月刊ちゃぶ台

第2回

編集長による巻頭言を掲載します

2018.10.04更新

 今月19日に発刊となる、『ミシマ社の雑誌 ちゃぶ台Vol.4「発酵×経済」号』。今号の特集は、「菌をもっと!」「やわらかな経済」の2本立てでお届けします。登場してくださった著者の方々は、「月刊ちゃぶ台」のコーナーの第1回目にてお知らせした通りなのですが、そもそも雑誌のタイトルにある、発酵と経済って? 菌? 経済? この組み合わせから生まれる雑誌とは一体?! まだまだ未知なことが山積みであろう読者のみなさまに、少しでもこの雑誌の面白さを知ってもらいたい! ということで、第2回目の今回は特別に、編集長・三島邦弘による巻頭言を先行掲載いたします。

 ・第1回目「『ちゃぶ台Vol.4「発酵×経済」号』を発刊します」はこちら

chabudai4_shoei.jpg

ミシマ社の雑誌 ちゃぶ台Vol.4「発酵×経済」号

先進県・秋田との出会い

編集部(三島邦弘)

 今年の1月に出た、ある一冊の本が与えた衝撃は実のところはかりしれない。平川克美著 21世紀の楕円幻想論』。ひとつの中心点しかもたない「真円」ではなく、ふたつの焦点のある「楕円」。どっちか、ではなく、どっちも。

 田舎と都会、資本主義と贈与経済、敬虔と猥雑、身体性とデジタル性、有縁と無縁、死と生・・・。平川さんは言います。人間、ほっとけば真円に近づこうとする。真円の潔癖性にどうしても憧れてしまう。だが、一見相反するように思えるこれらのことは、同じひとつのことの異なる現れにすぎず、「どちらか」しか見ないことは、知的怠慢にすぎない。金融中心の資本主義を中心点とする真円から、もうひとつの焦点をつくって、楕円にする。それが現代社会に必要なものである。そして、それを可能にするのは野生のモラルであったり、贈与社会のあり方にほかならない。

 平川さんのこの思想に出会ったとき、『ちゃぶ台』が追い求めてきたものの意味が後追い的にわかったような気がしました。「移住のすすめ」「今までにない就活」「会社の終わり、companyの始まり」「百姓(たくさんの仕事をもつこと)のすすめ」「学びの未来」「新しい地元」、このような特集を組んできたのも、もうひとつの焦点をつくろうとする動きの現れではなかったか。そんなふうに思えてきたのです。

 いずれにせよ、こうして楕円幻想論を知ってしまった以上、次の『ちゃぶ台』では、もうひとつの焦点を求める動きを意識的にとるほかありません。

 では、その焦点はどうすればつくることができるのか?

 そう考えたとき、迷いなく断言できるものがありました。

 それは、菌! もっとも、断言できるといいつつ、その根拠は? と問われると、いやあ、直感です、と申し上げるほかないのですが。ただ、期せずして、これまでの『ちゃぶ台』でも、菌のことを取り上げていました。たとえば、Vol.1,3に寄稿いただいた鳥取県智頭町のタルマーリーさんは、「菌本位制」を唱え、菌が先にあって、人間があとにくる、という生活と仕事を実践されていますVol.1の特集「今までにない就活」に登場いただいたバッキー井上さんは、自身のことを「森のキノコ」と言ってもいましたし・・・。

 そんなことを考えていた4月下旬、「のんびり」編集長の藤本智士さん、発酵デザイナー・小倉ヒラクさんと会う機会がありました。京都の恵文社一乗寺店でトークイベントをご一緒した際、「次の『ちゃぶ台』は菌特集でいきます!」と高らかに(?)宣言したのです。打ち上げも終わり、帰り道で二人は声を揃えてこう言いました。

「菌特集するなら、絶対、秋田来な!」(藤本)

「三島さん、絶対に秋田に行くほうがいい」(小倉)

 二人がそういうのなら、訪れない手はない

 ということで、翌月の521日~23日に行ってきました。約3年ぶりに訪れる秋田ですが、正直なところ、秋田のどこを訪れるのかさえ知らず、まっさらな状態で大阪伊丹空港から秋田空港へと飛んだのでした。二人の言うがままに動くつもりで。

