おせっかい宣言おせっかい宣言

第108回

one to one

2023.08.30更新

 One to one midwifery、という言葉があった。今もあるのだろうか。助産の現場にいるわけではないので現状は良くわからないが、三〇年くらい前には母子保健分野でよく聞いた言葉だったし、助産師実習の根本においている学校も少なくないと聞いてきた。「一対一の助産」、つまりは、一人の妊婦さんに、妊娠した時から、ずーっと一人の助産師が担当し、その人がお産もみる。産後もその人がみる、ということだ。妊娠した女性にとっては「この人が私の助産婦さん(法律名では助産師だが、助産婦さん、という呼び方は、いのちのこもった呼びかけだと思う)」、というのがわかる。何かあったら、この人に頼ろう、何か不安なことはこの人に聞こう、と思える関係になる。

 日本独特の助産施設である開業助産所でのお産は、おのずと、そういう形になっていく、というか、そういう関係性が欲しいから、助産所でお産する人は、助産所を選んでいるわけだけれども、one to one midwiferyはそういう一対一の関係をもっと大きな施設でもできないか、という提案だったのだと思う。この発想自体は本当に素晴らしくて、妊婦さんにとってはもちろん安心できるし、また、"助産魂"をゲットするには、やはりこの一対一の関わりが大切である、ということも助産教育の現場では体感されているようで、学生実習に取り入れているところも前述したように少なくないのだが、現実にそれをお産の現場でできている施設がどれほどあるのか、というと、まことにこころもとないと思う。現代の医療現場では、シフト制が基本だし、労働する側からすれば、労働の場に、ずーっととどまり続けるというのは、きついことであるから、システム化しにくいのである。それは理解できる。

 でも、とにかく、「みてもらう側」からすれば、「私にはこの人がいる」というのはどれほどの安心感だろうか。とりわけ初めての妊娠の時には、わからないことだらけで、不安ばっかりである。これで大丈夫なのだろうか、こんなことがあったけど、病院に行かないといけないのだろうか、これ、たべてもいいのだろうか、夫と些細なことで喧嘩してしまったら、お腹が張ってしょうがない・・・とか、いろいろなことがあるし、夜中に滂沱と涙が止まらないことだってあるのだ。One to one midwiferyの基本には、「女性は、誰かいつも自分のことを見ていていてくれる人がいれば、それだけで、自分をよく観察するようになるし、安心できるし、成長していく」ということがあるのだ。誰かに見守られている、というだけで、人間は成長できるのである。

 妊娠出産なのだから、医療知識もあり、いざという時に頼りになるプロの助産師が一対一でみてくれるのが一番いいに決まっている。しかし、「一対一で信頼できる先輩女性がそばにいる」ということについては、医療職でなくても、できることだ。近代医療の助けを簡単には得られなかった離島のような環境にあっては、女の子が生まれると生涯その女の子に寄り添い、お産にもつきそい産後も支える仮親のような存在が任命されていたという。 

 これは、親密な人間関係の問題である。親以外の人間で自分のことをあるがままで受け止め、寄り添って一緒に歩いてくれる人がいれば、人間は成長できるし、自分のことを愛することも覚えるのである。もちろん、結婚、というのもそのような人を見つけていく方法だったわけだが、同性の先輩、という存在があることの心強さは想像できると思う。

 もう20年くらい前だったと思うが、埼玉県のある保健所のドクターが言っていた。「一人の子どもが生まれることに対していろいろな職種が関わっていますよね。妊娠したら助産婦さん、保健婦さん、産科のドクター、小児科のドクター、病院の看護婦さん、そして保育士さん、学校に行くようになると、先生もいる、でも、その子にとって、だれも、"私にはこの人がいる"と思えるようにはなっていない。どんどん次から次から異なる職種が現れて、その場かぎり。これだけたくさんの優秀なプロフェッショナルを揃えて、お金も使っていて、どの子にとっても、"この人は自分のためにいてくれる人だ"と思えない、というのはなにか、根本的に間違っているのではないですかね・・・」まことにその通りなのである。ファミリー・ドクター、家庭医、という制度は、「私にはこの人がいる」と感じらる公的システムによる医者作りであったのだが、開業医制度を基礎とするこの国の医療には、家庭医の入るスキはなさそうだ。

