月刊ちゃぶ台

第11回

移住してみて(中村明珍・内田健太郎)

2020.02.22更新

 本日(2/22)より渋谷パルコで開催される、ほぼ日の学校Presents「本屋さん、あつまる。」に、ミシマ社の本屋さんが出店いたします。今回、会場では「ちゃぶ台」でもお馴染み、周防大島の農産物やはちみつ、ジュースを販売。作り手の思いを知っていただければと、昨日は農家の宮田さんへのインタビューを再掲載いたしました。そして本日は、同じく周防大島の農業や養蜂を営む中村明珍さん、内田健太郎さんの記事を掲載いたします。記事をお読みいただき、ぜひ会場で味わっていただけましたら幸いです。

0216-1.png

「本屋さん、あつまる。」
たのしい本屋さんが渋谷PARCOにやってきた!

期間 2020年2月22日(土) -2020年2月24日(月)
場所 渋谷パルコ8F・ほぼ日曜日 (アクセス)
時間 10:00〜21:00
入場料 無料

詳細はこちらから


※本記事は、2015年10月10日に発刊した『ミシマ社の雑誌 ちゃぶ台 「移住×仕事」号』に収録された記事(P104〜109)を掲載しています。

中村明珍/農家、僧侶

0222-1.jpg

 2年前の2013年春、東京でロックバンドのギタリストとして生活していた僕は、妻の両親の縁で島に移住しました。眠りについてた時間に起きる生活に180度転換し、朝日とともに活動を開始しています。

 移住してからたびたびされる「あなたの今の本業って、なに?」の質問。苦手な食べ物「梅干し」の僕が梅農家になり、オリーブの苗木をあげるという人が現れてオリーブ栽培をスタート、島でのアルバイト中に客でたまたま立ち寄ったお寺の住職に拾われて、現在農家であり僧侶、なのですがやっぱりうまく説明できません。

 「60代は若手」の集落に住まいを借り、30代は僕たち家族だけの地域で、いきなり自治会役員に据え置かれ、集落を右往左往しています。70、80代の先輩方はいつでも「何しおるでーー!?」が挨拶。都市部よりも、人と人との境目があやふやだと感じました。あいさつをちゃんとすると「あんたいい人ね」と言われます。

 島で出会った若手農家の友人たちに共通していたのは「テレビあまり見ない」「ネットあまり得意じゃない」。思いは強い、けどいつでも自然相手にゆらゆらしているような人たちで、とてもおもしろいです。

 田舎暮らしをしたかったというよりは、必要に迫られてした移住、「こんな田舎によく来たね」とよく言われます。僕の場合は、目の前の縁をたどっていったら今の形になっちゃった、といった何とも言えない道のりですが、スローなライフはどこにもなくて、やることだけはたくさんあります。そんなところが「生きている」と感じさせてくれます。

 現在、僕の生活の主導権を握っているのは「お天気」。預ける相手が大きいので、妙に安心です。

0222-2.jpg

周防大島 中村農園寄り道バザール

農園では南高梅などでの自然栽培に取り組み、寄り道バザールではオススメの農産物・雑貨の販売や配達と、ライブ・イベントの企画をしています。

連絡先:yorimichibazar@outlook.com

内田健太郎/養蜂家

0222-3.jpg

 5月から6月は養蜂家の農繁期。夜明け前には家を出て、蜂場で日の出を迎える。「ガサーッ」と蜂を巣からふるい落としては採蜜していく。刺されては痛いけれども、一年で一番の恵みの瞬間だ。

 2011年の大震災と長女の誕生をきっかけに神奈川県から移住した。周防大島を選んだ機は妻の遠い親戚がいたということだけ。さして当てのある地域も他になかった。臨月を迎えていた妻を残し、1人訪ねた周防大島で僕は衝撃を受けることになる。滞在2日目にして初めて出会った親分(村のいろんな人にそう呼ばれていた)。初対面の僕に彼は笑顔でこう言った。「この家に住んだらええわ、あんたの家じゃ好きにせえ」

0222-5.jpg

 初対面の人間にそう言える懐の大きさももちろんだが、それ以上にその笑顔に魅了された。なんというか猛烈。人情が溢れ出しているのだ。僕はその場で移住を決めた。

 暮らし始めてみてわかったことは、その笑顔を持つのは親分だけじゃなかったということだ。毎日の生活の中で出会う島の人々は当たり前のように笑いかけてくれる。都市の満員電車の中では決してなかったその瞬間瞬間に、癒され、そして勇気づけられる。

 移住してから4年が経過し、僕ら家族もすっかり島の暮らしに慣れてきた。目下の悩みは50年後である。

 僕も彼らのような笑顔を若者に注ぐことができるようになるだろうか。

 そうあれたらなぁと思いつつ、今日も蜂に会いにいく。

0222-4.jpg

瀬戸内タカノスファーム

島の恵まれた環境を生かし、移動養蜂ではなく、島の中だけではちみつを生産しています。最近は季節の果物とはちみつを使ったジャムの生産も始めました。

連絡先:takanosufarm@gmail.com

ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

編集部からのお知らせ

「本屋さん、あつまる。」
たのしい本屋さんが渋谷PARCOにやってきた!

