おせっかい宣言おせっかい宣言

第114回

教師生活の終わり

2024.02.29更新

 二十年間女子大学の教師をしてきたが、今年度末で終わる。その前に、3年半、厚生労働省の研究所で働いていて、そこでも大学院生にあたる人たちを教えていたから、日本での教員生活は二十四年ほどだった。教員をもっと長くやって終わる人ももちろん多いが、私の教員生活はここまでである。

 大学の教員は、「教え方」など習わない。大学の教員免状、というものは特になく、研究者としての研鑽を積み、大学に入職すれば大学の教師となる。他の人がどんなふうに教えているのかも、ほとんど知らないし、このように授業せよ、と言われる事もおおよその大学ではないと思う。小中高などであるらしい「研究授業」なるものもない。他人の授業を聞く機会は大学ではほとんどない。優れた研究業績を上げている人が優れた教師である、とは必ずしも言えないのだけれど、おおよそ、何か専門の研究をする人なら、その教育もやるであろう、という前提のもとに大学教員が職を得ていく。私はたまたま中高教員の免許は持っているのだが、それが大学教員に役に立つようなものであるかどうか、というのはまた別の話である。

 大学の教員は「一瞬の勝負」であるといつも思っていた。小中高のように、クラス担任が毎日様子を観察するわけでもなく、教科の教員が一週間に何回も会うわけではない。一週間に一回、講義もゼミも会うだけ。通年の授業であっても、年間、三〇回より少し少ないくらいの授業があるだけである。学生に会う機会はまことに限られている。そこでは、教師のどの言葉がどのように学生に「拾われて」いくか、どのように、先入観を崩すことができるのか、学びにつながりうるのか、教師には予測もつかない。

 参加型授業、ということが言われるようになって半世紀くらい経つ。私もパウロ・フレイレの『被抑圧者の教育学』を訳したから、「銀行型教育」ではなく「参加型教育」を、という言い方を意識していたつもりだ。教師が「知識を持てるもの」として「知識を持たない」生徒に「銀行にお金を預けるように」知識を積み重ねていくような教育では民主的な人間は育たない。教師は生徒一人一人が対話のもとに教育に参加し、そのファシリテーターとなるような資質を持っている必要がある、と。参加型教育とは、グループにわけてディスカッションをしたり、お互い話し合うことによって、学びを深めていくこと、と理解されていると思う。しかし、なんでも話し合わせれば良いのか。はい、グループに分かれて、このことについて議論して、というだけで良いのか。

 元宮城教育大学学長だった林竹二(1906-1985)は、ある小学校における研究授業を担当した時のことを語っている。彼は、子どもたちの前でずっと話し続け、特に生徒たちに意見を聞くこともなく、話し合いをさせることもなく、研究授業を終えた。参加していた別の先生たちは、林先生がずっと話し続ける授業の、どこが、参加型授業なのか、なぜ、生徒たちにもっと話をさせないのか、と、質問をする。林竹二は、子どもたちは小学校三年生とか四年生になる頃にはすでに、多くの「鎧」を身につけているのだ、と語るのである。そして、その鎧を身につけたまま、意見を述べさせたり、グループディスカッションをさせたりしても、「鎧同士」の言葉は、生きた言葉にならない。鎧をつけたままのもの同士で話し合っても、生き生きした本来の言葉は出てこない。鎧をつけたままで話し合う、そういうものは、本来の参加型学習とは言えない。生徒たちはむしろ、その、すでに築いてしまっている鎧をどのようにすれば下ろすことができるのか。下ろすことができて、初めて、本来の参加型学習が立ち上がる。話し合いをするからには、まず「鎧」を下ろさなければならない。林竹二は、その「鎧を下ろすきっかけ」になるような話を教壇から投げかけていたのだ、というのだ。

