今月と来月

第54回

2022.10.31更新

10月も今日で最終日。明日から11月です。今月も「みんなのミシマガジン」に訪れてくださり、ありがとうございました。「今月と来月」のコーナーでは、毎月の最後にミシマ社メンバーが今月を振り返り、そして来月に思いを馳せながらこれから起こるおもしろいことをお伝えしていきます。


代表 三島邦弘の今月と来月

mishima.jpg17年目に入ったミシマ社。今月は、土井善晴・中島岳志、両先生による対談本の第二弾『ええかげん論』と、みなはむさんのデビュー作『よるにおばけと』が出ました。著作多数のお二人と、最初の絵本を描かれたみなはむさん。一見すると対照的ですが、いずれの作品にも、フレッシュなエネルギーが満ちあふれております。それでいて、深い。『ええかげん論』を読まれた方にはぜひ『よるに~』を、そしてみなはむさんファンの方々にも『ええかげん論』を心からおすすめしたいです。
 さて、明日から11月。10日には、今年を締めくくるのに、とっておきの一冊が出ます! 益田ミリさん渾身のエッセイ集『東京あたふた族』。来年の幸呼ぶ一冊となりましたら、と切に願いをこめて編集しました。(三島邦弘)

今月のこと〈長谷川、 池畑、田渕、 岡田、野崎、 佐藤、大堀

hasegawa.jpg 食欲の秋。夕方はもっぱら近所のファミリーマートさんにお世話になっている今日この頃です。(長谷川実央)

10月(はせがわ).jpg

ikehata.jpg 九州出張で大牟田のtaramu booksさんへ。入って正面には喫茶も兼ねたカウンターがあり、その脇にはご近所から遠方まで様々なお店のショップカードがずらり。店主の村田さんや、たまたま居合わせたお客さんとの会話から、本だけでないものとの出会いも広がりました。(池畑索季)

unnamed.jpeg

okada.jpg「本物のカブトムシ?」と思いきや、実は入浴剤の中に入っていたオモチャ。お風呂イヤイヤ期の我が子に楽しくお風呂に入ってもらうために買ったですが、基本的に虫が苦手な岡田は、このオモチャにひえーとなっています。(岡田千聖)

IMG_20221028_103052 (1).jpg

nozaki.jpgある日の京都オフィスの夜ごはんです。鳳泉のテイクアウトをしました。しみました。(野崎敬乃)

IMG_2327.JPG

satou.jpg 自由が丘オフィスの庭から謎の実がたくさん収穫されました。今年の夏にみんなで植えたスイカかかぼちゃの苗が変異したか、もともと違う苗だったのか、本当に謎だらけなのですが、たまたまこのとき職場体験で来てくれていた中学生たちと一緒に大盛り上がりした自由が丘オフィスでした。(佐藤美月) 

IMG_0502.jpg

ohbori.jpg最近、日中はぽかぽかしていて、思わずうとうとしてくるほど過ごしやすくて気持ちがいいです。お昼休みはまた鴨川へ行くようになったのですが、地元の友人に「こんなのんびりできる川が近くにあるのはいいね〜」と言われたしかに、と思いました。あったかいコーヒーが美味しいです〜。(大堀星莉)

IMG_9264.jpeg

来月のこと〈星野、 森、須賀、山田、角、西尾

hosino.jpg来月は、長いことできていなかった、本づくりの打ち上げなど、いくつか食事の予定が入っています。コロナ前よりも、顔を合わせて話す機会が減った分、会って話せる時間を貴重に感じられるようになった気がするこの頃。少人数でしっとり話す、そういう時間を、大事に過ごしたいと思います。(星野友里)

mori.jpg先日の妙蓮寺本の市、3歳の息子と一緒に行ったら、ミシマ社ブースに『パパパネル』があるのを見て、うちで遊んでるやつだ!!と開封し始めました。売り物だからやめてー! そんなにも子どもの心を掴む名作アイディア絵本を作るtupera tuperaさんの発想の秘密に迫るイベント「tupera tuperaのアイデアの時間」を来月開催します!(岡田森)

suga.jpg来月の新刊は『東京あたふた族』です。この記事の下の方にある、私スガの紹介文に、「「西郷どん」という通称とは反対に、社内でアタフタしている」とあります。そうです、私もあたふた族です。ミリさんが1章「上京物語」で書かれる、ミリさんが大阪から東京に来て新生活に奮闘(したりしなかったり)していたころのあたふたエピソードに、社会人4年目の私は笑ったり笑えなかったりしながら、深く深くジーンとします。あたふた族にも「全部言う族」(とは何者か、ぜひ本書をお読みください)にも、全員におすすめです。(須賀紘也)

