月刊ちゃぶ台

第31回

本日発売!編集部が『ちゃぶ台10』をあつあつに語る(1)

2022.12.10更新

本日、『ちゃぶ台10』が書店先行発売を迎えました。2015年に創刊、2020年にリニューアル創刊した「生活者のための総合雑誌」。2022年12月5日の朝。届きたての『ちゃぶ台10』を手にした編集長の三島が突如、語り出し――。話すなかで浮かび上がってきたこの雑誌への思いを、お届けします。

(話し手:三島邦弘、聞き手:編集チーム野崎・角)

20221209-1.jpg

ちゃぶ台10が完成しました!

いや〜みなさん、『ちゃぶ台10』できましたね。どうですか? めちゃくちゃいい仕上がりですね。これまで、創刊号からずっと『ちゃぶ台』のことを「生き物だ」と言ってきましたけど、今回の10号は、もっとも生命力の高い生き物が生まれたなと思っています。

『ちゃぶ台』は、つくり方自体が、料理のあつあつ状態をそのままお皿にのせているという感じです。あくまでも、日常で食べる「家の料理」。ですから、「お弁当」や「外食」でいただくお料理とはちょっと違うのです。

ミシマ社では、そこからさらに「整った料理」というのは、単行本というかたちでつくっていて、松村圭一郎さんの『くらしのアナキズム』や藤原辰史さんの『縁食論』、中村明珍さんの『ダンス・イン・ザ・ファーム』などになっています。

だから『ちゃぶ台』は、できて湯気ほやほやでそのまま口に入れたら火傷するぜ、というレベル感で挑戦しています。あつあつ。

生活者のための総合雑誌

そしてなんといっても「生活者のための総合雑誌」です。『ちゃぶ台10』は、この意味がもっとも出ている号でもあるんじゃないでしょうか。

ちゃぶ台を創刊した2015年のとき、今は総合雑誌が成り立たないと言われていて、二十数年前に僕が出版社に入った頃からすでに、総合雑誌が休刊や廃刊になるということが起きていました。

つまり、時代だとか、教養・知性とか、そういう括りでやれるものを総合的に一誌で論じるなんて不可能だ、成り立たなくなっている、ということが言われ、事実、部数的にも成り立たなくなっていました。

じゃあなぜ今「総合雑誌」なの?

これまでの総合雑誌は、いわゆる知識人といわれる、すでにいろいろなことをわかっている人たちが、上から、まだそこに気づいていない、わかっていない人たちに「与える」というかたちだったんだろうと思います。

出版社で働きはじめた頃からいち新人編集者として、そういう総合雑誌に距離を感じていました。が、一方で僕にとっての、あるいは自分の母親や父親や毎日生きることに必死な人たちにとって必要な読み物は、やっぱり専門書ではなくて、ありとあらゆる角度から扱ってくれている雑誌があってもいいんじゃないかと感じていた。ということを今この瞬間、話しながら思い出しました。

そういうことが、「生活者のための総合雑誌」という言葉に行き着いたんだと思っています。

わからないけど、知っておく必要がありそう

これまで毎回いろんな特集をやってきて、今回であれば「母語ボゴボゴ、土っ!」という特集にしましたが、編集者たちは、母語や土のことをわかっていて、これをみなさんこの時代にわかってくださいね、と読者に与える態度では企画・編集をしていません。

むしろ、わからないんだけれどもなんかこれを知っておく必要があるという直感のもと、走り続けた。少なくとも半年間という期間、そこに向けておもに編集メンバー4人と営業メンバーが、求め、探り続けたかたちが今回の『ちゃぶ台10』になっています。

そして、編集者たちがわからないものに、著者の方々も「この人たちの依頼はなんだろう」と思いながらも全力でみなさん応えてくださった。著者の方たちも、編集者に対して、じゃあ教えてあげようという視点ではなくて、一緒に、たしかにそれ気になる、というところで同じ目線から言葉を求め、そして書き記してくれた集積が今回の号になっているんじゃないかと思います。

『ちゃぶ台10』は、まさに総合雑誌、いまの分類で言ったら、人文、文芸、ノンフィクション、評論、などのジャンルを横断的にまたがって書かれています。その具体は次回、編集メンバーがします。ご期待ください!(つづく)

『ちゃぶ台10』
特集:母語ボゴボゴ、土っ! 目次

益田ミリ「英語と私」(エッセイ)
ウスビ・サコ「サコ先生、『母語』ってなんですか?」(インタビュー)

