トーキョーでキョートみつけたトーキョーでキョートみつけた

第16回

はらえ

2019.07.06更新

わたしに電話をかけてくるのはみよこだ。伝えたいことがある、といったわけではない、いつも大義のない電話。iPhoneから聞こえるみよこの声はすり寄ってくる猫のようにすっと心に近いところにきて、そう長電話などしないのに、みよことは話を続けてしまう。暑いね。クーラーをつけたり、消したりしてるよ。電気代がいちばんかかると言われているやつだね。扇風機まわすわ。涼しいよね。扇風機、いいね。

ドライをつけたまま家を出てしまっていて、部屋に入り感じた極楽の涼しさに意識を刺激され、みよことの電話を思い出した。電話がかかってきた数日前の日よりも暑くなった。彼女は茹だってぼやいているだろうか。ドライのかかった部屋のにおい。夏のにおいだ。

そこに加わる生姜のかおり、茗荷の歯ざわり。冷水でしめたそうめんをちゅるりと口にふくみたい。ああ。涼しい部屋で冷たいものを食べるとおなかを冷やしすぎやしないかと案ずる今からは考えられないが、小学生の時分は氷をガラスのコップにいれられるだけいれてきんきんに冷やしたお茶をぐびぐび飲んでいた。冷たいお茶を何度飲みほしても火照る身体をどうにもできなかった。

河原町を歩けば耳にするはずのコンコンチキチン。祇園祭のお囃子の音が胸にあるのに、今年は遠くで鳴っている。

年明けに参拝していた代々木八幡宮へ7月1日に足が向いて、一年のはんぶん無事にやってこれた感謝を伝えた。色濃くなった境内の緑が目の奥に広がる。神社からほど近いAWRY BY THE MANNERで重たくなっていた前髪を切ってもらうと、毛先のラインが真一文字からゆるやかな斜めになり視界が開けた。それを瞬時にデザインしたなほさんのセンスにしびれ、禊を思わせるかのような出来事となった。

0705_1.jpg

早織

早織
(さおり)

女優。1988年5月29日生まれ。京都市左京区育ち。立命館大学産業社会学部卒業。14歳のとき、河瀬直美監督と出会い女優を志す。スターダストプロモーションに所属し、京都に住みながら東京ではたらくという生活を15歳から始める。 三木聡監督のショートフィルム『臭いものには蓋の日』で主演デビュー。 アイドルユニット、バラエティ番組、テレビドラマ、CM、映画、舞台を経験し、2011年大学を卒業後に(やっと)上京。 趣味は読書と写真。近年の出演作 : 映画『百円の恋』『過激派オペラ』『キセキ ーあの日のソビトー』『光』『かぞくいろ』、WebCM 三菱UFJ信託銀行『心の資産 篇』

編集部からのお知らせ

早織さんが出演される、WOWOW 連続ドラマW 『神の手』が放送中です!

WOWOW 連続ドラマW 『神の手』に松井由佳という看護師役で出演されています。

『神の手』・・・“終末期医療における安楽死の是非”という近い将来に起こりうるかもしれない重大な社会問題を真正面から取り上げながら、全ての人が迎える“人生の終焉”に問いかける社会派医療サスペンス

毎週日曜夜10:00放送です。

詳しくはこちら

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『脱・筋トレ思考』が発刊しました!

    『脱・筋トレ思考』が発刊しました!

    ミシマガ編集部

    本日8/29(木)、今月の新刊『脱・筋トレ思考』(平尾剛 著)が発売日を迎えました!

  • 社長と新人

    ゲストにオクノ修さんをお迎えしました! はじめての公開収録(1)

    社長と新人

    昨日のミシマ社ナイトレポートにもありましたように、「社長と新人」史上初めてゲストをお招きして、同じく史上初めての公開収録を行いました。そのゲストがなんと、京都の名物喫茶店「六曜社」のマスターで、シンガーソングライターのオクノ修さんです。ちいさいミシマ社第1弾の絵本の元になった、『ランベルマイユコーヒー店』の歌もオクノさんが歌われています。本日は前半をお送りいたします。話題に上がったテーマは「秋田の話」、「編集者の読み方、喫茶店のマスターの飲み方」、「お店へのクレームとスマホ社会」などです。

  • どうやったらクモに、ズッキーニの葉を守ってもらえますか? ほか

    どうやったらクモに、ズッキーニの葉を守ってもらえますか? ほか

    中田 兼介

    突然ですが、今年9月に、『クモのイト』という本を発刊する予定です。動物行動学者として日々クモの研究をされている中田兼介先生による、クモ愛に溢れるこの一冊。そんなわけで、このコーナーでは、クモ博士である中田先生に、クモにまつわる素朴な疑問をぶつけてゆきたいと思います。

  • ミシマ社の話ミシマ社の話

    「ちいさいミシマ社」と買い切り55%がめざすもの

    三島 邦弘

    「これからの出版社とこれからの書店」を書いた3カ月前は、新レーベル名を「ミシマ社の本屋さん」と考えてました。が、一転、最終的に「ちいさいミシマ社」としました。その心は? と問われれば、「ちいさい」願望がむくむくと高まっていた。おそらく、そうなのだろうと自分では思っています。

この記事のバックナンバー

09月21日
第18回 ちてん 早織
08月13日
第17回 てんぷ 早織
07月06日
第16回 はらえ 早織
06月11日
第15回 さきわい 早織
05月14日
第14回 いちよう 早織
04月14日
第13回 たましい 早織
03月04日
第12回 つゆ 早織
02月04日
第11回 よ 早織
01月08日
第10回 たまご 早織
12月04日
第9回 しょうよう 早織
11月02日
第8回 いちじく 早織
10月03日
第7回 ゆめ 早織
09月04日
第6回 みず 早織
08月03日
第5回 ニッキ 早織
07月03日
第4回 たまねぎ 早織
06月04日
第3回 さんしょ 早織
05月06日
第2回 さば 早織
04月03日
第1回 ゆりかもめ 早織
ページトップへ