おせっかい宣言おせっかい宣言

第92回

初めての北米

2022.04.16更新

 北米に行ったことがなかった。いや、行ったことはあるが、空港で乗り継ぎしただけで、空港の外に出たことがなかった。北米に行ったことがないのは、若い頃からのアンチUSAな態度が影響していたが、それはともかく、南米の大国、ブラジルに1990年代に10年住んでいたから、空港自体の乗り継ぎは、北米で、何度もしていたのだが、空港の外に出たことがなかったのである。
 思えば、その頃は、JAL(日本航空)もANA(全日本空輸)も、ロサンゼルス経由のブラジル直行便、というフライトを持っていた。直行便、というのは要するに機体を乗り換えないで、同じ機体で、ブラジルまで行く、ということで、ロサンゼルスは給油だけ、ということである。今調べてみると、JALは2010年まで32年間、日本とブラジル直行便をJALの機体で飛ばしていたようだし、ANAは、ヴァリグ・ブラジル航空の機体で2006年まで共同運行していた。個人的にJALがあまり好きではなかったため、ずっとANAに乗ってきたので、日本ブラジル直行便は、ヴァリグ・ブラジル航空のものしか乗ったことがない。ブラジルと日本の時差は12時間で、ちょうど地球の裏側になる。つまりは、日本から一番遠いところである。直行便とはいえ、ロサンゼルスまで11〜12時間、ロサンゼルスからリオデジャネイロ(あるいはサンパウロ)までまた11〜12時間かかった。飛行機に12時間くらい乗る、というのはなかなかしんどいのであるが、12時間越えると、慣れてしまうのか、なんだかどうでも良い感じになってしまって、ロサンゼルスからの12時間はそんなにつらくなかったようなことを記憶している。
 ブラジルは世界で最も日系移民がたくさん住んでいる国で、人口の1%は日系人と言われている。だから、当時のブラジル-日本直行便は、日系の方々の"足"でもあった。1%の人口が日系人なのだから、この直行便の"お客さん"になる人も多いことになる。ヴァリグ・ブラジル航空はブラジル国内で、1960年代から結構長いこと、このブラジル-日本直行便のテレビCMを打っていたらしい。「浦島太郎」という話は、日本人ならおそらく誰でも知っているが、「ウラシマタロウ」は1990年代、私がブラジルに暮らしていた頃、ブラジル人の間でも、とてもよく知られていたのである。私が日本から来ました、というと、少なからぬブラジルの人が、あら私はウラシマタロウ、知ってるわよ、ポブレ・ペスカドールでしょ? というのである。なんで知ってるの? 浦島太郎? ポブレ・ペスカドール? 何それ? ポブレ・ペスカドールというのは pobre pescador、すなわちポルトガル語で「貧しい漁師」のことである。「ウラシマターロ、ポブレペスカドール・・・」と少なからぬブラジル人が、私の聞いたこともない、「ウラシマターロの歌」を歌ってくれた。なんですか、これは?
「ウラシマターロの歌」は、ヴァリグ・ブラジル航空のテレビCMで流れていた歌らしく、その内容は、「日本のある村に浦島太郎という貧しい漁師がいました。かわいそうな亀を助けたお礼に、亀は浦島太郎を背中に乗せて、ブラジルに連れて行きました。浦島太郎は、ブラジルがあんまり楽しくて居心地がいいので、何年も時間が過ぎるのも忘れて、うっとりと暮らしてしまいました。何年も経っておじいさんになって、ああ、日本が恋しいなあ、と思っていると、きれいな女性たちから玉手箱のプレゼントが届けられます。その中に入っていたのは、なんと、うれしい、ヴァリグの日本行きチケット! 浦島太郎は、日本に飛んでいきましたとさ」というものらしく、微妙に、というか、かなり、というか、日本昔話バージョンと違うのだが、ブラジルの人の間にあまねく膾炙しているお話となっており、原作は、今となっては日系人でもご存じないかもしれないと思うほど。よくできたストーリーで、確かに、竜宮城とブラジルはちょっと似ているかもしれず・・・。タコやヒラメのサンバとか・・・。いや、やっぱり微妙に違うのだが。
 1960年代から運行していたこれらの直行便は、今は、もう、ない。JALも(おそらく)経営不審が原因で2010年に撤退、ヴァリグは2005年に倒産、2006年に撤退してしまった。ブラジルー日本を何度も往復していた私は、スター・アライアンスだったヴァリグのマイレージをものすごくたくさん持っていて、一番高いステータスをもらっていたのだが、倒産とともに霧消した。会社が倒産すると、もちろんマイレージもなくなるのだ。悲しかった。今は、ブラジルに行こうとすると、どこかで違う機体に乗り継がなければならない。アメリカとかカナダとかで乗り換えるか、2001年の同時多発テロ以降、アメリカがトランジットの乗客にもビザを要求したりし始めたことで、ヨーロッパ経由の便の値段が安くなって使いやすくなったから、フランクフルトとかアムステルダムとかで乗り換えていた。
 ところが、このヨーロッパ経由南米行き、は、また難しくなりそうである。ロシアのウクライナ侵攻に伴い、日本からのヨーロッパ直行便がロシアの上を飛べなくなったのである。我々くらいの年代は、冷戦当時、ソ連の上を飛べる航空会社は、ソ連の航空会社、アエロフロートだけであったことをよく覚えている。ヨーロッパに行こうとすれば、アラスカのアンカレジ経由北回りで一回北極圏に出てからヨーロッパに入るか、南回りでバンコクとかカラチとか経由してヨーロッパに入るか、のどちらかであった。北回りでも17時間くらいかかったり、南回りだともっと時間がかかったりした。冷戦終結後、全ての日本からのヨーロッパ直行便はロシアの上を飛んで11時間くらいでヨーロッパに着くようになり、ああ、早くなったなあ、と思ったものだ。再度、政治的理由により、ロシアの上を飛べなくなる時代が来るなんて・・・。おそらくこれからまたしばらくは、南米行きは、アメリカやカナダを経由することになるのであろう。
 ブラジル直行便が無くなった現在、日本からラテンアメリカへの直行は、ANAのメキシコシティー便があるだけだ。14時間くらいかかるのだが、成田からノンストップでメキシコシティに着く。新型コロナパンデミックでも欠航することなく飛んでいて、実にありがたい。ここ数年、エルサルバドルで仕事をしているので、このメキシコシティー直行便をよく使う。それでもこちらも乗り換えだけでメキシコの空港の外に出たことはなかったのだが、今回とうとう、一泊二日だけだがエルサルバドル出張の帰りにメキシコシティの街に出た。
 おお、初の北米訪問である。ご存知の方はご存知かと思うが、メキシコというのは北米である。北米は、カナダ、アメリカ合衆国、メキシコ、なのである。中米と呼ばれる国々にメキシコは入らない。ラテンアメリカ、というくくりには、メキシコはもちろん入っているのだが、この国は北米の国なのである。初めて訪れた北米の地がメキシコシティー。時は3月、紫色の桜のようなジャカランダ(メキシコでは、ハカランダという)が咲き誇り、伝統ある建築物と街並みが残り、空気はなんだかものすごく悪く、治安は一時ほどは悪くない、と言われていたメキシコシティーである。JICA事務所を表敬訪問し、メキシコのパワフルな助産婦、ラウラ・カオに会い、ずっと行きたかったテノチティトラン跡に行き、ミシマガジンのメキシコ連載でおなじみ、すみちゃんにおすすめいただいた、ポソーレという美味しいスープをいただいたあたりで、真夜中のANAメキシコシティーー成田直行便の時間となった。ポソーレはラテンアメリカ特有のすごく大粒のとうもろこしや肉が入ったスープで、ボリュームもあるけどさっぱりしていて、すごく美味しい。すみちゃん、ご紹介ありがとうございました。メキシコに行かれる方、ぜひ、食べてくださいね。北米メキシコを再訪できる機会を今は心待ちにしている。

