おせっかい宣言おせっかい宣言

第64回

記述式

2019.11.22更新

 職場の津田塾大学は1900年に日本初の女子留学生の一人、津田梅子が創立した女子英学塾を母体としている。津田梅子は、以前は国語の教科書に載っていたり、歴史の教科書に載っていたりしたから、よく知られていた。近年、知名度が落ちているように思われていたが、ここにきて、2024年から五千円札の肖像となることがきまり、再度注目が集まるようになってきている。在学生からは「そんなに有名な人だとは知らなかった」などと言うコメントも聞こえるくらいなので、明治時代の歴史上の人物は、今や、大河ドラマで取り上げられるか、お札にでもならない限り、注目が集まることも少ない、とも言えるのだが・・・。 

 津田梅子は6歳でアメリカに留学し、11年を過ごして帰国する。その後もブリンマー大学で学ぶために再度留学しているが、その後はずっと日本で暮らし、女子英学塾を創立することになり、女子教育に邁進する。大変聡明な女性であったことは言うまでもないのだが、彼女は生涯、読み書きに関しては、ほとんど英語で行い、日本語の読み書きには苦労したと言われている。残っている手紙や日記も英語であり、最後まで自らの気持ちをあらわすためには、英語で書く、ということであったことがうかがわれる。これは梅子だけではなく、梅子と一緒に留学した会津藩出身の山川捨松も同じであったようだ。彼女はアメリカの名門ヴァッサー・カレッジを極めて優秀な成績で卒業し、日本人女性として最初にアメリカの看護婦資格も取得し、帰国後はのちに陸軍大臣となる大山巌夫人となり、鹿鳴館の華と呼ばれるようになった女性なのだが、彼女もまた生涯、日本語の読み書きに苦労した、と言われているのである。

 幼い頃からアメリカに留学して、生活の上で日本語環境になく、また、日本語で教育を受けなかったのだから、日本語の読み書きがうまくできなかったのも当たり前だろう、と思われるかもしれないが、はたして、そうだろうか。今、日本で育って、長じて海外に留学し、英語なりフランス語なり海外の言葉を自由に繰って読み書きができるようになる人は、いくらでもいる。逆に、日本語圏以外で育ってきて、大人になって日本語を学び、日本語の読み書きを不自由なくできるようになっている外国人も、また、少なくはないのではないか。

 何が言いたいのかと言うと、それなりに能力もあり、勤勉な人は、幼い頃から習い覚えた言語ではなくても、その環境にいて努力すれば、別の言語の読み書きは、けっこうできるようになる、ということだ。梅子も捨松も、きわめて聡明で努力家の女性であることは、残っている資料からも、彼女たちの功績からも、十分すぎるくらいうかがわれるではないか。そういう、並外れて聡明で、知的な環境にも恵まれていた彼女たちが、いくらアメリカに長くいたからとはいえ、日本語の読み書きに生涯苦労したとは、どういうことなのだろう。おそらくは、当時の日本語の文章は話し言葉とは異なる文語体で書かれており、いわゆる歴史的仮名遣いを用いていたことによるのだろう。明治時代の言文一致運動などを経てもなお、1920年30年代くらいまで多くの教科書も文語体で書かれていたのだという。日本語が話せても、読み書きに不自由する、という状況はおそらく、「書き言葉」と「話し言葉」の、当時の著しい乖離にあったのであろう。明治期の言文一致運動から戦後の国語改革を経て、美しい文語体は失ったが、現在の書き言葉と話し言葉は近くなっており、そのことは日本語話者ではない人の読み書き能力の向上にも、一役買っているに違いない。言語の豊かさを享受するためには、やはり読む力、書く力があることはとても重要なことだから。

 2019年11月現在、文部科学省が共通テストとして導入する、という「記述式」問題、つまりは読む力、書く力を試すような問題について、いろいろ話題になっている。採点も難しいし、混乱を起こす、ということで、今年度内にも、結局どうなっていくかわからないような状況である。

 そうだろうな・・・と、思ってしまう。「記述式」問題は、作問も採点もそんなに簡単なことではないのだ。マークシートのように機械的に採点できないので、まことに手がかかるし、採点する側にも、それなりの覚悟と、時間と力とが要求される。津田塾は、小さな私立大学ではあるが、一貫して入学試験を「記述式」で行ってきた。日本語の読み書きに生涯苦労した創立者の思いを汲んでいる、というわけではないと思うけれども、読む力と書く力をつけることは、津田塾の教育の基本であり、入学試験はそのメッセージを包含しているのだ。科目にかかわらず、すべて記述式であり、受験生は、どの科目でも、かなりの量を書くことが要求される。

 そんな大変なことは、やめたらどうですか、という声は受験産業側などから、あがっていた、といううわさは聞いている。多くの私立大学がマークシート方式の入試を行い、受験生もそのような出題方式に対応した勉強をする中、「受験生は、津田塾のためだけに記述式問題を解く練習なんか、してくれませんよ」みたいな言い方をされていたようだ。まあ、受験産業側としては、「お客さん」、つまりは受験者数を増やすためには、他大と同じような形式をとったほうが、敷居が低くなり、受験者数も増える、と思ってくださってのアドバイスだったのだと思うが、そうですか、それではうちの入試もマークシート方式にしましょうか、という意見は、津田塾では出なかった、と記憶している。

