おせっかい宣言おせっかい宣言

第90回

プリンセス

2022.02.13更新

 お姫様、は、長く女の子の憧れであった。何に憧れていたのか、というと、それは、おそらくは、まず、あのふわふわとして、裾が長く、ふんわりとひろがったドレス姿、上半身が細く、ウエストからゆたかにひろがったパステルカラーのドレスではあるまいか。シャンデリアかがやく舞踏会やお城に憧れた、というのもあるかもしれない。すてきな王子様があらわれて、愛を語ってくれたり、ドレスごと抱き上げてくれたり、というのも、憧れだったように思う。そういうまさに、西洋的文脈のプリンセスに、東洋の果てにいる日本の女の子も憧れた。

 「シンデレラ」とか「眠れる森の美女」とか、どれも、男に幸せにしてもらったり、男を待っていたりする女、とかの話なので、とんでもない、ということで、今どきポリティカリーコレクトではない、といわれるのであるが、いわれるまでもなく、憧れの像は変わってきている。今どきの女の子はお姫様に憧れているけれど、彼女たちの憧れるお姫様は、自立して、自分の考えを持って、自分の自由のために行動するようなお姫様なのであって、運命を甘受するような、儚げなお姫様ではないのである。それでもやっぱり自立したお姫様も、ふわふわのドレスを着たりするようだ。

 とすれば、いまどきはお姫様の、何に憧れるのか。冒頭に書いたが、素敵なふわっとした裾が長くパニエのはいったような、ロングドレスを着ることだろうか。お城のようなすまいのレースの天蓋のついたベッドで眠ることだろうか、とんでもなく美味しいものをナイフとフォークでいただくことだろうか、王子様とダンスを踊ることだろうか、「平民」に向けて言葉をかけ、愛されることだろうか。

 まあ、最後の、平民とか国民とか、そういう人たちに向けて言葉をかけて愛されることに、誰も憧れてはいない気がする。そう思えば、憧れは、ドレスとお城とお食事と王子か? お姫様に憧れるって、そういう端的に、物的なことなのか。確かに、昭和30年代生まれの私の子どもの頃、ドレスやお城やディナーや王子は、憧れであった。手の届かぬ憧れであった。森下洋子さんが天才少女バレリーナとしてデビューされた頃で、当時の女の子はみんなバレエに憧れた。憧れたけど、バレエが習える女の子なんて、ほんのひと握りで、多くの女の子にとってバレエはただの高嶺の花だった。今も覚えているけれど、当時の少女マンガ雑誌が「赤いトウシューズ」を抽選で一人にプレゼント、みたいなことをやっていて、バレエを習ってすらいないのに、必死で応募する少女たちがたくさんいたのだ。もちろん憧れたのは、バレエの体現しているお姫様の世界で、ふわふわしたバレエのチュチュに憧れていたのであり、それに加えてお稽古するレオタードとトウシューズに憧れていたのか。

 それから半世紀ほど経ってみると、バレエなんて誰でも習えるようになった。子どもの時に習わせてもらえなければ、大人になって習えば良いのである。今どきのバレエ学校は大体どこでも大人向けのバレエクラスを持っていて、そこでは50代、60代、という人たちが平気でバレエを習っている。お稽古すればトウシューズだってはかせてもらえるし舞台にも出られる。もちろん、そんなハイレベルなものじゃないけれど、十分に夢は叶えられるようになった。かくいう私も、幼い頃バレエに憧れて、でも、とてもじゃないけど習わせてもらえなくて、ずっと心残りだったから、20代になって自分で稼ぐようになってから、しばらくバレエ学校に通った。今から40年近く前のことで、その頃は、まだ大人になってからバレエを習いたいなんていう人はほとんどいなかった。とはいえ、すでに、世の中にカルチャーセンターなどもできてきた頃だったから、そういうところで習えたし、何とか、バレエ学校に通うこともできたのである。もちろん幼い頃からやっている人のように踊れるはずもないのだが、それでもレオタードにピンクのタイツでお稽古に行き、トウシューズはいて、花のワルツなど踊らせてもらえたから、十二分に満足した。その頃から40年近く経った今、大人がバレエを習うことは、ごく普通になってしまった。お金を出せば、バレエという憧れには手が届くようになったのである。

