月刊ちゃぶ台

第37回

『ちゃぶ台11』刊行しました~!

2023.06.11更新

 こんにちは。編集チームのスミです。
 一昨日、ついに『ちゃぶ台11 特集:自分の中にぼけを持て』がリアル書店先行発売日を迎えました!(ネット書店を含むすべてのお店での発売日は、6/14(水)です。)

230605_1.jpg『ちゃぶ台11』

 本日のミシマガでは、さっそく書店で展開いただいている様子や、これまでお見せしていなかった本誌の「中身」を公開いたします!

全国の書店で展開中!

 一昨日頃より、全国の書店で展開いただいています。
 こちらは、銀座蔦屋さん。

chabudai11_ginzatsutaya.jpg銀座蔦屋

 そしてこちらは、丸善 京都本店さん。文芸書コーナーのエンド、ミシマ社コーナーなどに置いていただいています。

chabudai11_maruzenkyoto.jpg丸善 京都本店

 ジュンク堂書店 池袋本店さんでは、雑誌コーナーにて展開中。渾身のパネルも設置させていただきました。

chabudai11_junkudoikebukuro1.jpg

ジュンク堂書店 池袋本店

chabudai11_junkudoikebukuro2.jpg パネルのテーマは、「自分の中にぼけを持て。そのためには?」。
 著者のみなさんから集まった、自分の中にぼけを持つためのキーフレーズをご紹介しています。
 心の中で唱えると、ちょっと気持ちが楽になって、風が通る。そんな、おもしろくて、かつ、超実践的なヒントが、今号にはたくさん詰まっているのです。日々の仕事や人間関係、思考や気持ちの切り替えなどに、めちゃめちゃ使えます。
 それでは、実際に中身をご紹介してまいります!

今号もやっぱり、デザインがすごい!

 中身について、まずはデザインから。
 私たち編集チームは、毎号、ちゃぶ台が完成に近づく時期から発刊時まで、この言葉を連発します。

「デザイン、すご~!!」
「今号もやばいですね!」

 本誌のデザインは、第6号から、tentoの漆原悠一さんに手掛けていただいています。

230609_14.jpg『ちゃぶ台6』から『ちゃぶ台11』まで

 写真、イラスト、漫画・・・素材や色合いは毎号ガラッと変わるのに、どこか優しさの漂う、統一感のある表紙です。

230609_12.jpg 今号の表紙は、平野愛さんの写真。
 表1(表)も表4(裏)も、「ぼけ」のエッセンスが真ん中にちょこんとあしらわれているような、素敵なデザインです。個人的には、表4のわんちゃんがかわいくてかわいくて、目じりと口角を下げながらずーっと眺めてしまいます。

 また、こちらは本誌を天側(上)から見たもの。

230609_13.jpg カラフル! そして、紙を断ち落とさない「アンカット」という製本によって、味わいのある「雑味」が出ています。
 今号は、本文だけで4種類の紙を使用し、印刷の色も、モノクロ、フルカラー、3種類の特色ページと、さまざまに組み合わせました。
「ちゃぶ台」は毎号、「紙」でしか味わえないおもしろさを追求してきました。そのためもあり、電子書籍化はしていません。紙の原価が高騰したり、廃番や調達困難な紙が増えたりしているなかでも、なんとか「紙」の雑誌の良さ、おもしろさをお伝えしたいという思いで、工夫を続けています。

 そして、なんといっても、今号で最もご注目いただきたいデザインのひとつが・・・

230609_1.jpg こちら。何に見えるでしょうか?
 なんと、目次が「あみだくじ」形式になっています・・・!

 毎号、この目次ページでは漆原さんのデザインが爆発しているのですが、今回はこんな仕掛けを施していただきました。
 この目次、実際に使ってみるとめちゃおもしろいです。
 どんなに急いでいても、目的の情報にはすぐにたどり着けないし、ページ番号と読み物のタイトルが完全に分離しているので、「何を読もうかな?」という感じで適当に番号を選んでいただくと、そのときの運命の読み物へと無作為に導かれます。
 おのずと、読み方に「ぼけ」が注入される気がします。

「ちゃぶ台」は創刊以来、どこから読んでもおもしろい、そして、「最初から最後まで読み通せる」雑誌を目指してきました。この目次とともに、いろいろなジャンル、テーマ、作家さんとの偶然の出会いを楽しんでいただけたらうれしいです。

自分の中にぼけを持て そのためには?