三砂 ちづる

三砂 ちづる
(みさご・ちづる)

1958年、山口県生まれ。兵庫県西宮市で育つ。1981年、京都薬科大学卒業。1999年、ロンドン大学PhD(疫学)。津田塾大学国際関係科教授。著書に『オニババ化する女たち』『死にゆく人のかたわらで』『少女のための性の話』など多数。本連載の第1回~第29回に書き下ろしを加えた『女たちが、なにか、おかしい おせっかい宣言』(ミシマ社)が2016年11月に、本連載第30回~第68回に書き下ろしを加えた『自分と他人の許し方、あるいは愛し方』(ミシマ社)が2020年5月に発売された。

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 益田ミリ

    益田ミリさんの大人気コミックエッセイ「今日の人生」は、2022年4月に連載10周年を迎えました! さらに、連載を単行本化した『今日の人生』の発刊から5周年! 連載開始時から大きく変わった世界の中で、ずっと変わらない日常の尊さを描き続けている本連載。なんとなく疲れを感じたとき、世の中の目まぐるしい変化の中で少し立ち止まりたいときなど、折に触れてお読みいただけると嬉しいです。

  • 『教えて!タリバンのこと』刊行特集 教えてください! イスラム圏、ウクライナ、これからの世界の見かた(前編)

