トーキョーでキョートみつけたトーキョーでキョートみつけた

第1回

ゆりかもめ

2018.04.03更新

 各国の大使館、インターナショナルスクール、高級スーパーにベーカリー、カフェ、子犬やら大型犬を連れて歩く人......お洒落と言われる落ちついた東京の街。その街の横断歩道で、わたしは鳥にフンを落とされた。なぜだ。なぜここ広尾で。

「イテッ」

 どんぐりが頭に当たったかのような小さな硬い衝撃だった。なんだ?

 当たった感覚の残る部分に手をやると、指に白いものがついた。うへー。

 鳥の種類は確認できていない。唯一の救いは服につかなかったこと。

 服の汚れにわたしは辛抱強くない。髪はすぐに洗えるが、洋服のクリーニングはお金も手間もかかるし嫌だ。

 東京で京都を見つける(はずの)話は、こんな頭にフンのついた女優がしている。広尾を訪れていたのはパーソナルトレーニングを受けるためだった。なんと女優風の事柄。でもわたしは間抜け運の持ち主。

 小学生の頃、鴨川でゆりかもめに餌(ちぎった食パンの耳)をあげているときもフンを落とされたことがあった。そのときはお気にいりのナイロンのジャンパーを着ていて、上腕あたりにべちゃっとついた。かわいいと思っていたゆりかもめも憎悪の対象に。餌をあげてやっているというのに何という仕打ちを。向こうはそんなの知ったこっちゃない。嫌なことをしてやろうなんて思ってもいない。「ただの生理現象ざます」

0403-1.png

 「京都にカモメがいるの?」と菊さんが聞いた。

 「そう、ゆりかもめが」

 当たり前の冬の風物詩である、鴨川の上空を旋回するゆりかもめの群れ。

 カモメは海辺にいる鳥だ。なぜ鴨川にいるのだろう。わたしの見ていたゆりかもめという鳥は、果たしてカモメなのだろうか。一瞬の混乱に襲われ、「なんでかよく知らないけど」とわたしの語気は弱まった。

「東京で京都が見つかるかな」

 仕事で脚本を書いている菊さんはいちいち鋭い。その言葉から(京都など)まるでなかろうにというニュアンスを汲んだわたしは、広尾でのフン事件によって真冬の鴨川でゆりかもめを見上げていた子どものわたしを思い出したことを話そうとしたのだ。しかし胸の中にあった京都の景色が出てきただけで、それは他者に共有され得る代物ではない。菊さんの言う通り、東京で京都は見つからないかもしれない。

早織

早織
(さおり)

女優。1988年5月29日生まれ。京都市左京区育ち。立命館大学産業社会学部卒業。14歳のとき、河瀬直美監督と出会い女優を志す。スターダストプロモーションに所属し、京都に住みながら東京ではたらくという生活を15歳から始める。 三木聡監督のショートフィルム『臭いものには蓋の日』で主演デビュー。 アイドルユニット、バラエティ番組、テレビドラマ、CM、映画、舞台を経験し、2011年大学を卒業後に(やっと)上京。 趣味は読書と写真。「文化系だね〜」と言われることへの反抗心から、HIPHOPレッスンでからだを動かしている。 近年の出演作 : 映画『百円の恋』『過激派オペラ』『キセキ ーあの日のソビトー』『光』、ドラマ『越路吹雪物語』、WebCM『プレミールひとくち妄想劇場』

編集部からのお知らせ

ヨーロッパ企画20周年ツアー
第37回公演「サマータイムマシン・ブルース」
第38回公演「サマータイムマシン・ワンスモア」
早織さんが出演決定です! ツアーは7月よりはじまります。ぜひ劇場で!

詳しくはこちら

この記事のバックナンバー

07月03日
第4回 たまねぎ 早織
06月04日
第3回 さんしょ 早織
05月06日
第2回 さば 早織
04月03日
第1回 ゆりかもめ 早織

すべての記事一覧

ページトップへ