月刊ちゃぶ台

第19回

非常時を明るく生きる、ってどういうこと? 三島邦弘×Title 辻山良雄(2)

2020.11.29更新

毎年、『ちゃぶ台』発刊のたびに、本屋Titleさんにて行われてきた、辻山良雄さんと編集長・三島の対談。今年はコロナの影響で、お店での対話は叶いませんでしたが、オンラインで、全国からのお客様にご参加いただき、発売日11/20(金)夜に開催しました。

後半となる本日は、装丁を担当いただいたtento漆原悠一さんや、ちゃぶ台編集チームも加わって語らった模様をお届けします。

(前半の記事はこちら

9784909394422.jpg『ちゃぶ台6 特集:非常時代を明るく生きる』ミシマ社(編)

表紙の写真に込めた意味

辻山 ここからは、今回の『ちゃぶ台6』の装丁とデザインをされたtentoの漆原さん、そしてミシマ社編集部の星野さんと野崎さんにもお話を伺います。まずは、漆原さんが担当されることになった、デザインの全面リニューアルについて。

漆原 これまでの矢萩多聞さんのデザインに対して全く違うものをつくるという意識ではなくて、あくまで同じ方向を向いていながらも、少し角度の違う見せ方をしてみようと考えました。

辻山 表紙には齋藤陽道さんの写真が使われていますね。このデザインが上がってきたときの、ミシマ社編集部の反応は?

野崎 この写真が選ばれたのは予想外で、はじめはびっくりしました。齋藤さんに表紙の写真を依頼し、コロナの期間中に撮影された写真を何枚か送っていただきました。お子さんの姿以外にも、家のまわりを撮った写真がいろいろあるなかで、パキッとした、印象が強いものを漆原さんが選ばれたのが意外でした。でも、写真がこれだけはっきりしつつも、表紙全体としては『ちゃぶ台』のほがらかなイメージにまとまっていて、すごいなと思います。

漆原 この写真を見たときに、単純にかわいらしい子どもというだけではない、なにか含みをもって語りかけてくるような視線を被写体から感じていました。当たり前のことなのですが、ちゃんとした意思を持ち、凹凸があるひとりの個性を持った人間だなぁと。なおかつ、背景が暗いなかで表情に光がポイントで当たっていてこちらのほうを向いているという、写真そのものが持つまっすぐな強さもあった。それらの印象が、ありきたりな言葉を使わずにひとりの生活者の視点を大事にするミシマ社さんの本づくりのあり方と重なって。リニューアル後の1号目として強い印象を与えつつも、ミシマ社が大切にしていることも伝えられるのではないかと考えました。

漆原さんが参加するゼロからのデザイン=編集

辻山 造本上の工夫もたくさんあって、ページをめくると、どんどん紙の種類が変わっていきますよね。

漆原 扉や目次は割と自由な意識で遊びごころをもってデザインをしていますが、雑誌のメインとなる本文ページはストレスなく読みやすい見せ方を心がけました。肝心の読み物はシンプルに、それ以外のところで紙の種類を変えたり、雑誌の天側をアンカットでギザギザにしたりすることで、それらの"雑味"の要素が、新たな『ちゃぶ台』の特徴にもなるのではと思いました。

辻山 サイズは四六版とよばれる単行本のサイズよりも、少し幅が広いですね。ゆったりと広く行間をとったレイアウトなので、平川克美さんの論考や、藤原辰史さん・松村圭一郎さんの対談のように頭を使って考えさせる文章も、難しいと感じさせずに無理なく入ってきやすい。開いたときに、読みやすさと親しみやすさがあります。
 いま、デザイナーさんもひとりの編集者の視点で本をデザインされることが求められていると思います。

三島 デザイナーさんがあってこその書籍であり、雑誌です。だから、デザイナーさんとの打ち合わせは決定的に大事ですね。今回はリニューアルでゼロからの雑誌づくりだったので、その地点に立って、これからの『ちゃぶ台』が目指そうと思っている方向性とフィットする方がいいなと思っていました。ちょうどその時期に、漆原さんが『自分と他人の許し方、あるいは愛し方』という本で最高のデザインをしてくださった。そうした流れもあって、漆原さんにお願いすることになりました。

