おせっかい宣言おせっかい宣言

第57回

アイ・ラブ・ユー、バット

2019.04.06更新

 クイーンの伝説のヴォーカリスト、フレディ・マーキュリーを主人公とした映画、「ボヘミアン・ラプソディー」の大ヒットのせいで、年末からずっと忙しかった。往年のクイーン好きである私の世代(今、還暦)は、みんなそうだったのではあるまいか。映画をみに行く前は、「そんな・・・、俳優さんがクイーンやるの? 無理でしょ? フレディは絶対的な存在だ」と思っておりましたし、日本のみならず、世界の数多のクイーン好きも同様の意見だったと思います。しかし、クイーン好きとしては、そこに映画ができたなら、みにいかないわけにはいかず、日本の公開前に出張先のジュネーブの小さな映画館でみることになる。フレディの「時間まもらないって? スイスの時計作ってんじゃないんだから」みたいなセリフに、大笑いするスイス人の皆様と一緒にみたのだが、最後はみんな圧倒されて、呆然としていた。私も言葉を失ってしまった。

 クイーンの 1985年のライブ・エイドでのパフォーマンスは、クイーン最高の、というか、ロック界最高のパフォーマンスとして名高い。この20分ほどのクイーンの舞台を、何度みたかわからない。YouTubeが普及していつでもみられるようになったが、その前からモントリオール・ライブのDVDにこのライブ・エイドの映像が入っているので、いつも元気がなくなると、この映像をながめていたのだ。DVD があるというのに、ブルーレイ版が発売されると早速買って、画像のよさに、にやにやしたりもした。まあ、好き、というのはそういうものだ。

 勤務先の女子大で「国際保健」という講義を担当しているが、そこでHIV/AIDSの講義をするときは、いつも最後にこのクイーンのライブ・エイドのパフォーマンスをみせていた。みなさん、このフレディ・マーキュリーは1991年にロンドンでエイズで亡くなったのです。そのときは、まだ、エイズ治療薬は、開発されていなかった。1996年の国際エイズ会議で、幾つかの抗ウィルス薬を複合して使う多剤療法が発表され、エイズはHIVプラスであることがわかり、薬を飲み始めれば、死に至る病気ではなくなりました。ああ、なんとすばらしかったフレディ・・・。あと5年生きていてくれたら治療薬ができたのに・・・。みたいな授業をしているのだ。だから、ライブ・エイドのパフォーマンスについては、フレディの動きのみならず、舞台の細部に至るまで記憶していた。

 映画「ボヘミアン・ラプソディー」は、このライブ・エイドで始まり、ライブ・エイドで終わる。ライブ・エイドの映像を1000回位みていると思う(大げさ)わたしはそのあまりの細部にまでいたる詳細なコピーぶりに、まず打ちのめされてしまった。フレディの表情から動きから、ピアノの上の飲み物の量までほぼ完璧。もちろん、主演でアカデミー賞までとってしまったレミ・マレク君はフレディじゃないことはよくわかるのだが、とにかく身体意識のレベルで、フレディ。ギターのブライアン、ドラムのロジャー、ベースのジョン、映画の途中から、彼らはホンモノにしかみえなくなっていた。ライブ・エイドの舞台はそのままだが、その他のストーリーはいい感じで編集されていて、一気にみてしまう。実際にライブ・エイドのころのフレディはHIV感染を知らなかっただろう、と言われていたと思うけど、その辺は映画では、知っていることになっていて、それが映画の最後に向けて大きな盛り上がりのファクターとなるのだ。

 で、なぜこの映画のせいで忙しかったのかというと、もちろんみに行かねばならない、ということが一つ。年末年始に入試に年度末という、繁忙期に、ついつい何度も映画館に足を運んでしまったし、あまりに話題になっていて、新聞やら雑誌やらテレビやらでとりあげられているので、それを追うのも、また大変。朝ごはんを食べながらNHK のニュースをみていて、さあ、仕事にでかけよう、とするとブライアンとロジャーがニュースに出てきたりするので、しばし、テレビに釘付けにならねばならない。だいたい、NHKは、おそらく内部にクイーン好きな人がいるのだろう。特別番組などもともとたくさんあったのに、さらに多くの番組が組まれたので、追いかけるのが精一杯。海外出張した時も、機内でこの映画をやっているので、寝ている暇もなかった・・・、と、まあ、この映画は私を忙しくしたのである。

 地元、立川の映画館では"ライブ上映"なる、立ち上がったり声を出したり拍手したり一緒に歌ったりできる上映会が時折開催されており、そのライブ上映の日にちが決まるや、ネット上で2分で席がいっぱいになる・・・ようなことになっていて、どこまでいくやら、クイーン・ブーム、な、平成の終わり、である。この立川の映画館も、もともとどなたかクイーン好きがいるにちがいなくて、このブームの前から、モントリオール・ライブの上映会などをなさっていて、わたしは是非行きたい、と友達をさそうも、同世代のロック好きおばさんたちは「えー、ディープ・パープルとかツェッペリンならいくけど、クイーン? いかなーい」とか、いわれていた。実際我々が若い頃、クイーンは、見かけがチャラい(そういう言葉は当時なかったが)女の子向けバンドで、その程度の「少女趣味」、「みかけだけ」、「ロック好きならクイーンじゃないだろ」みたいなところがあった。でも、ちがった、って今は、みんなわかっている。息子によると、親といっしょに見にいく人も多く、子どもたちが感動するのに、親が満足、という状態になっているらしい。ほんとに、うれしい。

