おせっかい宣言おせっかい宣言

第69回

その次のフェーズには

2020.05.06更新

 2020年4月、目先のことの対応に必死である。コロナパンデミックの中、世界中すべての人が働き方を考えなければならなくなった。いや、働き方を考えようとする人はまだいいのかもしれなくて、仕事自体がなくなった人もたくさんいて、そういう方々はもっと大変である。いわゆる外で仕事をしていなくて、家事や育児を家でやっていた方も、外に仕事や学校に行っていた人がみんな、家にいるようになって、家の中を回すのも大変になっていると思う。みんな、文字通り、必死だと思う。
 大学教員の日々も、一転してしまった。緊急事態宣言を受けて、大学自体が入構禁止になり、学生さんにキャンパスにきてもらうどころか、自分の研究室にさえ、許可なしでは出入りできなくなった。許可されるとしても、「何か必要なものを取りに行く」30分程度しか認められず、「研究室で研究」することはできなくなった。大学教員にとっては、研究室というのは自分の頭の中で考えていることのあれこれの延長線上にあるようなもので、そこに行けなくなる日が来るなんて想像もしてなかったが、現実というのはいつも想像の先を行く。
 東京都は大学に休業要請をしているから、本来は大学も休業要請されている他の業種と同じように、完全に休業しなければならないのかもしれないが、そうはいかない。年限のうちに卒業したい学生さんに卒業していただくためには授業をやるしかない。対面で授業ができないのなら、オンライン授業しかないわけで、世界中の大学がオンライン授業に踏み切る。3月初めにハーバード大学がすべてオンラインにした、ときいたときは、え?そんなことになってしまうの・・・と思っている暇もなく、3月末には、日本のほとんどの大学もオンライン授業、ということになってしまった。
 課題を出してレポートを出してもらう、とか音声つきのパワーポイントをクラウド上にあげる、とか、対面ではない授業のオプションはいろいろあるけれど、もちろん一番多いのは、「zoom授業」で、すなわちzoomをつかって、リアルタイムで教師が授業をやり、それを学生がパソコンやスマホできき、質問したり議論したりする、というものである。こんな、生まれてから一度もやったことがないことに、いい年をした大学教師が必死で取り組んでいるのが今、である。
 zoomを使って会議などやってみた方はおわかりと思うが、これはなかなか、疲れる。家から配信しているので、環境としては自分の馴染んだところから話すのだから良いように思うが、とにかく、時間がかかるし、神経がすり減る感じがする。リアルタイムでやるより、まず、時間がかかる。昨日もzoomで10名程度のゼミをやってみた。みんなの顔を見られてうれしいのだが、終わってからびっくりするくらい疲れてしまった。神経の使い方、体の使い方、頭の使い方がまったく今までと違う。慣れるのにかなりかかるかもしれない。しかし、慣れなければならない。すくなくとも、私の勤め先の大学はすでに夏休み前までの授業はすべてオンラインになった。これでやるしかないのである。

