おせっかい宣言おせっかい宣言

第109回

呪縛

2023.09.29更新

 義務教育の歴史の授業で習うから、白人世界が世界の富を蓄積し、世界を従えて、さらに富んでいき、その文化や仕組みや哲学や倫理を世界の"良識"として作り上げていったことを私たちは知っている。音楽も美術も文学も演劇も舞踊も、世界に広がっていった基礎となる形は西欧社会が作った。美しいものを美しいと見る基準も、優れたものを優れたものと認定する基礎も、人間の理性を恃みとする精神のありようも、さらに、近代というシステム自体もなかなかによくできあがっていたから、また、そのシステムは確かに人間の衣食住をとんでもなく豊かにしたから、端的に言えば魅力的でありすぎた。その呪縛からは、のがれることができないし、のがれなければならない、とも思えなくなっていると思う。自由も人権も民主主義もみんな、白人世界で作られ、洗練されていったものだから。その価値を私たちはどれほど享受しているだろう。その価値を享受するのみでなく、幾世代にもわたって、どんな環境にあろうと、私たちはどれほどその文化に憧れただろう。バッハのブランデンブルグ協奏曲に、クリムトの絵画に、ディケンズの小説に、チェーホフの舞台に、そして、ディズニーのお姫様に。人魚姫が色黒で登場しても、ポリティカリー・コレクトネスが話題になっても、憧れはそう簡単には変わらない。意識も世界の構造も簡単には変わらないのだ。いや、意識が変わらないから、世界の構造は変わらない、というべきか。白人とそれ以外の扱いがいかに議論されようが同じではあり得ない、という現実の構造が。

 2020年はじめから世界を席巻したCOVID−19パンデミックは3年を経たのち、2023年5月に、WHO(World Health Organization:世界保健機関)は「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」宣言を終了する、と宣言した。日本でも同時期に新型コロナ感染症の感染症法上の位置付けが5類に変更され、いわゆる普通の呼吸器感染症と同様の扱いとなった。パンデミック終焉に向けて世界中が一歩を踏み出したわけである。このパンデミックにより、世界中ですでに700万人が死亡している、と発表されたりしている。誠に甚大な健康被害であることは間違いない。
 この新型コロナパンデミックが世界中の話題になる前から、世界の「三大感染症」と呼ばれている感染症が存在した。HIV/AIDS、結核、マラリア、である。これら三つの感染症により、毎年250万人の人が亡くなっていると言われていたし、さまざまな障害を引き起こしてきた。死亡数は減少してきているとは言え、多くの、いわゆる発展途上国、つまりは低・中所得国では、これらの感染症が主要な死因の一つであり続けていたのである。これらの三つの病気は原因も感染経路も予防策もわかっていて、治療法もはっきりしている。
 HIV/AIDSにおいてHIV(Human Immunodeficiency Virus:ヒト免疫不全ウィルス)はウィルスの名前、AIDS(Acquired Immuno Deficency Syndrome:後天性免疫不全症候群)は病気の名前である。AIDSにかかったら死ぬ、といまだに思っておられる方は多いと思うが、実はそれは正しく、AIDSを発症したら、体の免疫機構がやられてしまっているためにさまざまな外部からの病気、病原体を撃退することができなくなるため、死に至る。実際に、HIVウィルスが1980年代はじめに発見されてから1990年代なかばまで、多くの人がAIDSを発症して亡くなった。クイーンのフレディ・マーキュリーも、バレエ・ダンサーのジョルジュ・ドンもAIDSで死んだ。しかし、1996年、カナダのトロントで開かれた国際エイズ会議で多剤併用療法と呼ばれる、抗ウィルス剤をいくつか組み合わせて使う、という療法により、HIVウィルスに感染してもAIDSを発症することは避けられるようになった。現在、「エイズ治療薬」と呼ばれているのはこの薬のことで、HIVウィルスを体から完全に取り除くことはできなくても、AIDS発症を防ぐことができるし、継続した服用によって、ウィルスがほとんど検出されない状況に持っていくことも可能である。精液、膣粘膜液、血液の濃厚接触によって伝搬するHIVウィルスを予防するためには、とにかくコンドーム使用を推進することであるから、世界各地でコンドームを無料配布するキャンペーンが行われていたことは、日本でも記憶があるかもしれない。
 結核は、結核菌が引き起こす病気であり、BCGというよく知られた予防接種もある。戦前、戦後すぐは治療法の確定しない不治の病として恐れられていたが、1944年にストレプトマイシン、のち、パス、ヒドラジドが登場し、薬物療法で治療することができるようになった。現在はリファンピシン、ヒドラジドなどを軸に、数剤を重ねて六ヶ月使うことで治療する。
 マラリアは、マラリア原虫を持ったハマダラ蚊によって媒介される病気で、こちらも予防も治療もはっきりしている。とにかく蚊に刺されないようにするためにベッドネット(いわゆる蚊帳、である。若い世代はご存知ないかと思ったら国民的映画「となりのトトロ」によって、知られているようだ)を使ったり、ボウフラ対策をしたりして予防できるし、治療する薬物もある。
 つまりはエイズも結核もマラリアも予防や治療の手段はあるのだが、費用が安くないことや、社会的な背景により、貧しかったり、社会的に弱い立場に置かれている人たちに予防や治療のサービスが行き届かない、というわけである。予防できる死亡が予防できていない、ということで世界中の国々に啓発活動を行い、この発展途上国でなくならない死亡をなんとかしたい、ということが、国際保健と呼ばれる分野の大きな課題であった。課題であったが、世界の反応は、冷ややかであった、と言わざるを得ない。要するに、「貧しい国」で被害を及ぼしている病気であり、先進国では、予防も治療も行き届いているので問題にならない病気だったから、である。
 新型コロナパンデミックの初期、イタリアをはじめとしたヨーロッパの国々やアメリカで多くの被害が発生した。国際機関で、長年、エイズ、結核、マラリアの三大感染症対策に携わっていた国際保健の友人は「ヨーロッパが影響を受ける感染症ならこれほど騒げるのか」と、憮然としていた。まさに、身も蓋もない言い方であるが、西洋諸国、白人の国で被害が広がれば、世界は大騒ぎし、有色人種の発展途上国で起こっていることには、世界は冷ややかなのである。新型コロナパンデミックも、まず、アフリカで被害が拡大したりしていたら、世界の対応は全く違っていたことであろう。