信じられないようなスピードで進む少子化日本、一人一人の子どもたちが大切にされてほしい、と思うけれど、結局私たちはどの子にも「私にはこの人がいる」というシステムを作れないでいるのである。私立小学校では担任が変わらないところがある、と聞く。ドイツのルドルフ・シュタイナーの思想をもとに作られたシュタイナースクールでは、人生を8年で一区切り、とわけているという。で、学齢期7歳から8年間担任が変わらないらしい。7歳から15歳までの間、ずっと自分のことを近くで見てくれる人がいる、というのはどんなに心強いことだろう。まあ、気が合わなかったらどうするのか、とか、担任を変えてほしいときはどうするのか、とか、いろいろあると思うが、ともあれそういうシステムで世界中でやっている教育なのである。

シュタイナースクールなどはいわゆるオールタナティブ・スクールと呼ばれるような学校であるが、都内でもっとも難しいとわれるエリート養成校とおぼしき私立小学校でも、6年間担任が変わらないらしい。つまり「ちょっと普通とは違うオールタナティブスクール」でも、「小学校お受験界のトップを走るような学校」でも、この6年とか8年とか担任を変えない、というシステムを長年やってきている、ということは、まことに注目に値することのように思われる。one to one midwifery ならぬ、one to one education、一対一の関係を大切にする教育である。その子の人生にとって、それはどれほど実り多い結果を産むことだろうか。

また、教師という職業を選ぶ人にとって、教師人生は思ったより短い。教師じゃなくても同じだけれど人生100年時代、職業として関われる仕事はせいぜい40年くらいであることが多い。その40年をいかにして子どもたちにゆったりと寄り添えた、という深い満足のあるものにしていくか、という働きがいの視点においても、この「担任を変えない制度」は重要であるように思う。たとえば、8年間同じクラスを持つとすれば、自分の教師人生で、多くて5サイクル、6年間ならば、6サイクル、くらいであろうか。教師という職業を選ぶ人にとってそのような子どもとの関わりは職業人生の終わりに深い豊穣をもたらすような気がする。教員の仕事があまりにたいへんで、教員のなり手がいなくなっている、と聞く。この少子化の時代に、教師が魅力的な職業ではなくなっているのである。担任を変えない、など、私立校だからできること、と言えるのかもしれないが、子どもの育ちに寄り添うこと、教師をゆとりをもって働きがいのある仕事にしていくために、このone to oneの発想も省みられる価値があるように見えてきた。

三砂 ちづる

三砂 ちづる
(みさご・ちづる)

1958年、山口県生まれ。兵庫県西宮市で育つ。1981年、京都薬科大学卒業。1999年、ロンドン大学PhD(疫学)。津田塾大学国際関係科教授。著書に『オニババ化する女たち』『死にゆく人のかたわらで』『少女のための性の話』など多数。本連載の第1回~第29回に書き下ろしを加えた『女たちが、なにか、おかしい おせっかい宣言』(ミシマ社)が2016年11月に、本連載第30回~第68回に書き下ろしを加えた『自分と他人の許し方、あるいは愛し方』(ミシマ社)が2020年5月に発売された。

