月刊ちゃぶ台

第29回

雑誌『ちゃぶ台』って、どんなことを「特集」してきたの?(前編)

2022.09.07更新

 みなさんこんにちは。ミシマガ編集部です。
 ミシマ社が2015年に創刊した雑誌『ちゃぶ台』。現在は「生活者のための総合雑誌」を謳い、半年に一度刊行しています。
 今年12月刊行予定の『ちゃぶ台10』では、特集に「母語ボゴボゴ、土っ!」を掲げることになりました。
 私たちの生活を支える「母語」についてじっくり考えるため、明日は「ちゃぶ台編集室」と題して、こんな公開インタビューも行われます!

【9/8(木)19:00~開催】
「編集長が訊く! サコ先生、『母語』ってなんですか?」

10a329983b4b36be861e.jpeg

<出演>ウスビ・サコ(聞き手:『ちゃぶ台』編集長 三島邦弘)

ご参加はこちら

 創刊以来走り続けてきた『ちゃぶ台』も、いよいよ節目の10号。
 ・・・といっても、そもそもこれはどんな雑誌? と思われている方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
 編集部の予感をもとに、そのときどきで最も気になるテーマを「特集」に掲げる。そして、その道の最先端を行く方々に対談いただいたり、新しいことが試みられている現場へと取材に赴いたりする。すると、少しずつ、一冊の雑誌が生き物のように生成していく。それが『ちゃぶ台』のつくられ方です。
『ちゃぶ台』がこれまで大切にしてきた視点や、雑誌としての立場が端的に表れるのは、各号の特集といえるかもしれません。
 そこで本日のミシマガでは、『ちゃぶ台』創刊時からこれまでの特集をふりかえります!

chabudai_1-9.jpg

その1 「移住×仕事」号

chabudai01.jpg

『ちゃぶ台』創刊号の特集は、「移住×仕事」。
「移住」と「仕事」の組み合わせは、ちゃぶ台の原点と言えそうです。
 今では定番となっている周防大島レポートは、この号の「島のむらマルシェ」レポートからスタートしています。
 命、そして土に触れ合う暮らしを行う人の声を聞いて、都市集中の社会や当たり前のシューカツから視点をずらそうと試みる、そんなちゃぶ台の文化は創刊号からスタートしています。

土本来の力で育てるという農業をしたいんです。いったんこうした畝ができれば、あとは、何を植えても勝手に育っていくんです

―― 「周防大島の二日間〈2日目〉」より、宮田正樹さんの言葉

【こんな記事が読めます】
内澤旬子 移住してわかったこと
中村明珍・内田健太郎 移住してみて
バッキー井上 就活生に告ぐ! 君はバッキー井上を知っているか
井川直子×福本伸也 シェフに「なる」そして「つづける」
甲野善紀 今までにない就活をする

書誌をみる

その2 革命前々夜号

chabudai02.jpg

 第2号のテーマは「革命前々夜」。革命前夜の、そのまた前夜? な、な、なにが始まるんだ? というゾクゾク感。
 当初の企画では「食×会社」号となる予定だったのですが、取材をしていくうちに、さまざまな方から「革命」という共通のキーワードが浮上! そこでこの特集タイトルになりました。
 本号に掲載されている藤原辰史さんの「縁食論」をもとに『縁食論』という本ができ、平川克美さんがインタビューでお話されていたことから、時を経て『共有地をつくる』が誕生しました。「縁食」も「共有地」も、いまでは多くの実践者から熱い支持を得ている言葉。前々夜の動きは確実に実を結びだしているのかもしれません。

もともとの言葉の意味に帰るような小さな動きが(中略)静かな革命として各地で起こっているような気がしています

――「集団として生き延びていくために」より、鷲田清一さんの言葉

【こんな記事が読めます】
平川克美 株式会社の終焉
藤原辰史 縁食論――孤食と共食のあいだ
宮田正樹 命をつなぐ仕事を
小野邦彦 ブレのある野菜を流通・販売する
鷲田清一 集団として生き延びていくために

書誌をみる

その3 「教育×地元」号

chabudai03.jpg

 なんとか走り出し、奇跡の(?)2号目も発刊できた雑誌『ちゃぶ台』。
 今後もこのプロジェクトは持続しうるのか? 命運を分ける第3号のテーマは、「教育」と「地元」でした。
 学校教育、このままでいい? 新しい学校をつくろう! この号は、そんな熱を原動力に編まれました。
「教育」と「地元」について考えることは、「自分たちが生き生きとできる場をつくること」につながる気がします。教室の机に張り付いて学ばなくてもいい、同級生と同じように言葉や身体を使おうとしなくたっていい。これからの時代を生きる力は、外に飛び出し、自分の居場所に出会うことからはじまります。

educationはeduceという言葉からきていて、能力を外に(e-)導く(duce)という意味がある。だから、個人が天から授かった資質を「発育」するというのが本意なんだけど、日本ではこれが「教育」と訳され「教師が学生を教え育む」という言葉になってしまった。だから、まず教育のとらえ方をeducationに引き寄せなければいけない

