今月と来月

第56回

2022.12.31更新

12月も今日で最終日。明日から1月です。今月も「みんなのミシマガジン」に訪れてくださり、ありがとうございました。「今月と来月」のコーナーでは、毎月の最後にミシマ社メンバーが今月を振り返り、そして来月に思いを馳せながらこれから起こるおもしろいことをお伝えしていきます。


代表 三島邦弘の今月と来月

mishima.jpg 本年も誠にありがとうございました。今年は、ミシマ社より15点、ちいさいミシマ社から3点の新刊が出ました。あまり計画を立てないまま会社を運営をしてきて、気づけば毎月1点超のペースで、充実の新刊が出るようになりました。点数を増やそうと思ったことはなく、ただ、「おもしろい」をベストのタイミングで形にする、同時に、自分たちが食べていけるだけの点数を出していかないといけない、という二つの「現実」のあいだで汗水流してきた結果です。それは、『ちゃぶ台10』の取材で周防大島の農家・宮田さんにうかがったお話ーー「土の声」を聴きながら畑に合うお野菜を育てていると、収穫量は高くはならず、開墾を毎年くり返すしかなかったーーとも重なり、とても大きな励みとなったのでした。来年も自然の恵みに守られますように。そう切に祈りつつ、新年を迎えます。来る年もよろしくお願い申し上げます。よいお年をお迎えくださいませ。(2022年12月31日)(三島邦弘)

今月のこと〈長谷川、 池畑、田渕、 岡田、野崎、 佐藤、大堀

hasegawa.jpg 大阪にある「本」のお店スタントンさんに、益田ミリさんの展示の設営に行ってきました。月18日まで開催しています。
 本年もミシマガをお読みいただき、ありとうございました。よいお年をお迎えください。(長谷川実央)

はせがわ12.jpg

ikehata.jpg 娘の保育園のクリスマス会。泣き出す下の子を連れて建物の屋上に登ったら、富士山が見えました。来年は良い一年になりそうです。今年もミシマガジンを訪ねてくださりありがとうございました。(池畑索季)

池畑「今月」_富士山.jpg

tabuchi.jpg  いしいひとひくんの少年野球の最終試合を見に行きました。円陣をする様子に胸が熱くなりました。 (田渕洋二郎)

IMG_1367.jpg

okada.jpg 退勤後、営業・モリから写真きメッセージ。「この人突然階段からおちてきたんだけど、オカダさん本人は無事でしょうか?」よくこけるオカダを模した彼女は、また何かの身代わりになってくれたのでしょうか。本人は無事でした。(岡田千聖)

1670585445511.jpeg

nozaki.jpg 京都オフィスのもっさりと茂った紅葉です。道に枝葉大きくせり出し、前を走るトラックの車体上部をかならず撫で、あたりの住宅街に落ち葉をふりそそいでいた木。こんなにも大きく成長していることをあまり気に留めないまま、この一年、突っ走っていた気します。年も駆け抜けるぞー。今年もありとうございました!(野崎敬乃)

IMG_2665.jpg

satou.jpg ミシマ社カレンダー2023できました! 仕掛け屋・ハセガワによる、ミシマンと一緒に季節の移ろいを楽しめる手書きデザインです。年もどうぞよろしくお願します!(佐藤美月) 

IMG_0721 (1).jpg

ohbori.jpg 12/6に念願の「一冊!リトルプレス」がリリースしました!ZINEやリトルプレスを作っても、目に届く範囲が限られてしまっていた今までから、一冊!取引所をつかう書店さんすべての方へ届けることができます! 新たなひらかれた出会いによってもっと本屋さんも本をつくる人も面白くなる、無限大の可能性を秘めています!(これからもっともっと面白くなる予定)ぜひのぞいてみてください。(大堀星莉)

