トーキョーでキョートみつけたトーキョーでキョートみつけた

第10回

たまご

2019.01.08更新

小学二年生のとき、結婚式に出席したことがあった。大きなホテルの披露宴会場で赤いスイートピーを歌ったひとがいて、この曲を耳にすると、あ、と思い出す。ぱぱの結婚式だった。

つきあっているひとが、前年に京都の実家へ挨拶にきて、結婚しますと二人で報告した。こういうシーン演じたことあるなあ。おやおや実人生で起きているではないか。私は、結婚する。父と彼は数回会ったことがあったけれど「この子で大丈夫ですか」と父はあらためて聞いていた。「理屈で自分をかためてますけど、中はふやふやで、生卵みたいにもろいやつなんです」彼は率直に、大丈夫ですと答えていた。父の方がよく喋っていた。「二回目の結婚のときにこの子には寂しい思いをさせました。仲良く、楽しく、やってくれたらそれでいいです」寂しい思いか。そんなことないよと言いたくなる。父と継母と住んだマンションでは、あこがれの一人部屋を与えてもらい嬉しかった。兄は継母と住みたくなかったので祖母の家で暮らしていた。祖母は継母のことが好きではなかったようで、小言ばかり言っていた。私は祖母も継母も好きだった。なんだかうまくはいかないのな。

二年あまり経過すると、大勢の笑顔につつまれ祝福された二人も別れることになって、小学四年生のおわりに「ままとおばあちゃん、どっちと暮らしたい?」と聞かれた。「・・おばあちゃん」体が弱く、老いの進んでいく祖母を一人にさせるのは想像できなかったからだ。人生におけるこの選択のときと、マンションからもともと住んでいた祖母の家へ戻る前に、父に「ごめんな」と謝られたことを私は忘れられない。なんも、なんにも、ぱぱは悪いことしてへんやん。

小学六年生の卒業間際、何歳のときこうなる、これをする、というのを空想で書いてみるというのが学校であったのだけれど、私の人生設計図には結婚、離婚、シングルマザーになるという言葉が並んでいた。父と母がそろっている状態、共に生きる夫婦を思い描くことができなかった。そのあとも、ずっと好き、ずっと仲が良いは盲信しないようにしていた。今だって大きな自信があるわけではない。ただ、煌びやかなドレスもデコレーションもいらないから、仲良く、楽しくを、彼や互いの家族とこの先長くつづけていけたら。さて2019年がはじまった。

0112_1.jpg

早織

早織
(さおり)

女優。1988年5月29日生まれ。京都市左京区育ち。立命館大学産業社会学部卒業。14歳のとき、河瀬直美監督と出会い女優を志す。スターダストプロモーションに所属し、京都に住みながら東京ではたらくという生活を15歳から始める。 三木聡監督のショートフィルム『臭いものには蓋の日』で主演デビュー。 アイドルユニット、バラエティ番組、テレビドラマ、CM、映画、舞台を経験し、2011年大学を卒業後に(やっと)上京。 趣味は読書と写真。近年の出演作 : 映画『百円の恋』『過激派オペラ』『キセキ ーあの日のソビトー』『光』『かぞくいろ』、WebCM 三菱UFJ信託銀行『心の資産 篇』

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『脱・筋トレ思考』が発刊しました!

    『脱・筋トレ思考』が発刊しました!

    ミシマガ編集部

    本日8/29(木)、今月の新刊『脱・筋トレ思考』(平尾剛 著)が発売日を迎えました!

  • 社長と新人

    ゲストにオクノ修さんをお迎えしました! はじめての公開収録(1)

    社長と新人

    昨日のミシマ社ナイトレポートにもありましたように、「社長と新人」史上初めてゲストをお招きして、同じく史上初めての公開収録を行いました。そのゲストがなんと、京都の名物喫茶店「六曜社」のマスターで、シンガーソングライターのオクノ修さんです。ちいさいミシマ社第1弾の絵本の元になった、『ランベルマイユコーヒー店』の歌もオクノさんが歌われています。本日は前半をお送りいたします。話題に上がったテーマは「秋田の話」、「編集者の読み方、喫茶店のマスターの飲み方」、「お店へのクレームとスマホ社会」などです。

  • どうやったらクモに、ズッキーニの葉を守ってもらえますか? ほか

    どうやったらクモに、ズッキーニの葉を守ってもらえますか? ほか

    中田 兼介

    突然ですが、今年9月に、『クモのイト』という本を発刊する予定です。動物行動学者として日々クモの研究をされている中田兼介先生による、クモ愛に溢れるこの一冊。そんなわけで、このコーナーでは、クモ博士である中田先生に、クモにまつわる素朴な疑問をぶつけてゆきたいと思います。

  • ミシマ社の話ミシマ社の話

    「ちいさいミシマ社」と買い切り55%がめざすもの

    三島 邦弘

    「これからの出版社とこれからの書店」を書いた3カ月前は、新レーベル名を「ミシマ社の本屋さん」と考えてました。が、一転、最終的に「ちいさいミシマ社」としました。その心は? と問われれば、「ちいさい」願望がむくむくと高まっていた。おそらく、そうなのだろうと自分では思っています。

この記事のバックナンバー

08月13日
第17回 てんぷ 早織
07月06日
第16回 はらえ 早織
06月11日
第15回 さきわい 早織
05月14日
第14回 いちよう 早織
04月14日
第13回 たましい 早織
03月04日
第12回 つゆ 早織
02月04日
第11回 よ 早織
01月08日
第10回 たまご 早織
12月04日
第9回 しょうよう 早織
11月02日
第8回 いちじく 早織
10月03日
第7回 ゆめ 早織
09月04日
第6回 みず 早織
08月03日
第5回 ニッキ 早織
07月03日
第4回 たまねぎ 早織
06月04日
第3回 さんしょ 早織
05月06日
第2回 さば 早織
04月03日
第1回 ゆりかもめ 早織
ページトップへ