――「『先生・生徒』の枠組みがなくなる 対談・瀬戸昌宣×森田真生」より、
瀬戸昌宣さんの言葉

【こんな記事が読めます】
周防大島サマースクール・レポート
小田嶋隆 幼稚園中退の真相ーー私が「ふつうの子」に変わるまで
瀬戸昌宣×森田真生 「先生・生徒」の枠組みがなくなる
堀部篤史  聞き書き・木村俊介 地元的なるもの
千松信也の野生生活 実践編
山極壽一 森林動物として不確かなことを不確かなままに

書誌をみる

その4 「発酵×経済」号

chabudai04.jpg

 平川克美さんが『21世紀の楕円幻想論』で問いかけたのは、「めざすべきは、正円じゃなく、楕円。もうひとつの焦点をいかにしてつくるか?」。
 田舎と都会、資本主義と贈与経済、敬虔と猥雑、身体性とデジタル性・・・。「AかBか」という二者択一的ではなく「AもBも」。ひとつの答えにすがりつかず、「もうひとつの焦点」を探り続けることで、社会をしなやかに生きるヒントと出会えるのではないか。
『ちゃぶ台』第4号では、そのひとつの答えとして「発酵」と「経済」を見出し、探っていきます。
 効率優先のサイクルに呑みこまれるのではなく、見えていなかったものに目を向けることで新たな調和が生まれる。それはたとえば「菌」のように、作り出すのではなく「すぐそばにあるもの」でした。再起の可能性を模索する一冊です。

プロダクトは単なる消費物ではなく、その土地とそこに住む人の魅力を伝える物語であり、自分の知らない世界の解像度を上げてくれる学びの体験であり、そのプロダクトを介して外の世界とつながる出会いの装置にもなる

――「秋田で起きている『生命の復活』」より、小倉ヒラクさんの言葉

【こんな記事が読めます】
小倉ヒラク 秋田で起きている「生命の復活」
タルマーリー 渡邉格・麻里子 天然菌が世の中の常識を変える!
近藤淳也 賃貸物件に無垢材を使う
町田康×江弘毅 対談「大阪弁で書く」とはどういうことか

書誌をみる

その5 「宗教×政治」号

chabudai05.jpg

「宗教」と「政治」。いま聞いたら、思わずピリッとしてしまうこのテーマについて、私たちは第5号で特集していました。
 そもそも「政教分離」と言うし、両者はまったく別のものじゃないの? それとも・・・
 2018年、周防大島で断水が起きました。その断水は約40日間も続きました。
 にもかかわらず、国は一切動かない。それはまさに無政府状態に近いと言えるのではないでしょうか。
 そんな時代に、宗教にはいかなる役割があるのか? 自分たちの時代の政治はどうなるのか。これからの日本を考えたいと思っておられるすべての方におすすめです。

 誰もがどこかの国に生まれる。最初から国家はそこにある。国や政府は、ずっと昔からあって、空気のように自然な存在に感じられる。でも人類の長い歴史からみれば、いまのような国が誕生したのは最近のことにすぎない。いつの間に、こんなに自然であたりまえのものになったのか? はじめてのアナキズムは、そんな問いからはじまる。

――「はじめてのアナキズム」松村圭一郎さんの言葉

【こんな記事が読めます】
内田樹 街場の宗教論(序) 150年の怨讐の彼方から蘇る『動く宗教性』
松村圭一郎 はじめてのアナキズム
最相葉月×三田一郎 対談 物理学者は"神"を見る
釈徹宗 「無宗教です」が通じない時代
森田真生 聴し合う神々

書誌をみる


次回は、第6号~9号についてお届けします!