 小学校三年生程度で「鎧」を身につけるというのに、すでに二十前後まで生きてきた学生の、すでに身につけて久しいと思われる鎧を、どのように下ろすきっかけを提供することができるか。あるいはまた、この場ではその鎧を下ろしても良い、と思えるか。それは、教師である私の一貫しての課題であった。いわゆる講義においては、「鎧を下ろすきっかけ」、「何らかの先入観を突き崩すきっかけ」を、専門性の範疇の中で提供できるように考えていた。少人数でメンバーが固定されるゼミでは、どうすれば「ここは鎧を下ろしても大丈夫だ」と思ってもらえる雰囲気を作り出せるか、にかかっていると思っていた。そのような講義とゼミは、だから、その時、そのように自らに課した課題をクリアできるか、「一瞬の勝負」だと思っていたのだから、意識を集中して臨んでいた。講義もゼミも大好きだったが、やはりそれなりにエネルギーと時間を費やしていたのだろう。全部終わった今となっては、眠くてたまらない。寝ても寝てもまだ寝られる。二十数年教壇に立つことは、思ったよりもなかなかに力がいることだったのだろう。

 そのように私は授業とゼミに臨んでいたが、実際には、どの部分が学生に届いたのか、届いていなかったのか、私の言葉はどう解釈されていったのか、解釈されなかったのか、は、それはよくはわからない。

 先日、卒業生が結婚した、という知らせが届いた。お相手はパイロットとだという。学生時代からパイロットと結婚します、と言っていたから初志貫徹、と言える。すごいね、本当にパイロットと結婚したのね、素晴らしい、と書いたら、返事が来た。「もちろん職業で選んだわけではないのですが、結果として、有言実行したことになりますね。学生時代にゼミで結婚の話題になった時、先生がケイト・ミドルトンは戦略的にウィリアム王子と結婚したとおっしゃっていたことに感化され、何となく、自分の理想の結婚のための人生計画を立てることにしたのですが、意図せずしてその通りになっていました」。

 ケイト・ミドルトン? そんな話、したっけ? と思ったが、そういえば、ウィリアム王子が結婚したとき、どこかの記事に、ケイト・ミドルトンは、そもそも王室と結婚するにふさわしいような家柄の出身のお嬢さんであったが、ウィリアムと結婚することを目指して、戦略を持ってウィリアムと同じ学校に行ったり、同じサークル(?)に入ったり、とシステマティックに近づいた、ということが書いてあるのを読んだような気がする。本当かどうか、今は確かめようもないが、その時、彼女のいるゼミで、私はぽろっと、そう言ったらしいのである。まさに一瞬のことである。それを聞いた彼女は、そうか、結婚とは戦略を持ってしなければならないものである、と理解した。就職先は航空会社総合職。パイロットやC Aなどを研修する立場の仕事をするようになる。今のご夫君の研修も担当し、それをきっかけに親しくなったのだという。やさしそうで、本当に素敵なご夫君だった。お相手としても、自分の選んだ職業に憧れを持ってくれる女性がいるのは、決して悪い気はしなかったのではないか。自らの属性の一つを好意をもって受け止めてくれた、と思うであろう。

 本当にどんな話がゼミや授業で拾われて学生の頭に残るか、わからない。また、同時に彼女のいたゼミのみんなが彼女の計画を知っていたようだから、うまく「鎧」も降ろせていたのであろう。全くどの言葉、どんな話が拾われるかわからない。しかし、そのこと自体も私の喜びであった、と気づくのである。

 さらば、私の教師生活。

三砂 ちづる

三砂 ちづる
(みさご・ちづる)

1958年、山口県生まれ。兵庫県西宮市で育つ。1981年、京都薬科大学卒業。1999年、ロンドン大学PhD(疫学)。津田塾大学国際関係科教授。著書に『オニババ化する女たち』『死にゆく人のかたわらで』『少女のための性の話』など多数。本連載の第1回~第29回に書き下ろしを加えた『女たちが、なにか、おかしい おせっかい宣言』(ミシマ社)が2016年11月に、本連載第30回~第68回に書き下ろしを加えた『自分と他人の許し方、あるいは愛し方』(ミシマ社)が2020年5月に発売された。

