トーキョーでキョートみつけたトーキョーでキョートみつけた

第11回

2019.02.04更新

今夜の洗い物をもうしている。一日、一日の過ぎるのが早い。こんなにも一日は早かっただろうか。わたしのかすかな戸惑いなど世の中にはなんの支障もない。世の中の動きは目まぐるしい。正直、仕組みの理解がおぼつかない。それだのにわたしは生きていて平気で毎日を過ごしている。毎日を暮らせていることのめぐみに畏れさえおぼえる。おおげさだろうか。

ひとり、東京で暮らしはじめた頃、地元に帰ると「よく東京で暮らせるなあ」と言われた。ほぼ京都を出ることのない友人は東京に対して漠然と「こわい」というイメージを抱いているらしかった。それはテレビのニュースで見る映像の断片、たとえばJRのすし詰車両、六本木の高層ビル群、渋谷のけたたましい音や電光などから想起されるのだろうか。わたしもそれらはほとほと苦手だ。だがそんな大都会にも、力みのない隙間があって、そこで息をはいたりすったりすると、耳や目におしよせてくる情報とはふっと距離を置くことができる。

その隙間とは渡辺京二さんの仰っていたコスモスにあたるのだろう。世界には、国際情勢や地理学的な「ワールド」と自分を取り巻く自分を中心とした世界の「コスモス」の二つがあると。

隙間にいると、目の前はまたたき花鳥風月がおどりだす。ああ、あの街路樹の間のまるい月は東京でも京都でも同じひとつの月なのだな。新宿ゴールデン街の雑居ビルの4階に入っていた小さなバーでアルバイトをしていたときも、休憩時間に(というかお客さんのてんで来なかった日)錆びた手すりのベランダに出て月をながめた。ほう、書いてみて思い出したことだ。あのバーではたらいていた(はたらかなかった)時間は、何のことはないがわたしの世界の話だったのだ。コンソメの素を用いてごはんに味をつける(ふだん、しない)オムライスの作り方を店長から教わったり、すこし離れた隣のビルの窓はオレンジ色のあかりで誰もいない部屋をぽっかり浮かべ、洗い場の窓からそれが目にはいるのでいつかあそこへだれかやってくるのかしらとどきどきしたりしていた。長年はたらいたわけではない。夜ふかしすることになじめず一ヶ月も経たないうちに辞めてしまったが、こわくも冷たくもないたおやかな東京の夜があった。

0204_2.jpg

早織

早織
(さおり)

女優。1988年5月29日生まれ。京都市左京区育ち。立命館大学産業社会学部卒業。14歳のとき、河瀬直美監督と出会い女優を志す。スターダストプロモーションに所属し、京都に住みながら東京ではたらくという生活を15歳から始める。 三木聡監督のショートフィルム『臭いものには蓋の日』で主演デビュー。 アイドルユニット、バラエティ番組、テレビドラマ、CM、映画、舞台を経験し、2011年大学を卒業後に(やっと)上京。 趣味は読書と写真。近年の出演作 : 映画『百円の恋』『過激派オペラ』『キセキ ーあの日のソビトー』『光』『かぞくいろ』、WebCM 三菱UFJ信託銀行『心の資産 篇』

編集部からのお知らせ

早織さんイベント登壇情報

早織さんが出演している映画「エクレール お菓子放浪記」の上映会と、早織さんと映画評論家の松崎健夫さんのトークイベントが宮城県石巻市で開催されます。

■日程:2019年2月17日(日)
■時間:16:00 上映開始(15:30受付開始)
   17:50 上映終了(10分間トイレ休憩)
   18:00 ゲストトーク開始
   18:30 イベント終了
■会場:旧観慶丸商店(石巻市中央3丁目6-9)
■定員:50名程度(予約制)

詳細はこちら

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『脱・筋トレ思考』が発刊しました!

    『脱・筋トレ思考』が発刊しました!

    ミシマガ編集部

    本日8/29(木)、今月の新刊『脱・筋トレ思考』(平尾剛 著)が発売日を迎えました!

  • 社長と新人

    ゲストにオクノ修さんをお迎えしました! はじめての公開収録(1)

    社長と新人

    昨日のミシマ社ナイトレポートにもありましたように、「社長と新人」史上初めてゲストをお招きして、同じく史上初めての公開収録を行いました。そのゲストがなんと、京都の名物喫茶店「六曜社」のマスターで、シンガーソングライターのオクノ修さんです。ちいさいミシマ社第1弾の絵本の元になった、『ランベルマイユコーヒー店』の歌もオクノさんが歌われています。本日は前半をお送りいたします。話題に上がったテーマは「秋田の話」、「編集者の読み方、喫茶店のマスターの飲み方」、「お店へのクレームとスマホ社会」などです。

  • どうやったらクモに、ズッキーニの葉を守ってもらえますか? ほか

    どうやったらクモに、ズッキーニの葉を守ってもらえますか? ほか

    中田 兼介

    突然ですが、今年9月に、『クモのイト』という本を発刊する予定です。動物行動学者として日々クモの研究をされている中田兼介先生による、クモ愛に溢れるこの一冊。そんなわけで、このコーナーでは、クモ博士である中田先生に、クモにまつわる素朴な疑問をぶつけてゆきたいと思います。

  • ミシマ社の話ミシマ社の話

    「ちいさいミシマ社」と買い切り55%がめざすもの

    三島 邦弘

    「これからの出版社とこれからの書店」を書いた3カ月前は、新レーベル名を「ミシマ社の本屋さん」と考えてました。が、一転、最終的に「ちいさいミシマ社」としました。その心は? と問われれば、「ちいさい」願望がむくむくと高まっていた。おそらく、そうなのだろうと自分では思っています。

この記事のバックナンバー

09月21日
第18回 ちてん 早織
08月13日
第17回 てんぷ 早織
07月06日
第16回 はらえ 早織
06月11日
第15回 さきわい 早織
05月14日
第14回 いちよう 早織
04月14日
第13回 たましい 早織
03月04日
第12回 つゆ 早織
02月04日
第11回 よ 早織
01月08日
第10回 たまご 早織
12月04日
第9回 しょうよう 早織
11月02日
第8回 いちじく 早織
10月03日
第7回 ゆめ 早織
09月04日
第6回 みず 早織
08月03日
第5回 ニッキ 早織
07月03日
第4回 たまねぎ 早織
06月04日
第3回 さんしょ 早織
05月06日
第2回 さば 早織
04月03日
第1回 ゆりかもめ 早織
ページトップへ