トーキョーでキョートみつけたトーキョーでキョートみつけた

第4回

たまねぎ

2018.07.03更新

 役柄の探求はしても わたしはわたしを探求することなく生きている。

 とブログに書いたことがあった(2017年10月19日)。しかし今、ミシマガジンでトーキョーでキョートみつけたを書き続けるにあたり、わたしはわたしを探求しているようだ。さて「探求」を手持ちの大辞林(アプリ)で引いてみたところ、

・・・物事の真相・価値・在り方などを深く考えて、すじ道をたどって明らかにすること

 ふむ。わたしの在り方を明らかにするなんて恥ずかしい。恥ずかしいならしなければいいじゃない?  でもほんとうはさらしたくないところを(読み手に伝わる形として)書いてみなければ、他の人に書くことのできないわたしの文章にはなっていかないような気がしている。京都育ちはさらすことが不得手だ。「明け透け」に美を感じないから、ものも婉曲に言う。

 実のところ、ブログを書いた時の演技観と、今のわたしの演技観が変わっている。わたしを探求することが役柄の探求に通ずると思うようになった。きっかけは『イヴァナ・チャバックの演技術:俳優力で勝つための12段階メソッド』という本を読んだことだった(おお、雄々しいタイトル)。

 イヴァナが本の中で促していたのは、「わたし」の探求でも、日頃わたしが目を背けている、わたしの均衡をぶらすもの、こと、ひとを掬いあげろというものだった。わたしの均衡をぶらすところに生のエネルギーが渦巻いており、わたしという人間の個性が潜むようなのである(それを演技に活用してねと)。俳優の演技術(の一つ、あくまでも)に興味のある方は、イヴァナの本を読んでみてくださいまし。

 きっと、「わたしはわたしを探求することなく生きている」と書いたのは、そこここをうろうろしてもわたしは見つからないとわかっていたから。でも今のわたしから見るとその観点で止まっていて、変化に対しては意気地が乏しい。蓋をしてしまっている洞穴には目を向けられていない。

 ムイテモ ムイテモ ナカミガナイ

0703-1.png

 ある一日の終わり、お風呂からあがって濡れた髪を乾かしていると不意に聞こえてきた唄。陽にさらそう。さらしたとしてもたいしたことないんだからわたし。卑下しているのではない。そう自認すると、まだまだやっていないことあるぞ、やれるぞ、さし控えるなと熱い気持ちが湧いてくるのである。わたしわたし書きつらねてくどいやん。と思う京都らしき思考も、ひとまず剥いでしまおうぞ。

早織

早織
(さおり)

女優。1988年5月29日生まれ。京都市左京区育ち。立命館大学産業社会学部卒業。14歳のとき、河瀬直美監督と出会い女優を志す。スターダストプロモーションに所属し、京都に住みながら東京ではたらくという生活を15歳から始める。 三木聡監督のショートフィルム『臭いものには蓋の日』で主演デビュー。 アイドルユニット、バラエティ番組、テレビドラマ、CM、映画、舞台を経験し、2011年大学を卒業後に(やっと)上京。 趣味は読書と写真。近年の出演作 : 映画『百円の恋』『過激派オペラ』『キセキ ーあの日のソビトー』『光』『かぞくいろ』、WebCM 三菱UFJ信託銀行『心の資産 篇』

編集部からのお知らせ

ヨーロッパ企画20周年ツアー

第37回公演「サマータイムマシン・ブルース」
第38回公演「サマータイムマシン・ワンスモア」
早織さんが出演決定です! ツアーは7月よりはじまります。ぜひ劇場で!

詳しくはこちら

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 尾崎世界観×寄藤文平 いま、表現者であるということ(1)

    尾崎世界観×寄藤文平 いま、表現者であるということ(1)

    ミシマガ編集部

    2018/9/26(水)に発売されたクリープハイプの新アルバム『泣きたくなるほど嬉しい日々に』。そのデザインを手がけた寄藤文平さんと尾崎世界観さんは、4月にミシマガで対談しています。ミシマ社とも縁の深いお二人の対談、この機にぜひお読みください。(実は、今回の新アルバムの特装版の詩集と、タワーレコード特典の豆本の編集をミシマ社がお手伝いしています!)

  • 西村佳哲×ナカムラケンタ 最近〝仕事〟どう?(1)

    西村佳哲×ナカムラケンタ 最近〝仕事〟どう?(1)

    ミシマガ編集部

    みなさん、最近、仕事どうですか? ナカムラケンタさんの『生きるように働く』と、『いま、地方で生きるということ』の著者でもある、西村佳哲さんの『一緒に冒険をする』(弘文堂)の2冊の刊行を記念して、2018年9月18日、代官山 蔦屋書店にてトークイベントが行われました。「最近〝仕事〟どう?」をテーマに、それぞれの角度から「仕事」について考え続けてこられたお二人が、自著の話、人が働くことの根っこについて、そして「働き方改革」までを語り合いました。そんなお話の一部を、前・後編2日間連続でお届けします。どうぞ!

  • 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1)

    町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1)

    ミシマガ編集部

    2018年6月22日、編集者であり長年街場を見つめてきた江弘毅さんがはじめて「ブンガク」を描いた、『K氏の大阪弁ブンガク論』が刊行になりました。司馬遼太郎や山崎豊子といった国民的作家から、黒川博行、和田竜など現代作家まで縦横無尽に書きまくっている本作で、2章を割いて江さんが絶賛しているのが、作家・町田康さん。本書の刊行を記念して(そして江さんが熱望して!)、紀伊國屋書店梅田本店にておこなわれた、お二人の対談の様子をお届けします。

  • 凍った脳みそ

    特集『凍った脳みそ』後藤正文インタビュー(1)

    ミシマガ編集部

    『凍った脳みそ』。なんとも不思議なタイトルである。いったい何の本なのか? と題名だけ見てわかる人はかなりのゴッチファンにちがいない。ぞんぶんにお好きなように本書を楽しんでくださいませ! 実は、アジカンファンだけど「この本はどうしようかな」と思っている方や、必ずしもアジカンやゴッチのファンでもないけど音楽は好きという方や、ゴッチもアジカンも音楽もとりわけ好きなわけじゃないけど面白い本は好き! という方にも、本書はおすすめなのです。その理由の一端に迫ることができればと思い、著者の後藤正文さんに直接お話をうかがいました。

この記事のバックナンバー

11月02日
第8回 いちじく 早織
10月03日
第7回 ゆめ 早織
09月04日
第6回 みず 早織
08月03日
第5回 ニッキ 早織
07月03日
第4回 たまねぎ 早織
06月04日
第3回 さんしょ 早織
05月06日
第2回 さば 早織
04月03日
第1回 ゆりかもめ 早織
ページトップへ