おせっかい宣言おせっかい宣言

第96回

子どもについて

2022.08.25更新

 子ども、のこと、はずっと気になっていた。体外受精や、第三者の子宮を借りることや、第三者の精子をもらうことや・・・さまざまな、およそ、想像がつく限りのオプションが生殖をめぐって展開されるようになって、というか、さまざまな技術が人間にとって可能になり、「子どもが欲しい」という親の思いの前に、どの技術もバラ色に見えはじめた頃から。
 ずっと気になっていたのだ。親のほうは、自分が望み、自分の意志で行う。苦しみ、悩むことはもちろんたくさんあるが、さまざまな技術に助けられ、子どもに会う可能性を追求することができる。子どもが生まれれば、それは、大きな喜びだ。家族もみんなうれしい。子どものほうは、どうなんだろう。子どもは成長する。みずからのことばをもつようになる。みずからの思考を紡いでいく。子どもたちはどのように自分の状況を理解していくのだろう。ずっと気になっていた。
 ずっと気になっていた、とはいえ、それについては、つまりは、こどもたちが自らの生についてどのように理解し、成長していくのか、は、実は、生殖技術が介在しようが、しまいが、同じことなのかもしれない、とも思っていた。わたしたちは、子どもたちがどのようになっていくのか、想像することすら、できない。彼らは明日の家に住んでいるのだから・・・。そう言ったのは、1923年に発表され、世界のベストセラーとなった「The Prophet:預言者」を書いた、ハリール・ジブラーン(Khalīl Gibrān)だった。世界中で翻訳され、日本でもさまざまな翻訳が出版されている。以下は、「預言者」のなかの、子どもについての部分を、わたしが訳した。

あなたの子どもはあなたの子どもではない
あなたの子どもは生きることそのものの希求からやってくる、息子や娘。
あなたを通じてやってくるけれど、
あなたからやってくるのではない。
あなたといっしょにいるけれど、
あなたのものではない

あなたは子どもに愛を与えることはできるけれど、
あなたの考えを与えることはできない。
子どもたちはそれぞれの考えを持って生まれてくるから。
子どもたちのからだを宿すことはできるけれど、
彼らの魂を宿すことはできない。
子どもたちの魂は明日の家に住んでいるから。
あなたはそこを訪ねることはできない。
夢にみることすらない。
あなたは懸命に彼らのようになろうと努力することはできる。
でも、彼らをあなたのようにしようとしてはいけない。
いのちはうしろむきには存在しないのであり、
きのうという日にとどまることはないから。
あなたは弓。
あなたという弓から、あなたのこどもたちは生きた矢として先へと放たれる。
弓引く人ありて、はるか永遠という径の上、
いずこかにむけ、力をこめてあなたの身をしなわせる。
その矢がすみやかに遠くへ飛ぶように。
弓引く人の手のうちに在りて、しなうその身に、喜びあれ。
飛びゆく矢は愛され、ぶれることなき弓もまた、
愛されていることを知って。

 そう、子どもたちの魂は明日の家に住んでいる。わたしたちはその家を訪ねることはできず夢にみることすらできないのだ。だから、生殖技術が介在しようがしまいが、ある意味、親であることは同じことに対峙することだ。とはいえ、自分がどうやって生まれてきたのか、は、ある意味、人生を大きく決定することの一つであり得る。さまざまな生まれ方をすることについて、子どもは、どう思うようになるのだろう。ずっと気になっていた。そして今も気になっている。