 zoom授業は疲れる、しかし、それはほどなく慣れるであろう。しかし、こういった授業を半年、あるいは長ければ1年、やってしまったら、そのあとはどうなるんだろう。これでたとえば1年やっちゃって、こういったことができることがわかってしまえば、「オンラインじゃない授業に戻す」ことになったとき、みんな賛成できるのだろうか。いままでは、とにかく大学の授業は対面が前提だった。教師というのは、教室に来て講義をするものであり、学生というのは、遠くに住んでいたら、大学のそばに来て下宿して、あるいは2時間でも2時間半かけてでもせっせと通ってきて、90分間授業をする教員と、同じ空間と時間を共有して、授業を受けることが、単位を取る、という前提であったのだ。それ以外のオプションは全く提示されていなかった。それが教育の前提だった。それは、現実にすばらしいことだったのだ。教師が前にいて、学生がいる。そこでは、話は思わぬ方向に進んでいったり、学生のプレゼンスや興味に従って、思わぬ発展があったりした。講義でもそうだったから、少人数のゼミではなおさらのこと、親密に共有した空間から、想像を超える学びが立ち上がっていた。わたしは、大学の、大学で行う授業が、大好きだった。その、思いもかけない、場の共有にたちあがってくる、あの、一瞬があったがゆえに。いま、その「教室で授業という大前提」を、みんなで大きく崩した。オンライン大学などというのは、もともと、あったと思うけど、ほとんどの大学の教員は、そういうことに賛成できないと思っていたし、とにかく、現場で顔をあわせることこそが大切だと思っていて、その大前提を死守しようとしていた。いや、意識しないでも、そうなっていたのだ。だが、一旦、オンライン授業を始めて、やらざるを得ないからやって、いま、目の前のことに必死だからやって、そして、できるだけのオンライン教育をそれこそ心血を注いで確立して、そうやってある程度の期間を過ごしてしまうと、元いた場所には、もう、戻れないのではないのか。
 たとえば、遠方に住んでいたり、体の都合によっては、家から授業できる方がずっといい方は少なからずおられる。現実に、私の所属している学科では、ラテンアメリカに住んでおられる先生に1タームだけ日本に来てもらって授業をしてもらおうとしていた。コロナパンデミックの中、来てもらえるだろうか、来てもらうのも心配だな、おいでになっても帰れなくなったらどうしよう、と思っている間に、もう、ラテンアメリカから来てもらうことなど現実的ではなくなり、授業はすべてオンラインになった。オンラインになってみると、逆に、ああ、ラテンアメリカにいたまま、講義してくださいね、とお願いできることになり、渡航に伴う不安をかかえなくてもよくなって安心した。さらに、この先生はほとんど目が見えない方なのだが、そういう意味でもご本人は、「家から講義できることは安心だ」とおっしゃっているそうである。ほかにも、歩くことがつらかったり、通勤がむずかしかったりする先生方は、少なくなかった。このオンライン授業の必要性がなくなったとき、そういう方々に、どうしても大学に来て授業をしてください、という理由をどうやって見つけることができるだろう。
 また学生たちにも「絶対、対面授業に来ないと単位は出さない」って、言い切れるんだろうか。どうしても家から出られないので、オンラインで授業を受けさせてください、と言われたら、それを断る理由など、なくなる。一旦、できることがわかってしまったのだから。では、キャンパスに集まることの意義ってなんだろう。教室に全員いることの意義は?大学教育の根本が問われることになる。元いた場所には、もう戻れないことを覚悟しなければならない。学生さん、みんな大学にきてね、といって、みんなで集まれていた時は、いい時代だったね、と言われることになるのだろうか。
 大学教員だけではない、今は、とにかく、目の前の対応に必死だが、この後に来る時代がどのようなものか、まだうまく想像できないまま、ただ、目の前の対応が必死なだけでなく、真摯でありたいと願っているばかりの4月である。

三砂 ちづる

三砂 ちづる
(みさご・ちづる)

1958年、山口県生まれ。兵庫県西宮市で育つ。1981年、京都薬科大学卒業。1999年、ロンドン大学PhD(疫学)。津田塾大学国際関係科教授。著書に『オニババ化する女たち』『死にゆく人のかたわらで』『少女のための性の話』など多数。本連載の第1回~第29回に書き下ろしを加えた『女たちが、なにか、おかしい おせっかい宣言』(ミシマ社)が2016年11月に、本連載第30回~第68回に書き下ろしを加えた『自分と他人の許し方、あるいは愛し方』(ミシマ社)が2020年5月に発売された。

編集部からのお知らせ

5/23(土)に三砂先生の新刊
『自分と他人の許し方、あるいは愛し方』
を発刊します!

