トーキョーでキョートみつけたトーキョーでキョートみつけた

第17回

てんぷ

2019.08.13更新

ドラゴンハイボールと花椒の香りはじける四川料理を満喫した夜。明渠にかかる橋の上をふわふわと歩いていたらビチチチチチッと足もとで不意に音がして、ぅわひゃあと飛びはねた。夫がとなりでけらけらと笑っている。

「最後の一鳴きだったんだね」

アスファルトに落ちている蝉が今まさに息絶えたらしい。橋を渡りきり、明渠沿いの道をそのまま進むと、頭上の木々にやどる蝉たちがおどろおどろしく鳴いていた。

数日前はマンションの壁にとまっていたカナブンが後頭部に突進してきて、ひぃぃやあと情けない声を夜ひとりあげた。そういえば昨年の夏は北山通を歩いているときに飛行中のカミキリムシが髪に着地した。なんなんだ。虫に好かれたいわけではないのよわたしは。

ゆりかもめの文章を書いたあとも、鳥のフンをふたたび受けた日があって、運があるんだかないんだかな。外界からの贈りものが不要だようと狭量な心境になっていたところ、夫がいいじゃないのと言う。さおりみたいな目にあってる人そうそういないもん、と、フォローというか、おもしろがっているのだが。

「さっきの蝉はさ、何年も土の中にいて、やーっと出てきて一夏だけ生きられて、その最期の一瞬をさおりに捧げたんだな〜。すごい瞬間に出くわすね」

と深遠なこと風に伝えてくる。めでたい解釈だ。わたしは彼のような思考とはほど遠いところでよくくすぶっている。からかわれながら、まあいいかと思えてくるので、日々救済されている、ということにしておこう。胸のうちを明かせば、素敵な形容詞のつく人になりたかったが、そうは問屋が卸さない(おろしておくれよ)。

鳥は逃げさる気配なく、虫はわたしの鼻先で羽ばたいて、出したことのない頓狂声をこの先もまたあげるのだろう。

呼ばれているのは、調子はずれのステップをふむ道。

0813.jpg

早織

早織
(さおり)

女優。1988年5月29日生まれ。京都市左京区育ち。立命館大学産業社会学部卒業。14歳のとき、河瀬直美監督と出会い女優を志す。スターダストプロモーションに所属し、京都に住みながら東京ではたらくという生活を15歳から始める。 三木聡監督のショートフィルム『臭いものには蓋の日』で主演デビュー。 アイドルユニット、バラエティ番組、テレビドラマ、CM、映画、舞台を経験し、2011年大学を卒業後に(やっと)上京。 趣味は読書と写真。近年の出演作 : 映画『百円の恋』『過激派オペラ』『キセキ ーあの日のソビトー』『光』『かぞくいろ』、WebCM 三菱UFJ信託銀行『心の資産 篇』

編集部からのお知らせ

早織さん出演の『僕はまだ君を愛さないことができる』が放送中です!

フジテレビにて放送中のドラマ『僕はまだ君を愛さないことができる』に、早織さんが石田真琴役で出演しています。
ヨーロッパ企画の永野宗典さんも御手洗学役で出演されています。

フジテレビオンデマンドにて配信もされています。ぜひご覧ください!

番組サイト

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 谷川俊太郎さんインタビュー 京都と本と音楽のはなし(1)

    谷川俊太郎さんインタビュー 京都と本と音楽のはなし(1)

    ミシマガ編集部

    2019年の暮れ。ミシマ社の企画会議にて「ミシマ社メンバーが本気で会いたいと思う人に取材する企画」を2020年にスタートすることが決まりました。メンバーが全力で依頼書を書き、全力で取材準備し、全力でまとめる。改めて家の本棚を見返すと、一番たくさんあったのは谷川俊太郎さんの本でした。思えば、幼稚園のころから「ことばあそびうた」を口ずさみ、小学校の教科書で詩を読み、中学の合唱コンクールで歌い、高校・大学時代ででエッセイや対談本を読み、歌い、そして社会人になって改めて詩にふれ、と気づけばいつも近くに谷川俊太郎さんがいました。そんなタブチが谷川さんへインタビューを敢行。京都の思い出、本と本屋のはなし、そして音楽のはなしを、本日と明日にわたりお届けいたします。

  • 感じる坊さん。感じる坊さん。

    【特別編】意外と実践的で、言葉にできない生活の本。 ―『坊さん、ぼーっとする。』を書き終えて

    白川 密成

    「この本はどんな本なんですか?」と訊かれたとしたら、様々な答えがあると思います。例えば、僕が妻や5歳、7歳という小さな娘たちとのお寺での日々の中で、なにを感じ、どのように仏教や弘法大師の言葉と向き合ったか、という本です。

  • 聴し合う神々

    聴し合う神々

    森田 真生

    「たんぽぽさんおはよー!」「カモさん待って待ってー!」と、我が家の三歳児は、人間と同じように、人間でないものたちにも話しかけていく。子どもにとって、言葉を交わし合うことのできる相手は、人間だけではないのだ。

  • 2.22(ニャーニャーニャー)「猫の日」特別企画!  猫を愛してやまない3人におすすめの猫本を教えていただきました

    2.22(ニャーニャーニャー)「猫の日」特別企画! 猫を愛してやまない3人におすすめの猫本を教えていただきました

    ミシマガ編集部

    みなさま、本日は2月22日です。今日が何の日か、もちろんご存知ですよね・・・? そうです、「猫の日」です! 222という並びを見せられると、「ニャーニャーニャー」とかわいく鳴く猫の姿が、目の前に浮かんで離れませんよね。

この記事のバックナンバー

02月06日
第22回 やく 早織
01月02日
第21回 ほし 早織
11月20日
第20回 ほころび 早織
10月24日
第19回 むこう 早織
09月21日
第18回 ちてん 早織
08月13日
第17回 てんぷ 早織
07月06日
第16回 はらえ 早織
06月11日
第15回 さきわい 早織
05月14日
第14回 いちよう 早織
04月14日
第13回 たましい 早織
03月04日
第12回 つゆ 早織
02月04日
第11回 よ 早織
01月08日
第10回 たまご 早織
12月04日
第9回 しょうよう 早織
11月02日
第8回 いちじく 早織
10月03日
第7回 ゆめ 早織
09月04日
第6回 みず 早織
08月03日
第5回 ニッキ 早織
07月03日
第4回 たまねぎ 早織
06月04日
第3回 さんしょ 早織
05月06日
第2回 さば 早織
04月03日
第1回 ゆりかもめ 早織
ページトップへ