今月と来月

第19回

2019.10.31更新

 10月も今日で最終日。明日から11月です。今日も「みんなのミシマガジン」に訪れてくださり、ありがとうございます。みなさんにとっての10月はどんな1カ月でしたか? 「今月と来月」のコーナーでは、毎月の最後にミシマ社メンバーが今月を振り返り、そして来月に思いを馳せながらこれから起こるおもしろいことをお伝えしていきます。


今月のこと〈星野、長谷川、池畑、野崎、舘

hoshino.jpg 照れの拭いきれない、池畑世界観と岡田幸慈。(星野友里)

hoshinoshan0.jpghoshonosan1.jpg

hasegawa.jpg ここ数ヶ月このことばかり書いてアレですが、「ちいさいミシマ社展」無事終了しました。先月私がこのコーナーで書いていた、壁いっぱいのメモがこれです。ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました。(長谷川実央)

hasegawasan.jpg

ikehata.jpg 福岡のブックスキューブリック箱崎店にて開催中の益田ミリさん展示。ここだけのコラボパン[かわいい×うまい=最強]でした。(池畑索季)

ikehatasan.jpg

nozaki.jpgミシマ社の本屋さん営業日に、『クモのイト』著者の中田兼介先生が1日店長&クモツアーをしてくださり、秋を楽しみました!(野崎敬乃)

nozakisan.jpg

tachi.jpg 今月の「ミシマ社の本屋さん」では、新刊『バンド』にちなんで京都オフィスメンバーがクリープハイプに大変身!決してふざけているわけではありません。楽しかったです。ごめんなさい。(舘雄佑)

tachisan1.jpg

来月のこと〈渡辺、新居、田渕、森、須賀 〉

watanabe.jpg 11月の初日は広島営業でスタート。翌2日は周防大島へ行き「島のむらマルシェ」で本の手売りをしてきます。翌週は大阪で書店大商談会がありタブチとブースに立ちます。中旬ころには11月刊『ほんのちょっと当事者』が刷り上がり、23日(勤労感謝の日)に発売です。その日は京都で数学ブックトークも開催。北陸や東海エリアにも営業に出る予定。そうだ16日はクリープハイプさんは現メンバーによるバンド結成10周年を迎えます。ほかにもいろいろ。楽しみです。(渡辺佑一)

arai.jpg 11末には、ミシマガ連載でいつも多くの反響の声をいただいた、青山ゆみこさんの「ほんのちょっ当事者」が本になり発売されます。
私は昨年出産したのですが、子を産み育てるいう当事者になり、改めて見えた景色がたくさんありました。妊娠時、席を譲ろう張しながら声をかけてくれる学生さん。ベビーカーを押しているエレベーターがない駅はほんまに困るし、保育園探しの大変さ、家事の分担、ニュースで見ていたあれもこれも全部「自分ご」なのだ感じるようになりました。そんなきにずっ、勝手に伴走してくれているように感じながら毎励みに読んでいたのがこの連載です。
にかく、めっちゃいい本なので、たくさんのひに届いてほしい願っています。もちろん、営業がんばります。(新居未希)

tabuchi.jpg 来月の頭から、滋賀の膳所にある銭湯、都湯さんでミシマ社フェアがスタートします。昨年の玉の湯さんに続いての、2回目となる銭湯でのミシマ社フェア。都湯の番頭さんである原さんはなんとYOUTUBERでもあるとのことで、いろいろと発信の仕方を学びながら盛り上げていければと思います。また青山ゆみこさんの『ほんのちょっと当事者』もいよいよ書籍に。僕自身ミシマガジンの連載担当時に青山さんの文章に何度も救われました。大切に届けていけたらと思います。(田渕洋二郎)

mori.png、11/16はクリープハイプが現メンバーになって10周年の日! 『バンド』をどんどん盛り上げて10周年を祝いつつ、ファン以外の方にも読み応え抜群のノンフィクションして届けていきます! それは山梨群馬に出張します。この数ヶ、行こう行こう思いながら諸事に追われて行けてないので、ここに宣言しておきます。(岡田森)

suga.jpg来月の新刊は「ほんのちょっと当事者」です。自分の両親の看取りなど、否応無しに「当事者にならざるを得なかった」こと。嬰児遺棄事件の傍聴に出かけたり、地域の寄合所を立ち上げるなど、「当事者を引き受けた」こと。さまざまな社会の課題やつらいニュースについて、青山さんが当事者として考えます。ぜひお手にお取りください!(須賀紘也)