IMG_5011.jpg

来月のこと〈星野、 森、須賀、山田、角、西尾

hosino.jpg 年初1『小さき者たちの』(松村圭一郎著)発刊になります。2018年420204に、このミシマガに「小さき者たちの生活誌」として連載されていたものの書籍化です、連載終了後に本格化した新型コロナ下の世界、戦争始まってしまった世界に重ね合わせて読むと、また違った角度の切実さを伴って響いてきます。装丁は『うしろめたさの人類学』『くらしのアナキズム』に続き、尾原史和さん。写真では伝わり切らない味わい、ぜひ店頭で手に取って触っていただきたいです。(星野友里)

mori.jpg 大掃除で、MSLive!のスタジオとして使っていた部屋を改造して「第二会議室」と勝手に再命名しました。MSLive!をやらなくなった、わけではなく、技術チームの機動力が上がってどの部屋からでも配信できるようになったので、固定のスタジオ部屋がいらなくなったのです! 来年も激動の年になりそうですが、どんどん変化しながら進みたいと思います。(岡田森)

yamada.jpg 12月からスタートした大阪・「本」のお店スタントンさんでの「益田ミリ『東京あたふた族』エッセイのことば展」は、1月も18日(水)まで開催します!
 ミリさんのことばとイラストの魅力がこれでもかと詰まっている展示です。展示を観たお客さんが「銭湯帰りみたいにほぐれた様子で出て来られ」ると、店主の田中さんもおっしゃっていました。(山田真生)

suga.jpg すごく個人的な話で恐縮ですが、来月は引っ越しを行う予定です。予定もなにも現住居の契約を解約しているので引っ越すほかないのですが、新居がまったく決まっておらず来月の今頃どうなっているのやら・・・。また、来月末にはとっておきのイベントが入る予定です。4年目に突入する「MSLive!」ですが、いまだかつてない今までの枠組みを越えるイベントになりそうで楽しみです。(須賀紘也)

sumi.jpg 1月は、ロビン・ロイドさんと中川学さんによる詩画集『幸せに長生きするための今週のメニュー』も発刊になります。ノートのような中綴じ製本と暖かい色をふんだんに使った装丁、あまりに素敵にマッチした詩と絵、英語と日本語の両方で言葉を味わえること・・・などなど、これまでに出会ったことのない、いろんな感覚の刺激される一冊になりました。ちいさな本ですが、時間をかけて、いろんな季節や状況のなかで読んでいただくのにぴったりです。ぜひ、幸せで豊かな1年のお供にしていただけたらうれしいです!(角智春)

nishio.jpg 来月は松村圭一郎さんの新刊『小さき者たちの』が発売されます。刊行イベント第一弾は、本屋Title(東京・荻窪)さんにて開催予定です。「小さな声」「声なき声」に耳を澄まし選書をしてこられた店主、辻山良雄さんが『小さき者たちの』をどう解釈されるのか。そして松村先生はどんな応答をするのか。今からとても楽しみです。(西尾晃一)


運営メンバー紹介(カッコ内は似顔絵を描いた人)

mishima.jpg三島邦弘 ミシマ社代表。編集者。今日も明日も明後日も、熱をもった本をつくるため動き回る。合気道歴12年。(絵:ヤマダ)

hosino.jpg星野友里 自由が丘オフィスリーダー。編集チーム。若手メンバーを教え諭す自由が丘の姉御。涼しげな表情の裏側は満身創痍? ラジオ体操を欠かさないでください(絵:モリ)。

hasegawa.jpg長谷川実央 京都オフィスリーダー。仕掛け屋チーム。ミシマ社通信やポップ、パネル作り、展覧会の設営もこなす。いつも明るくほがらかな仕事人。(絵:アライ)

ikehata.jpg池畑索季 営業チーム現場監督(自由が丘オフィス)。関東・東北・九州エリア担当。元山岳部その1。苔と土を愛するネイチャーボーイ。(絵:ホシノ)