津村記久子「オブラートは永遠に」(エッセイ)
伊藤亜紗「会議の研究――話に花が咲く」(論考)
三好愛「近寄りたいのに」(絵と言葉)
斉藤倫「クリップの王さま」(児童文学)
いしいしんじ「こんにちは」(小説)
齋藤陽道「恩言語を宿らせる」(フォトエッセイ)
土井善晴「料理する動物」(随筆)
榎本俊二「ギャグマンガ家山陰移住ストーリーPART9」(漫画)
藤原辰史「民草論――山崎佳代子の言葉に触れて」(論考)
作・益田ミリ/絵・平澤一平「秋田犬 AKITAINU」(漫画)
書店、再び共有地(レポート)
SANJO PUBLISHING〈新潟・三条〉
本屋ルヌガンガ〈香川・高松〉
中村明珍「ボゴ・ダンス――日本語の話者としての」(エッセイ)
宮田正樹「土と私のあいだ」(インタビュー)
滝口悠生「泥棒と祭壇」(小説)
内田健太郎「はじまりの言葉」(エッセイ)
寄藤文平「未来の描き方 その4」(絵と言葉)
三島邦弘(ブックレビュー)
編集後記

chabudai10_tsushin.jpg

chabudai10_sackosensei.jpg

chabudai10_miyatasan.jpg

ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    ミシマガ編集部

    2017年刊の『うしろめたさの人類学』と2021年刊の『くらしのアナキズム』では、エチオピアでの長年のフィールドワークをもとに、私たちが前提としている考え方の枠組みを外して、日常の暮らしを通して社会を変えていく可能性について綴られた、松村圭一郎さん。『小さき者たちの』では、初めて、生まれ育った故郷である熊本をテーマに執筆されました。「はじめに」で、松村さんは本書での試みの意図を、下記のように綴られています。

  • 一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    ミシマガ編集部

     こんにちは。ミシマ社新人のオオボリです。本日よりなんと月一連載を務めさせていただくことになりました! その名も「一冊の本ができるまで~新人全力レポート」。つたないながらも新人による全力レポート、楽しんでいただけたら嬉しいです! どうぞよろしくお願いします!

  • 『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    ミシマガ編集部

    先日ちいさいミシマ社から発刊した『幸せに長生きするための今週のメニュー』。アメリカ出身の民族楽器奏者、詩人のロビン・ロイドさんと、京都のお寺の住職兼イラストレーターの中川学さんによる日英併記の詩画集です。  自然の移りかわりや、日常のささやかなよろこびを丁寧にすくい上げるロビンさんの詩と、中川さんの温かく想像力がかきたてられる鉛筆画がやさしく心に届き、折に触れて読み返したくなる一冊です。

  • 魚屋の息子

    魚屋の息子

    前田エマ

     家の近所に、同級生の家族が営んでいる魚屋がある。たまに買いに行くと、心地よい明るさのお母さんが「美容室で読んだ雑誌に、エマちゃん載ってたよ〜」と声をかけてくれる。バレーボールとかハンドボールの選手だったのかな、と思うような、快活でショートカットが似合う素敵な女性だ。私は「ありがとうございます。うれしい〜」と言って、刺身の盛り合わせをお願いしたり、南蛮漬けにするアジを捌いてもらったりして、あたたかい気持ちで家に帰る。住宅街に文字通りポツンと現れる個人商店で、駅からも遠いのに週末には長蛇の列ができる。この店の次男と私は、小中学校が同じだった。