 2022年現在、ブラジルで産んだ長男は、30歳を越えた。いまや韓流ドラマ最盛期であり、テレビドラマといえば韓国のもの、というイメージが強くなっているが、ブラジルでも長く、ノベラと呼ばれる濃厚な連続テレビドラマを毎日放映していた。今も放映されていることだろう。毎日、いくつかのことなるノベラが放映されていて、ブラジルの人たちはいわば、「わたしのノベラ」と呼ばれるお気に入りのテレビドラマをいつももっていたものである。ブラジルのノベラはレベルも高く、メキシコやアメリカなど多くの国にも輸出されていた。
 長男をブラジルで妊娠していた1990年頃、"Barriga de Aluguel"というノベラを放映していて、わたしは夢中になって観ていたものだ。このタイトルは直訳すれば、「借り腹」。ようするに「代理出産」を意味するタイトルである。妊娠しているわたしには、他人ごととは思えないドラマだった。子どもができないお金持ちの夫婦、ゼカとアナが、人工授精技術を使い、夫婦の受精卵を、若い女性の子宮を借りて、着床させ、その女性に妊娠を継続してもらい、生まれた赤ちゃんを夫婦が自分達の子どもとして育てようとしている、いう筋書きで作られたドラマだった。
 子宮を貸す方、チャーミングでコケットな女性、クララは、若く、まだ20代になるかならないか、リオデジャネイロのファベーラ(スラム)に住み、お金がないので、2万ドル、というお金のために、喜んで子宮を貸す。健康で、お金だけが欲しい若い女性。お金はあるが子どもができない夫婦。彼ら同士が契約を交わし、すべてうまくいく予定であった。しかし、クララは生物学的には自分の子どもではないけれど、自分のお腹で育っていく子どもに限りない愛情を感じるようになってしまう。妊娠したことのある女性には容易に想像がつくことだと思うが、お腹の中の子どもが自分の生物学的な子どもであるか、ないか、など、妊娠していると、考えもしないくらい、お腹の子どもは自分の一部として存在しうる。クララもそうだった。
 出産時のトラブルで、クララはその後子どもが産めない体になる。生まれた子どもを離したくないクララは、子どもを連れて失踪してしまう。代理出産を依頼した夫であるゼカのほうは、自分の子どもを宿してくれているクララに妊娠中から、すこしずつ心惹かれていた。「お腹に恋をした」と説明されていたが、そんなことになると当然、妻であるアナとの関係に、浅からぬ亀裂も走ることになるのは当然の成り行きである。そんな中で生まれた子ども。アナとクララはどちらが子どもの母なのか、を法廷で争うことになってゆくのだが、このドラマは最後の結論を提示しなかった。おそらくクララとアナはお互い連絡を取り合って、子どもを育てていくのかもしれないなあ、ということを暗喩させる終わり方だった。結論など、出ない。こういうことに。

 1990年当時、技術はあったとは言え、このドラマのような状況はまだ一般的ではなかったが、その後30年で技術的にも多くのことが可能になっていく。法的な整備は常に遅れているわけだが、お金さえ出せば、多くの人に生殖に関する技術の利用が手の届くところにあるようになってきている。いわゆる精子バンクから精子をとりよせ、女性が妊娠する状況や、上記のドラマのような代理出産を、日本の法整備を待たずに外国で行うことも可能になっている。
 ブラジルで、この代理出産のドラマを30年以上も前にみながら、とても片付かない思いがしたのは、子どもはどう感じるのだろう、子どもはどんなふうに自分の状況を理解するのだろう、ということを説明できる言葉を自分が持たなかったからだ。
 子どもの出自を知る権利という形で、子どもたちの言葉が発せられる時代になってきた。そんなことはわかっていたのだ。いまになってうろたえるな、わたしたちの世代よ。何十年も時間はあったのに、突き詰めて考えることができていなかったのではないのか。そして今も。

三砂 ちづる

三砂 ちづる
(みさご・ちづる)

1958年、山口県生まれ。兵庫県西宮市で育つ。1981年、京都薬科大学卒業。1999年、ロンドン大学PhD(疫学)。津田塾大学国際関係科教授。著書に『オニババ化する女たち』『死にゆく人のかたわらで』『少女のための性の話』など多数。本連載の第1回~第29回に書き下ろしを加えた『女たちが、なにか、おかしい おせっかい宣言』(ミシマ社)が2016年11月に、本連載第30回~第68回に書き下ろしを加えた『自分と他人の許し方、あるいは愛し方』(ミシマ社)が2020年5月に発売された。

編集部からのお知らせ

三砂先生の新刊『セルタンとリトラル ブラジルの10年』が発刊!

0527-1.jpeg

『セルタンとリトラル ブラジルの10年』三砂ちづる(弦書房)

世界地図を広げるとブラジルの面積は広大であることがわかる。日本からの移民も多く、ポルトガル語が公用語であることもよく知られている。北西部のアマゾンの森、南部のリオ・デ・ジャネイロ、サン・パウロなどとは風土がまったく異なる北東部ノルデステで、公衆衛生学者として10年間暮らして体感し思索した深みのあるノンフィクションである。
 いわゆる「近代化」を拒む独特な風土を、著者独自の観察眼でユーモアを混じえて語り、命、美、死の受容、言葉以前の話など多くの示唆に富んだ出色の文化人類学的エッセイ。(弦書房書誌ページより)

くわしくはこちら

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 伊藤亜紗さんと村瀨孝生さんの往復書簡が一冊の本に! 『ぼけと利他』まもなく書店発売!!

    伊藤亜紗さんと村瀨孝生さんの往復書簡が一冊の本に! 『ぼけと利他』まもなく書店発売!!

    ミシマガ編集部

    こんにちは! ミシマガ編集部です。今週木曜日の9月15日、いよいよ『ぼけと利他』が発刊します! 『ぼけと利他』刊行のきっかけとなったのは、2020年7月18日に開催されたMSLive!「ぼけと利他~時空を超えるお年寄りたちに学ぶ」でした。出演は「宅老所よりあい」代表の村瀨孝生さんと、美学者の伊藤亜紗さん。

  • 『偶然の散歩』まえがきを公開します

    『偶然の散歩』まえがきを公開します

    ミシマガ編集部

    いよいよ9月15日(木)に、森田真生著『偶然の散歩』が書店先行発売となります。(公式発刊日は9月22日(木)です。)本書は、森田さんが2017年から2022年にわたって、日経新聞の「プロムナード」などに寄稿したエッセイ全40篇を収録しています。

  • 『ちゃぶ台』次号は10号! こんどの特集は「ボゴボゴ」!?

