月刊ちゃぶ台

第7回

『ちゃぶ台Vol.5「宗教×政治」号』を発刊します。

2019.09.14更新

 こんにちは。ミシマ社京都オフィスのタブチです。

 ミシマ社が1年に1度のペースで刊行している雑誌『ちゃぶ台』。今年も10月が近づいてきたということは...、そう!ちゃぶ台シーズンの到来です!!

 2015年に創刊した『ちゃぶ台 Vol.1「移住×仕事」号』に始まり、『ちゃぶ台Vol.2革命前々夜号』『ちゃぶ台Vol.3「教育×地元」号』』、『ちゃぶ台Vol.4「発酵×経済」号』というラインナップで毎年10月にお届けしてきました。そして、第5号となる今回の特集は、「宗教×政治」に決まり、現在、絶賛制作中です!

 特集タイトルは、「特集1 ぼくらの宗教」「特集2 みんなのアナキズム」の2本立てです。記事のラインナップは以下の通り。豪華著者陣による、書き下ろし作品や対談記事が満載です。

益田ミリ なぞのバスツアー
内田樹 街場の宗教論(序)150年の怨讐の彼方から蘇る「動く宗教性』
ミシマ社編集部 周防大島の断水は『非常時』ではなかった!?
松村圭一郎 はじめてのアナキズム
藤岡拓太郎 2ページまんがちゃぶ台
タルマーリー渡邉格 田舎のパン屋が語る政治の話
三浦豊 森の案内人、「糺の森」の言霊に迫る!
木村俊介 尾崎世界観さんインタビュー音楽は、「寝っ転がってやる、ものづくり」
滝口悠生 競馬と念仏
石井美保 花をたむける
榎本俊二 ギャグマンガ家山陰移住ストーリーPART4
最相葉月×三田一郎 物理学者は"神"を見る
藤原辰史 縁食論(4)――食を聴く
中村明珍 こみゅにてぃわ
内田健太郎 地域力という生命線
森田真生 ゆるし合う神々
白川密成×岡田武史 今治からの小さな革命
釈徹宗 「無宗教です」が通じない時代
編集後記

 どれもめちゃめちゃ面白い原稿ばかりなのですが、なかでもタブチのイチ推しは、白川密成×岡田武史「今治からの小さな革命」です。この取材には僕も同席したのですが、サッカーの日本代表監督を歴任した「岡ちゃん」が、いまどんな志をもって「FC今治」をやっているのかに始まり、環境のこと、教育のこと、仏教との関わりのこと、そして日本が直面している問題とそれを乗り越えるための心のもちかた、さらにはこれからの人間のあり方まで。サッカーやスポーツの話だけにはとどまらない、スケールの大きな話に、鳥肌が立ちっ放しでした。

 ちなみにこの取材の翌日には、営業として、前日の感動をほかほかのエネルギーのまま愛媛の本屋さんに伝えられたことがなんとも嬉しかったです。そして、もちろん紙面でもそのライブの熱量のままお届けします!

 また、目次にもある通り、益田ミリさんのエッセイに始まり、内田樹先生の宗教論、周防大島の断水から松村圭一郎さんのアナキズムの話につながり、その次はなんと藤岡拓太郎さんギャグ漫画! その後には、尾崎世界観さんインタビュー、そして滝口悠生さんの小説もあり...と、その展開は、臨場感あふれる「2時間のロックコンサート」のようです。最初から最後まで飽きさせない、新しい読書体験をお楽しみください。

 発売日は2019年10月20日です。発売が待ちきれない、という方、まずは既刊の『ちゃぶ台』Vol.1〜Vol.4をぜひ手にとってみてください!


chabudai_shoei1.jpg

ミシマ社の雑誌 ちゃぶ台「移住×仕事」号
ミシマ社 編、1500円+税

chabudai2_shoei.jpg

ミシマ社の雑誌 ちゃぶ台 Vol.2 革命前々夜号
ミシマ社 編、1500円+税

chabudai3_shoei.jpg

ミシマ社の雑誌 ちゃぶ台 Vol.3 「教育×地元」号
ミシマ社 編、1500円+税

chabudai4_shoei.jpg

ミシマ社の雑誌 ちゃぶ台Vol.4「発酵×経済」号

ミシマ社編、1600円+税

ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

編集部からのお知らせ

2019年度ミシマ社サポーター、募集中です。

 ミシマ社では、日々の出版活動を応援してくださるサポーターを募集しております。2013年に「サポーター制度」が始まって以来、サポーターのみなさまといろんな活動をご一緒してきました。「サポーター制度」についての考え方は、下記をご一読いただけますと幸いです。

サポーター制度について

 また、サポーター制度の具体的な活動について知りたい方は、こちらをご覧ください。

具体的な活動をもっと知る

 現在、2019年度のサポーターを募集しております。サポーター期間は2019年4月1日〜2020年3月31日です。ミシマ社メンバー一同、これからもっとおもしろいことを、サポーターのみなさまとご一緒できたらうれしく思います。お力添えをいただけましたら幸いです。