 いよいよ最後に、読み物のご紹介です。

 さきほど申し上げたとおり、今号には、自分をふっとゆるめてくれる、ぼけの力の詰まった言葉がたくさんおさめられています。たとえば・・・

230609_2.jpg

「ぼけ」は人生において人に試練を与えます。(...)でも、それだけではありません。救いがあるのです。

「できなくなる」は見方を変えれば「できるようになる」であるとも言えます。

――村瀨孝生さん

 巻頭は、村瀨孝生さんの随筆「僕の老い方研究」です。
 特別養護老人ホーム「宅老所よりあい」の代表を務める村瀨さんは、35年間にわたって老人介護の現場に身を置くなかで、「老い方というものがあるのかもしれない」と感じるようになりました。
 始末のよい老いとは? この問いと共にはじまったのが、「僕の老い方研究」です。
 第1回では、村瀨さんがこれまで付き合ってきたお年寄りたちの記憶を掘り起こします。

230609_6.jpg

 生命と生命がわかりあうということは、靄がかかったような状態のことがわかる、ということだと思います。曖昧であることが、じつはとても重要なんだ。

――山極壽一さん

 ゴリラ研究の第一人者であり、京都大学前総長の山極壽一さんのインタビューも掲載しています。
 そもそも、「ぼけ」って人間だけのもの? という問いを持った私たちは、霊長類と人類史のエキスパートである山極先生にお話を伺うことにしました。
 人間同士、ひいては生物同士が、共に生きるってどういうこと? ゴリラの話を起点に、話はどんどん深まっていきます。

230609_4.jpg

 変にものわかりがいいふりをして、人の話を真に受けて聞き過ぎることをやめにした。

――津村記久子さん

 こちらは、毎号大人気の、津村記久子さんによるエッセイの連載です。今号のテーマは、「共にぼける」。
 人間同士が共に生きるってどういうこと? コミュニケーションって、何が大事なんだろう? そういった疑問への、思いがけない角度からのヒントが隠されています。
 誰かと会話するときについ、「これについてどう思う?」「それは間違っているんじゃないかな」と、論理や考え方にピントを合わせすぎてしまう癖がある私は、津村さんの言葉を読んで、ほんとうに救われました。
 家族、同僚、友人、恋人、あらゆる人と、「共にぼける」こと。強くおすすめいたします。

230609_5.jpg

 劇の演出をするとき、もちろん「ダメ出し」の時間は存在しますが、そのときにダメを出すことはありません。

――上田誠さん

 考えてもしょうがないことにえらい時間をかけて考え込んでませんかね。私はこれに気づいてから、その手のことを考えることは一切やめました。時間の無駄なのです。それをやめた分の時間でちょっとぼやっとすることにしています。

――若林理砂さん

 ちょっと手前で止まってみるのがいい。そしたら、なぜだかあちらがちょっと寄ってきてくれるから。

――平野愛さん

 冒頭でご紹介した写真家の平野愛さん、そして、劇作家の上田誠さんと、鍼灸師の若林理砂さんに、「自分の中にぼけを持つための三箇条」をテーマにエッセイを綴っていただきました。

 それぞれの分野で活躍されている三人は、表現活動、仕事、生活のなかで、どんなふうにして自分の中に「ぼけ」を生み出しているのでしょうか?
「ああ、だから自分は無駄にイライラしてしまっていたんだ」「だからうまくいかなかったんだ」とわが身を省みるとともに、「今日から心の中でこれを唱えよう!」と思える、薬のような、お守りのような言葉ばかりです。

***

 本日はたくさんの写真とともに、『ちゃぶ台11』の中身の魅力をたっぷりお伝えしました。
 ぜひ、お近くの本屋さんでお手に取っていただけたらうれしいです!

ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 仲野徹×若林理砂 

    仲野徹×若林理砂 "ほどほどの健康"でご機嫌に暮らそう

    ミシマガ編集部

    5月刊『謎の症状――心身の不思議を東洋医学からみると?』著者の若林理砂先生と、3月刊『仲野教授の この座右の銘が効きまっせ!』著者の仲野徹先生。それぞれ医学のプロフェッショナルでありながら、アプローチをまったく異にするお二人による爆笑の対談を、復活記事としてお届けします!

  • 戦争のさなかに踊ること─ヘミングウェイ『蝶々と戦車』

    戦争のさなかに踊ること─ヘミングウェイ『蝶々と戦車』

    下西風澄

     海の向こうで戦争が起きている。  インターネットはドローンの爆撃を手のひらに映し、避難する難民たちを羊の群れのように俯瞰する。

  • この世がでっかい競馬場すぎる

    この世がでっかい競馬場すぎる

    佐藤ゆき乃

     この世がでっかい競馬場すぎる。もう本当に早くここから出たい。  脳のキャパシティが小さい、寝つきが悪い、友だちも少ない、貧乏、口下手、花粉症、知覚過敏、さらには性格が暗いなどの理由で、自分の場合はけっこう頻繁に…

  • 新しい「普通」を一個増やす

    新しい「普通」を一個増やす

    朴東燮

    みなさま、はじめまして。朴東燮(バクドンソップ)と申します。 僕は韓国の釜山(ブサン)生まれ育ちで、いまも釜山の日光(イルグァン)という街に住んでいる、 生粋の釜山人です。