tabuchi.jpg田渕洋二郎 営業チーム現場監督(京都オフィス)。関西・北海道・沖縄・岡山エリア担当。社内で一番(いい意味で)軽い男。歌が好きで、急に歌い出す悪癖がある。足が速い。(絵:スミ)

okada.jpg岡田千聖 自由が丘オフィスで事務まわりを担当。ミシマ社の元祖オカダ(のちに入社した夫・岡田森は通称モリ)。元バレーボール部員で、そのためか熱血な一面があるといううわさも。(絵:イケハタ)

nozaki.jpg野崎敬乃 編集チーム(京都オフィス)。元山岳部その2。2018年入社で、その働きぶりは以降の新人のハードルを上げた。笑い上戸で、ピースが苦手。(絵:ミシマ)

mori.jpg岡田森 営業チーム・デジタル事業現場監督(自由が丘オフィス)。関東・静岡・東海・甲信越エリア担当。ミシマ社にIT革命を起こすべく奮闘中。特技はセールストークで、気に入った商品はメンバーにもご紹介。合気道愛好家。(絵:サトウ)

suga.jpg須賀紘也 営業チーム(自由が丘オフィス)。関東・中国・四国エリア担当。2019年入社の新卒。「西郷どん」という通称とは反対に、社内でアタフタしている。めちゃくちゃ硬い髪質に深い悩みを抱える。地味にお調子者。(絵:オカダ)

satou.jpg佐藤美月 営業事務。自由が丘オフィスで出荷まわりを担当。好きなものはお笑いとパン全般。湘南生まれのピアニスト。(絵:スガ)

yamada.jpg山田真生 営業チーム(京都オフィス)。2020年入社の新卒。関西・愛知・山陰・北陸エリア担当。大学では西洋美術史を専攻。高校時代は卓球部。わりとずけずけ物を言うタイプか?(絵:タブチ)

sumi.jpg角智春 編集チーム(京都オフィス)。『すみちゃんのメヒコ日記』著者。元山岳部その3。実家のビーグル犬と歌(歌謡曲など)を愛する。好きなドライフルーツはいちじく。(絵:ハセガワ)

nishio.jpg西尾晃一 今年4月より入社の新卒メンバー。同時に発足した新チーム「新人チーム」に所属(自由が丘オフィス)。元サッカー部で、往年のセンターバック魂を発揮して日々いろいろと体当たり中。目標はコーヒーを好む大人になること。(絵:オオボリ)

ohbori.jpg大堀星莉 今年4月より入社の新卒メンバーで、「新人チーム」所属。「人間以外の動物が苦手」という衝撃の発言があったが、カメがいる京都オフィス配属になり成長に期待。大学までダンス部で活動していたヒップホップダンサー。タコライスが好き。(絵:ニシオ)

*紹介文はスガが書きました。

ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    ミシマガ編集部

    2017年刊の『うしろめたさの人類学』と2021年刊の『くらしのアナキズム』では、エチオピアでの長年のフィールドワークをもとに、私たちが前提としている考え方の枠組みを外して、日常の暮らしを通して社会を変えていく可能性について綴られた、松村圭一郎さん。『小さき者たちの』では、初めて、生まれ育った故郷である熊本をテーマに執筆されました。「はじめに」で、松村さんは本書での試みの意図を、下記のように綴られています。

  • 一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    ミシマガ編集部

     こんにちは。ミシマ社新人のオオボリです。本日よりなんと月一連載を務めさせていただくことになりました! その名も「一冊の本ができるまで~新人全力レポート」。つたないながらも新人による全力レポート、楽しんでいただけたら嬉しいです! どうぞよろしくお願いします!

