トーキョーでキョートみつけたトーキョーでキョートみつけた

第18回

ちてん

2019.09.21更新

『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』を観たことで、家から最寄りの図書館に足を運びたくなった。施設の様相はニューヨーク公共図書館とは雲泥の差ではあるのだが、実物の書籍がならぶ広い空間で呼吸をしたくなったのだ。

紙のにおいを呼び水に時がさかのぼる。小学校の図書室は蔵書数が少なかったけれど、好きだと思う児童小説を見つけた記憶がある。タイトルと背表紙で選びとっていたころだ、懐かしい。中学校は図書室なんてあっただろうか? と疑うほど利用したおぼえがない(あったにちがいない)。高校に入ると休み時間も放課後もよく立ち寄った。当時の私は教室に馴染もうとする気がなく、司書の方と話すほうが好きだったからだ。

中学三年生から芸能の仕事を始めたので、仕事との両立で充分に勉強をしてこなかったという意識がある。いや、この書きようは不適切だろう。仕事をしているから多少勉強ができなくてもいいだろうと思ってきたのではないか? おろかだ。仕事があったとてなかったとて、単に勉強が得意ではなかったのだ。

それでいながら好奇心はつよいため、本を読むことは次第に好きになってきた。学校の授業ではつまらないと感じていた分野も、図書室や書店で出会った本のおかげで関心の広がったものは少なくない。

嫌悪感をいだく先生には乱暴な言葉を使いたくなる時期が10代にあったが、橋本治さんの『ちゃんと話すための敬語の本』を読んだら、嫌いだと思う人にこそ丁重に敬語を用いて話すようになった。敬語とは相手との距離の表現であることを知って、「腹立つわ〜近づきたないわ〜」という思いを胸に、遠ざかりたい相手へ敬語の実践を試みていた。

人はざわざわしたところの方が集中しやすく読書するのはカフェが適しているという記事を読んだことがあるのだけれど、図書館にやってきてみた今の私はここで時間を忘れて本を読んだり書きものをしたりしている。日々の忙しない生活に揺られている心が静かな地に降りたつ感覚が湧く。カフェは隣の席の人の会話やメニューの甘いものなど気をそそるものが多くて困る。

0921.jpg

近くの図書館は底知れない役目を果たしうる。まちに、世界に、存続していてほしい。

早織

早織
(さおり)

女優。1988年5月29日生まれ。京都市左京区育ち。立命館大学産業社会学部卒業。14歳のとき、河瀬直美監督と出会い女優を志す。スターダストプロモーションに所属し、京都に住みながら東京ではたらくという生活を15歳から始める。 三木聡監督のショートフィルム『臭いものには蓋の日』で主演デビュー。 アイドルユニット、バラエティ番組、テレビドラマ、CM、映画、舞台を経験し、2011年大学を卒業後に(やっと)上京。 趣味は読書と写真。近年の出演作 : 映画『百円の恋』『過激派オペラ』『キセキ ーあの日のソビトー』『光』『かぞくいろ』、WebCM 三菱UFJ信託銀行『心の資産 篇』

編集部からのお知らせ

早織さんが『時効警察・復活スペシャル』にカメオ出演します

 9月29日放送のコメディーミステリードラマ「時効警察シリーズ」のドラマスペシャル『時効警察・復活スペシャル』(テレビ朝日系)に出演されます。
早織さんは第2シリーズ「帰ってきた時効警察」で不思議キャラ・「真加出(まかで)くん」を演じられていました。
(映画ナタリーの記事)https://natalie.mu/eiga/news/349161

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 谷川俊太郎さんインタビュー 京都と本と音楽のはなし(1)

    谷川俊太郎さんインタビュー 京都と本と音楽のはなし(1)

    ミシマガ編集部

    2019年の暮れ。ミシマ社の企画会議にて「ミシマ社メンバーが本気で会いたいと思う人に取材する企画」を2020年にスタートすることが決まりました。メンバーが全力で依頼書を書き、全力で取材準備し、全力でまとめる。改めて家の本棚を見返すと、一番たくさんあったのは谷川俊太郎さんの本でした。思えば、幼稚園のころから「ことばあそびうた」を口ずさみ、小学校の教科書で詩を読み、中学の合唱コンクールで歌い、高校・大学時代ででエッセイや対談本を読み、歌い、そして社会人になって改めて詩にふれ、と気づけばいつも近くに谷川俊太郎さんがいました。そんなタブチが谷川さんへインタビューを敢行。京都の思い出、本と本屋のはなし、そして音楽のはなしを、本日と明日にわたりお届けいたします。

  • 感じる坊さん。感じる坊さん。

    【特別編】意外と実践的で、言葉にできない生活の本。 ―『坊さん、ぼーっとする。』を書き終えて

    白川 密成

    「この本はどんな本なんですか?」と訊かれたとしたら、様々な答えがあると思います。例えば、僕が妻や5歳、7歳という小さな娘たちとのお寺での日々の中で、なにを感じ、どのように仏教や弘法大師の言葉と向き合ったか、という本です。

  • 聴し合う神々

    聴し合う神々

    森田 真生

    「たんぽぽさんおはよー!」「カモさん待って待ってー!」と、我が家の三歳児は、人間と同じように、人間でないものたちにも話しかけていく。子どもにとって、言葉を交わし合うことのできる相手は、人間だけではないのだ。

  • 2.22(ニャーニャーニャー)「猫の日」特別企画!  猫を愛してやまない3人におすすめの猫本を教えていただきました

    2.22(ニャーニャーニャー)「猫の日」特別企画! 猫を愛してやまない3人におすすめの猫本を教えていただきました

    ミシマガ編集部

    みなさま、本日は2月22日です。今日が何の日か、もちろんご存知ですよね・・・? そうです、「猫の日」です! 222という並びを見せられると、「ニャーニャーニャー」とかわいく鳴く猫の姿が、目の前に浮かんで離れませんよね。

この記事のバックナンバー

02月06日
第22回 やく 早織
01月02日
第21回 ほし 早織
11月20日
第20回 ほころび 早織
10月24日
第19回 むこう 早織
09月21日
第18回 ちてん 早織
08月13日
第17回 てんぷ 早織
07月06日
第16回 はらえ 早織
06月11日
第15回 さきわい 早織
05月14日
第14回 いちよう 早織
04月14日
第13回 たましい 早織
03月04日
第12回 つゆ 早織
02月04日
第11回 よ 早織
01月08日
第10回 たまご 早織
12月04日
第9回 しょうよう 早織
11月02日
第8回 いちじく 早織
10月03日
第7回 ゆめ 早織
09月04日
第6回 みず 早織
08月03日
第5回 ニッキ 早織
07月03日
第4回 たまねぎ 早織
06月04日
第3回 さんしょ 早織
05月06日
第2回 さば 早織
04月03日
第1回 ゆりかもめ 早織
ページトップへ