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

この記事のバックナンバー

03月30日
第115回 時間がない 三砂 ちづる
02月29日
第114回 教師生活の終わり 三砂 ちづる
01月29日
第113回 洗濯機鎮魂 三砂 ちづる
12月29日
第112回 戸籍 三砂 ちづる
11月28日
第111回 家計簿 三砂 ちづる
10月26日
第110回 文化の衣と哀悼と 三砂 ちづる
09月29日
第109回 呪縛 三砂 ちづる
08月30日
第108回 one to one 三砂 ちづる
07月28日
第107回 自分の機嫌は・・・ 三砂 ちづる
06月27日
第106回 つかないぱんたー 三砂 ちづる
05月30日
第105回 タバコのある風景 三砂 ちづる
04月24日
第104回 人間が生きているということ 三砂 ちづる
03月29日
第103回 手仕事と伝統工芸 三砂 ちづる
02月28日
第102回 拒絶される恐怖 三砂 ちづる
01月28日
第101回 嫁と姑 三砂 ちづる
12月27日
第100回 もしも 三砂 ちづる
11月27日
第99回 子供と危険 三砂 ちづる
10月28日
第98回 結婚 三砂 ちづる
09月28日
第97回 オフレコ 三砂 ちづる
08月25日
第96回 子どもについて 三砂 ちづる
07月29日
第95回 ボーダ 三砂 ちづる
06月24日
第94回 長寿県転落 三砂 ちづる
05月29日
第93回 顔が見えない 三砂 ちづる
04月16日
第92回 初めての北米 三砂 ちづる
03月16日
第91回 ダーチャ 三砂 ちづる
02月13日
第90回 プリンセス 三砂 ちづる
01月06日
第89回 寒い冬、寒い日本 三砂 ちづる
12月09日
第88回 タレフェイラ、シュトレイバー 三砂 ちづる
11月17日
第87回 前提 三砂 ちづる
10月12日
第86回 産まなかった人は 三砂 ちづる
09月08日
第85回 ウォラムコテ 三砂 ちづる
08月19日
第84回 マジョリティーの変容 三砂 ちづる
07月18日
第83回 マスク 三砂 ちづる
06月08日
第82回 ペットの効用 三砂 ちづる
05月09日
第81回 名前 その2 三砂 ちづる
04月08日
第80回 名前 その1 三砂 ちづる
03月29日
第79回 運転 三砂 ちづる
02月24日
第78回 かけおち 三砂 ちづる
01月28日
第77回 夢をみた 三砂 ちづる
12月24日
第76回 若い女性を愛する 三砂 ちづる
11月26日
第75回 ナラマニヤン先生 三砂 ちづる
10月26日
第74回 クリス 三砂 ちづる
09月21日
第73回 知らなかった力 三砂 ちづる
08月05日
第72回 胸痛む夏 三砂 ちづる
07月12日
第71回 失われる教育 三砂 ちづる
05月25日
第70回 道ならぬ恋の行方 三砂 ちづる
05月06日
第69回 その次のフェーズには 三砂 ちづる
03月27日
第68回 還暦を超えても楽しい 三砂 ちづる
02月19日
第67回 献身のエトス 三砂 ちづる
01月23日
第66回 親を許す 三砂 ちづる
12月20日
第65回 更年期  三砂 ちづる
11月22日
第64回 記述式 三砂 ちづる
10月16日
第63回 スキンシップと強さ 三砂 ちづる
09月15日
第62回 かわいやのー 三砂 ちづる
08月15日
第61回 屈辱感 三砂 ちづる
07月10日
第60回 "きれいにしていなくっちゃ"遺伝子 三砂 ちづる
06月06日
第59回 クローゼット 三砂 ちづる
05月08日
第58回 男女の心中 三砂 ちづる
04月06日
第57回 アイ・ラブ・ユー、バット 三砂 ちづる
03月13日
第56回 再発見される日本 三砂 ちづる
02月08日
第55回 求められる、という強さ 三砂 ちづる
01月07日
第54回 そういう時代 三砂 ちづる
12月10日
第53回 女性活躍 三砂 ちづる
11月12日
第52回 共有する物語 三砂 ちづる
10月10日
第51回 変わる家族 三砂 ちづる
09月10日
第50回 アジアの旅 三砂 ちづる
08月07日
第49回 仏壇 三砂 ちづる
07月08日
第48回 ランドセル 三砂 ちづる
06月09日
第47回 自営業の減少 三砂 ちづる
05月17日
第46回 「手紙」という資料 三砂 ちづる
04月09日
第45回 爪を染める 三砂 ちづる
ページトップへ