    『教えて!タリバンのこと』刊行特集 教えてください! イスラム圏、ウクライナ、これからの世界の見かた(前編)

    ミシマガ編集部

    『教えて!タリバンのこと』発刊を記念して、内藤先生の特別インタビューを掲載します。本書は、「世界を別の角度から見ること」や「土台の異なる他者との対話」の大切さを訴える一冊です。  アフガニスタンの米軍撤退と、ロシアのウクライナ侵攻はつながっている? ロシアにも米国にも侵攻された経験をもつ人びとは、今起きている戦争と国際社会をどう見ている? 今まさに、ひとりでも多くの方に読んでいただきたい言葉をお届けします。

  • 声に出して読みたいウクライナ語

    声に出して読みたいウクライナ語

    松樟太郎

    こんにちは、ミシマ社から『声に出して読みづらいロシア人』という本を発刊いたしました松と申します。2022年2月、そのロシアが突然ウクライナに戦争を仕掛け、今もまだ戦闘状態が続いています。どちらの国も言語も好きな私にとっては、正直、いたたまれません。

  • ウクライナ侵攻について(藤原辰史)

    ウクライナ侵攻について(藤原辰史)

    藤原辰史/伊原康隆

    歴史学者の藤原辰史さんと数学者の伊原康隆さんによる、往復書簡の連載です。ロシアがウクライナに侵攻したという事実を前に、今回の藤原さんからのお手紙は、歴史学者の立場から、今目の前で起こっていることについて、記していただきました。

この記事のバックナンバー

04月16日
第92回 初めての北米 三砂 ちづる
03月16日
第91回 ダーチャ 三砂 ちづる
02月13日
第90回 プリンセス 三砂 ちづる
01月06日
第89回 寒い冬、寒い日本 三砂 ちづる
12月09日
第88回 タレフェイラ、シュトレイバー 三砂 ちづる
11月17日
第87回 前提 三砂 ちづる
10月12日
第86回 産まなかった人は 三砂 ちづる
09月08日
第85回 ウォラムコテ 三砂 ちづる
08月19日
第84回 マジョリティーの変容 三砂 ちづる
07月18日
第83回 マスク 三砂 ちづる
06月08日
第82回 ペットの効用 三砂 ちづる
05月09日
第81回 名前 その2 三砂 ちづる
04月08日
第80回 名前 その1 三砂 ちづる
03月29日
第79回 運転 三砂 ちづる
02月24日
第78回 かけおち 三砂 ちづる
01月28日
第77回 夢をみた 三砂 ちづる
12月24日
第76回 若い女性を愛する 三砂 ちづる
11月26日
第75回 ナラマニヤン先生 三砂 ちづる
10月26日
第74回 クリス 三砂 ちづる
09月21日
第73回 知らなかった力 三砂 ちづる
08月05日
第72回 胸痛む夏 三砂 ちづる
07月12日
第71回 失われる教育 三砂 ちづる
05月25日
第70回 道ならぬ恋の行方 三砂 ちづる
05月06日
第69回 その次のフェーズには 三砂 ちづる
03月27日
第68回 還暦を超えても楽しい 三砂 ちづる
02月19日
第67回 献身のエトス 三砂 ちづる
01月23日
第66回 親を許す 三砂 ちづる
12月20日
第65回 更年期  三砂 ちづる
11月22日
第64回 記述式 三砂 ちづる
10月16日
第63回 スキンシップと強さ 三砂 ちづる
09月15日
第62回 かわいやのー 三砂 ちづる
08月15日
第61回 屈辱感 三砂 ちづる
07月10日
第60回 "きれいにしていなくっちゃ"遺伝子 三砂 ちづる
06月06日
第59回 クローゼット 三砂 ちづる
05月08日
第58回 男女の心中 三砂 ちづる
04月06日
第57回 アイ・ラブ・ユー、バット 三砂 ちづる
03月13日
第56回 再発見される日本 三砂 ちづる
02月08日
第55回 求められる、という強さ 三砂 ちづる
01月07日
第54回 そういう時代 三砂 ちづる
12月10日
第53回 女性活躍 三砂 ちづる
11月12日
第52回 共有する物語 三砂 ちづる
10月10日
第51回 変わる家族 三砂 ちづる
09月10日
第50回 アジアの旅 三砂 ちづる
08月07日
第49回 仏壇 三砂 ちづる
07月08日
第48回 ランドセル 三砂 ちづる
06月09日
第47回 自営業の減少 三砂 ちづる
05月17日
第46回 「手紙」という資料 三砂 ちづる
04月09日
第45回 爪を染める 三砂 ちづる
ページトップへ