(つづく)

ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

編集部からのお知らせ

【9/10(土)】平川克美×平松佑介×加藤優一「銭湯の編集術 番外編 銭湯のあるくらし~共有地としての銭湯の現在~」@SPBS TOYOSU&オンライン配信

共有地_スクエア.jpg

<開催概要>9月10日(土)14:00~15:30

<出演>
平川克美
平松佑介(小杉湯三代目)
加藤優一(銭湯ぐらし代表)

<会場>
【オフライン】SPBS TOYOSU(東京都江東区豊洲2-2-1 アーバンドックららぽーと豊洲3 4F
【オンライン】Zoom ウェビナーを使用します。

<定員>会場視聴 30名 / オンライン 上限なし

<参加費>
【会場視聴】
・会場視聴チケット:2,200円(税込)
・『共有地をつくる』書籍+会場視聴チケット:4,360円(税込・送料込)

【オンライン】
・オンライン視聴チケット:1,650円(税込)
・『共有地をつくる』書籍+オンライン視聴チケット:3,810円(税込・送料込)

■ 主催・企画:SPBS THE SCHOOL
■ 協力:ミシマ社

<内容>

生活スタイルが多様化したことにより、他者とのつながりが希薄になりつつある現代社会において、
街の中で人と人が顔を合わせる交流の場=「共有地」の役割が改めて考え直されています。
SPBSで今年5月~7月に開催した連続講座「銭湯の編集術」の題材となった「銭湯」もその一つです。

今回は「銭湯の編集術」のスピンオフ企画として、
「共有地としての銭湯の現在」を考えるスペシャルトークイベントを開催します。
ゲストには今年『共有地をつくる わたしの「実践私有批判」』を上梓した
文筆家・平川克美さん、高円寺の老舗銭湯「小杉湯」三代目番頭・平松佑介さん、
〈銭湯ぐらし〉代表・加藤優一さんをお招きします。

「誰のものでもないが、誰もが立ち入り耕すことのできる共有地があると、
わたしたちの生活はずいぶん風通しの良いものになるのではないか」と著書で語る平川克美さん。
共有地として発展し続けている高円寺の老舗銭湯「小杉湯」を営む平松佑介さんと、
エリアリノベーションの観点から銭湯を軸として街の地域資源を生かし、人を巻き込んでいる加藤優一さん。
3人が考える共有地としての銭湯のあるくらしとは。

銭湯、食堂、喫茶店、縁側……
誰のものでもあり、誰のものでもない場所、「共有地」について一緒に考えてみませんか?

ご参加はこちら

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 伊藤亜紗さんと村瀨孝生さんの往復書簡が一冊の本に! 『ぼけと利他』まもなく書店発売!!

    伊藤亜紗さんと村瀨孝生さんの往復書簡が一冊の本に! 『ぼけと利他』まもなく書店発売!!

    ミシマガ編集部

    こんにちは! ミシマガ編集部です。今週木曜日の9月15日、いよいよ『ぼけと利他』が発刊します! 『ぼけと利他』刊行のきっかけとなったのは、2020年7月18日に開催されたMSLive!「ぼけと利他~時空を超えるお年寄りたちに学ぶ」でした。出演は「宅老所よりあい」代表の村瀨孝生さんと、美学者の伊藤亜紗さん。

  • 『偶然の散歩』まえがきを公開します

    『偶然の散歩』まえがきを公開します

    ミシマガ編集部

    いよいよ9月15日(木)に、森田真生著『偶然の散歩』が書店先行発売となります。(公式発刊日は9月22日(木)です。)本書は、森田さんが2017年から2022年にわたって、日経新聞の「プロムナード」などに寄稿したエッセイ全40篇を収録しています。

  • 『ちゃぶ台』次号は10号! こんどの特集は「ボゴボゴ」!?

    『ちゃぶ台』次号は10号! こんどの特集は「ボゴボゴ」!?

    ミシマガ編集部

    こんにちは、ミシマガ編集部です。現在、『ちゃぶ台9』の特集「書店、再び共有地」に、読者の方々よりたくさんのご感想のおはがきをいただくなど、大きな反響をいただいています。取材記事で登場する「共有地」の本屋さんに、「記事を読んで行ってみました」というお声もいただいていて、すごく嬉しいです。

  • メンバーが選ぶ、小田嶋隆さんの本と言葉

    メンバーが選ぶ、小田嶋隆さんの本と言葉

    ミシマガ編集部

    小田嶋さんはこれまでにもミシマ社から3冊の本を発表され、また、数々のイベントにも登壇くださいました。本日のミシマガでは過去の著作に加えて、いますぐ読める豪華な対談記事をご紹介します!20代の若手メンバーが痺れた小田嶋さんの言葉とは・・・?

