月刊ちゃぶ台

第26回

『ちゃぶ台9』を発刊します。特集発表!

2022.04.19更新

 ミシマ社が半年に一度発刊している、生活者のための総合雑誌『ちゃぶ台』

chabudai678-1.jpg

 最新刊『ちゃぶ台9』の発刊まで、いよいよあと1カ月となりました。5月27日(金)からリアル書店先行発売、そして、5月30日(月)にネット書店を含むすべてのお店での発売となります。

 2020年11月にリニューアル発刊して以来、「非常時代を明るく生きる」(6号)、「ふれる、もれる、すくわれる」(7号)、「『さびしい』が、ひっくり返る」(8号)という特集を組んできました。9号の特集は・・・

書店、再び共有地

 普段から直取引を基本として、本屋さんとお付き合いさせていただいてきたミシマ社が初めて取り組む、書店特集です。きっかけは、2月に刊行となった平川克美さんの著書『共有地をつくる』。現代に生きる「共有地」たりうる本屋さんを渾身取材してきました。

編集長より 特集「書店、再び共有地」に寄せて

社会を安定的に持続させてゆくためには、社会の片隅にでもいいから、社会的共有資本としての共有地、誰のものでもないが、誰もが立ち入り耕すことのできる共有地があると、わたしたちの生活はずいぶん風通しの良いものになるのではないか
――平川克美『共有地をつくる』

 この一文のあと平川さんは、「国家のものでもないし、『私』のものでもない」、「自分一人で生きてゆくのではなく、かといって誰かにもたれかかって生きているわけでもない場所」と共有地を定義づけます。たとえば、喫茶店、銭湯、居酒屋、縁側など。

 これを読んだときすぐに、間違いなく書店もそうだ、と直感しました。なぜなら、私たち(ミシマ社)は書店さんと日々、直取引をおこなうなかで、書店という場が読者、のみならず地域の人たちにとってどんどん「共有地化」しているのを感じていたからです。

 いえ、なにも急に起こった現象ではありません。むしろ逆で、かつてはほとんどすべての書店がそうだった。そして、一部はそうでなくなっていた。が、いま再び共有地となっている本屋さんが次々と現れている。同時にその姿はかつてと同じではない。つまり、強すぎる地縁や共同体意識などから解放されてある。

 かつてあった、ということは今もできるという裏返し。
 かつて、と違うかたちなのは、現代社会が希求するかたちへ変形したということ。
 現代の共有地はこうしたふたつの希望を抱えて現出してきつつあるのではないでしょうか。

 本特集では、現代に生きる共有地たりうる本屋さんを、普段よりお付き合いさせていただいているミシマ社の営業メンバーたちが取材しました。

本誌編集長 三島邦弘

 今回の特集にご登場くださったのは、こちらの10店舗です。

◎Seesaw Books(北海道・札幌)
 行き場を失った人のシェルターになる書店

◎ブックカフェ「フルハウス」(福島・南相馬)
 ただそこに居ることができる"魂の避難場所"

栞日しおりび(長野・松本)
 自分のスタバをつくりたかった!?

◎Antenna Books & Cafe ココシバ(埼玉・川口)
 移民の町で

◎ポルベニールブックストア(神奈川・鎌倉)
 「雑談懇親会」を開催する、町に開かれた本屋

◎ブックハウスひびうた(三重・津)
 マイノリティの居場所として

◎毎日食堂/MAINICHI STORE(兵庫・南あわじ)
 買い物で社会を変える

◎ウィー東城店(広島・庄原)
 お客さんの要望を聞くうちに、よろず屋に

◎汽水空港(鳥取・東伯)
 「食える公園」のある本屋

◎うなぎBOOKS 旧塚本邸(福岡・八女)
 景観保存と、外と内をつなぐ架け橋

そして、特別対談も収録いたします。

◎特集対談
平川克美×本屋「Title」店主 辻山良雄「小商いをはじめたら、共有地ができてしまった」

***

 それぞれの見出しタイトル(キャッチコピー)から一目瞭然ですが、北海道から九州まで、各地で「本屋」のイメージを大きく揺さぶり、いっそう豊かなものにする試みを続けている方々にご登場いただきました。
 今号は、これまで編集チームを中心におこなってきた雑誌づくりを一新。編集長・ミシマの言葉にもあった通り、営業チームのメンバーが全国各地へ取材に行ってきました。
 さまざまな人や言葉が行き交い、町の文化の中心地にもなりうる書店には、「共有地」の可能性が詰まっているに違いない。そんな予感のもとに取材がスタートしたわけですが、実際に営業チームから上がった原稿を見て、編集チームはしばし呆然。そして、なにこれ!? おもしろすぎる! と。
 シェルターを存続させるために「本屋」という形態を選んだお店。移民が集まる町で、あくまで「偶然に」、そして現実的に、クルドの人びとと関わりつづけているお店。さらには「スタバを目指す」「商社としてインドに進出したい」といった、私たちの予想を気持ちよく粉々に打ち砕く、しなやかな現場の声も聴こえてきました。

