今月と来月

第21回

2019.12.31更新

 2019年も今日で最終日。明日から2020年です。今年も「みんなのミシマガジン」に訪れてくださり、ありがとうございました。2019年の最後の1カ月、いかがお過ごしでしたでしょうか? 「今月と来月」のコーナーでは、毎月の最後にミシマ社メンバーが今月を振り返り、そして来月に思いを馳せながらこれから起こるおもしろいことをお伝えしていきます。

***

代表 三島邦弘の今月と来月

1_三島.png本年もたいへんお世話になりました。
今年は、新レーベル「ちいさいミシマ社」をたちあげました。新メンバーもふたり加わりました。こうした「これから」の動きをしっかりとりつつ、これまでの動きは、メンバー一人一人の成長とともに、とても充実させることができました。おかげさまで、無事、一年を終えることができそうです。
この一年間、支えていただき心から感謝いたします。ありがとうございました。来年のミシマ社は、新システムの開発など、いっそう踏み込んで次の時代へ向かっていきます。あらためて、さらにお力添えいただけましたら幸いです。来年もよろしくお願い申し上げます。どうぞ良いお年をお迎えくださいませ!(三島邦弘)


ここからは、ミシマ社メンバーよりお届けします。

今月のこと〈星野、新居、田渕、森、須賀 〉

hoshino.jpg今月の一枚は、『今夜 凶暴だから わたし』の発刊記念イベントにて、来場した男の子にものすごく懐かれているスガくんです。(星野友里)

1231-1.jpg

arai.jpgここ数年かかわっている、京都市の事業「和の文化体験の日」のフリー冊子を今年もつくりました。年末〜年明けにかけて、京都市内のいろんなところで配られます。今年のテーマは「日本舞踊」。田渕くんと私、日舞のお稽古体験もしてきました。先生は山村若静紀さん。たのしかった!(新居未希)

1231-2.jpg

tabuchi.jpg 徳島への出張で、初めて電動自転車に乗りました。漕ぎ出しの加速がすごく、30kmほどの旅路も疲れることなく回ることができました。(田渕洋二郎)

1231-3.jpg

mori.png 自由が丘オフィスでおでんを作りました。熱々おでんをちゃぶ台で食べる年の瀬のランチタイム、なかなかに幸せでした。(岡田森)

1231-4.jpg

suga.jpg 2019年ミシマ社内で忘れ物ランキング第一位最有力である私・スガに、育休中のオカダがお守りを作成してくれました!(須賀紘也)

1231-5.jpg

来月のこと〈渡辺、長谷川、池畑、野崎、舘

watanabe.jpg 2020年1月、新たな1年の始まりです。ミシマ社は毎年恒例、4日にメンバー一同顔を合わせて初詣、新年会から始動します。6日にネット通販の「本屋さんの福袋2020」予約分を出荷して、9日には本年初のイベント「森田真生×朴東燮 独立研究者 越境対談 〜言葉と思考のリハビリテーション〜」を恵文社一乗寺店さんにて開催。そして今月の新刊は、2点同時刊行。『小田嶋隆のコラムの切り口』と『モヤモヤの正体』をリリースします。ミシマ社の本屋さんは26日(日)に営業初売りです。盛りだくさんを楽しみます。(渡辺佑一)

hasegawa.jpg 年明けは毎年恒例の新年会からはじまります。内田樹先生をはじめ、錚々たるゲストの方々を、我々の手作りおせちでおもてなしするという。楽しいけれど緊張する、でもやっぱり楽しい、な1日です。新しい年をこうやって迎えられるのは、すごくありがたいことだなぁと毎回感じます。久しぶりに自由が丘オフィスのみんなに会えるのも楽しみです。ミシマガ読者のみなさまにとっても、すてきな年末年始になりますように。今年もたくさん、ありがとうございました。(長谷川実央)

ikehata.jpg 12月にひとり目の子どもが産まれて、「初めて」が次々に訪れる日々です。大きなことも小さなことも、丁寧に大切にしたいという思いが強くなりました。1月は三省堂書店池袋本店さんで「わたしを支える益田ミリさんの本」フェア、くまざわ書店東京オペラシティ店さんでミシマ社フェアがはじまります。本の細部に「おっ!」と新たな発見をしていただけるようなフェアに出来るといいなと思います。ぜひお立ち寄りください。(池畑索季)

