トーキョーでキョートみつけたトーキョーでキョートみつけた

第9回

しょうよう

2018.12.04更新

東京で京都を見つける話だったんだ、そういえば。

わたしにとって京都って何かしらと考えはじめたら、わたしの自意識を育んだ場所だとわかり、自意識を探りだしたら、当初のテーマから随分離れた地点へ歩みをすすめていたことにはたと気がついた。おっとっと。

毎年手帳を一冊買い、買った一冊目の手帳の書きあじがしっくりこないと二冊目を買ってしまうほど、手帳に記すことは癖になっている。起きたことややりたいことなどすぐに忘れてしまうからか(それとも手帳に記すと満足し覚えようとはしないのか)まめに書く。書いていると頭の中が整理されていくようで、思ってもみなかったことに気がつくこともある。ある日の思いの断片も余白のいたるところに散らばっている。

"東京にいると欲望を捏造される心地
京都にいると過剰を抑制される心地
もはやどちらの生粋にもなりたくはない"

1204_1.jpg

「ゆりかもめ」に登場した菊さんとはメールや手紙をやりとりする間柄だ。頻度は表現できない。野道で疾風が通るような、枯れた小葉が知らぬ間に髪に一枚ついていたかのような偶の気配。そんな存在がわたしにはいる。菊さんが普段どんな暮らしをしているか事細かには知らず、生きているのだろうかと漠然と思うこともある。

初冬の手紙の末文に「穏やかな日々を」と書いてくれたことがあった。撮影や稽古がなければ大きく移動することもなく、わたしの日々の過ごし方はなだらかだが、心がまるいわけではない。穏やかな日々はすでにこの手にある気がするがあてどない。無用の散歩に出てしまうのも、心は動いていたいからか。

早織

早織
(さおり)

女優。1988年5月29日生まれ。京都市左京区育ち。立命館大学産業社会学部卒業。14歳のとき、河瀬直美監督と出会い女優を志す。スターダストプロモーションに所属し、京都に住みながら東京ではたらくという生活を15歳から始める。 三木聡監督のショートフィルム『臭いものには蓋の日』で主演デビュー。 アイドルユニット、バラエティ番組、テレビドラマ、CM、映画、舞台を経験し、2011年大学を卒業後に(やっと)上京。 趣味は読書と写真。近年の出演作 : 映画『百円の恋』『過激派オペラ』『キセキ ーあの日のソビトー』『光』『かぞくいろ』、WebCM 三菱UFJ信託銀行『心の資産 篇』

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

この記事のバックナンバー

05月09日
第24回 ひび 早織
03月10日
第23回 どう 早織
02月06日
第22回 やく 早織
01月02日
第21回 ほし 早織
11月20日
第20回 ほころび 早織
10月24日
第19回 むこう 早織
09月21日
第18回 ちてん 早織
08月13日
第17回 てんぷ 早織
07月06日
第16回 はらえ 早織
06月11日
第15回 さきわい 早織
05月14日
第14回 いちよう 早織
04月14日
第13回 たましい 早織
03月04日
第12回 つゆ 早織
02月04日
第11回 よ 早織
01月08日
第10回 たまご 早織
12月04日
第9回 しょうよう 早織
11月02日
第8回 いちじく 早織
10月03日
第7回 ゆめ 早織
09月04日
第6回 みず 早織
08月03日
第5回 ニッキ 早織
07月03日
第4回 たまねぎ 早織
06月04日
第3回 さんしょ 早織
05月06日
第2回 さば 早織
04月03日
第1回 ゆりかもめ 早織
ページトップへ