おせっかい宣言おせっかい宣言

第56回

再発見される日本

2019.03.13更新

 台湾生まれの伊華(以下、イーファ、と書く)は、ロンドン大学衛生熱帯医学校に留学していた時の同級生である。出会ったころは、おたがい30歳にほとんど手の届きそうな、20代後半ぎりぎりであった。いまやおたがい、当時の自分たちの年齢くらいの息子たちふたりずつ、いる。先日、東京から京都に新幹線で向かっていたら、イーファから連絡がはいった。「ねえ、わたし、いま、どこにいるとおもう? 名古屋空港に着いたの。今から下呂温泉を経て、金沢と白川郷に行くの」という。名古屋に30分くらい途中下車しても、京都での仕事の約束には間にあうと思い、イーファに会うために名古屋駅で降りることにした。「名古屋駅の新幹線ホームまで来れる?」と、乗っている新幹線のナンバーと、号車を伝えておいたら、彼女はホームで待っていてくれた。抱き合って喜ぶ私たちを、ご夫君のチャン氏がうれしそうに写真に撮ってくれている。

 台湾生まれのイーファとマレーシア生まれのご夫君、チャン氏は、今はシンガポールに住んでいる。ロンドン大学でそれぞれに学位を取ったふたりは、住むところと職を探していて、シンガポールにいい条件でスカウトされたのである。シンガポールは学歴の高い華人たちを世界中からあつめている、と風の噂に聞いてたが、彼らがシンガポールに仕事を得て働き始めた時、なるほど、そういうことか、と思ったものだ。

 イーファは、台湾保健省につとめる保健師だった。台湾政府から奨学金をもらってロンドン大学の「開発途上国における地域保健」の修士課程にきていたのだ。わたしたちをふくめて、32名25カ国から、ほとんどが30歳以上の仕事の経験豊富な人たちが集まっていた。ヨーロッパの人、アフリカの人、ラテンアメリカの人たちが多い中、私たちは一番若いほうで、しかもサイズとしてもいちばん小柄なので、クラスメートたちの妹みたいに扱われていた。コースのクラスメイトからも、住んでいる大学の寮の仲間からも独身の彼女は結構人気があり、いろいろな男性から声をかけられていたようだが、彼女は見向きもしなかった。「Chizuru、わたしはボーイフレンドなんか探していないの。私はロンドンに夫をさがしにきたのよ。台湾は先々、どうなるかわからないと思うし、台湾で働く気はないの。夫を探して、一緒に結婚してどこか別の国で働くのよ」と、きっぱりと言っていた。台湾政府の奨学金もらってるんでしょ、と言ったが、それはそれ、ということらしかった。彼女のロンドン留学の理由は、もちろん学位の取得だが、それと同時に「夫さがし」であることは明確なのであった。

 そして、彼女の定義では、夫たる人は「チャイニーズでないとだめ」ということらしかった。彼女の定義のチャイニーズというのは、中国の人、というわけではないのだ。メインライド中国の人を探しているわけでも台湾の人を探しているわけでもない。彼女の言うチャイニーズとは国籍ではなく、「華人」のことである。つまりはチャイニーズ・オリジンの人で、ロンドン大学に学位を取りに来るくらい「お勉強」をしていて、将来性があって、そこそこいい人、というのがよいらしい。そのような目で見ると、ロンドン大学の大学院生の寮には、たくさんの「華人」たちがいた。中華人民共和国から来ている留学生は当時、そんなにお金を持っていなかったからか、料理に熱意があったのか、とにかくいつも寮の食堂で、せっせと料理を作っていたから、わりとすぐわかったが、みまわしてみると、ほかにも台湾からの留学生、チャイニーズ・オリジンのイギリス人、シンガポール人、マレーシア人、そして、モザンビークとか南アフリカ国籍の人たちがたくさんいた。この人たちは全て「華人」。すなわちチャイニーズである。

 イーファのおめがねにかなったのは、マレーシアからユニヴァーシティー・カレッジ(と呼ばれる大学院がロンドン大学にある)に留学し、電子工学の分野で学位を取ろうとしているチャン氏であった。マレーシアは当時から、マレー人優遇政策ブミプトラの影響で、マレーシア国籍の華人たちはほとんど政府奨学金を得ることはできないので、自費留学しているとのこと。そして、彼自身も「マレーシアに帰ってもチャイニーズ・オリジンの自分が就職できるところはなさそうなので、マレーシア以外の就職口を探している」と、イーファと同じく、故郷に帰る気は無さそうだった。

 毎日イーファと一緒にすごしていたわたしには、彼女が恋に落ちてなどいないことは明白であったが、彼女はチャン氏を夫にすることを心に決めたらしい。生々しい話であるものの、モーニング・アフター・ピルのイギリスにおける入手方法などを相談されたりしたから、急速に親しくなったことは確かなようで、それから一年以内に、彼らは結婚、そしてシンガポールで職を得て、家族を作り、暮らしているのである。台湾政府の奨学金もらったのに、台湾に帰って仕事しなくていいの? とわたしはきいたが、「ペナルティは叔父が払ってくれた」とのことで、イーファのシンガポールでの未来のために、台湾にいる叔父が、台湾政府に奨学金を返してくれた、ということらしかった。シンガポールで就職し、良い給料を得て、子どもたち二人を育て、フィリピンとかエジンバラとかに投資のための不動産など買ったりしているようだ。たった一カップルではあるけれど、彼らのようすから、インテリ層の華人社会の人たちの振る舞いが、ほの見えてくる。