nozaki.jpg 来月、と言っても明日はもう2020年・・・。月末に、味わい深い2冊の新刊が発売日を迎えます。小田嶋隆さんによる『小田嶋隆のコラムの切り口』と、尹雄大さんによる『モヤモヤの正体ーー迷惑とワガママの呪いを解く』。年明けに迫る校了日に向けて、大晦日とはいえ気持ちが落ち着かないのですが、今年ハマった『オーバー・ストーリー』(リチャード・パワーズ)『ちびまる子ちゃん』全17巻を読み耽りながら、来年を静かな気持ちで迎えたいと思います。(野崎敬乃)

tachi.jpg 明日でついに2020年! 今まで以上に波乱万丈な日々がやってこないように祈りつつも、本格的に始動している新システム開発プロジェクトを無事に成功させるために、粘り強く取り組んでいきたい思います。あは毎の請求業務。世の中の中小企業の経理の方々はお正はどのようにお過ごしなのでしょう?? 毎バタバタしているこの時期に長期で休むのはお正いえども少し怖いような・・・いや、休む決めたら死ぬ気で休む! これをりあえずお正の目標にしたい思います。みなさまも良いお年を~(舘雄佑)


運営メンバー紹介

mishima.jpg三島邦弘 ミシマ社代表。編集者。今日も明日も明後日も、熱をもった本をつくるため動き回る。合気道歴10年。

watanabe.jpg渡辺佑一 営業チーム・リーダー。北陸・関西・中国エリア担当。ミシマ社の社員第一号。長年の直取引営業経験と趣味の将棋から得た知見を若手に伝える軍師。『キングダム』好き。

hoshino.jpg星野友里 編集チーム。若手メンバーを教え諭す自由が丘の姉御。涼しげな表情の裏側は満身創痍? ラジオ体操を欠かさないでください(byスガ)。

arai.jpg新居未希 編集チーム。通称「ミッキー」。ミシマ社の新卒第一号。ドーナツ好き。2018年に出産し、子育てに奮闘しながらいろいろ手探りで仕事中。

hasegawa.jpg長谷川実央 仕掛け屋チーム。ミシマ社通信やポップ、パネル作り、展覧会の設営もこなす。いつも明るくほがらかな仕事人。

ikehata.jpg池畑索季 営業チーム。関東・東北・四国・九州エリア担当。元山岳部その1。苔と土を愛するネイチャーボーイ。

tabuchi.jpg田渕洋二郎 営業チーム。関西・北海道・山陰エリア担当。社内で一番(いい意味で)軽い男。歌が好きで、急に歌い出す悪癖がある。足が速い。

nozaki.jpg野崎敬乃 編集チーム。元山岳部その2。2018年入社で、その働きぶりは以降の新人のハードルを上げた。笑い上戸で、ピースが苦手。

mori.png岡田森 営業チーム。関東・東海・甲信越エリア担当。ミシマ社にIT革命を起こすべく奮闘中。特技はセールストークで、気に入った商品はメンバーにもご紹介。合気道愛好家。

tachi.jpg舘雄佑 編集チーム・ボランチ。出荷まわりを司る。超高身長で、オフィスのいたるところで頭をぶつけている。

suga.jpg須賀紘也 編集チーム。2019年入社の新卒。「西郷どん」という通称とは反対に、社内でアタフタしている。めちゃくちゃ硬い髪質に深い悩みを抱える。地味にお調子者。

*記載は入社順です。紹介文はスガが書きました。

ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

編集部からのお知らせ

2020年度ミシマ社サポーターのご案内

【先行申し込み特典】2020年1月末までにお申し込み&ご入金いただいた方限定で、ミシマ社カレンダーをプレゼントします!