期間 2020年2月22日(土) -2020年2月24日(月)
場所 渋谷パルコ8F・ほぼ日曜日 (アクセス)
時間 10:00〜21:00
入場料 無料

詳細はこちらから

今回のイベントでは、中村明珍さんの「寄り道バザール」、内田健太郎さんの「タカノスファーム」より、仕入れたはちみつやジャムを「ミシマ社の本屋さん」で販売いたします! 詳細は下記になります。

島のはちみつ【タカノスファーム(周防大島)】

島のはちみつ3種セット【タカノスファーム(周防大島)】

島のはちみつイチジクジャム【タカノスファーム(周防大島)】

島のはちみつりんごジャム【タカノスファーム(周防大島)】

島のはちみつウメのジャム【タカノスファーム(周防大島)】

島のはちみつうめシロップ【タカノスファーム(周防大島)】

島のふりかけ【タカノスファーム(周防大島)】

STOMACHACHE. ×中村農園エコバッグ(ブラック)【中村農園(周防大島)】

そのまま食べれる 『ひじっ好いりこ』【オイシーフーズ(周防大島)】

トマトジュース【野の畑 みやた農園(周防大島)】

プレミアムみかんジュース(極早生)【森川農園(周防大島)】

かりんとう【うみとそらのたまご舎(周防大島)】

無農薬レモン【石原邦夫農園(周防大島)】

お米1合【白山米店(東京・自由が丘)】

栄福寺てぬぐい【栄福寺(愛媛・今治)】

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    ミシマガ編集部

    2017年刊の『うしろめたさの人類学』と2021年刊の『くらしのアナキズム』では、エチオピアでの長年のフィールドワークをもとに、私たちが前提としている考え方の枠組みを外して、日常の暮らしを通して社会を変えていく可能性について綴られた、松村圭一郎さん。『小さき者たちの』では、初めて、生まれ育った故郷である熊本をテーマに執筆されました。「はじめに」で、松村さんは本書での試みの意図を、下記のように綴られています。

  • 一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    ミシマガ編集部

     こんにちは。ミシマ社新人のオオボリです。本日よりなんと月一連載を務めさせていただくことになりました! その名も「一冊の本ができるまで~新人全力レポート」。つたないながらも新人による全力レポート、楽しんでいただけたら嬉しいです! どうぞよろしくお願いします!

  • 『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    ミシマガ編集部

    先日ちいさいミシマ社から発刊した『幸せに長生きするための今週のメニュー』。アメリカ出身の民族楽器奏者、詩人のロビン・ロイドさんと、京都のお寺の住職兼イラストレーターの中川学さんによる日英併記の詩画集です。  自然の移りかわりや、日常のささやかなよろこびを丁寧にすくい上げるロビンさんの詩と、中川さんの温かく想像力がかきたてられる鉛筆画がやさしく心に届き、折に触れて読み返したくなる一冊です。

  • 魚屋の息子

    魚屋の息子

    前田エマ

     家の近所に、同級生の家族が営んでいる魚屋がある。たまに買いに行くと、心地よい明るさのお母さんが「美容室で読んだ雑誌に、エマちゃん載ってたよ〜」と声をかけてくれる。バレーボールとかハンドボールの選手だったのかな、と思うような、快活でショートカットが似合う素敵な女性だ。私は「ありがとうございます。うれしい〜」と言って、刺身の盛り合わせをお願いしたり、南蛮漬けにするアジを捌いてもらったりして、あたたかい気持ちで家に帰る。住宅街に文字通りポツンと現れる個人商店で、駅からも遠いのに週末には長蛇の列ができる。この店の次男と私は、小中学校が同じだった。