2019年度ミシマ社サポーター概要

募集期間:201913日より
サポーター期間:201941日~2020331

どの月にご入会いただいても、次年度の更新時期はみなさま来年の4月で統一です。ご了解くださいませ。その年の特典は、さかのぼって、全てお贈りいたします。

2019年度のサポーター特典

以下の特典を毎月、1年間お届けいたします(中身は月によって変わります)

* ミシマ社サポーター新聞(1カ月のミシマ社の活動を、メンバーが手書きで紹介する新聞)
* 紙版ミシマガジン(年2回発行・・・の予定です!)
*『ちゃぶ台』をはじめとした、今年度の新刊6冊ほど(何が届くかはお楽しみに!)
* ミシマ社で作ったグッズや冊子
* サポーターさん限定イベントのご案内
* ミシマ社主催イベントの割引

・・・などを予定しております!(※特典の内容は変更になる場合もございます。ご了承くださいませ。)

お申し込み方法

新規でサポーターのお申し込みをご希望の方は、下記項目を、お電話、FAX、メール等にてご連絡くださいませ。

クレジット決済をご利用の場合には、こちらから直接お手続きいただくことも可能です。

  1. お名前(フリガナ):
  2. 性別、ご年齢:
  3. ご住所:
  4. 電話番号:
  5. FAX番号:
  6. メールアドレス:
  7. サポーター種類:ミシマ社サポーター(3万円+税)or ミシマ社ウルトラサポーター(10万円+税、こちらは法人・個人問わず、年間10名様限定です)
  8. お振込み方法:郵便振替(こちらから払込用紙をお送りします)または クレジット決済 どちらかお選びください。
  9. クレジット希望の有無と掲載名:
    ※ウェブ版ミシマガジンの「編集後記」や紙版ミシマガジンの「奥付」に、ご希望されるサポーターの方々のクレジットを入れさせていただきます。掲載をご希望される場合には、

 ・お名前をそのまま記載
 または
 ・掲載用のハンドルネーム

 のいずれかをお知らせください。

FAXご送付先:075-746-3439
E-mail:hatena@mishimasha.com
(件名「ミシマガサポーター申込み」にてお願いいたします)
TEL:075-746-3438

「ちいさいミシマ社展」

【会期】2019年8月21日(水)〜10月14日(月・祝)

【場所】国立新美術館 地下1階 
ミュージアムショップ "スーベニアフロムトーキョー"

【開館時間】10:00-18:00(金・土曜日は20:00 まで)
      火曜日定休(祝日または休日に当たる場合は開館し、翌日休館)

【アクセス】〒106-8558東京都港区六本木7-22-2
東京メトロ千代田線乃木坂駅 青山霊園方面改札6 出口(美術館直結)

※ミュージアムショップへの入場は無料です。

詳細はこちら

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • バンド特設サイト

    10月2週目のバンド情報

    ミシマガ編集部

     みなさんこんにちは。『バンド』特設ページです。いよいよ発刊が来週末に迫った10月2週目は、ニュースがたくさん! 

  • 月刊ちゃぶ台

    『ちゃぶ台Vol.5「宗教×政治」号』を発刊します。

    ミシマガ編集部

     こんにちは。ミシマ社京都オフィスのタブチです。  ミシマ社が1年に1度のペースで刊行している雑誌『ちゃぶ台』。今年も10月が近づいてきたということは…、そう!ちゃぶ台シーズンの到来です!!  2015年に創刊した『ちゃぶ台 Vol.1「移住×仕事」号』に始まり、『ちゃぶ台Vol.2革命前々夜号』、『ちゃぶ台Vol.3「教育×地元」号』』、『ちゃぶ台Vol.4「発酵×経済」号』というラインナップで毎年10月にお届けしてきました。そして、第5号となる今回の特集は、「宗教×政治」に決まり、現在、絶賛制作中です!  特集タイトルは、「特集1 空気の中の宗教」「特集2 みんなのアナキズム」の2本立てです。記事のラインナップは以下の通り。まだタイトルが未定のものもありますが、豪華著者陣による、書き下ろし作品や対談記事が満載です。

  • 「筋トレ」全盛の時代に、「脱・筋トレ思考」のススメ

    「筋トレ」全盛の時代に、「脱・筋トレ思考」のススメ

    ミシマガ編集部

    先月末に発刊したミシマ社の最新刊『脱・筋トレ思考』は、あらためて筋トレの功罪を問う一冊です。これまで多くの人が筋トレによって身につけてきた「見た目の強さ」や「目に見える達成感」によってではなく、コツやカンをつかみ、からだの「しなやかさ」によってハイパフォーマンスを生む、そういう一歩を踏み出すためのヒントが詰まっています。

  • 今日の人生今日の人生

    今日の人生

    益田 ミリ

ページトップへ