 空港で待ってくれていたのは、「のんびり」編集部の矢吹さん。彼女の運転する車に乗せられ、連れて行かれたのは、秋田県五城目町にある酒蔵・福禄寿酒造さんでした。ここから始 まった23日の旅は、目から鱗の連続でした。

 高齢化率、人口減少率日本一の秋田県は、実のところ、先進国ならぬ「最」先進県だったのです。


 いかがでしょうか? 『ちゃぶ台Vol.4』の発売日は2018年10月19日です。発売が待ちきれない、まだ『ちゃぶ台』の全貌がわからないという方、まずは既刊の『ちゃぶ台』Vol.1〜Vol.3をぜひ手にとってみてください!

chabudai_shoei1.jpg

ミシマ社の雑誌 ちゃぶ台「移住×仕事」号
ミシマ社 編、1500円+税

chabudai2_shoei.jpgミシマ社の雑誌 ちゃぶ台 Vol.2 革命前々夜号
ミシマ社 編、1500円+税

chabudai3_shoei.jpgミシマ社の雑誌 ちゃぶ台 Vol.3 「教育×地元」号
ミシマ社 編、1500円+税

ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

編集部からのお知らせ

ちゃぶ台ツアー、やります!

ちゃぶ台Vol.4「発酵×経済」号の発刊を記念して、全国各地でイベントを開催予定です。


【イベント】ちゃぶ台Vol.4発刊記念 イベント
出演・榎本俊二、三島邦弘

■開催日:2018年11月2日(金)19時〜
■場所:広島 蔦屋書店
〒733-0831 広島県広島市西区扇2丁目1-45

■タイトル:漫画家と編集者が見る! 瀬戸内はここが面白い〜広島南北問題もちょこっと

■内容:2010年4月、広島県三次市に移住した ギャグ漫画家・榎本俊二さん。現在「ちゃぶ台」に3年連続で「山陰移住ストーリー」を連載中。年に一度の雑誌「ちゃぶ台」で毎回、瀬戸内(主に周防大島)をとりあげるミシマ社の編集者・三島邦弘。この日は、ふたりが広島、瀬戸内に住むひとたちに「ぜひ!」とおすすめする本とともに、あらたな瀬戸内の魅力とこれからの可能性について話します。「ちょっと先の未来」に触れることができるかも(!?)な夜へ、ようこそ。

詳しくはこちら


【イベント】島のむらマルシェ@山口県・周防大島

『ちゃぶ台』原点の地、周防大島にて「島のむらマルシェ」に参加します。当日は、編集長三島邦弘もかけつけます!

■開催日:2018年11月3日(土)
■場所:八幡生涯学習の村
〒742-2301 山口県大島郡周防大島町大字久賀1102-1

詳しくはこちら


【イベント】ちゃぶ台Vol.4発刊記念 トークイベント 
出演:松村圭一郎×三島邦弘

『うしろめたさの人類学』(ミシマ社)の著者でもあり、『ちゃぶ台Vol.4』には「人間の経済 商業の経済」をご寄稿くださった松村圭一郎さんをお招きして、編集長三島邦弘との対談イベントが実現します。

■開催日:2018117日(水)
■場所:恵文社一乗寺店
〒606-8184京都市左京区一乗寺払殿町10

■タイトル:人間の経済をとりもどす!

■内容:『うしろめたさの人類学』でいきづまる世界に「スキマ」を空けた松村さん。年一度刊行の雑誌「ちゃぶ台」で、すでに始まっている未来の種をレポートする三島さん。ふたりが共通して求めるものに、「人間の経済」があります。「人間の経済 商品の経済」を『ちゃぶ台Vol.4』に寄稿した松村さんの考え、そして意図とは? 三島さんが雑誌づくり、出版社運営を通してめざす「経済」とは? 無二の親友でもある二人がこの日、ぞんぶんに語り合います。また、「ミニブックトーク」の時間を設け、「人間の経済」を取り戻すために必読といえる本も紹介してもらう予定です。

詳しくはこちら


【イベント】香川県高松市に編集長三島邦弘が行きます!