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

この記事のバックナンバー

02月29日
第114回 教師生活の終わり 三砂 ちづる
01月29日
第113回 洗濯機鎮魂 三砂 ちづる
12月29日
第112回 戸籍 三砂 ちづる
11月28日
第111回 家計簿 三砂 ちづる
10月26日
第110回 文化の衣と哀悼と 三砂 ちづる
09月29日
第109回 呪縛 三砂 ちづる
08月30日
第108回 one to one 三砂 ちづる
07月28日
第107回 自分の機嫌は・・・ 三砂 ちづる
06月27日
第106回 つかないぱんたー 三砂 ちづる
05月30日
第105回 タバコのある風景 三砂 ちづる
04月24日
第104回 人間が生きているということ 三砂 ちづる
03月29日
第103回 手仕事と伝統工芸 三砂 ちづる
02月28日
第102回 拒絶される恐怖 三砂 ちづる
01月28日
第101回 嫁と姑 三砂 ちづる
12月27日
第100回 もしも 三砂 ちづる
11月27日
第99回 子供と危険 三砂 ちづる
10月28日
第98回 結婚 三砂 ちづる
09月28日
第97回 オフレコ 三砂 ちづる
08月25日
第96回 子どもについて 三砂 ちづる
07月29日
第95回 ボーダ 三砂 ちづる
06月24日
第94回 長寿県転落 三砂 ちづる
05月29日
第93回 顔が見えない 三砂 ちづる
04月16日
第92回 初めての北米 三砂 ちづる
03月16日
第91回 ダーチャ 三砂 ちづる
02月13日
第90回 プリンセス 三砂 ちづる
01月06日
第89回 寒い冬、寒い日本 三砂 ちづる
12月09日
第88回 タレフェイラ、シュトレイバー 三砂 ちづる
11月17日
第87回 前提 三砂 ちづる
10月12日
第86回 産まなかった人は 三砂 ちづる
09月08日
第85回 ウォラムコテ 三砂 ちづる
08月19日
第84回 マジョリティーの変容 三砂 ちづる
07月18日
第83回 マスク 三砂 ちづる
06月08日
第82回 ペットの効用 三砂 ちづる
05月09日
第81回 名前 その2 三砂 ちづる
04月08日
第80回 名前 その1 三砂 ちづる
03月29日
第79回 運転 三砂 ちづる
02月24日
第78回 かけおち 三砂 ちづる
01月28日
第77回 夢をみた 三砂 ちづる
12月24日
第76回 若い女性を愛する 三砂 ちづる
11月26日
第75回 ナラマニヤン先生 三砂 ちづる
10月26日
第74回 クリス 三砂 ちづる
09月21日
第73回 知らなかった力 三砂 ちづる
08月05日
第72回 胸痛む夏 三砂 ちづる
07月12日
第71回 失われる教育 三砂 ちづる
05月25日
第70回 道ならぬ恋の行方 三砂 ちづる
05月06日
第69回 その次のフェーズには 三砂 ちづる
03月27日
第68回 還暦を超えても楽しい 三砂 ちづる
02月19日
第67回 献身のエトス 三砂 ちづる
01月23日
第66回 親を許す 三砂 ちづる
12月20日
第65回 更年期  三砂 ちづる
11月22日
第64回 記述式 三砂 ちづる
10月16日
第63回 スキンシップと強さ 三砂 ちづる
09月15日
第62回 かわいやのー 三砂 ちづる
08月15日
第61回 屈辱感 三砂 ちづる
07月10日
第60回 "きれいにしていなくっちゃ"遺伝子 三砂 ちづる
06月06日
第59回 クローゼット 三砂 ちづる
05月08日
第58回 男女の心中 三砂 ちづる
04月06日
第57回 アイ・ラブ・ユー、バット 三砂 ちづる
03月13日
第56回 再発見される日本 三砂 ちづる
02月08日
第55回 求められる、という強さ 三砂 ちづる
01月07日
第54回 そういう時代 三砂 ちづる
12月10日
第53回 女性活躍 三砂 ちづる
11月12日
第52回 共有する物語 三砂 ちづる
10月10日
第51回 変わる家族 三砂 ちづる
09月10日
第50回 アジアの旅 三砂 ちづる
08月07日
第49回 仏壇 三砂 ちづる
07月08日
第48回 ランドセル 三砂 ちづる
06月09日
第47回 自営業の減少 三砂 ちづる
05月17日
第46回 「手紙」という資料 三砂 ちづる
04月09日
第45回 爪を染める 三砂 ちづる
ページトップへ