 そして。こういう人たちが足繁く日本に通っているのである。ビジネスをしている人たちではないから、お金と言ってもしれているものの、それなりのお金もあり、地位もあり、影響力もある、華人たち。イーファは、すでに7回くらい日本に観光で訪れている。そのうち二度は私に会いに来たのだが、そのほかにもチャンとふたりで東京、京都、など当然、メインの観光地は周り、いまは、千歳空港に直接行って、富良野に行ったり、今回のように名古屋空港に来て、下呂温泉に行ったりしている。下呂温泉でゆかたをきて、日本食を食べている写真が送られてきて「わたしたち、本当に日本が大好き。清潔だし、みんな親切でていねいだし、食事は美味しいし。風景も素敵。もう、日本に来るとほっとするの。ここに移住したい!」と、彼女は言う。そして、こうやって日本に足繁く来ているのは彼女たちだけではなく、彼女たちのシンガポールや台湾やマレーシアの同僚、友人たちは、こぞって、「旅行というと、日本がいい」といって、日本観光のリピーターとなっているのだそうだ。そして彼女たちのいく先は、すでに、メインの観光地から、日本人でもなかなかいかないような、地方都市へと向かい、そこで一層日本のことをさらに、気にいることになるらしい。

 日本の人たちのていねいな対応や、地方のおだやかさが発見されていっているさまは、まるで明治の開国当時のようではないか、と思う。開国当時日本にやってきた西洋人たちが開国当時の日本を可愛らしい箱庭のような国、と形容したように、今の日本はそのこまごまとしたよきところが、あらためて外国人に再発見されている。そして発見している人たちは西洋人ではなく、華人をはじめとするアジアの人たちである。わたしたちには、ほぼあたりまえであるような、日本の美しい小さな細々としたことが愛されている。それが戦争で行われてきたことの免罪符にならないことは誰だって知っている。しかしこうした個人的な印象の積み重ねこそが、国の印象を変え、関係性を変えていくきっかけでなければ、なにがきっかけになりうるというのか。彼女たちをはじめとして、日本に何度も通ってきている華人社会の人たち、アジアの人たちに愛される日本であり続けたい。

三砂 ちづる

三砂 ちづる
(みさご・ちづる)

1958年、山口県生まれ。兵庫県西宮市で育つ。1981年、京都薬科大学卒業。1999年、ロンドン大学PhD(疫学)。津田塾大学国際関係科教授。著書に『オニババ化する女たち』『月の小屋』『不機嫌な夫婦』『女を生きる覚悟』など多数。本連載の第1回~第29回に書き下ろしを加えた『女たちが、なにか、おかしい おせっかい宣言』(ミシマ社)は2016年11月に発売になっている。

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • ミシマ社の話ミシマ社の話

    「ちいさいミシマ社」と買い切り55%がめざすもの

    三島 邦弘

    「これからの出版社とこれからの書店」を書いた3カ月前は、新レーベル名を「ミシマ社の本屋さん」と考えてました。が、一転、最終的に「ちいさいミシマ社」としました。その心は? と問われれば、「ちいさい」願望がむくむくと高まっていた。おそらく、そうなのだろうと自分では思っています。

  • ホホホ座とミシマ社の反省会 山下賢二×三島邦弘トークイベント

    ホホホ座とミシマ社の反省会 山下賢二×三島邦弘トークイベント

    ミシマガ編集部

    6月刊『ホホホ座の反省文』の刊行を記念して、著者の一人である山下賢二さんとミシマ社代表・三島が代官山蔦屋書店さんで対談しました。

  • 光用千春さんインタビュー 絵を描くことは世界と闘う術(1)

    光用千春さんインタビュー 絵を描くことは世界と闘う術(1)

    ミシマガ編集部

    突然父親と二人暮らしになった、小学生・花さんを取り巻く日常と彼女の成長を描いた『コスモス』。この作品を生み出した方に、ぜひお会いしたい。その興奮のまま、漫画家・イラストレーターである光用千春さんにインタビューを申し込みました。一日目の今日は、『コスモス』誕生のきっかけや、作品を作ること、はじめての漫画制作について、お話を伺います。

  • 安田登×いとうせいこう×釈徹宗×ドミニク・チェン 論語はやっぱりすごかった(1)

    安田登×いとうせいこう×釈徹宗×ドミニク・チェン 論語はやっぱりすごかった(1)

    ミシマガ編集部

    5/25(土)(『すごい論語』の発刊日)に、著者の安田さんと、『すごい論語』に登場してくださった対談相手のいとうせいこうさん、釈徹宗さん、ドミニク・チェンさんの4人全員が一堂に会する、「すごい×すごい×すごい×論語」が、青山ブックセンター本店で開催されました。その模様を2日にわたり掲載します。本日は前半です。どうぞお楽しみください!

この記事のバックナンバー

08月15日
第61回 屈辱感 三砂 ちづる
07月10日
第60回 "きれいにしていなくっちゃ"遺伝子 三砂 ちづる
06月06日
第59回 クローゼット 三砂 ちづる
05月08日
第58回 男女の心中 三砂 ちづる
04月06日
第57回 アイ・ラブ・ユー、バット 三砂 ちづる
03月13日
第56回 再発見される日本 三砂 ちづる
02月08日
第55回 求められる、という強さ 三砂 ちづる
01月07日
第54回 そういう時代 三砂 ちづる
12月10日
第53回 女性活躍 三砂 ちづる
11月12日
第52回 共有する物語 三砂 ちづる
10月10日
第51回 変わる家族 三砂 ちづる
09月10日
第50回 アジアの旅 三砂 ちづる
08月07日
第49回 仏壇 三砂 ちづる
07月08日
第48回 ランドセル 三砂 ちづる
06月09日
第47回 自営業の減少 三砂 ちづる
05月17日
第46回 「手紙」という資料 三砂 ちづる
04月09日
第45回 爪を染める 三砂 ちづる
ページトップへ