トーキョーでキョートみつけたトーキョーでキョートみつけた

第34回

かみ

2022.05.12更新

 大型連休中の金曜日の朝、6時半過ぎ、渋谷から田園都市線に乗り青葉台駅に向かっていた。車内は混み合っておらず、まばらに人が座っている。わたしの座った左隣には、制服を着た小さな小学生の女の子が座っていた。座高がずいぶんと違う。斜め右向かいのあたりには二人の男女が座って眠り込んでいた。男の方が右腕を女の肩に回し、彼女は彼にもたれかかり顔を胸に埋めている。脱色している二人の前髪は長く、目が隠れていた。マスクもしているため、顔の印象はほとんど残っていない。ショートパンツから通路に伸びる足は白く丸みを帯び、はんぺんを思い出させた。気がつくと隣の女の子は、ふりがなの多い新聞を読んでいた。ホッキョクグマの赤ちゃんの記事が目に入る。

 しばし静かな時間だった。6時台に乗ることはそうないし、目にしている光景がその路線特有に感じられた。わたしは眠く、ブルーライトを放つ小さなスマホ画面を見て過ごすことができなかった。画面の向こうで情報は入り乱れ、刻一刻と変わっているだろう。

 桜新町、二子玉川に停まると、隣の女の子と同じ制服と帽子を身につけた小学生女子がどんどん乗り込んできた。着席する子や立ったままの子もいる。次第に「プーチンが」「ロシアがさあ」「コロナは」とにぎやかにお喋りを繰り広げはじめた。彼女たちの口から耳にすることばと現実世界にいま起きていることがわたしは何だか結びつかない。寝ている男女はどれだけ周りに人が増えても起きる気配はなかった。

0512-1.jpg

 この日の撮影では、4歳の息子を持つ母を演じていた。実年齢を聞きそびれたが、子役の少年は小学校には上がっていただろう。家の玄関内からポーチに出て隣に引っ越してきた母娘と挨拶を交わすシーンがあり、外でカメラがセッティングされている間、わたしは上がり框に腰をおろして休んでいた。戦隊戦士のフィギュアを手に遊んでいた息子がだしぬけに
「ねえ、神さまっていると思う?」と聞いてきた。
「わたしはいると思うよ」と答えた。
「ぼくはいないと思う」と彼は言う。
「だって不幸なひとが救われていないから」
「すべてのひとが救われるとは限らないのかもしれない」

 彼の思う神さまは、すべてのひとを幸せにする存在という定義なのだろうか。わたしの思う神さまは、人智を越えたものというイメージだった。わからない領域があるから、祈ったり、願ったり、感謝したりする。けれどもわたしの答えが正解ではないだろうし、正解をもとめてもいない。ただ、「不幸なひとが救われていない」と彼が言ったことに対して「すべてのひとが救われるとは限らないのかもしれない」などと口をついて出ていたことに哀しくなった。

 

早織

早織
(さおり)

俳優。1988年5月29日生まれ。京都市左京区育ち。
15歳から俳優をはじめ幾星霜。立命館大学産業社会学部卒業。
大学時代、内田樹先生の著作を読み耽りミシマ社に辿りつく。
企画発足から3年をかけて完成した主演映画『辻占恋慕』が2022年陽春公開予定。

早織 公式ホームページ

編集部からのお知らせ

早織さんが映画『辻占恋慕』にご出演されます!

TAMA NEW WAVEでグランプリ他3冠に輝いた傑作『ウルフなシッシー』やYouTubeドラマか ら発展した怪作『アストラル・アブノーマル鈴⽊さん』など、不器⽤で⼀筋縄ではないキャラクターたちの⽇常と"ジワる”⼈間臭さを照射し、⼼に刺さる台詞の数々と⾻太な構成でファンを獲得し続けている⻤才・⼤野⼤輔監督が描く、平成から令和へと変わりゆく時代を⽣きる”持たざる者"たちの激苦な愛と⻘春のラプソディ。ロックデュオ「チカチーロンズ」のボーカル・信太はある⽇の対バンライブでギターの直也にドタキャンを⾷らわされる。路頭に迷う信太に救いの⼿を差し伸べたのはシンガーソングライターの⽉⾒ゆべしだった。売れない、⾦ない、時間ない、三⼗路同⼠の⼆⼈は共鳴し、やがて信太はゆべしのマネージャーそして恋⼈となる。しかしメジャーに進出させたい信太と⾃分のスタイルを頑なに曲げないゆべしの溝は⽇に⽇に深まっていくばかりで・・・。肥大した自意識と問題山積の現実の狭間でもがき苦しむ自称アーティストたちは、言い訳の効かない30歳を迎え、何を決断し、どのような道を辿るのか?(『辻占恋募』公式サイトより)

