トーキョーでキョートみつけたトーキョーでキョートみつけた

第8回

いちじく

2018.11.02更新

実家に帰ると父が珈琲を淹れてくれて、私が買ってきたパンを切り分けて一緒につまむ。わが家では、進々堂のアリコヴェール、フォションのショソン・オ・ポム、グランディールのクリームパンなどが好まれている。


今年はヨーロッパ企画の稽古と公演があったので、上京してから初めて、2ヶ月あまりを京都で過ごした。実家から京都の稽古場、京都公演や大阪公演の劇場へ通った。かつての自分の部屋には、まだ学習机とベッドを父が残してくれている。そこで過ごしていると、少女期の安らぎと寂しさが綯い交ぜの思い出に涙があふれてきてしようがなかった。過去への感傷に断続的に心がとらわれ少しまいった。


柳月堂のいちじくとくるみのフランスパンも、私は好きだ。ただ、いちじくの入ったパンを買って帰ると父は食指を動かさず、あんまりいちじく好きやないと言う。その理由を最近、ふっとおしえてくれた。


小さな頃、大きな家に住んでいたが貧窮に見舞われ、敷地の半分を売らなければならなくなった。父の母は難病を患い、入院していた。父の父は既に病死しており、父はおもに母方の祖母と二人暮らしだった。


売りに出した土地にはいちじくの木があった。だが土地を買った人がいちじくの木をあっさりと切り、家を建ててしまったという。いちじくを口にすると、その時分の光景や気持ちが思い出されてしまうらしいのだ。


父は日頃「悲しい」や「辛い」をこぼさない人なので、話してくれたことは、たいへんな心の損失を表す出来事であったと感じとれた。いちじくという果物の味自体に好き嫌いの所以はないのだが、味の思い起こす力が強いために、あえて近づきたくない気持ちはよくよくわかる。


私は、

固まった思い出たちを、涙の熱を借りて空へ解かそう。それは思い出を捨てようとする行為とは違い、解けた思い出に今後の私を空から見守ってもらうような心づもりだ。


なんだそれは。

これを書いているのが、東京でも京都でもなく飛行機の中で、空を移っているところだからかもしれない。ヨーロッパ企画のツアーが終わりを迎えようとする今、新たな体験を覚えていく生き方を選んでいこうと思い至った。

1102_1.jpg

早織

早織
(さおり)

女優。1988年5月29日生まれ。京都市左京区育ち。立命館大学産業社会学部卒業。14歳のとき、河瀬直美監督と出会い女優を志す。スターダストプロモーションに所属し、京都に住みながら東京ではたらくという生活を15歳から始める。 三木聡監督のショートフィルム『臭いものには蓋の日』で主演デビュー。 アイドルユニット、バラエティ番組、テレビドラマ、CM、映画、舞台を経験し、2011年大学を卒業後に(やっと)上京。 趣味は読書と写真。近年の出演作 : 映画『百円の恋』『過激派オペラ』『キセキ ーあの日のソビトー』『光』『かぞくいろ』、WebCM 三菱UFJ信託銀行『心の資産 篇』

編集部からのお知らせ

ヨーロッパ企画20周年ツアー

第37回公演「サマータイムマシン・ブルース」
第38回公演「サマータイムマシン・ワンスモア」
早織さんが出演しています! ぜひ劇場で!

詳しくはこちら

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『脱・筋トレ思考』が発刊しました!

    『脱・筋トレ思考』が発刊しました!

    ミシマガ編集部

    本日8/29(木)、今月の新刊『脱・筋トレ思考』(平尾剛 著)が発売日を迎えました!

  • 社長と新人

    ゲストにオクノ修さんをお迎えしました! はじめての公開収録(1)

    社長と新人

    昨日のミシマ社ナイトレポートにもありましたように、「社長と新人」史上初めてゲストをお招きして、同じく史上初めての公開収録を行いました。そのゲストがなんと、京都の名物喫茶店「六曜社」のマスターで、シンガーソングライターのオクノ修さんです。ちいさいミシマ社第1弾の絵本の元になった、『ランベルマイユコーヒー店』の歌もオクノさんが歌われています。本日は前半をお送りいたします。話題に上がったテーマは「秋田の話」、「編集者の読み方、喫茶店のマスターの飲み方」、「お店へのクレームとスマホ社会」などです。

  • どうやったらクモに、ズッキーニの葉を守ってもらえますか? ほか

    どうやったらクモに、ズッキーニの葉を守ってもらえますか? ほか

    中田 兼介

    突然ですが、今年9月に、『クモのイト』という本を発刊する予定です。動物行動学者として日々クモの研究をされている中田兼介先生による、クモ愛に溢れるこの一冊。そんなわけで、このコーナーでは、クモ博士である中田先生に、クモにまつわる素朴な疑問をぶつけてゆきたいと思います。

  • ミシマ社の話ミシマ社の話

    「ちいさいミシマ社」と買い切り55%がめざすもの

    三島 邦弘

    「これからの出版社とこれからの書店」を書いた3カ月前は、新レーベル名を「ミシマ社の本屋さん」と考えてました。が、一転、最終的に「ちいさいミシマ社」としました。その心は? と問われれば、「ちいさい」願望がむくむくと高まっていた。おそらく、そうなのだろうと自分では思っています。

この記事のバックナンバー

08月13日
第17回 てんぷ 早織
07月06日
第16回 はらえ 早織
06月11日
第15回 さきわい 早織
05月14日
第14回 いちよう 早織
04月14日
第13回 たましい 早織
03月04日
第12回 つゆ 早織
02月04日
第11回 よ 早織
01月08日
第10回 たまご 早織
12月04日
第9回 しょうよう 早織
11月02日
第8回 いちじく 早織
10月03日
第7回 ゆめ 早織
09月04日
第6回 みず 早織
08月03日
第5回 ニッキ 早織
07月03日
第4回 たまねぎ 早織
06月04日
第3回 さんしょ 早織
05月06日
第2回 さば 早織
04月03日
第1回 ゆりかもめ 早織
ページトップへ