 ロシアによる侵攻でウクライナの人々が苦しんでいる。それはまちがいのないことだ。しかし、理不尽な侵攻や内戦で苦しんでいるのはウクライナだけではない。シリアでもアフガニスタンでもイラクでも、同じようなことが起こっていたのだが、注目される度合いが全く違った。家族を失う悲しみも、理不尽に家を追われる苦しみも、人種や国によって違いがあるはずはないのだが、報道のされ方にも、個人の扱われ方にも、ひとりひとりによりそう思いにも、ウクライナ難民と、その他、つまりは、中東の難民、あるいはアフリカの難民、あるいはまだ記憶に新しいカンボジア難民、ベトナム難民は、同じである、あるいは同じであった、とは、とても言えない。白人世界であり、西洋文化を体現している人たちが被る被害は、非白人世界で起こる被害と同じように扱われることはないのだ。南アフリカがアパルトヘイトという政策上での人種差別を堂々とやっていた頃、経済上の理由から「名誉白人」という不名誉な称号を受け取っていた日本人の精神構造は、さらに、今でも、誠に不名誉な方向に呪縛され続けているのではあるまいか。

三砂 ちづる

三砂 ちづる
(みさご・ちづる)

1958年、山口県生まれ。兵庫県西宮市で育つ。1981年、京都薬科大学卒業。1999年、ロンドン大学PhD(疫学)。津田塾大学国際関係科教授。著書に『オニババ化する女たち』『死にゆく人のかたわらで』『少女のための性の話』など多数。本連載の第1回~第29回に書き下ろしを加えた『女たちが、なにか、おかしい おせっかい宣言』(ミシマ社)が2016年11月に、本連載第30回~第68回に書き下ろしを加えた『自分と他人の許し方、あるいは愛し方』(ミシマ社)が2020年5月に発売された。

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 仲野徹×若林理砂 

    仲野徹×若林理砂 "ほどほどの健康"でご機嫌に暮らそう

    ミシマガ編集部

    5月刊『謎の症状――心身の不思議を東洋医学からみると?』著者の若林理砂先生と、3月刊『仲野教授の この座右の銘が効きまっせ!』著者の仲野徹先生。それぞれ医学のプロフェッショナルでありながら、アプローチをまったく異にするお二人による爆笑の対談を、復活記事としてお届けします!

  • 戦争のさなかに踊ること─ヘミングウェイ『蝶々と戦車』

    戦争のさなかに踊ること─ヘミングウェイ『蝶々と戦車』

    下西風澄

     海の向こうで戦争が起きている。  インターネットはドローンの爆撃を手のひらに映し、避難する難民たちを羊の群れのように俯瞰する。

  • この世がでっかい競馬場すぎる

    この世がでっかい競馬場すぎる

    佐藤ゆき乃

     この世がでっかい競馬場すぎる。もう本当に早くここから出たい。  脳のキャパシティが小さい、寝つきが悪い、友だちも少ない、貧乏、口下手、花粉症、知覚過敏、さらには性格が暗いなどの理由で、自分の場合はけっこう頻繁に…

  • 新しい「普通」を一個増やす

    新しい「普通」を一個増やす

    朴東燮

    みなさま、はじめまして。朴東燮(バクドンソップ)と申します。 僕は韓国の釜山(ブサン)生まれ育ちで、いまも釜山の日光(イルグァン)という街に住んでいる、 生粋の釜山人です。

