おせっかい宣言おせっかい宣言

第117回

タレフェイラ

2024.05.27更新

 ポルトガル語である。ブラジルで使われているポルトガル語、「タレフェイラ」。ポルトガルで使われているかどうかわからないが、1990年代十年間住んでいたブラジルではよく耳にした言葉であった。どの言語でもそうだと思うが、その言語でしかあらわせない独特の表現が元々あったり、生み出されたりしていくものだ。そしてそのような一言に文化の真髄があらわれたりする。この「タレフェイラ」は、今も忘れることのできない、一言である。

 タレフェイラのもとになっている単語は「タレファ」であり、ポルトガル語で「tarefa」である。tarefaは、仕事、とか務め、とかいう意味だ。もっと軽く、作業、というような意味もあると思う。タレファは仕事、であり、タレフェイラは、直訳すると、「仕事をする人」という意味だ。

 しかしタレフェイラ、というときには、もっと深い意味が含まれていた。「あの人は、タレフェイラだからね」というのは、決して本人の前では言ってはいけないことで、第三者のことを説明するときに使う。「あの人はタレフェイラ」というのは、あの人は仕事をする人だね、すごく仕事ができる人だね、という意味ではない。「タレフェイラ」というのは「あの人は言われた仕事しかしない人、言われたことしかやらない人、それ以上のことをやらない人、自分の頭で考えて仕事や作業をしていない人」のことを指す。タレフェイラは決して「仕事」ができないわけではない。むしろ、結構、できたり、する。はい、これが仕事ですよ、と言われたことくらいは、さささ、とこなせたりする。仕事早いね、とかいってもらえたりする。しかし、それしか、できない。自分の判断で、やれ、と言われた仕事をより洗練したものにしていく、とか、同じ仕事でも心を込めて仕上げて期待以上のものにしていく、とか、自分の判断でこれはまずいと思うことは改善したりする、とか要するに、AIじゃなくて、人間である、ということはそのようなことができることなのだから、言われたことしかやらないのは、非人間的なことである、というようなニュアンスが含まれるのである。

 ブラジルにいた頃、二国間国際医療協力の仕事もしていた。だから、州の保健局とか、ブラジリアの保健省とかに仕事に行くことがある。親しい同僚に、「今度、保健省のxxさんに会いに行くんだよ」というと、「ああ、あの人はね、タレフェイラだからね、気をつけなさいよ」と言われたりする。こういうのは、悪口、というより、親しい人からの注意、っていう感じである。それは「あの人は仕事ができない人じゃないよ、でも、それ以上のことはやらないからね」ということで、ようするに「そんなに信頼できる人じゃないよ、だからそんなに深い話してもダメだよ、まあ、目の前のことだけ片付ける感じだね」と、そいういうことが含意されているのである。

 これ、よくわかるのではないだろうか。よくわかるけれども、日本語にはそのようなことを一言でぴたり、と言い表す言葉がない。ない、ということは、そもそもそういうことは言わずもがなであった、とも考えられるし、だからこそ、そういうことを問題にするべきだという状況になったとき、表す言葉がない、とも言える。ポルトガル語には、この言葉があった、ということは、タレフェイラはあまり信用されない、ということだから、仕事の内容に関わらず、言われたことしかやらない、その場で自分の判断をしていかない、という人は、敬意を持って表されない、ということがよく表現されている、ということなのである。

 近代をどういう時代、というか、いろいろな言い方があると思うけれど、ちょっと油断していると、タレフェイラの集合になってしまうのが近代、である。近代社会というのは専門性を持った職業が確立する世界、と言ったのはマックス・ウェーバーだった。専門性を持った職業が確立する、というのは、逆に言えばある職業に就くということは、誰がやっても同じことができるようになる、ということだから、近代社会というのは構造的にタレフェイラの量産を前提としているとも言える。だからこそ近代社会は学校というシステムを強固に確立し、タレフェイラ量産に励んだのである。そこで、いやいや、それは、人間的じゃないでしょ、人間ってもっとその場の、仕事の手ざわりとか判断とか心の通い合いみたいなものがないと、仕事の質を上げていけないでしょ・・・みたいな思いが結晶していくと「タレフェイラ」という言葉になりうるのであり、それはラテンアメリカ社会が近代社会のエトスのみに巻き込まれないような強靭さを持っていることの裏返しでもある、とか言っちゃうと、おそらく言い過ぎかもしれない。しかし何が言いたいいかというと、日本のようにもう、あわてて近代化しないと西洋列強の餌食になっちゃう、と、猛スピードで近代社会を作り上げ、それなりに、成功した、と、はたからみえるような社会を作っちゃった場合は、その弊害はおそらく、ラテンアメリカより出やすい。タレフェイラって言葉もないし。