この記事のバックナンバー

09月08日
第29回 雑誌『ちゃぶ台』って、どんなことを「特集」してきたの?(後編) ミシマガ編集部
09月07日
第29回 雑誌『ちゃぶ台』って、どんなことを「特集」してきたの?(前編) ミシマガ編集部
09月03日
第28回 『ちゃぶ台』次号は10号! こんどの特集は「ボゴボゴ」!? ミシマガ編集部
06月07日
第27回 おお!周防大島!合宿 レポート(後編) ミシマガ編集部
06月06日
第27回 おお!周防大島!合宿 レポート(前編) ミシマガ編集部
04月19日
第26回 『ちゃぶ台9』を発刊します。特集発表! ミシマガ編集部
03月06日
第25回 時間銀行って何だろう?――つながりで生きる(後編) ミシマガ編集部
03月05日
第25回 時間銀行って何だろう?――つながりで生きる(前編) ミシマガ編集部
01月26日
第24回 『ちゃぶ台8』刊行記念 榎本俊二×漆原悠一×三島邦弘 鼎談(2) ミシマガ編集部
01月25日
第24回 『ちゃぶ台8』刊行記念 榎本俊二×漆原悠一×三島邦弘 鼎談(1) ミシマガ編集部
11月01日
雑誌『ちゃぶ台』バックナンバー ミシマガ編集部
10月30日
第23回 『ちゃぶ台8』、発売まであと1カ月です! ミシマガ編集部
07月14日
第22回 ちゃぶ台7刊行記念イベント「ふれる、もれる、すくわれる雑誌!?」 ミシマガ編集部
05月26日
第21回 『ちゃぶ台7』を刊行します! ミシマガ編集部
01月11日
第20回 「ちゃぶ台6」各紙で話題に! 読者の方からもぞくぞくご感想が届いています! ミシマガ編集部
11月29日
第19回 非常時を明るく生きる、ってどういうこと? 三島邦弘×Title 辻山良雄(2) ミシマガ編集部
11月28日
第19回 非常時を明るく生きる、ってどういうこと? 三島邦弘×Title 辻山良雄(1) ミシマガ編集部
10月30日
第18回 『ちゃぶ台6』巻頭文を掲載します。 ミシマガ編集部
09月12日
第17回 雑誌『ちゃぶ台Vol.6』を刊行します! ミシマガ編集部
07月15日
第16回 ちゃぶ台編集室レポート(2)コロナの時期の周防大島 ミシマガ編集部
07月14日
第15回 ちゃぶ台編集室レポート(1)コロナの時期の周防大島 ミシマガ編集部
03月15日
第14回 若者は政治に興味がない? ーー2人の学生とちゃぶ台でお話しましたーー(2) ミシマガ編集部
03月14日
第14回 若者は政治に興味がない? ーー2人の学生とちゃぶ台でお話しましたーー(1) ミシマガ編集部
03月03日
第13回 中島岳志さんインタビュー いまの政治のこと、教えてください。(2) ミシマガ編集部
03月02日
第13回 中島岳志さんインタビュー いまの政治のこと、教えてください。(1) ミシマガ編集部
03月01日
第12回 はじめてのアナキズム|松村圭一郎 ミシマガ編集部
02月22日
第11回 移住してみて(中村明珍・内田健太郎) ミシマガ編集部
11月14日
第10回 えっ、みんなでアナキズム!?(2) 近代以前の回路とつながるには ミシマガ編集部
11月13日
第10回 えっ、みんなでアナキズム!?(1) 自分の持ち場でアナキズム ミシマガ編集部
10月22日
第9回 白川密成さんインタビュー ミシマガ編集部
10月21日
第8回 渡邉康衛さん×三島邦弘トークイベント 「本づくりと酒づくり〜ちいさいものづくりで目指すこと〜」 ミシマガ編集部
09月14日
第7回 『ちゃぶ台Vol.5「宗教×政治」号』を発刊します。 ミシマガ編集部
07月19日
第6回 参院選直前特集 タルマーリー 渡邉格さんインタビュー「政治が何かを変えること」は重要だと思わないでいい ミシマガ編集部
05月04日
第5回 「おお!すおうおおしま」レポート ミシマガ編集部
05月03日
第5回 周防大島・宮田正樹さんの畑レポート ミシマガ編集部
11月11日
第4回 もっと菌を!? ミシマ社が考えるこれからの10年(2)「黄金時代がやってくる」 ミシマガ編集部
11月10日
第4回 もっと菌を!? ミシマ社が考えるこれからの10年(1)「未来の種はこんなふうに」 ミシマガ編集部
10月19日
第3回 『ちゃぶ台Vol.4』発刊! ミシマ社メンバーのおすすめ記事紹介 ミシマガ編集部
10月04日
第2回 編集長による巻頭言を掲載します ミシマガ編集部
09月25日
第1回 『ちゃぶ台Vol.4「発酵×経済」号』を発刊します。 ミシマガ編集部
ページトップへ