sumi.jpg11月10日に、益田ミリさんの『東京あたふた族』が発売となります。三部構成のうち、第1部の「上京物語」は、ミリさんが20代半ばでイラストレーターになるために、大阪から東京へ移り住んだ当時のことが描かれています。家具をそろえる、恋のはじまりを期待する、仕事を求めて人に会いに行く、といった場面の数々が、過去10年間で8回も引っ越しをしてきた私の心にビリビリと響きました。「そうそう、そうだった...!」と過去をじんわり思い返しながら読める、そうして、日々あたふたと過ごしがちな自分のなかにもちゃんといろいろな「時間」が積み重なっていたと気づける、タイムカプセルのような本です。(角智春)

nishio.jpg先月、とある読書会に参加したのですが、参加女性のひとりがブックカバー採集が趣味で、それ目当てに各地の書店を回っている。(チャーン店のカバーも好きなんだそう)本以上にブックカバーが好きなんです、とおっしゃっていました。
 そんなブックカバー。くまざわ書店では、『東京あたふた族』記念コラボフェアとして、益田ミリさん書き下ろしの、あたふたイラストのブックカバーが対象商品限定で、プレゼントになっています。惜しくも、その女性には伝え忘れてしまったので、ここに書かせていただきます。どうか届きますように!(西尾晃一)


運営メンバー紹介(カッコ内は似顔絵を描いた人)

mishima.jpg三島邦弘 ミシマ社代表。編集者。今日も明日も明後日も、熱をもった本をつくるため動き回る。合気道歴12年。(絵:ヤマダ)

hosino.jpg星野友里 自由が丘オフィスリーダー。編集チーム。若手メンバーを教え諭す自由が丘の姉御。涼しげな表情の裏側は満身創痍? ラジオ体操を欠かさないでください(絵:モリ)。

hasegawa.jpg長谷川実央 京都オフィスリーダー。仕掛け屋チーム。ミシマ社通信やポップ、パネル作り、展覧会の設営もこなす。いつも明るくほがらかな仕事人。(絵:アライ)

arai.jpg新居未希 デジタル事業現場監督(京都オフィス)。通称「ミッキー」。ミシマ社の新卒第一号。ドーナツ好き。2018年に出産し、子育てに奮闘しながらいろいろ手探りで仕事中。(絵:ノザキ)

ikehata.jpg池畑索季 営業チーム現場監督(自由が丘オフィス)。関東・東北・九州エリア担当。元山岳部その1。苔と土を愛するネイチャーボーイ。(絵:ホシノ)

tabuchi.jpg田渕洋二郎 営業チーム現場監督(京都オフィス)。関西・北海道・沖縄・岡山エリア担当。社内で一番(いい意味で)軽い男。歌が好きで、急に歌い出す悪癖がある。足が速い。(絵:スミ)

okada.jpg岡田千聖 自由が丘オフィスで事務まわりを担当。ミシマ社の元祖オカダ(のちに入社した夫・岡田森は通称モリ)。元バレーボール部員で、そのためか熱血な一面があるといううわさも。(絵:イケハタ)

nozaki.jpg野崎敬乃 編集チーム(京都オフィス)。元山岳部その2。2018年入社で、その働きぶりは以降の新人のハードルを上げた。笑い上戸で、ピースが苦手。(絵:ミシマ)

mori.jpg岡田森 営業チーム・デジタル事業現場監督(自由が丘オフィス)。関東・静岡・東海・甲信越エリア担当。ミシマ社にIT革命を起こすべく奮闘中。特技はセールストークで、気に入った商品はメンバーにもご紹介。合気道愛好家。(絵:サトウ)

suga.jpg須賀紘也 営業チーム(自由が丘オフィス)。関東・中国・四国エリア担当。2019年入社の新卒。「西郷どん」という通称とは反対に、社内でアタフタしている。めちゃくちゃ硬い髪質に深い悩みを抱える。地味にお調子者。(絵:オカダ)

satou.jpg佐藤美月 営業事務。自由が丘オフィスで出荷まわりを担当。好きなものはお笑いとパン全般。湘南生まれのピアニスト。(絵:スガ)

yamada.jpg山田真生 営業チーム(京都オフィス)。2020年入社の新卒。関西・愛知・山陰・北陸エリア担当。大学では西洋美術史を専攻。高校時代は卓球部。わりとずけずけ物を言うタイプか?(絵:タブチ)

sumi.jpg角智春 編集チーム(京都オフィス)。『すみちゃんのメヒコ日記』著者。元山岳部その3。実家のビーグル犬と歌(歌謡曲など)を愛する。好きなドライフルーツはいちじく。(絵:ハセガワ)

nishio.jpg西尾晃一 今年4月より入社の新卒メンバー。同時に発足した新チーム「新人チーム」に所属(自由が丘オフィス)。元サッカー部で、往年のセンターバック魂を発揮して日々いろいろと体当たり中。目標はコーヒーを好む大人になること。(絵:オオボリ)

ohbori.jpg大堀星莉 今年4月より入社の新卒メンバーで、「新人チーム」所属。「人間以外の動物が苦手」という衝撃の発言があったが、カメがいる京都オフィス配属になり成長に期待。大学までダンス部で活動していたヒップホップダンサー。タコライスが好き。(絵:ニシオ)

*紹介文はスガが書きました。

ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『東京あたふた族』エッセイのことば展 スタート!