この記事のバックナンバー

12月13日
第33回 編集部が『ちゃぶ台10』をあつあつに語る(3) ミシマガ編集部
12月12日
第32回 編集部が『ちゃぶ台10』をあつあつに語る(2) ミシマガ編集部
12月10日
第31回 本日発売!編集部が『ちゃぶ台10』をあつあつに語る(1) ミシマガ編集部
11月07日
第30回 校了目前! あたふた編集チームが、『ちゃぶ台10』の見どころを紹介します ミシマガ編集部
09月08日
第29回 雑誌『ちゃぶ台』って、どんなことを「特集」してきたの?(後編) ミシマガ編集部
09月07日
第29回 雑誌『ちゃぶ台』って、どんなことを「特集」してきたの?(前編) ミシマガ編集部
09月03日
第28回 『ちゃぶ台』次号は10号! こんどの特集は「ボゴボゴ」!? ミシマガ編集部
06月07日
第27回 おお!周防大島!合宿 レポート(後編) ミシマガ編集部
06月06日
第27回 おお!周防大島!合宿 レポート(前編) ミシマガ編集部
04月19日
第26回 『ちゃぶ台9』を発刊します。特集発表! ミシマガ編集部
03月06日
第25回 時間銀行って何だろう?――つながりで生きる(後編) ミシマガ編集部
03月05日
第25回 時間銀行って何だろう?――つながりで生きる(前編) ミシマガ編集部
01月26日
第24回 『ちゃぶ台8』刊行記念 榎本俊二×漆原悠一×三島邦弘 鼎談(2) ミシマガ編集部
01月25日
第24回 『ちゃぶ台8』刊行記念 榎本俊二×漆原悠一×三島邦弘 鼎談(1) ミシマガ編集部
11月01日
雑誌『ちゃぶ台』バックナンバー ミシマガ編集部
10月30日
第23回 『ちゃぶ台8』、発売まであと1カ月です! ミシマガ編集部
07月14日
第22回 ちゃぶ台7刊行記念イベント「ふれる、もれる、すくわれる雑誌!?」 ミシマガ編集部
05月26日
第21回 『ちゃぶ台7』を刊行します! ミシマガ編集部
01月11日
第20回 「ちゃぶ台6」各紙で話題に! 読者の方からもぞくぞくご感想が届いています! ミシマガ編集部
11月29日
第19回 非常時を明るく生きる、ってどういうこと? 三島邦弘×Title 辻山良雄(2) ミシマガ編集部
11月28日
第19回 非常時を明るく生きる、ってどういうこと? 三島邦弘×Title 辻山良雄(1) ミシマガ編集部
10月30日
第18回 『ちゃぶ台6』巻頭文を掲載します。 ミシマガ編集部
09月12日
第17回 雑誌『ちゃぶ台Vol.6』を刊行します! ミシマガ編集部
07月15日
第16回 ちゃぶ台編集室レポート(2)コロナの時期の周防大島 ミシマガ編集部
07月14日
第15回 ちゃぶ台編集室レポート(1)コロナの時期の周防大島 ミシマガ編集部
03月15日
第14回 若者は政治に興味がない? ーー2人の学生とちゃぶ台でお話しましたーー(2) ミシマガ編集部
03月14日
第14回 若者は政治に興味がない? ーー2人の学生とちゃぶ台でお話しましたーー(1) ミシマガ編集部
03月03日
第13回 中島岳志さんインタビュー いまの政治のこと、教えてください。(2) ミシマガ編集部
03月02日
第13回 中島岳志さんインタビュー いまの政治のこと、教えてください。(1) ミシマガ編集部
03月01日
第12回 はじめてのアナキズム|松村圭一郎 ミシマガ編集部
02月22日
第11回 移住してみて(中村明珍・内田健太郎) ミシマガ編集部
11月14日
第10回 えっ、みんなでアナキズム!?(2) 近代以前の回路とつながるには ミシマガ編集部
11月13日
第10回 えっ、みんなでアナキズム!?(1) 自分の持ち場でアナキズム ミシマガ編集部
10月22日
第9回 白川密成さんインタビュー ミシマガ編集部
10月21日
第8回 渡邉康衛さん×三島邦弘トークイベント 「本づくりと酒づくり〜ちいさいものづくりで目指すこと〜」 ミシマガ編集部
09月14日
第7回 『ちゃぶ台Vol.5「宗教×政治」号』を発刊します。 ミシマガ編集部
07月19日
第6回 参院選直前特集 タルマーリー 渡邉格さんインタビュー「政治が何かを変えること」は重要だと思わないでいい ミシマガ編集部
05月04日
第5回 「おお!すおうおおしま」レポート ミシマガ編集部
05月03日
第5回 周防大島・宮田正樹さんの畑レポート ミシマガ編集部
11月11日
第4回 もっと菌を!? ミシマ社が考えるこれからの10年(2)「黄金時代がやってくる」 ミシマガ編集部
11月10日
第4回 もっと菌を!? ミシマ社が考えるこれからの10年(1)「未来の種はこんなふうに」 ミシマガ編集部
10月19日
第3回 『ちゃぶ台Vol.4』発刊! ミシマ社メンバーのおすすめ記事紹介 ミシマガ編集部
10月04日
第2回 編集長による巻頭言を掲載します ミシマガ編集部
09月25日
第1回 『ちゃぶ台Vol.4「発酵×経済」号』を発刊します。 ミシマガ編集部
ページトップへ