 で、憧れるお姫様の、ドレスも、天蓋付きベッドも、素敵なディナーも、なんなら、お城と王子様のセッティングまで、何でもお金を出せば今ではできるようになったのだ。一昔前まで、ドレスというのは、結婚式でウェディングドレスを着る、くらいしか着る機会はなかったものだし、それも大したドレスではなく、親戚で洋裁をやっている人に縫ってもらう程度のものだったりしたのだが、今では、お金さえ出せば、イギリス王室の結婚式で使われたようなウェディングドレスだって着ることができる。別に結婚式をしなくても、写真館に行けば、いくらでもウェディングドレスだろうが、真っ赤なドレスだろうが、青いドレスだろうが、どんなドレスでも着せてくれて写真を撮ってくれる。いや、写真館など行かなくても、安くドレスを着てみたければ、メルカリでドレスを買って着てみればいいのである。結構、安い。ドレスは手が届くところにある。

 天蓋付きのベッドも、お城で振舞われるような豪華なディナーも、そりゃあ、お金はかかるけれども、お金を貯めれば、そういうベッドのあるホテルに泊まりにも行けるし、宮中で出されるような食事でも、いただくことができる。王子様と一緒にダンスしたり、は、それなりにハードルが高そうだが、こちらも、望めば、王子様みたいな素敵な人にダンスしてもらったり、エスコートしてもらったりするサービスも、探せそう。お金を払えば何でもできるようになってしまったし、たった一日でもそういう夢を叶えようとすることが、陳腐ではなく、あら、いいわね、夢の実現! という、笑顔で迎えられることになった昨今なのである。

 この徹底した世俗化が、近代、である。身の程知らず、と言われるようなことを、庶民が何でもやっていいし、やりたい、と言ってしまって、いい。ほんもののプリンセスは、役割もあり、責任もあるわけだが、憧れる部分だけ、お金を払って実現してしまえるようになったのである。近代の弊害、とか、いろいろ言われるけれど、そして、お金を払えば憧れが買えると言っても、お金がないのだ、とかいう方もあると思うけれども、それでも、やっぱりお金さえ払えば、何でもできるようになった、ということは、すごいことである。

 そうなってみると、「憧れのプリンセス」は、そんなに憧れるほどのことでもないような気がしてくるであろう。だって、なぜプリンセスに憧れるのかというと、繰り返すけど、ドレスや、天蓋付きベッドや、豪華な食事や、そういうものであって、プリンセスであることの責任とか、期待される行動とか、役割とかに憧れているわけではないからである。この徹底した世俗化の時代に、ほんもののプリンセスを引き受けることは、本当に大変なことである。責任や役割があるので、近代が各人に保証した行動の自由は制限され、近代以前にできてしまった仕組みの中で生きることが求められるから、ほんもののプリンセスは、実にご苦労が多いことになってしまうのである。もはや、憧れられないプリンセス、となってしまう。イギリス王室や我が国の皇室をみていて、ああ、私もああいうところでプリンセスになりたい、と、何人の少女が思うであろうか。ご苦労なさっているのだろうなあ、自由がなくて、大変だろうなあ、と、むしろ、庶民に心を寄せられるお姫様、王女様、本当にお疲れ様です、という目線になっているのだ。

 こういう時代であることを、私たちは、人間社会の発展の成果、と、理解しても良いと思うが、敬意や憧れに手が届いて陳腐化する時代に、節度を持って生きるために何を象徴とすれば良いのか、答えは簡単には見つからない。

三砂 ちづる

三砂 ちづる
(みさご・ちづる)

1958年、山口県生まれ。兵庫県西宮市で育つ。1981年、京都薬科大学卒業。1999年、ロンドン大学PhD(疫学)。津田塾大学国際関係科教授。著書に『オニババ化する女たち』『死にゆく人のかたわらで』『少女のための性の話』など多数。本連載の第1回~第29回に書き下ろしを加えた『女たちが、なにか、おかしい おせっかい宣言』(ミシマ社)が2016年11月に、本連載第30回~第68回に書き下ろしを加えた『自分と他人の許し方、あるいは愛し方』(ミシマ社)が2020年5月に発売された。

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『中学生から知りたいウクライナのこと』まえがきを公開します

    『中学生から知りたいウクライナのこと』まえがきを公開します

    ミシマガ編集部

    本日のミシマガでは、藤原さんによる本書の「まえがき」を公開します。なぜ、ウクライナを「中学生から知る」ことが大切なのか。戦争が起こったときに、歴史学を通じて考えられることは何か。私たちはいかに義務教育で習ってきた狭い歴史観(世界の見方)を崩し、もっと複雑で豊かな、生きた人びとの経験について想像することができるのか。いま起こっていることに自分なりに向き合いつづけたいと思っておられるすべての方に、ぜひお読みいただきたいと願っています。

  • 特別鼎談「共有地としての一冊!取引所」(前編)

    特別鼎談「共有地としての一冊!取引所」(前編)