    『東京あたふた族』エッセイのことば展 スタート!

    ミシマガ編集部

     本日より、東京・表参道の山陽堂書店さん2Fギャラリーで、益田ミリさん新刊『東京あたふた族』刊行記念の展示がスタートしました!その名も、益田ミリ『東京あたふた族』エッセイのことば展。

  • 『ちゃぶ台』10号記念!!読者もひっくり返るこの一節!!

    『ちゃぶ台』10号記念!!読者もひっくり返るこの一節!!

    ミシマガ編集部

     こんにちは。ミシマガ編集部です。生活者のための総合雑誌『ちゃぶ台10 特集:母語ボゴボゴ、土っ!』が、いよいよ来月の10日(土)に、リアル書店先行発売となります!!(一般販売は12月15日)

  • 『東京あたふた族』刊行記念!「私の上京物語」座談会(前編)

    『東京あたふた族』刊行記念!「私の上京物語」座談会(前編)

    ミシマガ編集部

    こんにちは。ミシマガ編集部です。 11月15日、益田ミリさんの『東京あたふた族』が公式発刊となりました!  本書は「上京物語」「東京あたふた族」「終電後」の3部構成となっており、第1章の「上京物語」には、益田ミリさんが26歳で、イラストレーターになるために大阪から上京したときのことが描かれています。

  • 『ちゃぶ台』次号は10号! こんどの特集は「ボゴボゴ」!?

    『ちゃぶ台』次号は10号! こんどの特集は「ボゴボゴ」!?

    ミシマガ編集部

    こんにちは、ミシマガ編集部です。現在、『ちゃぶ台9』の特集「書店、再び共有地」に、読者の方々よりたくさんのご感想のおはがきをいただくなど、大きな反響をいただいています。取材記事で登場する「共有地」の本屋さんに、「記事を読んで行ってみました」というお声もいただいていて、すごく嬉しいです。

この記事のバックナンバー

11月30日
第55回 ミシマガ編集部
10月31日
第54回 ミシマガ編集部
09月30日
第53回 ミシマガ編集部
08月31日
第52回 ミシマガ編集部
07月31日
第51回 ミシマガ編集部
06月30日
第50回 ミシマガ編集部
05月31日
第49回 ミシマガ編集部
04月30日
第48回 ミシマガ編集部
03月31日
第47回 ミシマガ編集部
02月28日
第46回 ミシマガ編集部
01月31日
第45回 ミシマガ編集部
12月31日
第44回 ミシマガ編集部
11月30日
第43回 ミシマガ編集部
10月31日
第42回 ミシマガ編集部
09月30日
第41回 ミシマガ編集部
08月31日
第41回 ミシマガ編集部
07月31日
第40回 ミシマガ編集部
06月30日
第39回 ミシマガ編集部
05月31日
第38回 ミシマガ編集部
04月30日
第37回 ミシマガ編集部
03月31日
第36回 ミシマガ編集部
02月28日
第35回 ミシマガ編集部
01月31日
第34回 ミシマガ編集部
12月31日
第33回 ミシマガ編集部
11月30日
第32回 ミシマガ編集部
10月31日
第31回 ミシマガ編集部
09月30日
第30回 ミシマガ編集部
08月30日
第29回 ミシマガ編集部
07月31日
第28回 ミシマガ編集部
06月30日
第27回 ミシマガ編集部
05月31日
第26回 ミシマガ編集部
04月30日
第25回 ミシマガ編集部
03月31日
第24回 ミシマガ編集部
02月29日
第23回 ミシマガ編集部
01月31日
第22回 ミシマガ編集部
12月31日
第21回 ミシマガ編集部
11月30日
第20回 ミシマガ編集部
10月31日
第19回 ミシマガ編集部
09月30日
第18回 ミシマガ編集部
08月31日
第17回 ミシマガ編集部
07月31日
第16回 ミシマガ編集部
06月30日
第15回 ミシマガ編集部
05月31日
第14回 ミシマガ編集部
04月30日
第13回 ミシマガ編集部
03月31日
第12回 ミシマガ編集部
02月28日
第11回 ミシマガ編集部
01月31日
第10回 ミシマガ編集部
12月31日
第9回 ミシマガ編集部
11月30日
第8回 ミシマガ編集部
10月31日
第7回 ミシマガ編集部
09月30日
第6回 ミシマガ編集部
08月31日
第5回 ミシマガ編集部
07月31日
第4回 ミシマガ編集部
06月30日
第3回 ミシマガ編集部
05月31日
第2回 ミシマガ編集部
04月30日
第1回 ミシマガ編集部
ページトップへ