この記事のバックナンバー

12月13日
第33回 編集部が『ちゃぶ台10』をあつあつに語る(3) ミシマガ編集部
12月12日
第32回 編集部が『ちゃぶ台10』をあつあつに語る(2) ミシマガ編集部
12月10日
第31回 本日発売!編集部が『ちゃぶ台10』をあつあつに語る(1) ミシマガ編集部
11月07日
第30回 校了目前! あたふた編集チームが、『ちゃぶ台10』の見どころを紹介します ミシマガ編集部
09月08日
第29回 雑誌『ちゃぶ台』って、どんなことを「特集」してきたの?(後編) ミシマガ編集部
09月07日
第29回 雑誌『ちゃぶ台』って、どんなことを「特集」してきたの?(前編) ミシマガ編集部
09月03日
第28回 『ちゃぶ台』次号は10号! こんどの特集は「ボゴボゴ」!? ミシマガ編集部
06月07日
第27回 おお!周防大島!合宿 レポート(後編) ミシマガ編集部
06月06日
第27回 おお!周防大島!合宿 レポート(前編) ミシマガ編集部
04月19日
第26回 『ちゃぶ台9』を発刊します。特集発表! ミシマガ編集部
03月06日
第25回 時間銀行って何だろう?――つながりで生きる(後編) ミシマガ編集部
03月05日
第25回 時間銀行って何だろう?――つながりで生きる(前編) ミシマガ編集部
01月26日
第24回 『ちゃぶ台8』刊行記念 榎本俊二×漆原悠一×三島邦弘 鼎談(2) ミシマガ編集部
01月25日
第24回 『ちゃぶ台8』刊行記念 榎本俊二×漆原悠一×三島邦弘 鼎談(1) ミシマガ編集部
11月01日
雑誌『ちゃぶ台』バックナンバー ミシマガ編集部
10月30日
第23回 『ちゃぶ台8』、発売まであと1カ月です! ミシマガ編集部
07月14日
第22回 ちゃぶ台7刊行記念イベント「ふれる、もれる、すくわれる雑誌!?」 ミシマガ編集部
05月26日
第21回 『ちゃぶ台7』を刊行します! ミシマガ編集部
01月11日
第20回 「ちゃぶ台6」各紙で話題に! 読者の方からもぞくぞくご感想が届いています! ミシマガ編集部
11月29日
第19回 非常時を明るく生きる、ってどういうこと? 三島邦弘×Title 辻山良雄(2) ミシマガ編集部
11月28日
第19回 非常時を明るく生きる、ってどういうこと? 三島邦弘×Title 辻山良雄(1) ミシマガ編集部
10月30日
第18回 『ちゃぶ台6』巻頭文を掲載します。 ミシマガ編集部
09月12日
第17回 雑誌『ちゃぶ台Vol.6』を刊行します! ミシマガ編集部
07月15日
第16回 ちゃぶ台編集室レポート(2)コロナの時期の周防大島 ミシマガ編集部
07月14日
第15回 ちゃぶ台編集室レポート(1)コロナの時期の周防大島 ミシマガ編集部
03月15日
第14回 若者は政治に興味がない? ーー2人の学生とちゃぶ台でお話しましたーー(2) ミシマガ編集部
03月14日
第14回 若者は政治に興味がない? ーー2人の学生とちゃぶ台でお話しましたーー(1) ミシマガ編集部
03月03日
第13回 中島岳志さんインタビュー いまの政治のこと、教えてください。(2) ミシマガ編集部
03月02日
第13回 中島岳志さんインタビュー いまの政治のこと、教えてください。(1) ミシマガ編集部
03月01日
第12回 はじめてのアナキズム|松村圭一郎 ミシマガ編集部
02月22日
第11回 移住してみて(中村明珍・内田健太郎) ミシマガ編集部
11月14日
第10回 えっ、みんなでアナキズム!?(2) 近代以前の回路とつながるには ミシマガ編集部
11月13日
第10回 えっ、みんなでアナキズム!?(1) 自分の持ち場でアナキズム ミシマガ編集部
10月22日
第9回 白川密成さんインタビュー ミシマガ編集部
10月21日
第8回 渡邉康衛さん×三島邦弘トークイベント 「本づくりと酒づくり〜ちいさいものづくりで目指すこと〜」 ミシマガ編集部
09月14日
第7回 『ちゃぶ台Vol.5「宗教×政治」号』を発刊します。 ミシマガ編集部
07月19日
第6回 参院選直前特集 タルマーリー 渡邉格さんインタビュー「政治が何かを変えること」は重要だと思わないでいい ミシマガ編集部
05月04日
第5回 「おお!すおうおおしま」レポート ミシマガ編集部
05月03日
第5回 周防大島・宮田正樹さんの畑レポート ミシマガ編集部
11月11日
第4回 もっと菌を!? ミシマ社が考えるこれからの10年(2)「黄金時代がやってくる」 ミシマガ編集部
11月10日
第4回 もっと菌を!? ミシマ社が考えるこれからの10年(1)「未来の種はこんなふうに」 ミシマガ編集部
10月19日
第3回 『ちゃぶ台Vol.4』発刊! ミシマ社メンバーのおすすめ記事紹介 ミシマガ編集部
10月04日
第2回 編集長による巻頭言を掲載します ミシマガ編集部
09月25日
第1回 『ちゃぶ台Vol.4「発酵×経済」号』を発刊します。 ミシマガ編集部
ページトップへ