 2024年5月1日、熊本県水俣市で行われた水俣病慰霊式に続いて行われた環境省主催の伊藤信太郎環境大臣と患者及び被害者団体との懇談会、8つの患者や団体が3分間の発言を求められていたというが、二人の発言に対して、3分をこえたところでマイクが切られた。環境省の職員が、3分をこえたらマイクを切る、というマニュアルにそって、高齢男性が亡くなった妻の症状や被害のことを話している最中でも、マイクを切ってしまったというのだ。会場からは「最後まで言わせてやれよ」とか別の団体からは「私たちの時間を使って」という言葉もあったという。

 誰が切った、切らない、という問題より、その場にいた、主催者側の誰もが「それぞれの発言は3分」という「タレファ」(作業)だけを遂行しようとするタレフェイラであり、タレファ以上のことをする気が、さっぱりなかった、ということである。そりゃあ、時間を守る必要はあるだろう。大臣は分刻みのスケジュールをこなしているのであろうし、新幹線の時間も飛行機の時間もあるだろう。だけど、そもそも、何をしに水俣に来ているのか。慰霊式であり、患者の声を環境相と環境省職員が直接聞く、ということ以上に大切なことはない。人間のことばは、その場の状況と、その人にその時、おりてくるものであって、それこそが大切にされるべきなのだから、あ、これは聞かなければならない、と感じることに心が動かされてこそ、「環境省の心ある仕事」が始まるはずなのだ。主催者側の大臣も環境省の役付きも、どの職員も、あるいは県や市の担当者もいたであろうに、誰一人として、マイクを切る行動に、「それ、今、やめとけよ」と、タレフェイラじゃない行動をする人がいなかった、ということである。省庁の人間は、大臣をおまもりする、とかいうことも重要な任務と受け取っているらしいが、結局、誰も、「マイク、今、切っちゃだめだ」という人がいなかったために、結果として「大臣をおまもり」なんかできなかったのである。タレフェイラばかりの大臣とか官僚とか、いらない。

 その場ですぐ反応できる人間であること。反応する能力があること。response(反応)する能力(ability)がある、っていうことがresponsiblity、つまりは、責任(responsibility)ある人間になるということではないのか。目指すところはそういうところにしかないのだが、明らかに日本近代は官僚のタレフェイラ増産しかしてこなかったことが露呈して、それはもう、なんといっても近代教育のシステム化に人間的なありようが惨敗した、ということを示しているのでもあり、つい先日まで教師を職業としていたものとしては、うなだれるしかないのだ。今年の4月29日、朝日マリオンホールの水俣フォーラム主催、水俣病講演会の講演を担当したが、そういう話をすればよかった。くだんの事件の、二日前のことだった。

三砂 ちづる

三砂 ちづる
(みさご・ちづる)

1958年、山口県生まれ。兵庫県西宮市で育つ。1981年、京都薬科大学卒業。1999年、ロンドン大学PhD(疫学)。津田塾大学国際関係科教授。著書に『オニババ化する女たち』『死にゆく人のかたわらで』『少女のための性の話』など多数。本連載の第1回~第29回に書き下ろしを加えた『女たちが、なにか、おかしい おせっかい宣言』(ミシマ社)が2016年11月に、本連載第30回~第68回に書き下ろしを加えた『自分と他人の許し方、あるいは愛し方』(ミシマ社)が2020年5月に発売された。

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 仲野徹×若林理砂 

    仲野徹×若林理砂 "ほどほどの健康"でご機嫌に暮らそう

    ミシマガ編集部

    5月刊『謎の症状――心身の不思議を東洋医学からみると?』著者の若林理砂先生と、3月刊『仲野教授の この座右の銘が効きまっせ!』著者の仲野徹先生。それぞれ医学のプロフェッショナルでありながら、アプローチをまったく異にするお二人による爆笑の対談を、復活記事としてお届けします!

  • 戦争のさなかに踊ること─ヘミングウェイ『蝶々と戦車』

    戦争のさなかに踊ること─ヘミングウェイ『蝶々と戦車』

    下西風澄

     海の向こうで戦争が起きている。  インターネットはドローンの爆撃を手のひらに映し、避難する難民たちを羊の群れのように俯瞰する。

  • この世がでっかい競馬場すぎる

    この世がでっかい競馬場すぎる

    佐藤ゆき乃

     この世がでっかい競馬場すぎる。もう本当に早くここから出たい。  脳のキャパシティが小さい、寝つきが悪い、友だちも少ない、貧乏、口下手、花粉症、知覚過敏、さらには性格が暗いなどの理由で、自分の場合はけっこう頻繁に…

  • 新しい「普通」を一個増やす

    新しい「普通」を一個増やす

    朴東燮

    みなさま、はじめまして。朴東燮(バクドンソップ)と申します。 僕は韓国の釜山(ブサン)生まれ育ちで、いまも釜山の日光(イルグァン)という街に住んでいる、 生粋の釜山人です。