星野 装丁の打ち合わせがけっこう進んでいた段階の途中で、漆原さんが編集部に「『ちゃぶ台』って、なんでちゃぶ台という名前なんですか」と質問されたんです。それがとても印象的でした。私たちが『ちゃぶ台』づくりを5年間も続けてきて、改めて考えることのなかった問いに立ち返るきっかけになりました。「ちゃぶ台とは?」というページを巻頭に加える提案もしていただいて。あとは、これまでの『ちゃぶ台』には存在しなかった、鬼のように細かい台割も作ってくださいました(笑)。まさに漆原さんに編集をしていただいて、雑誌が生まれ変わったなと感じます。

image (4).png

つながりのなかでつくる雑誌

辻山 『ちゃぶ台』の寄稿者はジャンルもさまざまな方たちですが、今回のコロナ禍で社会の状況が大きく動くという「同じ体験」をしたからこそ、その内容は違えども一体感のようなものを感じたんです。齋藤さんの写真では植物がぐんぐん伸びていくようすが切り取られていますが、どの文章でもそうした生活の実感が書かれていて。藤原さんや松村圭一郎さんの文章のように、それが論として脳を刺激するものもあれば、地に足のついた、そこに「体」を感じる言葉を書かれる方もいて。「生活者」という同じ土壌から、それぞれの内容が生えてくる印象がありました。だから一冊の本として、ひとつづきに読める雑誌になっているなと。
 取材ができないなど大変なことも多かったと思いますが、雑誌づくりとして、いまだからできてよかったことはなんですか。

三島 つながりがあった方々でつくる雑誌になったことですね。町屋良平さん、猪瀬浩平さん、前田エマさんなどはじめて寄稿してくださった方も、これまでミシマ社とご縁があった延長線上で今回ご一緒できました。あるいは、木村俊介さんのMS Live!の連続講座があったから、『文藝』編集長の坂上陽子さんへのインタビューが実現したり、「ちいさいミシマ社」レーベルで高橋久美子さんの詩集を出したというご縁から、『ちゃぶ台』に初めて詩を掲載できたり。移動はできませんでしたが、これまでにできていた流れのなか、縁のなかでつくり、自分たちの足元を見つめながら丁寧に雑誌を練りこんでいけました。そういう関係性のなかだからこそ、愛の込もった文章や写真や絵が集まっていったように思います。

星野 雑誌の編集は単行本とは違って、最後までずっとチームで、漆原さんや執筆者のみなさんとも一緒になって作る感覚があり楽しかったです。いろんな原稿が入稿直前まで動きつづけて、生き物としての雑誌ができました。

野崎 この『ちゃぶ台』の見本がオフィスに届いて、それを手にしたときに、ひさしぶりに湧き上がってくる嬉しさがありました。オンラインで出版活動をする機会が増えたからこそ、その一方で、言葉が紙に印刷されて本になるという根本的なことの喜びを、深く味わったのだと思います。

辻山 なかなか直接会えないからこそ、手に取れるものからうれしさを深く感じますよね。本づくりというのは、書き手が編集者といろいろ話しながら、霊感みたいなものを知らないあいだに受けとり、それが自分の原稿に潜り込んだときに生かされていく、ということのくりかえしだと思います。今日も実際には会えていませんが、つながったという感覚はあります。オンラインであっても、そういうつながりを絶やさないことで本づくりが続いていくことが大事だなと、改めて感じますよね。

(構成:角智春)

ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

編集部からのお知らせ

本イベントのアーカイブ動画を期間限定販売中です!

a857e0c0ad10fa1bc7e2.jpg1/3(日)までの期間限定でアーカイブ動画を販売中です。

詳しくはこちら

Titleさんのウェブショップにて、『ちゃぶ台6』販売中です!

9784909394422.jpg

Title ウェブショップ

京都の誠光社にて、『ちゃぶ台6』リニューアル創刊記念展示「非常時代を明るく生きる」を開催します!

6e83adc1a3a0c83ff3f41ab2811e447b.jpg京都の書店・誠光社にて、『ちゃぶ台6』リニューアル創刊記念展示「非常時代を明るく生きる」を開催します! 本書ができるまでの制作エピソードやマニアックすぎる編集秘話、今号のデザインや紙のこだわりポイント、そして豪華著者陣からのコメントなどなど、『ちゃぶ台6』を120%楽しめる展示予定しています。

詳しくはこちら

藤原辰史×松村圭一郎 対談「縁食から世界を変える」開催します!

123.jpgのサムネイル画像

『ちゃぶ台6』『縁食論』の発刊を記念して、藤原辰史さんと松村圭一郎さんのオンライン対談「縁食から世界を変える」を12/3(木)に開催します。『ちゃぶ台6』でもご対談いただいたおふたりに、「縁食」というキーワードから世界を編みなおし、 その可能性について語り尽くしていただきます。

詳しくはこちら

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『思いがけず利他』本日発刊します!『思いがけず利他』本日発刊します!

    『思いがけず利他』本日発刊します!

    ミシマガ編集部

     10月20日(水)に中島岳志さん著『思いがけず利他』のリアル書店先行発売日を迎えました! 本日のミシマガは本書発刊を記念して、著者の中島さんからのメッセージ動画、書店員さんからのご感想コメント、そして、ぜひこの秋にあわせて読んでいただきたいミシマ社の人文書をご紹介します!