 たくさんのお店を取材させていただいた自由が丘の営業・スガは、熱くこう話します。

取材を終えて

 私も営業メンバーとして、本屋さんに取材してまいりました。普段からお世話になっている書店員さんたちとはいえ、書店が営業中の時間に長話はできないもの。今回は取材としてお時間をいただきながら、いつもより掘り下げたお話を、ときには本以外の活動についてまで伺い、いち営業としても本屋さんの考えを知ることができる、貴重な時間になりました。その後も書店員さん、そして編集チームと相談しながら、「確かに書店は町に欠かせない共有地だった」と告げる、興味深いレポートができたと自負しております。

 取材したどちらの書店も、予想外の形で「共有地」になっていました。決して奇抜な活動をしているわけではなく、人と人をつなげるという特性を持つ「本」を、書店員さんたちがみな大事にしているからこそ、さまざまな形でいきいきとした共有地を築かれている。その様子を目にして、自分の書店や本の見方が急速に変わるとともに、そんな場所が全国にあるという事実に元気をもらっています。

営業チーム 須賀紘也

おもしろい読み物ぞくぞく!

特集以外にも、本当におもしろい読み物がぞくぞく集まっています。ぜひ、あわせてお楽しみいただけたらうれしいです。

益田ミリ「いつもの今日」(漫画)
津村記久子「西京極の共有地」(エッセイ)
三好愛「でてきたよ」(絵と言葉)
中村明珍「何様ランド――共有地 in 周防大島」(エッセイ)
尾崎世界観(小説)
内田健太郎「ゆるやかな共有地」(エッセイ)
高橋久美子・渡邉麻里子「怒られの二人――それでも今、行動する理由」(対談)
滝口悠生「勝手と昼寝」(小説)
齋藤陽道「溶けて在る」(フォトエッセイ)
斉藤倫「ゆっくりながれぼし」(児童文学)
前田エマ「高校受験」(エッセイ)
土井善晴「おいしいもの」(随筆)
榎本俊二「ギャグマンガ家山陰移住ストーリー PART8」(漫画)
藤原辰史「シェアの痛みから考える」(論考)
松村圭一郎「『共有地の悲劇』が起きない理由」(論考)
益田ミリ・平澤一平「モギーさん郵便です」(漫画)
松嶋健「基盤的コミュニズムをめぐる断章――〈縁〉と多孔性」(論考)
寄藤文平「位置の話。 未来の描き方 その3」(絵と言葉)
編集後記

バックナンバーはこちら

『ちゃぶ台9』は、5月27日(金)からリアル書店先行発売、5月30日(月)にネット書店を含むすべてのお店での発売となります。
 現在、メンバー一同で心を込めて、怒涛の制作中です。ぜひ、お楽しみに!

ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 益田ミリ

    益田ミリさんの大人気コミックエッセイ「今日の人生」は、2022年4月に連載10周年を迎えました! さらに、連載を単行本化した『今日の人生』の発刊から5周年! 連載開始時から大きく変わった世界の中で、ずっと変わらない日常の尊さを描き続けている本連載。なんとなく疲れを感じたとき、世の中の目まぐるしい変化の中で少し立ち止まりたいときなど、折に触れてお読みいただけると嬉しいです。

  • 『教えて!タリバンのこと』刊行特集 教えてください! イスラム圏、ウクライナ、これからの世界の見かた(前編)

    『教えて!タリバンのこと』刊行特集 教えてください! イスラム圏、ウクライナ、これからの世界の見かた(前編)

    ミシマガ編集部

    『教えて!タリバンのこと』発刊を記念して、内藤先生の特別インタビューを掲載します。本書は、「世界を別の角度から見ること」や「土台の異なる他者との対話」の大切さを訴える一冊です。  アフガニスタンの米軍撤退と、ロシアのウクライナ侵攻はつながっている? ロシアにも米国にも侵攻された経験をもつ人びとは、今起きている戦争と国際社会をどう見ている? 今まさに、ひとりでも多くの方に読んでいただきたい言葉をお届けします。

  • 声に出して読みたいウクライナ語

    声に出して読みたいウクライナ語

    松樟太郎

    こんにちは、ミシマ社から『声に出して読みづらいロシア人』という本を発刊いたしました松と申します。2022年2月、そのロシアが突然ウクライナに戦争を仕掛け、今もまだ戦闘状態が続いています。どちらの国も言語も好きな私にとっては、正直、いたたまれません。

  • ウクライナ侵攻について(藤原辰史)

