トーキョーでキョートみつけたトーキョーでキョートみつけた

第18回

ちてん

2019.09.21更新

『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』を観たことで、家から最寄りの図書館に足を運びたくなった。施設の様相はニューヨーク公共図書館とは雲泥の差ではあるのだが、実物の書籍がならぶ広い空間で呼吸をしたくなったのだ。

紙のにおいを呼び水に時がさかのぼる。小学校の図書室は蔵書数が少なかったけれど、好きだと思う児童小説を見つけた記憶がある。タイトルと背表紙で選びとっていたころだ、懐かしい。中学校は図書室なんてあっただろうか? と疑うほど利用したおぼえがない(あったにちがいない)。高校に入ると休み時間も放課後もよく立ち寄った。当時の私は教室に馴染もうとする気がなく、司書の方と話すほうが好きだったからだ。

中学三年生から芸能の仕事を始めたので、仕事との両立で充分に勉強をしてこなかったという意識がある。いや、この書きようは不適切だろう。仕事をしているから多少勉強ができなくてもいいだろうと思ってきたのではないか? おろかだ。仕事があったとてなかったとて、単に勉強が得意ではなかったのだ。

それでいながら好奇心はつよいため、本を読むことは次第に好きになってきた。学校の授業ではつまらないと感じていた分野も、図書室や書店で出会った本のおかげで関心の広がったものは少なくない。

嫌悪感をいだく先生には乱暴な言葉を使いたくなる時期が10代にあったが、橋本治さんの『ちゃんと話すための敬語の本』を読んだら、嫌いだと思う人にこそ丁重に敬語を用いて話すようになった。敬語とは相手との距離の表現であることを知って、「腹立つわ〜近づきたないわ〜」という思いを胸に、遠ざかりたい相手へ敬語の実践を試みていた。

人はざわざわしたところの方が集中しやすく読書するのはカフェが適しているという記事を読んだことがあるのだけれど、図書館にやってきてみた今の私はここで時間を忘れて本を読んだり書きものをしたりしている。日々の忙しない生活に揺られている心が静かな地に降りたつ感覚が湧く。カフェは隣の席の人の会話やメニューの甘いものなど気をそそるものが多くて困る。

0921.jpg

近くの図書館は底知れない役目を果たしうる。まちに、世界に、存続していてほしい。

早織

早織
(さおり)

俳優。1988年5月29日生まれ。京都市左京区育ち。
15歳から俳優をはじめ幾星霜。立命館大学産業社会学部卒業。
大学時代、内田樹先生の著作を読み耽りミシマ社に辿りつく。
《近ごろの出演作》映画『リバー、流れないでよ』(山口淳太監督)、『遠いところ』(工藤将亮監督)、『NEU MIRRORS』(Keishi Kondo監督)、ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』(大九明子監督)

早織 公式X

編集部からのお知らせ

早織さんが『時効警察・復活スペシャル』にカメオ出演します

 9月29日放送のコメディーミステリードラマ「時効警察シリーズ」のドラマスペシャル『時効警察・復活スペシャル』(テレビ朝日系)に出演されます。
早織さんは第2シリーズ「帰ってきた時効警察」で不思議キャラ・「真加出(まかで)くん」を演じられていました。
(映画ナタリーの記事)https://natalie.mu/eiga/news/349161

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 仲野徹×若林理砂 

    仲野徹×若林理砂 "ほどほどの健康"でご機嫌に暮らそう

    ミシマガ編集部

    5月刊『謎の症状――心身の不思議を東洋医学からみると?』著者の若林理砂先生と、3月刊『仲野教授の この座右の銘が効きまっせ!』著者の仲野徹先生。それぞれ医学のプロフェッショナルでありながら、アプローチをまったく異にするお二人による爆笑の対談を、復活記事としてお届けします!

  • 戦争のさなかに踊ること─ヘミングウェイ『蝶々と戦車』

    戦争のさなかに踊ること─ヘミングウェイ『蝶々と戦車』

    下西風澄

     海の向こうで戦争が起きている。  インターネットはドローンの爆撃を手のひらに映し、避難する難民たちを羊の群れのように俯瞰する。

  • この世がでっかい競馬場すぎる

    この世がでっかい競馬場すぎる

    佐藤ゆき乃

     この世がでっかい競馬場すぎる。もう本当に早くここから出たい。  脳のキャパシティが小さい、寝つきが悪い、友だちも少ない、貧乏、口下手、花粉症、知覚過敏、さらには性格が暗いなどの理由で、自分の場合はけっこう頻繁に…

  • 新しい「普通」を一個増やす

    新しい「普通」を一個増やす

    朴東燮

    みなさま、はじめまして。朴東燮(バクドンソップ)と申します。 僕は韓国の釜山(ブサン)生まれ育ちで、いまも釜山の日光(イルグァン)という街に住んでいる、 生粋の釜山人です。

この記事のバックナンバー

04月09日
第36回 たび 早織
12月07日
第35回 よろこび 早織
05月12日
第34回 かみ 早織
02月18日
第33回 むし 早織
12月07日
第32回 はつ 早織
08月18日
第31回 そら 早織
06月04日
第30回 ふく 早織
04月09日
第29回 りく 早織
01月03日
第28回 くずれ 早織
11月08日
第27回 はんぷく 早織
09月08日
第26回 しん 早織
07月08日
第25回 せい 早織
05月09日
第24回 ひび 早織
03月10日
第23回 どう 早織
02月06日
第22回 やく 早織
01月02日
第21回 ほし 早織
11月20日
第20回 ほころび 早織
10月24日
第19回 むこう 早織
09月21日
第18回 ちてん 早織
08月13日
第17回 てんぷ 早織
07月06日
第16回 はらえ 早織
06月11日
第15回 さきわい 早織
05月14日
第14回 いちよう 早織
04月14日
第13回 たましい 早織
03月04日
第12回 つゆ 早織
02月04日
第11回 よ 早織
01月08日
第10回 たまご 早織
12月04日
第9回 しょうよう 早織
11月02日
第8回 いちじく 早織
10月03日
第7回 ゆめ 早織
09月04日
第6回 みず 早織
08月03日
第5回 ニッキ 早織
07月03日
第4回 たまねぎ 早織
06月04日
第3回 さんしょ 早織
05月06日
第2回 さば 早織
04月03日
第1回 ゆりかもめ 早織
ページトップへ