トーキョーでキョートみつけたトーキョーでキョートみつけた

第14回

いちよう

2019.05.14更新

根岸にいる、さっちゃんのあかちゃんに会いにいった。あなたこの世に生まれて2ヵ月なの? だのにこのしっかりしたお顔立ちはどうしたものだろう。しっとりした瞳で平然と私を見つめ、言葉をもう知っているかと思うほどのはっきりした声を発していた。

さっちゃんはヴァイオリンの奏者であり、講師でもある。今年の1月、久しぶりに会ったらお腹が大きくなっていた。食事に無関心ではなかったが、からだの機能を発揮するには栄養の摂取が不十分な食習慣であったことを話してくれて、夕方のカフェでさっちゃんはチキンとゴボウのサンドイッチを食べ、私は話を咀嚼しつつカフェラテを飲んだ。あの時は寒かったんだな。

「それまでの苦しかったことなんて出産にくらべたらちっぽけなものだったよ」とさっちゃんは言った。私も出産に興味はあるが、どれくらい自分は変わってしまうんだろう、変化はどのようなものだろうと未知に対する好奇心と恐れがうずまいている。目の前のあかちゃんに手をそっと近づけると指の腹を握ってくれた。

結婚したら「引退するの?」と聞かれたことがあり、驚いた。その発想が自身にまるでなかったからだ。結婚したら女優を引退、と考える人がいることに通じていなかった。

私は何か役を演じることを通して、人生や世界を学んでいると感じる。そして実人生での経験や学びはまた演じることに還していきたいと考えている。仕事をはじめた15歳から今まで、どんなときも女優から退きたいと思ったことは一度もなかった。

5月29日に31歳になる。4年前に映画の現場で、私の在り方、私そのものに対して、監督から否定の言葉を投げかけ続けられた。その期間の仕打ち(仕打ちと書いてしまうほど)が過酷だったゆえに、「人前で何かしたいと思うことなんて浅ましい」「なぜ演技なんてするんだろう」という煩悶に陥り、しばらく抜けられないこともあったが、私という人間はどうしてそんな気持ちになったんだろうかということをそのあとに考え続けていた。辞めたいと思うことはなかったので、終生職業から離れることはないのだろう。

でも、と思う。そう、だから離さないで。今の私から未来の私へエールを込めた手紙として残す。

0514_1.jpg

早織

早織
(さおり)

女優。1988年5月29日生まれ。京都市左京区育ち。立命館大学産業社会学部卒業。14歳のとき、河瀬直美監督と出会い女優を志す。スターダストプロモーションに所属し、京都に住みながら東京ではたらくという生活を15歳から始める。 三木聡監督のショートフィルム『臭いものには蓋の日』で主演デビュー。 アイドルユニット、バラエティ番組、テレビドラマ、CM、映画、舞台を経験し、2011年大学を卒業後に(やっと)上京。 趣味は読書と写真。近年の出演作 : 映画『百円の恋』『過激派オペラ』『キセキ ーあの日のソビトー』『光』『かぞくいろ』、WebCM 三菱UFJ信託銀行『心の資産 篇』

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

この記事のバックナンバー

05月09日
第24回 ひび 早織
03月10日
第23回 どう 早織
02月06日
第22回 やく 早織
01月02日
第21回 ほし 早織
11月20日
第20回 ほころび 早織
10月24日
第19回 むこう 早織
09月21日
第18回 ちてん 早織
08月13日
第17回 てんぷ 早織
07月06日
第16回 はらえ 早織
06月11日
第15回 さきわい 早織
05月14日
第14回 いちよう 早織
04月14日
第13回 たましい 早織
03月04日
第12回 つゆ 早織
02月04日
第11回 よ 早織
01月08日
第10回 たまご 早織
12月04日
第9回 しょうよう 早織
11月02日
第8回 いちじく 早織
10月03日
第7回 ゆめ 早織
09月04日
第6回 みず 早織
08月03日
第5回 ニッキ 早織
07月03日
第4回 たまねぎ 早織
06月04日
第3回 さんしょ 早織
05月06日
第2回 さば 早織
04月03日
第1回 ゆりかもめ 早織
ページトップへ