この記事のバックナンバー

03月19日
第40回 『ちゃぶ台13』の特集を発表します! ミシマガ編集部
12月04日
第39回 『ちゃぶ台12』の「捨てない」本づくり? ミシマガ編集部
11月11日
第38回 『ちゃぶ台12』の特集発表! ミシマガ編集部
06月11日
第37回 『ちゃぶ台11』刊行しました~! ミシマガ編集部
06月05日
第36回 これまでの『ちゃぶ台』で「書店、再び共有地」特集に登場したお店を紹介します!(後編) ミシマガ編集部
05月28日
第36回 これまでの『ちゃぶ台』で「書店、再び共有地」特集に登場したお店を紹介します!(前編) ミシマガ編集部
05月21日
第35回 『ちゃぶ台11』、ついに表紙と読み物をご紹介します! ミシマガ編集部
04月22日
第34回 「自分の中にぼけを持て」への旅 ミシマガ編集部
12月13日
第33回 編集部が『ちゃぶ台10』をあつあつに語る(3) ミシマガ編集部
12月12日
第32回 編集部が『ちゃぶ台10』をあつあつに語る(2) ミシマガ編集部
12月10日
第31回 本日発売!編集部が『ちゃぶ台10』をあつあつに語る(1) ミシマガ編集部
11月07日
第30回 校了目前! あたふた編集チームが、『ちゃぶ台10』の見どころを紹介します ミシマガ編集部
09月08日
第29回 雑誌『ちゃぶ台』って、どんなことを「特集」してきたの?(後編) ミシマガ編集部
09月07日
第29回 雑誌『ちゃぶ台』って、どんなことを「特集」してきたの?(前編) ミシマガ編集部
09月03日
第28回 『ちゃぶ台』次号は10号! こんどの特集は「ボゴボゴ」!? ミシマガ編集部
06月07日
第27回 おお!周防大島!合宿 レポート(後編) ミシマガ編集部
06月06日
第27回 おお!周防大島!合宿 レポート(前編) ミシマガ編集部
04月19日
第26回 『ちゃぶ台9』を発刊します。特集発表! ミシマガ編集部
03月06日
第25回 時間銀行って何だろう?――つながりで生きる(後編) ミシマガ編集部
03月05日
第25回 時間銀行って何だろう?――つながりで生きる(前編) ミシマガ編集部
01月26日
第24回 『ちゃぶ台8』刊行記念 榎本俊二×漆原悠一×三島邦弘 鼎談(2) ミシマガ編集部
01月25日
第24回 『ちゃぶ台8』刊行記念 榎本俊二×漆原悠一×三島邦弘 鼎談(1) ミシマガ編集部
11月01日
雑誌『ちゃぶ台』バックナンバー ミシマガ編集部
10月30日
第23回 『ちゃぶ台8』、発売まであと1カ月です! ミシマガ編集部
07月14日
第22回 ちゃぶ台7刊行記念イベント「ふれる、もれる、すくわれる雑誌!?」 ミシマガ編集部
05月26日
第21回 『ちゃぶ台7』を刊行します! ミシマガ編集部
01月11日
第20回 「ちゃぶ台6」各紙で話題に! 読者の方からもぞくぞくご感想が届いています! ミシマガ編集部
11月29日
第19回 非常時を明るく生きる、ってどういうこと? 三島邦弘×Title 辻山良雄(2) ミシマガ編集部
11月28日
第19回 非常時を明るく生きる、ってどういうこと? 三島邦弘×Title 辻山良雄(1) ミシマガ編集部
10月30日
第18回 『ちゃぶ台6』巻頭文を掲載します。 ミシマガ編集部
09月12日
第17回 雑誌『ちゃぶ台Vol.6』を刊行します! ミシマガ編集部
07月15日
第16回 ちゃぶ台編集室レポート(2)コロナの時期の周防大島 ミシマガ編集部
07月14日
第15回 ちゃぶ台編集室レポート(1)コロナの時期の周防大島 ミシマガ編集部
03月15日
第14回 若者は政治に興味がない? ーー2人の学生とちゃぶ台でお話しましたーー(2) ミシマガ編集部
03月14日
第14回 若者は政治に興味がない? ーー2人の学生とちゃぶ台でお話しましたーー(1) ミシマガ編集部
03月03日
第13回 中島岳志さんインタビュー いまの政治のこと、教えてください。(2) ミシマガ編集部
03月02日
第13回 中島岳志さんインタビュー いまの政治のこと、教えてください。(1) ミシマガ編集部
03月01日
第12回 はじめてのアナキズム|松村圭一郎 ミシマガ編集部
02月22日
第11回 移住してみて(中村明珍・内田健太郎) ミシマガ編集部
11月14日
第10回 えっ、みんなでアナキズム!?(2) 近代以前の回路とつながるには ミシマガ編集部
11月13日
第10回 えっ、みんなでアナキズム!?(1) 自分の持ち場でアナキズム ミシマガ編集部
10月22日
第9回 白川密成さんインタビュー ミシマガ編集部
10月21日
第8回 渡邉康衛さん×三島邦弘トークイベント 「本づくりと酒づくり〜ちいさいものづくりで目指すこと〜」 ミシマガ編集部
09月14日
第7回 『ちゃぶ台Vol.5「宗教×政治」号』を発刊します。 ミシマガ編集部
07月19日
第6回 参院選直前特集 タルマーリー 渡邉格さんインタビュー「政治が何かを変えること」は重要だと思わないでいい ミシマガ編集部
05月04日
第5回 「おお!すおうおおしま」レポート ミシマガ編集部
05月03日
第5回 周防大島・宮田正樹さんの畑レポート ミシマガ編集部
11月11日
第4回 もっと菌を!? ミシマ社が考えるこれからの10年(2)「黄金時代がやってくる」 ミシマガ編集部
11月10日
第4回 もっと菌を!? ミシマ社が考えるこれからの10年(1)「未来の種はこんなふうに」 ミシマガ編集部
10月19日
第3回 『ちゃぶ台Vol.4』発刊! ミシマ社メンバーのおすすめ記事紹介 ミシマガ編集部
10月04日
第2回 編集長による巻頭言を掲載します ミシマガ編集部
09月25日
第1回 『ちゃぶ台Vol.4「発酵×経済」号』を発刊します。 ミシマガ編集部
ページトップへ