この記事のバックナンバー

05月27日
第117回 タレフェイラ 三砂 ちづる
04月26日
第116回 道楽 三砂 ちづる
03月30日
第115回 時間がない 三砂 ちづる
02月29日
第114回 教師生活の終わり 三砂 ちづる
01月29日
第113回 洗濯機鎮魂 三砂 ちづる
12月29日
第112回 戸籍 三砂 ちづる
11月28日
第111回 家計簿 三砂 ちづる
10月26日
第110回 文化の衣と哀悼と 三砂 ちづる
09月29日
第109回 呪縛 三砂 ちづる
08月30日
第108回 one to one 三砂 ちづる
07月28日
第107回 自分の機嫌は・・・ 三砂 ちづる
06月27日
第106回 つかないぱんたー 三砂 ちづる
05月30日
第105回 タバコのある風景 三砂 ちづる
04月24日
第104回 人間が生きているということ 三砂 ちづる
03月29日
第103回 手仕事と伝統工芸 三砂 ちづる
02月28日
第102回 拒絶される恐怖 三砂 ちづる
01月28日
第101回 嫁と姑 三砂 ちづる
12月27日
第100回 もしも 三砂 ちづる
11月27日
第99回 子供と危険 三砂 ちづる
10月28日
第98回 結婚 三砂 ちづる
09月28日
第97回 オフレコ 三砂 ちづる
08月25日
第96回 子どもについて 三砂 ちづる
07月29日
第95回 ボーダ 三砂 ちづる
06月24日
第94回 長寿県転落 三砂 ちづる
05月29日
第93回 顔が見えない 三砂 ちづる
04月16日
第92回 初めての北米 三砂 ちづる
03月16日
第91回 ダーチャ 三砂 ちづる
02月13日
第90回 プリンセス 三砂 ちづる
01月06日
第89回 寒い冬、寒い日本 三砂 ちづる
12月09日
第88回 タレフェイラ、シュトレイバー 三砂 ちづる
11月17日
第87回 前提 三砂 ちづる
10月12日
第86回 産まなかった人は 三砂 ちづる
09月08日
第85回 ウォラムコテ 三砂 ちづる
08月19日
第84回 マジョリティーの変容 三砂 ちづる
07月18日
第83回 マスク 三砂 ちづる
06月08日
第82回 ペットの効用 三砂 ちづる
05月09日
第81回 名前 その2 三砂 ちづる
04月08日
第80回 名前 その1 三砂 ちづる
03月29日
第79回 運転 三砂 ちづる
02月24日
第78回 かけおち 三砂 ちづる
01月28日
第77回 夢をみた 三砂 ちづる
12月24日
第76回 若い女性を愛する 三砂 ちづる
11月26日
第75回 ナラマニヤン先生 三砂 ちづる
10月26日
第74回 クリス 三砂 ちづる
09月21日
第73回 知らなかった力 三砂 ちづる
08月05日
第72回 胸痛む夏 三砂 ちづる
07月12日
第71回 失われる教育 三砂 ちづる
05月25日
第70回 道ならぬ恋の行方 三砂 ちづる
05月06日
第69回 その次のフェーズには 三砂 ちづる
03月27日
第68回 還暦を超えても楽しい 三砂 ちづる
02月19日
第67回 献身のエトス 三砂 ちづる
01月23日
第66回 親を許す 三砂 ちづる
12月20日
第65回 更年期  三砂 ちづる
11月22日
第64回 記述式 三砂 ちづる
10月16日
第63回 スキンシップと強さ 三砂 ちづる
09月15日
第62回 かわいやのー 三砂 ちづる
08月15日
第61回 屈辱感 三砂 ちづる
07月10日
第60回 "きれいにしていなくっちゃ"遺伝子 三砂 ちづる
06月06日
第59回 クローゼット 三砂 ちづる
05月08日
第58回 男女の心中 三砂 ちづる
04月06日
第57回 アイ・ラブ・ユー、バット 三砂 ちづる
03月13日
第56回 再発見される日本 三砂 ちづる
02月08日
第55回 求められる、という強さ 三砂 ちづる
01月07日
第54回 そういう時代 三砂 ちづる
12月10日
第53回 女性活躍 三砂 ちづる
11月12日
第52回 共有する物語 三砂 ちづる
10月10日
第51回 変わる家族 三砂 ちづる
09月10日
第50回 アジアの旅 三砂 ちづる
08月07日
第49回 仏壇 三砂 ちづる
07月08日
第48回 ランドセル 三砂 ちづる
06月09日
第47回 自営業の減少 三砂 ちづる
05月17日
第46回 「手紙」という資料 三砂 ちづる
04月09日
第45回 爪を染める 三砂 ちづる
ページトップへ