この記事のバックナンバー

05月27日
第117回 タレフェイラ 三砂 ちづる
04月26日
第116回 道楽 三砂 ちづる
03月30日
第115回 時間がない 三砂 ちづる
02月29日
第114回 教師生活の終わり 三砂 ちづる
01月29日
第113回 洗濯機鎮魂 三砂 ちづる
12月29日
第112回 戸籍 三砂 ちづる
11月28日
第111回 家計簿 三砂 ちづる
10月26日
第110回 文化の衣と哀悼と 三砂 ちづる
09月29日
第109回 呪縛 三砂 ちづる
08月30日
第108回 one to one 三砂 ちづる
07月28日
第107回 自分の機嫌は・・・ 三砂 ちづる
06月27日
第106回 つかないぱんたー 三砂 ちづる
05月30日
第105回 タバコのある風景 三砂 ちづる
04月24日
第104回 人間が生きているということ 三砂 ちづる
03月29日
第103回 手仕事と伝統工芸 三砂 ちづる
02月28日
第102回 拒絶される恐怖 三砂 ちづる
01月28日
第101回 嫁と姑 三砂 ちづる
12月27日
第100回 もしも 三砂 ちづる
11月27日
第99回 子供と危険 三砂 ちづる
10月28日
第98回 結婚 三砂 ちづる
09月28日
第97回 オフレコ 三砂 ちづる
08月25日
第96回 子どもについて 三砂 ちづる
07月29日
第95回 ボーダ 三砂 ちづる
06月24日
第94回 長寿県転落 三砂 ちづる
05月29日
第93回 顔が見えない 三砂 ちづる
04月16日
第92回 初めての北米 三砂 ちづる
03月16日
第91回 ダーチャ 三砂 ちづる
02月13日
第90回 プリンセス 三砂 ちづる
01月06日
第89回 寒い冬、寒い日本 三砂 ちづる
12月09日
第88回 タレフェイラ、シュトレイバー 三砂 ちづる
11月17日
第87回 前提 三砂 ちづる
10月12日
第86回 産まなかった人は 三砂 ちづる
09月08日
第85回 ウォラムコテ 三砂 ちづる
08月19日
第84回 マジョリティーの変容 三砂 ちづる
07月18日
第83回 マスク 三砂 ちづる
06月08日
第82回 ペットの効用 三砂 ちづる
05月09日
第81回 名前 その2 三砂 ちづる
04月08日
第80回 名前 その1 三砂 ちづる
03月29日
第79回 運転 三砂 ちづる
02月24日
第78回 かけおち 三砂 ちづる
01月28日
第77回 夢をみた 三砂 ちづる
12月24日
第76回 若い女性を愛する 三砂 ちづる
11月26日
第75回 ナラマニヤン先生 三砂 ちづる
10月26日
第74回 クリス 三砂 ちづる
09月21日
第73回 知らなかった力 三砂 ちづる
08月05日
第72回 胸痛む夏 三砂 ちづる
07月12日
第71回 失われる教育 三砂 ちづる
05月25日
第70回 道ならぬ恋の行方 三砂 ちづる
05月06日
第69回 その次のフェーズには 三砂 ちづる
03月27日
第68回 還暦を超えても楽しい 三砂 ちづる
02月19日
第67回 献身のエトス 三砂 ちづる
01月23日
第66回 親を許す 三砂 ちづる
12月20日
第65回 更年期  三砂 ちづる
11月22日
第64回 記述式 三砂 ちづる
10月16日
第63回 スキンシップと強さ 三砂 ちづる
09月15日
第62回 かわいやのー 三砂 ちづる
08月15日
第61回 屈辱感 三砂 ちづる
07月10日
第60回 "きれいにしていなくっちゃ"遺伝子 三砂 ちづる
06月06日
第59回 クローゼット 三砂 ちづる
05月08日
第58回 男女の心中 三砂 ちづる
04月06日
第57回 アイ・ラブ・ユー、バット 三砂 ちづる
03月13日
第56回 再発見される日本 三砂 ちづる
02月08日
第55回 求められる、という強さ 三砂 ちづる
01月07日
第54回 そういう時代 三砂 ちづる
12月10日
第53回 女性活躍 三砂 ちづる
11月12日
第52回 共有する物語 三砂 ちづる
10月10日
第51回 変わる家族 三砂 ちづる
09月10日
第50回 アジアの旅 三砂 ちづる
08月07日
第49回 仏壇 三砂 ちづる
07月08日
第48回 ランドセル 三砂 ちづる
06月09日
第47回 自営業の減少 三砂 ちづる
05月17日
第46回 「手紙」という資料 三砂 ちづる
04月09日
第45回 爪を染める 三砂 ちづる
ページトップへ