    『ちゃぶ台』次号は10号! こんどの特集は「ボゴボゴ」!?

    ミシマガ編集部

    こんにちは、ミシマガ編集部です。現在、『ちゃぶ台9』の特集「書店、再び共有地」に、読者の方々よりたくさんのご感想のおはがきをいただくなど、大きな反響をいただいています。取材記事で登場する「共有地」の本屋さんに、「記事を読んで行ってみました」というお声もいただいていて、すごく嬉しいです。

  • メンバーが選ぶ、小田嶋隆さんの本と言葉

    メンバーが選ぶ、小田嶋隆さんの本と言葉

    ミシマガ編集部

    小田嶋さんはこれまでにもミシマ社から3冊の本を発表され、また、数々のイベントにも登壇くださいました。本日のミシマガでは過去の著作に加えて、いますぐ読める豪華な対談記事をご紹介します!20代の若手メンバーが痺れた小田嶋さんの言葉とは・・・?

この記事のバックナンバー

09月28日
第97回 オフレコ 三砂 ちづる
08月25日
第96回 子どもについて 三砂 ちづる
07月29日
第95回 ボーダ 三砂 ちづる
06月24日
第94回 長寿県転落 三砂 ちづる
05月29日
第93回 顔が見えない 三砂 ちづる
04月16日
第92回 初めての北米 三砂 ちづる
03月16日
第91回 ダーチャ 三砂 ちづる
02月13日
第90回 プリンセス 三砂 ちづる
01月06日
第89回 寒い冬、寒い日本 三砂 ちづる
12月09日
第88回 タレフェイラ、シュトレイバー 三砂 ちづる
11月17日
第87回 前提 三砂 ちづる
10月12日
第86回 産まなかった人は 三砂 ちづる
09月08日
第85回 ウォラムコテ 三砂 ちづる
08月19日
第84回 マジョリティーの変容 三砂 ちづる
07月18日
第83回 マスク 三砂 ちづる
06月08日
第82回 ペットの効用 三砂 ちづる
05月09日
第81回 名前 その2 三砂 ちづる
04月08日
第80回 名前 その1 三砂 ちづる
03月29日
第79回 運転 三砂 ちづる
02月24日
第78回 かけおち 三砂 ちづる
01月28日
第77回 夢をみた 三砂 ちづる
12月24日
第76回 若い女性を愛する 三砂 ちづる
11月26日
第75回 ナラマニヤン先生 三砂 ちづる
10月26日
第74回 クリス 三砂 ちづる
09月21日
第73回 知らなかった力 三砂 ちづる
08月05日
第72回 胸痛む夏 三砂 ちづる
07月12日
第71回 失われる教育 三砂 ちづる
05月25日
第70回 道ならぬ恋の行方 三砂 ちづる
05月06日
第69回 その次のフェーズには 三砂 ちづる
03月27日
第68回 還暦を超えても楽しい 三砂 ちづる
02月19日
第67回 献身のエトス 三砂 ちづる
01月23日
第66回 親を許す 三砂 ちづる
12月20日
第65回 更年期  三砂 ちづる
11月22日
第64回 記述式 三砂 ちづる
10月16日
第63回 スキンシップと強さ 三砂 ちづる
09月15日
第62回 かわいやのー 三砂 ちづる
08月15日
第61回 屈辱感 三砂 ちづる
07月10日
第60回 "きれいにしていなくっちゃ"遺伝子 三砂 ちづる
06月06日
第59回 クローゼット 三砂 ちづる
05月08日
第58回 男女の心中 三砂 ちづる
04月06日
第57回 アイ・ラブ・ユー、バット 三砂 ちづる
03月13日
第56回 再発見される日本 三砂 ちづる
02月08日
第55回 求められる、という強さ 三砂 ちづる
01月07日
第54回 そういう時代 三砂 ちづる
12月10日
第53回 女性活躍 三砂 ちづる
11月12日
第52回 共有する物語 三砂 ちづる
10月10日
第51回 変わる家族 三砂 ちづる
09月10日
第50回 アジアの旅 三砂 ちづる
08月07日
第49回 仏壇 三砂 ちづる
07月08日
第48回 ランドセル 三砂 ちづる
06月09日
第47回 自営業の減少 三砂 ちづる
05月17日
第46回 「手紙」という資料 三砂 ちづる
04月09日
第45回 爪を染める 三砂 ちづる
ページトップへ