    竹本吉輝・近藤淳也・三島邦弘

    本日と明日は、読者・書店・出版社を風通し良くつないでいくための、いわば出版界の「共有地」づくりに取り組む3人による鼎談をお届けします。

  • まずは自己紹介であります。

    まずは自己紹介であります。

    仲野 徹

    みなさん、こんにちは。仲野徹です。と言ってもご存じない方がほとんどでしょう。4月までは、大阪大学医学部の仲野です、と言うてたんですが、定年になったんで、肩書きがなくなりました。公式の職業(?)は「隠居」なんですけど、そんなこというても、どんな人かわかりませんわな。

  • 『教えて!タリバンのこと』刊行特集 教えてください! イスラム圏、ウクライナ、これからの世界の見かた(前編)

    『教えて!タリバンのこと』刊行特集 教えてください! イスラム圏、ウクライナ、これからの世界の見かた(前編)

    ミシマガ編集部

    『教えて!タリバンのこと』発刊を記念して、内藤先生の特別インタビューを掲載します。本書は、「世界を別の角度から見ること」や「土台の異なる他者との対話」の大切さを訴える一冊です。  アフガニスタンの米軍撤退と、ロシアのウクライナ侵攻はつながっている? ロシアにも米国にも侵攻された経験をもつ人びとは、今起きている戦争と国際社会をどう見ている? 今まさに、ひとりでも多くの方に読んでいただきたい言葉をお届けします。

この記事のバックナンバー

06月24日
第94回 長寿県転落 三砂 ちづる
05月29日
第93回 顔が見えない 三砂 ちづる
04月16日
第92回 初めての北米 三砂 ちづる
03月16日
第91回 ダーチャ 三砂 ちづる
02月13日
第90回 プリンセス 三砂 ちづる
01月06日
第89回 寒い冬、寒い日本 三砂 ちづる
12月09日
第88回 タレフェイラ、シュトレイバー 三砂 ちづる
11月17日
第87回 前提 三砂 ちづる
10月12日
第86回 産まなかった人は 三砂 ちづる
09月08日
第85回 ウォラムコテ 三砂 ちづる
08月19日
第84回 マジョリティーの変容 三砂 ちづる
07月18日
第83回 マスク 三砂 ちづる
06月08日
第82回 ペットの効用 三砂 ちづる
05月09日
第81回 名前 その2 三砂 ちづる
04月08日
第80回 名前 その1 三砂 ちづる
03月29日
第79回 運転 三砂 ちづる
02月24日
第78回 かけおち 三砂 ちづる
01月28日
第77回 夢をみた 三砂 ちづる
12月24日
第76回 若い女性を愛する 三砂 ちづる
11月26日
第75回 ナラマニヤン先生 三砂 ちづる
10月26日
第74回 クリス 三砂 ちづる
09月21日
第73回 知らなかった力 三砂 ちづる
08月05日
第72回 胸痛む夏 三砂 ちづる
07月12日
第71回 失われる教育 三砂 ちづる
05月25日
第70回 道ならぬ恋の行方 三砂 ちづる
05月06日
第69回 その次のフェーズには 三砂 ちづる
03月27日
第68回 還暦を超えても楽しい 三砂 ちづる
02月19日
第67回 献身のエトス 三砂 ちづる
01月23日
第66回 親を許す 三砂 ちづる
12月20日
第65回 更年期  三砂 ちづる
11月22日
第64回 記述式 三砂 ちづる
10月16日
第63回 スキンシップと強さ 三砂 ちづる
09月15日
第62回 かわいやのー 三砂 ちづる
08月15日
第61回 屈辱感 三砂 ちづる
07月10日
第60回 "きれいにしていなくっちゃ"遺伝子 三砂 ちづる
06月06日
第59回 クローゼット 三砂 ちづる
05月08日
第58回 男女の心中 三砂 ちづる
04月06日
第57回 アイ・ラブ・ユー、バット 三砂 ちづる
03月13日
第56回 再発見される日本 三砂 ちづる
02月08日
第55回 求められる、という強さ 三砂 ちづる
01月07日
第54回 そういう時代 三砂 ちづる
12月10日
第53回 女性活躍 三砂 ちづる
11月12日
第52回 共有する物語 三砂 ちづる
10月10日
第51回 変わる家族 三砂 ちづる
09月10日
第50回 アジアの旅 三砂 ちづる
08月07日
第49回 仏壇 三砂 ちづる
07月08日
第48回 ランドセル 三砂 ちづる
06月09日
第47回 自営業の減少 三砂 ちづる
05月17日
第46回 「手紙」という資料 三砂 ちづる
04月09日
第45回 爪を染める 三砂 ちづる
ページトップへ