 記述式問題は、作るのも、採点するのも、本当に苦労が多い。大変なことなのである。具体的に、何の苦労か、は、ここには書かない。入学試験に関わることだから、あまり詳しく書くことはできないのだ。しかも、企業秘密ですからね。言えることは、問題を作るのにも、採点にも、全教員が、毎年、全力をあげてあたっている、ということ。これだけ言えば、関係者には想像がつくであろう。つまりは、教員が、時々、入試の作問担当だったり、時々、採点の担当だったり、そういうことではないのだ。他の大学では、そういうことは、教員全員で、毎年やる、ということではないようであるが、本学では、毎年、全員で全力をあげて、あたっていて、入試関連作業から、免れる教員はいない。それでも、だれもこういう入試は、やめようといわない。こんなこと、大変だから、やめちゃってマークシートにしましょう、という話が出た、という記憶は、再度書くが、ないのである。みんな、大きな声では言わないけれど、こうした入試こそが大学のメッセージだ、と本質的に理解しているからである。こういう入試問題を出すから、こういう入試問題を解きたい人に来て欲しい、という唯一の私たちの受験生へのエールだと思っているからである。入って来てくれた学生に着実に私たちのメッセージが伝わっている、と思うからである。

 この学校では、専門を問わず、読む力と書く力を大切にしている。だから、書くことと読むことを、大切だ、と思っている人に来て欲しい。書くこと、読むこと、それらを通じて考えること。ものすごい基本だと思う。それをだれもやめてしまおう、といわず、いまもいわない本学は、我が職場ながら、けっこう良い大学だと思っている。大人気にならなくていいから、こういう学校がいい、と思う女性たちは、常に少数は、いるはずだ、と信じて、文科省がどういう方針であろうが、"記述式の道"を、かわらず、行くことにしたい。

三砂 ちづる

三砂 ちづる
(みさご・ちづる)

1958年、山口県生まれ。兵庫県西宮市で育つ。1981年、京都薬科大学卒業。1999年、ロンドン大学PhD(疫学)。津田塾大学国際関係科教授。著書に『オニババ化する女たち』『月の小屋』『不機嫌な夫婦』『女を生きる覚悟』など多数。本連載の第1回~第29回に書き下ろしを加えた『女たちが、なにか、おかしい おせっかい宣言』(ミシマ社)は2016年11月に発売になっている。

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 2020年度ミシマ社サポーター募集のお知らせ

    2020年度ミシマ社サポーター募集のお知らせ

    ミシマガ編集部

    こんにちは。ミシマガ編集部です。ただいまミシマ社は、2020年度「ミシマ社サポーター」を募集しています。サポーター制度がはじまってもうすぐ7年。この間、新しいことにチャレンジできたり、ちいさな会社ながら新卒をつづけて採用できたのは、私たちの出版活動を物心両面において支えてくださっている、ミシマ社サポーターさんのおかげです。

  • バンド特設サイト

    発刊1カ月記念! 『バンド』に寄せられた熱い感想を紹介します!

    ミシマガ編集部

    本日の『バンド』特設ページでは、全国各地の読者の方や書店員さんからいただいた、『バンド』のご感想を紹介いたします!発刊から1カ月が経過した『バンド』に、熱い声が続々寄せられています! みなさま、ありがとうございます!!

  • 「買う理由」がほしいしごとのわ通信

    「買う理由」がほしい

    しごとのわ編集部

    この本『ほどよい量をつくる』を書き始めてからお会いしたいと思っていた人は何人かいたけれど、最後まで取材が叶わなかったのが、ALL YOURSの木村昌史さんだった。木村さんは今年の春から、47都道府県で試着販売会を開催する全国行脚の旅を始めたばかりでなかなかつかまらず、ついぞ本の締め切りに間に合わなかったのだ。この連載を機に、はれて話を伺うことができた。

  • 今日の人生今日の人生

    今日の人生

    益田 ミリ

    益田ミリさんによる大人気コミックエッセイ「今日の人生」をお届けします!

この記事のバックナンバー

11月22日
第64回 記述式 三砂 ちづる
10月16日
第63回 スキンシップと強さ 三砂 ちづる
09月15日
第62回 かわいやのー 三砂 ちづる
08月15日
第61回 屈辱感 三砂 ちづる
07月10日
第60回 "きれいにしていなくっちゃ"遺伝子 三砂 ちづる
06月06日
第59回 クローゼット 三砂 ちづる
05月08日
第58回 男女の心中 三砂 ちづる
04月06日
第57回 アイ・ラブ・ユー、バット 三砂 ちづる
03月13日
第56回 再発見される日本 三砂 ちづる
02月08日
第55回 求められる、という強さ 三砂 ちづる
01月07日
第54回 そういう時代 三砂 ちづる
12月10日
第53回 女性活躍 三砂 ちづる
11月12日
第52回 共有する物語 三砂 ちづる
10月10日
第51回 変わる家族 三砂 ちづる
09月10日
第50回 アジアの旅 三砂 ちづる
08月07日
第49回 仏壇 三砂 ちづる
07月08日
第48回 ランドセル 三砂 ちづる
06月09日
第47回 自営業の減少 三砂 ちづる
05月17日
第46回 「手紙」という資料 三砂 ちづる
04月09日
第45回 爪を染める 三砂 ちづる
ページトップへ