公演日:2022年521日(金)会場: 新宿Kʼs cinema他全国順次公開

『辻占恋慕』公式サイトはこちら

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    ミシマガ編集部

    2017年刊の『うしろめたさの人類学』と2021年刊の『くらしのアナキズム』では、エチオピアでの長年のフィールドワークをもとに、私たちが前提としている考え方の枠組みを外して、日常の暮らしを通して社会を変えていく可能性について綴られた、松村圭一郎さん。『小さき者たちの』では、初めて、生まれ育った故郷である熊本をテーマに執筆されました。「はじめに」で、松村さんは本書での試みの意図を、下記のように綴られています。

  • 一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    ミシマガ編集部

     こんにちは。ミシマ社新人のオオボリです。本日よりなんと月一連載を務めさせていただくことになりました! その名も「一冊の本ができるまで~新人全力レポート」。つたないながらも新人による全力レポート、楽しんでいただけたら嬉しいです! どうぞよろしくお願いします!

  • 『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    ミシマガ編集部

    先日ちいさいミシマ社から発刊した『幸せに長生きするための今週のメニュー』。アメリカ出身の民族楽器奏者、詩人のロビン・ロイドさんと、京都のお寺の住職兼イラストレーターの中川学さんによる日英併記の詩画集です。  自然の移りかわりや、日常のささやかなよろこびを丁寧にすくい上げるロビンさんの詩と、中川さんの温かく想像力がかきたてられる鉛筆画がやさしく心に届き、折に触れて読み返したくなる一冊です。

  • 魚屋の息子

    魚屋の息子

    前田エマ

     家の近所に、同級生の家族が営んでいる魚屋がある。たまに買いに行くと、心地よい明るさのお母さんが「美容室で読んだ雑誌に、エマちゃん載ってたよ〜」と声をかけてくれる。バレーボールとかハンドボールの選手だったのかな、と思うような、快活でショートカットが似合う素敵な女性だ。私は「ありがとうございます。うれしい〜」と言って、刺身の盛り合わせをお願いしたり、南蛮漬けにするアジを捌いてもらったりして、あたたかい気持ちで家に帰る。住宅街に文字通りポツンと現れる個人商店で、駅からも遠いのに週末には長蛇の列ができる。この店の次男と私は、小中学校が同じだった。

この記事のバックナンバー

05月12日
第34回 かみ 早織
02月18日
第33回 むし 早織
12月07日
第32回 はつ 早織
08月18日
第31回 そら 早織
06月04日
第30回 ふく 早織
04月09日
第29回 りく 早織
01月03日
第28回 くずれ 早織
11月08日
第27回 はんぷく 早織
09月08日
第26回 しん 早織
07月08日
第25回 せい 早織
05月09日
第24回 ひび 早織
03月10日
第23回 どう 早織
02月06日
第22回 やく 早織
01月02日
第21回 ほし 早織
11月20日
第20回 ほころび 早織
10月24日
第19回 むこう 早織
09月21日
第18回 ちてん 早織
08月13日
第17回 てんぷ 早織
07月06日
第16回 はらえ 早織
06月11日
第15回 さきわい 早織
05月14日
第14回 いちよう 早織
04月14日
第13回 たましい 早織
03月04日
第12回 つゆ 早織
02月04日
第11回 よ 早織
01月08日
第10回 たまご 早織
12月04日
第9回 しょうよう 早織
11月02日
第8回 いちじく 早織
10月03日
第7回 ゆめ 早織
09月04日
第6回 みず 早織
08月03日
第5回 ニッキ 早織
07月03日
第4回 たまねぎ 早織
06月04日
第3回 さんしょ 早織
05月06日
第2回 さば 早織
04月03日
第1回 ゆりかもめ 早織
ページトップへ