(12月20日しめきりで12月末に、1月20日しめきりで1月末にお届けします。)

カレンダーサンプル.jpg

こんな感じの手描きカレンダーが届きます(写真はとりあえず作ってみたサンプルです)。

【募集期間】2019年12月1日〜2020年3月31日
【サポーター期間】2020年4月1日~2021年3月31日

*募集期間以降も受け付けておりますが、次年度の更新時期はみなさま来年の4月で統一です。途中入会のサポーターさんには、その年の特典はさかのぼって、すべてお贈りいたします。


サポーターの種類と特典

ミシマ社サポーター【サポーター費:30,000円+税】

毎月ミシマ社から贈り物が届きます。以下の特典を少しずつ分けて、一年間お届けします。

【ミシマ社からの贈り物】

* ミシマ社サポーター新聞(1カ月のミシマ社の活動を、メンバーが手書きで紹介する新聞)
* 紙版ミシマガジン(非売品の雑誌。年2回発行・・・の予定です!)
*『ちゃぶ台』をはじめとした、2020年度のミシマ社新刊4〜5冊(何が届くかはお楽しみに!)
* ミシマ社手帳などのオリジナルグッズ
* サポーターさん限定イベントのご案内
* ミシマ社主催イベントの割引

・・・などを予定しております!(※特典の内容は変更になる場合もございます。ご了承くださいませ。)

ウルトラサポーター【サポーター費:100,000円+税】 

※ウルトラサポーターは、法人・個人問わず、年間30名様限定です。

【ミシマ社からの贈り物】

上記のミシマ社サポーター特典に加え、

*2020年度刊行のミシマ社と「ちいさいミシマ社」レーベルの新刊すべて

*ウルトラサポーターさん交流会(お食事会)

*「ミシマ社をどうするか会議」へのご招待

(※特典の内容は変更になる場合もございます。ご了承くださいませ。)


お申し込み方法

 サポーター費のお支払いの方法によって、お申し込み方法が変わります。以下よりお選びください。

ミシマ社のウェブショップからクレジット決済をご希望の場合

下の緑色のボタンから直接お手続きをお願いいたします。

クレジット決済はこちら

郵便振替をご希望の場合

下記項目とともにメール、お電話、ファックスのいずれかにてミシマ社京都オフィスまでご連絡ください。後日こちらから払込用紙をお送りいたします。

  1. お名前(フリガナ):
  2. 性別、ご年齢:
  3. ご住所:
  4. 電話番号:
  5. FAX番号:
  6. メールアドレス:
  7. サポーター種類:ミシマ社サポーター or ミシマ社ウルトラサポーター
  8. クレジット名掲載希望の有無:有 or 無
  9. ご希望の場合の掲載名:

※紙版ミシマガジンの奥付ページに、サポーターの方々のクレジットを入れています。掲載ご希望の場合は、

 ・お名前をそのまま記載
 または
 ・掲載用のハンドルネーム

 のいずれかをお知らせください。

E-mail:supporters@mishimasha.com
(件名「2020サポーター申込み」にてお願いいたします)

FAXご送付先:075-746-3439
TEL:075-746-3438

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

この記事のバックナンバー

05月31日
第26回 ミシマガ編集部
04月30日
第25回 ミシマガ編集部
03月31日
第24回 ミシマガ編集部
02月29日
第23回 ミシマガ編集部
01月31日
第22回 ミシマガ編集部
12月31日
第21回 ミシマガ編集部
11月30日
第20回 ミシマガ編集部
10月31日
第19回 ミシマガ編集部
09月30日
第18回 ミシマガ編集部
08月31日
第17回 ミシマガ編集部
07月31日
第16回 ミシマガ編集部
06月30日
第15回 ミシマガ編集部
05月31日
第14回 ミシマガ編集部
04月30日
第13回 ミシマガ編集部
03月31日
第12回 ミシマガ編集部
02月28日
第11回 ミシマガ編集部
01月31日
第10回 ミシマガ編集部
12月31日
第9回 ミシマガ編集部
11月30日
第8回 ミシマガ編集部
10月31日
第7回 ミシマガ編集部
09月30日
第6回 ミシマガ編集部
08月31日
第5回 ミシマガ編集部
07月31日
第4回 ミシマガ編集部
06月30日
第3回 ミシマガ編集部
05月31日
第2回 ミシマガ編集部
04月30日
第1回 ミシマガ編集部
ページトップへ