身勝手。自信と夜郎自大。前者と後者を見きわめ、はき違えず振る舞いたいと思っているのだが、その舵取りは些細なことば遣いに左右される。

 なぜこうも気にかかるのか。おそらくわたしが他者の発したことばをいいも悪いもしっかり受けとめて、心にさざなみを生じさせてしまうからだろう。だからことばを発信する側であるとき、気になるし気を配っていたい。それは表現という仕事のひとつだと思っている。

 「人が意見に反対するときはだいたいその伝え方が気に食わないときである」と言ったのはニーチェらしいが、これは時折あたまに過ぎるつぶやきで、じゃあわたしはいかに伝えていこうかと向学心をそそられる。

 購入した石鹸はシナモンのかおりがする。ラベルの印字がコンセプトを表していた。

 "KAWAII KYOTO"

 ふむ。ただカワイイでまとめられたらつまらないなあと、KYOTOのおんな感ずるところあり。



早織

早織
(さおり)

女優。1988年5月29日生まれ。京都市左京区育ち。立命館大学産業社会学部卒業。14歳のとき、河瀬直美監督と出会い女優を志す。スターダストプロモーションに所属し、京都に住みながら東京ではたらくという生活を15歳から始める。 三木聡監督のショートフィルム『臭いものには蓋の日』で主演デビュー。 アイドルユニット、バラエティ番組、テレビドラマ、CM、映画、舞台を経験し、2011年大学を卒業後に(やっと)上京。 趣味は読書と写真。「文化系だね〜」と言われることへの反抗心から、HIPHOPレッスンでからだを動かしている。 近年の出演作 : 映画『百円の恋』『過激派オペラ』『キセキ ーあの日のソビトー』『光』、ドラマ『越路吹雪物語』、WebCM『プレミールひとくち妄想劇場』

編集部からのお知らせ

ヨーロッパ企画20周年ツアー

第37回公演「サマータイムマシン・ブルース」
第38回公演「サマータイムマシン・ワンスモア」
早織さんが出演決定です! ツアーは7月よりはじまります。ぜひ劇場で!

詳しくはこちら

この記事のバックナンバー

08月03日
第5回 ニッキ 早織
07月03日
第4回 たまねぎ 早織
06月04日
第3回 さんしょ 早織
05月06日
第2回 さば 早織
04月03日
第1回 ゆりかもめ 早織

すべての記事一覧

ページトップへ