運営メンバー紹介

mishima.jpg三島邦弘 ミシマ社代表。編集者。今日も明日も明後日も、熱をもった本をつくるため動き回る。合気道歴10年。

watanabe.jpg渡辺佑一 営業チーム・リーダー。北陸・関西・中国エリア担当。ミシマ社の社員第一号。長年の直取引営業経験と趣味の将棋から得た知見を若手に伝える軍師。『キングダム』好き。

hoshino.jpg星野友里 編集チーム。若手メンバーを教え諭す自由が丘の姉御。涼しげな表情の裏側は満身創痍? ラジオ体操を欠かさないでください(byスガ)。

arai.jpg新居未希 編集チーム。通称「ミッキー」。ミシマ社の新卒第一号。ドーナツ好き。2018年に出産し、子育てに奮闘しながらいろいろ手探りで仕事中。

hasegawa.jpg長谷川実央 仕掛け屋チーム。ミシマ社通信やポップ、パネル作り、展覧会の設営もこなす。いつも明るくほがらかな仕事人。

ikehata.jpg池畑索季 営業チーム。関東・東北・四国・九州エリア担当。元山岳部その1。苔と土を愛するネイチャーボーイ。

tabuchi.jpg田渕洋二郎 営業チーム。関西・北海道・山陰エリア担当。社内で一番(いい意味で)軽い男。歌が好きで、急に歌い出す悪癖がある。足が速い。

nozaki.jpg野崎敬乃 編集チーム。元山岳部その2。2018年入社で、その働きぶりは以降の新人のハードルを上げた。笑い上戸で、ピースが苦手。

mori.png岡田森 営業チーム。関東・東海・甲信越エリア担当。ミシマ社にIT革命を起こすべく奮闘中。特技はセールストークで、気に入った商品はメンバーにもご紹介。合気道愛好家。

tachi.jpg舘雄佑 編集チーム・ボランチ。出荷まわりを司る。超高身長で、オフィスのいたるところで頭をぶつけている。

suga.jpg須賀紘也 編集チーム。2019年入社の新卒。「西郷どん」という通称とは反対に、社内でアタフタしている。めちゃくちゃ硬い髪質に深い悩みを抱える。地味にお調子者。

*記載は入社順です。紹介文はスガが書きました。

ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • MS Live! 制作室

    「こどもとおとなのサマースクール 2020」開催のごあいさつ&チケットのご案内

    MS Live! 制作室

    今年の夏、ミシマ社は、念願のサマースクールを開講することにしました。もとをたどれば2年前、周防大島でサマースクール(プレ)をおこないました(詳しくは「ちゃぶ台」Vol.3をご覧いただければ幸いです)。とはいえ、当時は一般の方々へ開いたかたちではありませんでした。昨年は多忙を理由に断念。このままいけば、今年も「ない」まま流されていたかもしれません。が、今年はなんとしても、開催しよう。しなければいけない、と思うに至りました。

  • 「ど忘れ大賞」開催!? みんなの「ど忘れ」大募集!!

    「ど忘れ大賞」開催!? みんなの「ど忘れ」大募集!!

    ミシマガ編集部

    昨日発売となったいとうせいこうさんの新刊『ど忘れ書道』。その刊行を記念して、「ど忘れ大賞」という前代未聞の賞を開催することになりました! 審査員長はもちろんこの方! 「忘れの天才」こと、いとうせいこうさんです!!

  • 土井善晴先生×中島岳志先生「一汁一菜と利他」(1)

    土井善晴先生×中島岳志先生「一汁一菜と利他」(1)

    ミシマガ編集部

    2020年6月20日、MSLive!にて、土井善晴先生と中島岳志先生のオンライン対談が行われました。料理研究家と政治学者、そんなお二人のあいだでどんなお話が繰り広げられるのか、一見、想像がつきづらいかと思います。ですが、自分たちの足元からの地続きの未来を考えるとき、中島先生が最近研究のテーマに据えられている『利他』と料理・食事のあいだには、大切なつながりがあることが、対話を通して明らかになっていったのでした。今回の特集では前半と後半の2回にわけて、そんなお二人のお話の一部をお届けします。

この記事のバックナンバー

07月31日
第28回 ミシマガ編集部
06月30日
第27回 ミシマガ編集部
05月31日
第26回 ミシマガ編集部
04月30日
第25回 ミシマガ編集部
03月31日
第24回 ミシマガ編集部
02月29日
第23回 ミシマガ編集部
01月31日
第22回 ミシマガ編集部
12月31日
第21回 ミシマガ編集部
11月30日
第20回 ミシマガ編集部
10月31日
第19回 ミシマガ編集部
09月30日
第18回 ミシマガ編集部
08月31日
第17回 ミシマガ編集部
07月31日
第16回 ミシマガ編集部
06月30日
第15回 ミシマガ編集部
05月31日
第14回 ミシマガ編集部
04月30日
第13回 ミシマガ編集部
03月31日
第12回 ミシマガ編集部
02月28日
第11回 ミシマガ編集部
01月31日
第10回 ミシマガ編集部
12月31日
第9回 ミシマガ編集部
11月30日
第8回 ミシマガ編集部
10月31日
第7回 ミシマガ編集部
09月30日
第6回 ミシマガ編集部
08月31日
第5回 ミシマガ編集部
07月31日
第4回 ミシマガ編集部
06月30日
第3回 ミシマガ編集部
05月31日
第2回 ミシマガ編集部
04月30日
第1回 ミシマガ編集部
ページトップへ