 しかし、この映画で、今回、一番胸をつかれたのは、フレディ・マーキュリーが自らがゲイである、と、ガールフレンドのメアリーにカミングアウトする場面でのメアリーのせりふである。フレディがじぶんはバイ・セクシャルなんだと思う、と、メアリーにいうと、メアリーは、「いつもそうなのね。あなたは、I love you, but (愛してるよ、でも)他に好きな人ができたんだ、I love you, but 自分の時間が必要なんだ、I love you, but ゲイなんだ・・・。いつもそう言う・・・。なんてこと。なによりつらいのは、それがぜんぜんあなたのせいじゃないっていうことだわ」(すこしまちがってるかもしれないけれど、そういう内容のセリフを言っている。)

 アイ・ラブ・ユー、バット・・・。愛してるよ、本当に愛してるよ。でも・・・結婚したりするんじゃない、一緒に住むわけでもない。フレディは、その後も、ずっと経済的にメアリーを支え続けたのは有名な話だし、メアリーもパートナーができ、子どもができても、フレディを支え続けた。彼ら二人は、世間でいう、結婚したカップルでも、恋人同士でも、愛人同士でもなかったが、お互いの人生を見届けたのである。

 結婚しなくても、愛し合えるのか、ゲイでもいいのか、新しい恋人ができたら別れなくてもいいのか。関係性ってなんだろう。男と女って、結婚する以外に、お互いの人生を見届けることってできるのか。若い頃は、不倫をしていても、いつか結婚できるんじゃないかと思ったり、いまは出口がないけど、この関係性にも何か出口があるんじゃないか、と思えたりする。私たちくらいの年齢になると、関係性というのは、なにか、最終ゴールがあるわけじゃないことがわかってくる。関係性の終わりが来る前に、いのちの方がおわってしまったりすること、が、みえてくるのだ。結婚や、同居だけが共に生きることではない。寝ることだけが目的ではない、アイ・ラブ・ユー、バット・・・の関係を持ち続けることこそが豊穣に見えてきたりする。「ボヘミアン・ラプソディー」をみながら、考えたのは、「人生を見届けあう」、アイ・ラブ・ユー、バット、な関係のことだったのである。

三砂 ちづる

三砂 ちづる
(みさご・ちづる)

1958年、山口県生まれ。兵庫県西宮市で育つ。1981年、京都薬科大学卒業。1999年、ロンドン大学PhD(疫学)。津田塾大学国際関係科教授。著書に『オニババ化する女たち』『月の小屋』『不機嫌な夫婦』『女を生きる覚悟』など多数。本連載の第1回~第29回に書き下ろしを加えた『女たちが、なにか、おかしい おせっかい宣言』(ミシマ社)は2016年11月に発売になっている。

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1)

    『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1)

    ミシマガ編集部

    11月22日、『銀河鉄道の星』(宮沢賢治・原作、後藤正文・編、牡丹靖佳・絵)が発売となりました。発売を記念して、この本の著者であり、12月5日にはNEW ALBUM「ホームタウン」を発表したASIAN KUNG-FU GENERATIONのボーカル&ギターを担当する後藤正文さんと、装丁を手がけてくださった名久井直子さんの対談を2日間にわたり、お送りします。昨日掲載した「あとがき」からさらに踏み込んで、後藤さんがなぜ、宮沢賢治を新訳しようと思ったのか、そして子どものころから宮沢賢治の作品に触れてきた名久井さんは、今回何を感じられたのか? たっぷりとお届けします。

  • 数学の贈り物数学の贈り物

    数学の贈り物

    森田 真生

    昨日、二年ぶりに、熊本の長崎書店で「数学ブックトーク」があった。会場の「リトルスターホール」は書店と同じビルの三階にある居心地のいい空間である。窓の外では、クスノキたちが気持ちよさそうに葉を揺らせている。大きな窓から、あたたかな春の光が差し込む。二年前と同じ場所で、同じ光に包まれながら、僕は、公演前最後の準備を進める。

  • 胎児はめちゃくちゃおもしろい! ~増﨑英明先生と最相葉月さん、発刊後初対談(1)

    胎児はめちゃくちゃおもしろい! ~増﨑英明先生と最相葉月さん、発刊後初対談(1)

    ミシマガ編集部

    発売から1カ月半ほど経った『胎児のはなし』、「本当におもしろかった! 知らなかったことがたくさん!」という読者のみなさまの声をたくさんいただいています。そして新聞などメディアでの紹介が続き、おかげさまで3刷大増刷中です!

  • イスラムが効く!

    『イスラムが効く!』刊行直前 内藤正典先生インタビュー(1)

    ミシマガ編集部

    今週末2019年2月23日(土)に『イスラムが効く!』が発売となります。イスラム地域研究者の内藤正典先生と、イスラム法学者でありムスリムである中田考先生による対談本。『となりのイスラム』(内藤正典著)から2年半ぶりに、ミシマ社からは2冊目のイスラムに関する本が登場です。本を書き終えた内藤先生に、とくにこれは日本人に効く!という場面を詳しく教えていただきました。2日にわたってお届けします。

この記事のバックナンバー

04月06日
第57回 アイ・ラブ・ユー、バット 三砂 ちづる
03月13日
第56回 再発見される日本 三砂 ちづる
02月08日
第55回 求められる、という強さ 三砂 ちづる
01月07日
第54回 そういう時代 三砂 ちづる
12月10日
第53回 女性活躍 三砂 ちづる
11月12日
第52回 共有する物語 三砂 ちづる
10月10日
第51回 変わる家族 三砂 ちづる
09月10日
第50回 アジアの旅 三砂 ちづる
08月07日
第49回 仏壇 三砂 ちづる
07月08日
第48回 ランドセル 三砂 ちづる
06月09日
第47回 自営業の減少 三砂 ちづる
05月17日
第46回 「手紙」という資料 三砂 ちづる
04月09日
第45回 爪を染める 三砂 ちづる
ページトップへ