トーキョーでキョートみつけたトーキョーでキョートみつけた

第22回

やく

2020.02.06更新

左手指の先の皮がめくれて、めくれて、硬くなっている。すっかり、つるりとした肌ではなくなってしまった。ウールのセーターやマフラーの細い糸に、めくれた指の皮がひっかかる。水や洗剤が皮膚の奥に入りこんでくるような感覚がして洗い物も億劫だ。私の手はどうなっていくのかなあ。

昨年の春からアコースティックギターの練習をはじめた。捨てられそうだったギターを貰い、弾いているのだけれど、これが無骨な代物でとても弾きづらい。それでも毎日毎日触っていると、1秒も押さえていられなかったスチールの弦を押さえられるようになった。ギターを弾いて歌う役のお話をいただいたことがきっかけで突如練習に着手したのだが、いただいたときはまだ企画の初動段階で撮影の予算はこれから集めますという状態だった(インディーズ映画である)。それでよく練習を続けてこれたなと我ながら思う。予算の目処が立つことなく、撮影に入れない場合だって十分あるというのに。それに身のまわりの人も、すぐに私は音を上げて止めてしまうと思っていたようだ。

音は上げている。へったくそだなあと悪態もつく。しかし時間がたてば置いたギターをまた手にとって、撮影に臨んでいる自分をイメージした。誰に頼まれることもなかった練習を続け、イメージすることを諦めなかった。合理的な行動とは言いがたいが、ひとえに監督の書かれたオリジナルの脚本が面白かったから、ただそれだけが、私を駆動させた。指はまいっていることだろう。後先考えない私についていかざるをえない。どこまでついてきてくれますかね、辿りつくところは私もわからないのですが。

年が明けて撮影時期が定まった。1月末に、映画の音楽を作ってくださるシンガーソングライターの方にお会いした。たとえばどんなテーマを歌いたいですかと聞いてくださった。イメージだった世界が、現実と握手している。

202002saori.jpg

早織

早織
(さおり)

女優。1988年5月29日生まれ。京都市左京区育ち。立命館大学産業社会学部卒業。14歳のとき、河瀬直美監督と出会い女優を志す。スターダストプロモーションに所属し、京都に住みながら東京ではたらくという生活を15歳から始める。 三木聡監督のショートフィルム『臭いものには蓋の日』で主演デビュー。 アイドルユニット、バラエティ番組、テレビドラマ、CM、映画、舞台を経験し、2011年大学を卒業後に(やっと)上京。 趣味は読書と写真。近年の出演作 : 映画『百円の恋』『過激派オペラ』『キセキ ーあの日のソビトー』『光』『かぞくいろ』、WebCM 三菱UFJ信託銀行『心の資産 篇』

編集部からのお知らせ

「ヨーロッパ企画のブロードウェイラジオ! #278」に早織さんが出演しています!

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

この記事のバックナンバー

05月09日
第24回 ひび 早織
03月10日
第23回 どう 早織
02月06日
第22回 やく 早織
01月02日
第21回 ほし 早織
11月20日
第20回 ほころび 早織
10月24日
第19回 むこう 早織
09月21日
第18回 ちてん 早織
08月13日
第17回 てんぷ 早織
07月06日
第16回 はらえ 早織
06月11日
第15回 さきわい 早織
05月14日
第14回 いちよう 早織
04月14日
第13回 たましい 早織
03月04日
第12回 つゆ 早織
02月04日
第11回 よ 早織
01月08日
第10回 たまご 早織
12月04日
第9回 しょうよう 早織
11月02日
第8回 いちじく 早織
10月03日
第7回 ゆめ 早織
09月04日
第6回 みず 早織
08月03日
第5回 ニッキ 早織
07月03日
第4回 たまねぎ 早織
06月04日
第3回 さんしょ 早織
05月06日
第2回 さば 早織
04月03日
第1回 ゆりかもめ 早織
ページトップへ