自分と他人の許し方、あるいは愛し方_装丁ラフ - コピー.jpg

 豊かな経験を持つ三砂先生は、まさに、「人生の先生」。決して他人を否定することなく、自分の考えを押しつけることもなく、柔らかな語り口で読者を包んでくれます。人生の岐路に立ったときに、きっと自分を助けてくれる、そんな1冊です。

詳しくはこちら

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • MS Live! 制作室

    「こどもとおとなのサマースクール 2020」開催のごあいさつ&チケットのご案内

    MS Live! 制作室

    今年の夏、ミシマ社は、念願のサマースクールを開講することにしました。もとをたどれば2年前、周防大島でサマースクール(プレ)をおこないました(詳しくは「ちゃぶ台」Vol.3をご覧いただければ幸いです)。とはいえ、当時は一般の方々へ開いたかたちではありませんでした。昨年は多忙を理由に断念。このままいけば、今年も「ない」まま流されていたかもしれません。が、今年はなんとしても、開催しよう。しなければいけない、と思うに至りました。

  • 「ど忘れ大賞」開催!? みんなの「ど忘れ」大募集!!

    「ど忘れ大賞」開催!? みんなの「ど忘れ」大募集!!

    ミシマガ編集部

    昨日発売となったいとうせいこうさんの新刊『ど忘れ書道』。その刊行を記念して、「ど忘れ大賞」という前代未聞の賞を開催することになりました! 審査員長はもちろんこの方! 「忘れの天才」こと、いとうせいこうさんです!!

  • 土井善晴先生×中島岳志先生「一汁一菜と利他」(1)

    土井善晴先生×中島岳志先生「一汁一菜と利他」(1)

    ミシマガ編集部

    2020年6月20日、MSLive!にて、土井善晴先生と中島岳志先生のオンライン対談が行われました。料理研究家と政治学者、そんなお二人のあいだでどんなお話が繰り広げられるのか、一見、想像がつきづらいかと思います。ですが、自分たちの足元からの地続きの未来を考えるとき、中島先生が最近研究のテーマに据えられている『利他』と料理・食事のあいだには、大切なつながりがあることが、対話を通して明らかになっていったのでした。今回の特集では前半と後半の2回にわけて、そんなお二人のお話の一部をお届けします。

この記事のバックナンバー

08月05日
第72回 胸痛む夏 三砂 ちづる
07月12日
第71回 失われる教育 三砂 ちづる
05月25日
第70回 道ならぬ恋の行方 三砂 ちづる
05月06日
第69回 その次のフェーズには 三砂 ちづる
03月27日
第68回 還暦を超えても楽しい 三砂 ちづる
02月19日
第67回 献身のエトス 三砂 ちづる
01月23日
第66回 親を許す 三砂 ちづる
12月20日
第65回 更年期  三砂 ちづる
11月22日
第64回 記述式 三砂 ちづる
10月16日
第63回 スキンシップと強さ 三砂 ちづる
09月15日
第62回 かわいやのー 三砂 ちづる
08月15日
第61回 屈辱感 三砂 ちづる
07月10日
第60回 "きれいにしていなくっちゃ"遺伝子 三砂 ちづる
06月06日
第59回 クローゼット 三砂 ちづる
05月08日
第58回 男女の心中 三砂 ちづる
04月06日
第57回 アイ・ラブ・ユー、バット 三砂 ちづる
03月13日
第56回 再発見される日本 三砂 ちづる
02月08日
第55回 求められる、という強さ 三砂 ちづる
01月07日
第54回 そういう時代 三砂 ちづる
12月10日
第53回 女性活躍 三砂 ちづる
11月12日
第52回 共有する物語 三砂 ちづる
10月10日
第51回 変わる家族 三砂 ちづる
09月10日
第50回 アジアの旅 三砂 ちづる
08月07日
第49回 仏壇 三砂 ちづる
07月08日
第48回 ランドセル 三砂 ちづる
06月09日
第47回 自営業の減少 三砂 ちづる
05月17日
第46回 「手紙」という資料 三砂 ちづる
04月09日
第45回 爪を染める 三砂 ちづる
ページトップへ