    ウクライナ侵攻について(藤原辰史)

    藤原辰史/伊原康隆

    歴史学者の藤原辰史さんと数学者の伊原康隆さんによる、往復書簡の連載です。ロシアがウクライナに侵攻したという事実を前に、今回の藤原さんからのお手紙は、歴史学者の立場から、今目の前で起こっていることについて、記していただきました。

この記事のバックナンバー

04月19日
第26回 『ちゃぶ台9』を発刊します。特集発表! ミシマガ編集部
03月06日
第25回 時間銀行って何だろう?――つながりで生きる(後編) ミシマガ編集部
03月05日
第25回 時間銀行って何だろう?――つながりで生きる(前編) ミシマガ編集部
01月26日
第24回 『ちゃぶ台8』刊行記念 榎本俊二×漆原悠一×三島邦弘 鼎談(2) ミシマガ編集部
01月25日
第24回 『ちゃぶ台8』刊行記念 榎本俊二×漆原悠一×三島邦弘 鼎談(1) ミシマガ編集部
11月01日
雑誌『ちゃぶ台』バックナンバー ミシマガ編集部
10月30日
第23回 『ちゃぶ台8』、発売まであと1カ月です! ミシマガ編集部
07月14日
第22回 ちゃぶ台7刊行記念イベント「ふれる、もれる、すくわれる雑誌!?」 ミシマガ編集部
05月26日
第21回 『ちゃぶ台7』を刊行します! ミシマガ編集部
01月11日
第20回 「ちゃぶ台6」各紙で話題に! 読者の方からもぞくぞくご感想が届いています! ミシマガ編集部
11月29日
第19回 非常時を明るく生きる、ってどういうこと? 三島邦弘×Title 辻山良雄(2) ミシマガ編集部
11月28日
第19回 非常時を明るく生きる、ってどういうこと? 三島邦弘×Title 辻山良雄(1) ミシマガ編集部
10月30日
第18回 『ちゃぶ台6』巻頭文を掲載します。 ミシマガ編集部
09月12日
第17回 雑誌『ちゃぶ台Vol.6』を刊行します! ミシマガ編集部
07月15日
第16回 ちゃぶ台編集室レポート(2)コロナの時期の周防大島 ミシマガ編集部
07月14日
第15回 ちゃぶ台編集室レポート(1)コロナの時期の周防大島 ミシマガ編集部
03月15日
第14回 若者は政治に興味がない? ーー2人の学生とちゃぶ台でお話しましたーー(2) ミシマガ編集部
03月14日
第14回 若者は政治に興味がない? ーー2人の学生とちゃぶ台でお話しましたーー(1) ミシマガ編集部
03月03日
第13回 中島岳志さんインタビュー いまの政治のこと、教えてください。(2) ミシマガ編集部
03月02日
第13回 中島岳志さんインタビュー いまの政治のこと、教えてください。(1) ミシマガ編集部
03月01日
第12回 はじめてのアナキズム|松村圭一郎 ミシマガ編集部
02月22日
第11回 移住してみて(中村明珍・内田健太郎) ミシマガ編集部
11月14日
第10回 えっ、みんなでアナキズム!?(2) 近代以前の回路とつながるには ミシマガ編集部
11月13日
第10回 えっ、みんなでアナキズム!?(1) 自分の持ち場でアナキズム ミシマガ編集部
10月22日
第9回 白川密成さんインタビュー ミシマガ編集部
10月21日
第8回 渡邉康衛さん×三島邦弘トークイベント 「本づくりと酒づくり〜ちいさいものづくりで目指すこと〜」 ミシマガ編集部
09月14日
第7回 『ちゃぶ台Vol.5「宗教×政治」号』を発刊します。 ミシマガ編集部
07月19日
第6回 参院選直前特集 タルマーリー 渡邉格さんインタビュー「政治が何かを変えること」は重要だと思わないでいい ミシマガ編集部
05月04日
第5回 「おお!すおうおおしま」レポート ミシマガ編集部
05月03日
第5回 周防大島・宮田正樹さんの畑レポート ミシマガ編集部
11月11日
第4回 もっと菌を!? ミシマ社が考えるこれからの10年(2)「黄金時代がやってくる」 ミシマガ編集部
11月10日
第4回 もっと菌を!? ミシマ社が考えるこれからの10年(1)「未来の種はこんなふうに」 ミシマガ編集部
10月19日
第3回 『ちゃぶ台Vol.4』発刊! ミシマ社メンバーのおすすめ記事紹介 ミシマガ編集部
10月04日
第2回 編集長による巻頭言を掲載します ミシマガ編集部
09月25日
第1回 『ちゃぶ台Vol.4「発酵×経済」号』を発刊します。 ミシマガ編集部
ページトップへ