  • 『その農地、私が買います 高橋さん家の次女の乱』、いよいよ明日発刊!

    『その農地、私が買います 高橋さん家の次女の乱』、いよいよ明日発刊!

    ミシマガ編集部

    こんにちは、ミシマガ編集部です。いよいよ明日、高橋久美子さんの『その農地、私が買います 高橋さん家の次女の乱』が発刊となります。

  • 『くらしのアナキズム』(松村圭一郎 著)「はじめに」を公開!

    『くらしのアナキズム』(松村圭一郎 著)「はじめに」を公開!

    ミシマガ編集部

    今月、文化人類学者の松村圭一郎さんによる、著書『くらしのアナキズム』を刊行します。ミシマ社からは、『うしろめたさの人類学』以来、4年ぶりとなる松村さんの新刊です。本日は、9月24日(金)のリアル書店先行発売に先立ち、『くらしのアナキズム』より「はじめに」を公開いたします。刊行記念イベントも予定しておりますので、ぜひご注目ください。

この記事のバックナンバー

07月14日
第22回 ちゃぶ台7刊行記念イベント「ふれる、もれる、すくわれる雑誌!?」 ミシマガ編集部
05月26日
第21回 『ちゃぶ台7』を刊行します! ミシマガ編集部
01月11日
第20回 「ちゃぶ台6」各紙で話題に! 読者の方からもぞくぞくご感想が届いています! ミシマガ編集部
11月29日
第19回 非常時を明るく生きる、ってどういうこと? 三島邦弘×Title 辻山良雄(2) ミシマガ編集部
11月28日
第19回 非常時を明るく生きる、ってどういうこと? 三島邦弘×Title 辻山良雄(1) ミシマガ編集部
10月30日
第18回 『ちゃぶ台6』巻頭文を掲載します。 ミシマガ編集部
09月12日
第17回 雑誌『ちゃぶ台Vol.6』を刊行します! ミシマガ編集部
07月15日
第16回 ちゃぶ台編集室レポート(2)コロナの時期の周防大島 ミシマガ編集部
07月14日
第15回 ちゃぶ台編集室レポート(1)コロナの時期の周防大島 ミシマガ編集部
03月15日
第14回 若者は政治に興味がない? ーー2人の学生とちゃぶ台でお話しましたーー(2) ミシマガ編集部
03月14日
第14回 若者は政治に興味がない? ーー2人の学生とちゃぶ台でお話しましたーー(1) ミシマガ編集部
03月03日
第13回 中島岳志さんインタビュー いまの政治のこと、教えてください。(2) ミシマガ編集部
03月02日
第13回 中島岳志さんインタビュー いまの政治のこと、教えてください。(1) ミシマガ編集部
03月01日
第12回 はじめてのアナキズム|松村圭一郎 ミシマガ編集部
02月22日
第11回 移住してみて(中村明珍・内田健太郎) ミシマガ編集部
11月14日
第10回 えっ、みんなでアナキズム!?(2) 近代以前の回路とつながるには ミシマガ編集部
11月13日
第10回 えっ、みんなでアナキズム!?(1) 自分の持ち場でアナキズム ミシマガ編集部
10月22日
第9回 白川密成さんインタビュー ミシマガ編集部
10月21日
第8回 渡邉康衛さん×三島邦弘トークイベント 「本づくりと酒づくり〜ちいさいものづくりで目指すこと〜」 ミシマガ編集部
09月14日
第7回 『ちゃぶ台Vol.5「宗教×政治」号』を発刊します。 ミシマガ編集部
07月19日
第6回 参院選直前特集 タルマーリー 渡邉格さんインタビュー「政治が何かを変えること」は重要だと思わないでいい ミシマガ編集部
05月04日
第5回 「おお!すおうおおしま」レポート ミシマガ編集部
05月03日
第5回 周防大島・宮田正樹さんの畑レポート ミシマガ編集部
11月11日
第4回 もっと菌を!? ミシマ社が考えるこれからの10年(2)「黄金時代がやってくる」 ミシマガ編集部
11月10日
第4回 もっと菌を!? ミシマ社が考えるこれからの10年(1)「未来の種はこんなふうに」 ミシマガ編集部
10月19日
第3回 『ちゃぶ台Vol.4』発刊! ミシマ社メンバーのおすすめ記事紹介 ミシマガ編集部
10月04日
第2回 編集長による巻頭言を掲載します ミシマガ編集部
09月25日
第1回 『ちゃぶ台Vol.4「発酵×経済」号』を発刊します。 ミシマガ編集部
ページトップへ