『ちゃぶ台Vol.4』編集長三島邦弘によるトークイベントを開催します。

■開催日:20181115日(木)
■場所:本屋ルヌガンガ
〒760-0050香川県高松市亀井町11番地の13 中村第二ビル1階

詳細は決定次第、お知らせいたします。


【イベント】高知県土佐町に編集長三島邦弘が行きます!

『ちゃぶ台Vol.4』の発売日に編集長三島邦弘によるトークイベントを開催します。

■開催日:2018年11月16日(金)18:30〜20:30
■場所:あこ
高知県土佐郡土佐町田井1485

■タイトル:「本」で世界を面白く。「一冊」が起こす豊かさ。

■内容:一冊の本と出会う。それが人生を変えることもある。
そんな大きな変化でなくても、日々の滋養のような効果が「紙の本」には宿っている。
そうした生命のような「一冊」を生み出し、明日の世界を一冊分面白くしようと、一冊一 冊に思いを込め出版しつづけている人がいる。 2006年10月に単身で出版社ミシマ社をたちあげた三島邦弘。彼はいま、11人のメンバーとともに、京都と東京(自由が丘)の二拠点で「原点回帰」の出版活動をおこなっている。出版業が厳しいと言われて久しいこの時代に、いったい、どのように発想をし、どのように一冊分ずつ世の中の面白みを積んでい るのか。明日、あなたが本に出会うのが今よりも一冊分わくわくするようになる、今回はそんな座談会。


ほかにも続々と計画中です。今後のちゃぶ台ツアーにぜひご期待ください!

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 尾崎世界観×寄藤文平 いま、表現者であるということ(1)

    尾崎世界観×寄藤文平 いま、表現者であるということ(1)

    ミシマガ編集部

    2018/9/26(水)に発売されたクリープハイプの新アルバム『泣きたくなるほど嬉しい日々に』。そのデザインを手がけた寄藤文平さんと尾崎世界観さんは、4月にミシマガで対談しています。ミシマ社とも縁の深いお二人の対談、この機にぜひお読みください。(実は、今回の新アルバムの特装版の詩集と、タワーレコード特典の豆本の編集をミシマ社がお手伝いしています!)

  • 西村佳哲×ナカムラケンタ 最近〝仕事〟どう?(1)

    西村佳哲×ナカムラケンタ 最近〝仕事〟どう?(1)

    ミシマガ編集部

    みなさん、最近、仕事どうですか? ナカムラケンタさんの『生きるように働く』と、『いま、地方で生きるということ』の著者でもある、西村佳哲さんの『一緒に冒険をする』(弘文堂)の2冊の刊行を記念して、2018年9月18日、代官山 蔦屋書店にてトークイベントが行われました。「最近〝仕事〟どう?」をテーマに、それぞれの角度から「仕事」について考え続けてこられたお二人が、自著の話、人が働くことの根っこについて、そして「働き方改革」までを語り合いました。そんなお話の一部を、前・後編2日間連続でお届けします。どうぞ!

  • 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1)

    町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1)

    ミシマガ編集部

    2018年6月22日、編集者であり長年街場を見つめてきた江弘毅さんがはじめて「ブンガク」を描いた、『K氏の大阪弁ブンガク論』が刊行になりました。司馬遼太郎や山崎豊子といった国民的作家から、黒川博行、和田竜など現代作家まで縦横無尽に書きまくっている本作で、2章を割いて江さんが絶賛しているのが、作家・町田康さん。本書の刊行を記念して(そして江さんが熱望して!)、紀伊國屋書店梅田本店にておこなわれた、お二人の対談の様子をお届けします。

  • 前田エマ×北野新太 将棋に恋をした。(1)

    前田エマ×北野新太 将棋に恋をした。(1)

    ミシマガ編集部

    2017年12月に発刊された『等身の棋士』。静かに燃える棋士たちの世界が著者の北野新太さんによる熱い文章で綴られています。この一冊に、ミシマ社に来て間もない新人ノザキは衝撃を受けたのでした。そして、この本が刊行された当初から、いつかはこのお二人の対談を、と願い続けて半年。念願の企画が今回ついに実現しました。

ページトップへ