  • 『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    ミシマガ編集部

    先日ちいさいミシマ社から発刊した『幸せに長生きするための今週のメニュー』。アメリカ出身の民族楽器奏者、詩人のロビン・ロイドさんと、京都のお寺の住職兼イラストレーターの中川学さんによる日英併記の詩画集です。  自然の移りかわりや、日常のささやかなよろこびを丁寧にすくい上げるロビンさんの詩と、中川さんの温かく想像力がかきたてられる鉛筆画がやさしく心に届き、折に触れて読み返したくなる一冊です。

  • 魚屋の息子

    魚屋の息子

    前田エマ

     家の近所に、同級生の家族が営んでいる魚屋がある。たまに買いに行くと、心地よい明るさのお母さんが「美容室で読んだ雑誌に、エマちゃん載ってたよ〜」と声をかけてくれる。バレーボールとかハンドボールの選手だったのかな、と思うような、快活でショートカットが似合う素敵な女性だ。私は「ありがとうございます。うれしい〜」と言って、刺身の盛り合わせをお願いしたり、南蛮漬けにするアジを捌いてもらったりして、あたたかい気持ちで家に帰る。住宅街に文字通りポツンと現れる個人商店で、駅からも遠いのに週末には長蛇の列ができる。この店の次男と私は、小中学校が同じだった。

この記事のバックナンバー

01月31日
第57回 ミシマガ編集部
12月31日
第56回 ミシマガ編集部
11月30日
第55回 ミシマガ編集部
10月31日
第54回 ミシマガ編集部
09月30日
第53回 ミシマガ編集部
08月31日
第52回 ミシマガ編集部
07月31日
第51回 ミシマガ編集部
06月30日
第50回 ミシマガ編集部
05月31日
第49回 ミシマガ編集部
04月30日
第48回 ミシマガ編集部
03月31日
第47回 ミシマガ編集部
02月28日
第46回 ミシマガ編集部
01月31日
第45回 ミシマガ編集部
12月31日
第44回 ミシマガ編集部
11月30日
第43回 ミシマガ編集部
10月31日
第42回 ミシマガ編集部
09月30日
第41回 ミシマガ編集部
08月31日
第41回 ミシマガ編集部
07月31日
第40回 ミシマガ編集部
06月30日
第39回 ミシマガ編集部
05月31日
第38回 ミシマガ編集部
04月30日
第37回 ミシマガ編集部
03月31日
第36回 ミシマガ編集部
02月28日
第35回 ミシマガ編集部
01月31日
第34回 ミシマガ編集部
12月31日
第33回 ミシマガ編集部
11月30日
第32回 ミシマガ編集部
10月31日
第31回 ミシマガ編集部
09月30日
第30回 ミシマガ編集部
08月30日
第29回 ミシマガ編集部
07月31日
第28回 ミシマガ編集部
06月30日
第27回 ミシマガ編集部
05月31日
第26回 ミシマガ編集部
04月30日
第25回 ミシマガ編集部
03月31日
第24回 ミシマガ編集部
02月29日
第23回 ミシマガ編集部
01月31日
第22回 ミシマガ編集部
12月31日
第21回 ミシマガ編集部
11月30日
第20回 ミシマガ編集部
10月31日
第19回 ミシマガ編集部
09月30日
第18回 ミシマガ編集部
08月31日
第17回 ミシマガ編集部
07月31日
第16回 ミシマガ編集部
06月30日
第15回 ミシマガ編集部
05月31日
第14回 ミシマガ編集部
04月30日
第13回 ミシマガ編集部
03月31日
第12回 ミシマガ編集部
02月28日
第11回 ミシマガ編集部
01月31日
第10回 ミシマガ編集部
12月31日
第9回 ミシマガ編集部
11月30日
第8回 ミシマガ編集部
10月31日
第7回 ミシマガ編集部
09月30日
第6回 ミシマガ編集部
08月31日
第5回 ミシマガ編集部
07月31日
第4回 ミシマガ編集部
06月30日
第3回 ミシマガ編集部
05月31日
第2回 ミシマガ編集部
04月30日
第1回 ミシマガ編集部
ページトップへ